やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からはゴールデンウィークにかけての9連戦がスタート。
まずその最初のカードは、札幌ドームにオリックスを迎えての3連戦。
そして今日の初戦の先発は、北海道日本ハムが増井投手。オリックスが岸田投手。
また、今日のスタメンでは、不調の稲葉選手が7番での起用。
これに代わって糸井選手が今季初めて3番に座った。
 
 
【1回表】
増井投手の立ち上がりは、先頭の坂口選手に四球を与えてしまうも、この後は赤田選手をショートフライ、バイナム選手をセカンドゴロ、ラロッカ選手をショートゴロと、後続をしっかりと切って断ち、まずは初回を無難に無失点とした。

【1回裏】
初回の攻撃は、田中選手がショートゴロ、紺田選手が見逃し三振で二死となってしまうと、次の糸井選手は四球を選んで出塁も、ここは高橋選手が空振り三振で続けず。

【2回表】
ここはまず北川選手をセカンドゴロで一死とすると、次のT-岡田選手にはレフト前にヒットを打たれるも、濱中選手はレフトフライで二死一塁。
するとこの後、続く鈴木選手は四球で歩かせ、これで二死ながらも一二塁としてしまったが、ここは大引選手をセンターフライで打ち取ってこの回を終わらせた。
 
【2回裏】
小谷野選手がライトフライで一死となってしまうと、二岡選手、稲葉選手は共にセンターフライで三者凡退。
 
【3回表】
坂口選手をセカンドゴロ、赤田選手をショートフライ、バイナム選手をセカンドゴロで三者凡退。

【3回裏】
鶴岡選手がサードゴロ、今浪選手がレフトフライ、田中選手がサードライナーで、前の回に続いての三者凡退。

【4回表】
この回はまずラロッカ選手をサードライナーで一死とすると、次の北川選手のショートへのゴロは今浪選手のファーストへの送球が逸れてエラーで出塁させてしまうも、この後はT-岡田選手をセンターフライ、濱中選手を空振り三振と、後続をしっかりと切って取った。

【4回裏】
ここは紺田選手がファーストゴロ、糸井選手がサードファールフライ、高橋選手がセンターフライで、これで2回から3イニング連続での三者凡退となってしまった。

【5回表】
鈴木選手を空振り三振、大引選手をレフトフライ、坂口選手を空振り三振で三者凡退。

【5回裏】
この回は先頭の小谷野選手が左中間に二塁打を放って塁に出ると、次の二岡選手のセカンドゴロの間に進塁して一死三塁。
するとこの場面、続く稲葉選手がセカンドに痛烈な当たりを放つと、これをバイナム選手がトンネルし、この間に三塁から小谷野選手が生還して1−0と北海道日本ハムが先制。
この後なおも一死一塁からは、鶴岡選手が送りバントを決め、二死ながらも走者を二塁へと進めたが、ここは今浪選手がレフトフライで続けず。
しかしこの回は小谷野選手のチーム初ヒットとなる二塁打を皮切りに、オリックスのタイムリーエラーが絡んで、まずは北海道日本ハムが1点を先制することに成功した。
 
【6回表】
ようやく援護をもらった直後の増井投手のこの回は、赤田選手をセカンドゴロ、バイナム選手をファーストゴロ、ラロッカ選手をセンターフライで、これで2イニング連続3度目となる三者凡退とした。

【6回裏】
ここはまず先頭の田中選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の紺田選手の打席で盗塁を決めて二塁へと進み、更に紺田選手の送りバントが決まって一死三塁と追加点の大チャンス。
しかしこの後は、続く糸井選手がセカンドゴロで走者も動けずに二死となってしまうと、高橋選手もセカンドフライで倒れ、これでこのチャンスは生かすことが出来ずに三死となってしまった、

【7回表】
この回は先頭の北川選手を四球で歩かせてしまうも、T-岡田選手は空振り三振、濱中選手はレフトフライて二死一塁。
するとこの後、次の鈴木選手の打席では増井投手のワイルドピッチで走者を二塁へと進めてしまうも、ここは打席の鈴木選手を空振り三振で切って取って三死とした。

【7回裏】
小谷野選手がサードゴロ、二岡選手がキャッチャーフライ、稲葉選手がセンターフライで三者凡退。

【8回表】
ここは増井投手が一度はそのままマウンドへと上がるも、オリックスが代打に後藤選手をコールすると、これに対して北海道日本ハムベンチはピッチャーを増井投手から宮西投手へと交代。
するとここから、宮西投手はその後藤選手にセンター前にヒットを打たれてしまうと、更に坂口選手には送りバントを決められて一死二塁。
この後、宮西投手は赤田選手を空振り三振で二死とするも、続く代打の塩崎選手にはここで交代の谷元投手が一二塁間を破られる当たりを打たれれるも、これに対して前進守備を引いていたライト稲葉選手が素早く反応すると、これをファーストへと送球し、見事にライトゴロで仕留めてこの回を終わらせた。

【8回裏】
先頭の鶴岡選手がレフト線に二塁打を放って出塁すると、これを今浪選手がしっかりと送って一死二塁とチャンスを広げるも、ここは田中選手がショートフライ、紺田選手がピッチャーゴロと共に続けず。

【9回表】
わずかに1点のリードで迎えた最終回は北海道日本ハム4番手の建山投手が、ラロッカ選手をショートフライ、北川選手をレフトフライで二死とすると、次のT-岡田選手には死球をぶつけて塁に出してしまうも、最後は濱中選手を空振り三振で切って取って試合終了とした。
 

ルーキー増井投手の好投で連敗をストップ。
そして開幕11カード目にしてようやくカードの初戦を白星でスタートすることが出来た。

先発の増井投手は、初回は先頭打者を四球で歩かせ、続く2回も四球とヒットでピンチを作るも、これを共に無失点で乗り切ると、その後はしっかりと立ち直り、ストレート主体のピッチングで7回を投げて被安打わずかに1で無失点の快投。
そしてこれを宮西投手、谷元投手、建山投手が好リリーフでつないで完封リレーを見せてくれた。
また、8回表には二死二塁から塩崎選手にライト前に打球を弾き返され、これで二死ながらも一三塁のピンチを招いてしまうところだったが、この打球を稲葉選手が素早くさばいてライトゴロとするビッグプレー。
これもチームを勝利へと大きく導いてくれた。
 
打撃陣はオリックス先発の岸田投手をなかなか攻略出来ず、8イニングでわずかにヒット3本と抑えられたが、その中でも5回裏の先頭の小谷野選手の二塁打をきっかけにオリックスの守備の乱れもあってようやく1点を先制。
その後は走者こそ出しながらもあと1本が出なかったが、投手陣の完封リレーに救われた。
 
 
増井投手のコメント (7回、打者26、112球、被安打1、与四死球3、奪三振5、失点0、自責点0)
立ち上がりにちょっと力んでしまいましたが、2回を投げた後島崎コーチに『そろそろ落ち着け』と言われ、3回以降はリラックスして自分の投球が出来たと思います。
そろそろ勝ちたい気持ちがあった。自分が勝つことでチームが勢いづけばと思っていた。

稲葉選手のコメント (8回表、ライトゴロの好守)
たまたまうまくいっただけの話です。
 
建山投手のコメント (1回、打者4、18球、被安打0、与四死球1、奪三振1、失点0、自責点0)
ちょっと嫌な展開だった。カード初戦を取れていなかったし、追加点が入らないなどの要素があったが、逆に開き直れた。

梨田監督のコメント
増井がいいピッチングをしてくれました。変え時を迷うぐらいね。立ち上がり多少コントロールが悪く、不安がありましたが、ファンの声援を受けて立ち直り、頼もしい内容でした。当然この先もローテーションの一角として投げさせるつもりです。8回のライトゴロの場面だけど、稲葉の好判断もあったし、信二もよくそのボールを受ける準備が出来ていた。相手の隙を突くいいプレーだったけれども、これを明日以降も続けていくことが大事です。
 

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

増井ナイスピッチ

2010/4/28(水) 午前 0:04 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

嬉しい勝ち方でした。

2010/4/28(水) 午前 0:07 みく 返信する

とってもうれしいです\(~o~)/

ファンポチさせていただきますm(__)m

2010/4/28(水) 午前 0:16 マチョビ 返信する

増井ありがとーーー

2010/4/28(水) 午前 0:56 どんぐり 返信する

増井も素晴らしかったし、何と言っても稲葉のライトゴロもしびれました。

2010/4/28(水) 午前 1:02 kachu 返信する

何だかシーズンの流れを変えるような大きな1勝になる気がします。

2010/4/28(水) 午前 1:19 [ 徳川くん ] 返信する

顔アイコン

ナイスゲームです!こうでないといけませんね!!

2010/4/28(水) 午前 1:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

しびれる試合でした。

2010/4/28(水) 午前 1:43 [ - ] 返信する

結果的に稲葉を7番ライトで起用したこととが大当たりでしたね。
あのライトゴロは本当にしびれました。
増井も今後に更に期待ですね。

2010/4/28(水) 午前 2:12 たか 返信する

ヤッターって叫びたくなるような勝利でした。

2010/4/28(水) 午前 8:41 りっこ 返信する

頼もしいピッチャーが出てきてくれましたね。

2010/4/28(水) 午前 8:59 たのさん 返信する

顔アイコン

ライトゴロってすごいですね。

2010/4/28(水) 午前 10:35 [ golfer13131313 ] 返信する

勝利には増井の好投も光りましたが、やはり稲葉のプレーも大きかったですね。

2010/4/28(水) 午後 0:17 かおしかく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事