やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
函館2連戦の初戦をサヨナラ勝ちで制し、交流戦へいい形で流れ込む為にも大事な今日の試合。
先発のマウンドに上がるのは、北海道日本ハムが武田勝投手。東北楽天が田中投手。
 
 
【1回表】
武田勝投手の立ち上がりは、聖澤選手をファーストゴロ、渡辺直選手をサードゴロで二死とすると、次の高須選手にはセンター前にヒットを打たれるも、ここは続く鉄平選手をショートフライで打ち取って三死とした。

【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の田中選手はレフトフライで倒れてしまうも、次の森本選手がライト線に二塁打を放って出塁すると、ここで稲葉選手がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、これでまずは早々に北海道日本ハムが1点を先制。
そして更になおも一死二塁から、次の小谷野選手のセカンドゴロの間に走者が三塁へと進むと、ここで続く二岡選手がレフト前にタイムリーを運び、これで2−0。
この後は高橋選手がピッチャーゴロで三死となってしまったが、この回は稲葉選手と二岡選手のタイムリーによの、初回から早くも2点の先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
この回はフィリップス選手への四球を皮切りに、山武選手のレフト前ヒットと、中村紀選手のライト前ヒットでいきなり無死満塁のピンチを迎えてしまうと、次の嶋選手にはレフト前にタイムリーを打たれ、これでまずは1点を返されて2−1。
しかしこの後なおも無死満塁からは、まず牧田選手にライトにフライを上げられるも、これは稲葉選手が素早い返球を見せて三塁走者をタッチアップさせずに釘付けとすると、更に続く聖澤選手はショートゴロで6-4-3と切って取り、これで何とかこの回を最少失点のみで終わらせた。

【2回裏】
陽選手が見逃し三振、鶴岡選手がショートゴロ、金子選手がライトフライで三者凡退。

【3回表】
渡辺直選手をサードゴロ、高須選手をショートゴロで二死とすると、次の鉄平選手は四球で歩かせてしまうも、ここは続くフィリップス選手を空振り三振で切って取って三死とした。
【3回裏】
田中選手がレフトフライ、森本選手が見逃し三振で二死となってしまうと、ここで次の稲葉選手はセンター前にヒットを放って出塁も、小谷野選手は空振り三振で倒れてこの回を終えてしまった。

【4回表】
早くも北海道日本ハムのピッチャーが先発の武田勝投手から2番手の木田投手へと交代すると、ここはまず山武選手をセカンドフライで一死とすると、次の中村紀選手にはセンター前にヒットされるも、この後は嶋選手をセカンドゴロ、牧田選手をファーストゴロと後続をしっかりと切って取った。

【4回裏】
先頭の二岡選手がライトフライで倒れてしまうと、高橋選手はショートへの内野安打で出塁も、陽選手はセンターフライで二死一塁。
するとこの場面、次の鶴岡選手がレフト線に二塁打を放って二死ながらも二三塁とチャンスを広げると、更に続く金子選手が四球で歩き、これで満塁としたものの、ここは田中選手が粘りながらも最後はレフトフライに倒れてしまい、ここを無得点のままに終えてしまった。

【5回表】
ここは先頭の聖澤選手はピッチャーゴロで打ち取るも、次の渡辺直選手にセンター前にヒットを打たれると、高須選手は死球で歩かせてしまって一死一二塁。
するとこの場面、次の鉄平選手はセンターフライで二死とするも、この間に二塁走者の渡辺直選手にタッチアップで三塁へと進まれると、続くフィリップス選手にはセンター前にタイムリーを打たれてしまい、これで2−2の同点。
この後なおも二死一三塁からは山武選手をセンターフライで打ち取って三死としたが、この回はフィリップス選手のタイムリーによって1点を奪われ、これで2−2の同点へと追いつかれてしまった。

【5回裏】
この回はまず森本選手がライト前ヒットで出塁すると、稲葉選手のセカンドゴロの間に二塁へと進塁。
するとこの場面、次の小谷野選手は空振り三振で二死となってしまったものの、続く二岡選手がレフト前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の森本選手が本塁上でのクロスプレーをかいくぐり、一気に生還して3−2と再び勝ち越し。
しかしこのプレーを巡って東北楽天のブラウン監督が主審に抗議をする上で、暴言を吐いたとのことで退場処分。
そしてこの後なおも二死二塁からは、次の高橋選手がレフト前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の二岡選手が本塁を狙うも、これはクロスプレーの末にタッチアウトで三死となってしまった。

【6回表】
この回は北海道日本ハム3番手の武田久投手が、中村紀選手をキャッチャーファールフライ、嶋選手を空振り三振、代打の平石選手をレフトフライで三者凡退の好リリーフ。

【6回裏】
陽選手がライトフライで一死となってしまうと、鶴岡選手、金子選手は共にショートゴロで三者凡退。

【7回表】
ここは北海道日本ハム4番手の林投手が先頭の聖澤選手を四球で歩かせてしまうと、ここでピッチャーがすぐに谷元投手へと交代。
するとこの場面、次の渡辺直選手には送りバントを決められて一死二塁とされるも、高須選手はライトフライで打ち取って二死二塁。
しかしここから、まず次の鉄平選手を敬遠で歩かせて二死一二塁としたものの、続くフィリップス選手にはセンター前にタイムリーを打たれてしまい、これで3−3とまたも同点。
この後二死一二塁からは山武選手をファーストファールフライで切って取って三死としたものの、この回はまたもフィリップス選手にタイムリーを打たれる形で、3−3と再度同点へと追いつかれてしまった。

【7回裏】
この回はまず田中選手がライト前ヒットで出塁も、森本選手は送りバント失敗のピッチャーゴロ゛て一死一塁。
しかしこの後、稲葉選手がレフト前にヒットを放って塁に出ると、小谷野選手はセンターフライで倒れるも、次の二岡選手がーはフルカウントから四球を選んで二死満塁。
するとこの場面、続く高橋選手が田中投手の真ん中に入ってきたストレートを逃さずにとらえると、これが左中間スタンドへと飛び込むグランドスラムとなり、一挙4点追加で7−3。
この後は陽選手がここで交代の井上投手の前にショートライナーで三死となってしまったが、この回は高橋選手の起死回生の満塁ホームランにより、これで田中投手をノックアウトすると共に、7−3と勝ち越しに成功した。

【8回表】
ここは続投の谷元投手が、中無瀬の李選手、嶋選手を共に空振り三振で二死とすると、更に代打の宮出選手もここで交代の宮西投手がライトファールフライで切って取ってこの回を終わらせた。

【8回裏】
鶴岡選手がレフトフライで一死となってしまうと、次の金子選手はレフト前にヒット放って出塁も、この後は田中選手がサードフライ、森本選手がライトフライと共に続けず。

【9回表】
この回はまず先頭の聖澤選手をセンターフライで一死とすると、ここでピッチャーは宮西投手から建山投手へ交代。
するとこの場面、建山投手は次の渡辺直選手にいきなりレフト前にヒットされるも、この後は高須選手をレフトフライ、鉄平選手を空振り三振と、しっかりと後続を切って取って試合終了とした。
 
函館での2連戦を2連勝と最高の形で交流戦前最後のカードを終了。
チームはいまだ最下位も、わずかながらも光が見える雰囲気が出てきた。

先発の武田勝投手は、2回に3連打で1点を失うなどすると、わずか3イニングを投げたところで降板。
するとこれを継いだ2番手の木田投手が2イニングを投げる中で1点を失って一時は同点とされてしまった。
更にこの後は7回表に再び1点リードの場面からフィリップス選手のこの試合2本目となるタイムリーでまたも同点へと追いつかれてしまったが、試合全体で見ると、7投手でよくしのいだ内容だった。

打撃陣は初回から稲葉選手、二岡選手のタイムリーで早々に2点を先制すると、同点に追いつかれた直後の5回裏に二岡選手が2本目のタイムリーを放って勝ち越し。
そして再び同点へと追いつかれた直後の7回裏には今度は高橋選手が満塁ホームランを放ち、これで勝負あり。

個々を見ると、稲葉選手、高橋選手が揃って3安打の猛打賞を達成すれば、二岡選手が2本のタイムリーで2安打のマチル安打。
また、森本選手も2安打を放ち、更に足でもチームに貢献と、こちらもしっかりと持ち味を生かしたプレーをしてくれた。
 
稲葉選手のコメント (1回裏、レフトオーバー・タイムリー二塁打)
昨日はなかなかダルを援護出来なかったので、なんとか先取点が欲しいなと思っていました。打ったのは外のまっすぐ。昨日の流れで打ちました。
(田中投手からは) 去年も打っていないので、何とか1本と思っていた。

二岡選手のコメント
(1回裏、レフト前タイムリー)
ツーアウトだけど走者三塁の場面。相手もいい投手だからチャンスは少ないと思うので、点を取れる時に取っておけたのは大きいですね。昨日サヨナラで勝ったことによる良い流れが初回の攻撃につながっているのではないでしょうか。
(5回裏、レフト前タイムリー)
追いつかれた直後のチャンスだったので、何とかしたいと思って打席に立ちました。いいところで打てたと思います。
好投手を相手にいいところで打てて良かった。
 
武田勝投手のコメント (3回、打者14、54球、被安打4、与四死球2、奪三振1、失点1、自責点1)
せっかく先制してもらったのに、すぐにフォアボールで先頭打者を出してもったいないことをしてしまいました。ゲームの中で修正することができず、反省点の多い内容でした。
 
高橋選手のコメント (7回裏、左中間、満塁ホームラン)
スライダーが頭にあったけど、うまく対応できた。(ベンチ裏で全員と握手を交わし) ありがとうございます。図に乗らないようにコツコツと頑張ります。
 
梨田監督のコメント
勝はもうちょっと長く投げさせてもよかったけど、明日から2日間ゲームがないからリリーフ陣も使いたかった。ただ、リードしてすぐに点を取られたのはね。フォアボール、ヒット、ヒットでよく1点で抑えられたなというね。信二のホームランは効いたね。その前に同点にされていたしね。苦しんだと思うけど、いい結果を出してくれるとつながっていくから。(連勝で交流戦へ) いきなり打線のいい阪神と当たるけど、いい形で臨めるんじゃないかな。ミスもあるけど、いいプレーも出始めているしね。
 
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

信二のグランドスラムはしびれました。

2010/5/10(月) 午前 1:07 [ golfer13131313 ]

いい形で交流戦に入れますね。

2010/5/10(月) 午前 1:33 たのさん

顔アイコン

気丈な高橋信二選手でも、ヒーローのお立ち台で涙をこらえているように見えました。
開幕以来、四番の責務を果たせず不振に苦しんでいただけに感慨が深かったのでしょうね。
昨季は稲葉選手がお立ち台で涙したものですが、あれも責任感の成せることだったのでしょう。
この信二と稲葉の両選手がこれから天下晴れて獅子奮迅の活躍をするなら、わがファイターズの今季は明るくなるに違いありません。
それにしましても、あの糸井選手はどうしたのでしょうか?
昨日のテレビ実況でも一言も触れませんでしたが……。 (丑の戯言)

2010/5/10(月) 午後 0:18 [ eiji ]

顔アイコン

昨日は、ヒーローインタビューに涙です(T_T)
信二!良かったよ〜(>_<)

2010/5/10(月) 午後 10:52 マチョビ

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事