やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からは札幌ドームに首位の埼玉西武を迎えての3連戦。
まずその初戦の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ投手。埼玉西武が平野投手。
 
 
【1回表】
まずダルビッシュ投手の立ち上がりは、片岡選手、栗山選手、石井義選手を3者連続空振り三振と、完璧な立ち上がりとなった。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、まず田中選手がセンター前ヒットで出塁すると、これを森本選手がしっかりと送って一死二塁。
するとこの後、次の稲葉選手は四球を選んで歩き、これで一死一二塁としたものの、ここは小谷野選手がショートフライ、糸井選手がセカンドゴロと後続が共に続けず。
 
【2回表】
フェルナンデス選手、ブラウン選手を続けて空振り三振とし、これで5者連続の空振り三振とすると、次の大島選手にはレフト前にヒットされるも、ここは続く高山選手からも空振りの三振を奪ってこの回を終わらせた。
 
【2回裏】
ここはまず二岡選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、次の中田選手がレフトスタンドにそろほーむらんをはこび、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後は大野選手、飯山選手が共に空振り三振で三振となってしまったが、この回は中田選手のホームランにより、まずは1−0と北海道日本ハムが先制点を挙げることに成功した。
 
【3回表】
上本選手をレフトフライ、浅村選手をショートゴロ、片岡選手をセンターフライで三者凡退。
 
【3回裏】
田中選手がセカンドフライで倒れてしまうと、次の森本選手は四球を選んで出塁も、ここは稲葉選手がファーストゴロ、小谷野選手がセカンドフライと共に続けず。
 
【4回表】
この回はまず栗山選手をレフトフライで一死とすると、次の石井義選手にはレフト前にヒットされるも、ここは続くフェルナンデス選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとした。
 
【4回裏】
糸井選手がセンターフライ、二岡選手がピッチャーゴロ、中田選手が空振り三振で三者凡退。
 
【5回表】
ブラウン選手を空振り三振、大島選手をファーストゴロ、高山選手をショートフライで三者凡退。
 
【5回裏】
ここはまず大野選手がキャッチャーファールフライで倒れてしまうも、飯山選手がセンター前ヒットで出塁すると、これに田中選手はレフト前ヒットで続いて一死一二塁。
ししかこの場面、次の森本選手がセカンドにゴロを放ってしまうと、4-6-3のダブルプレーとされてしまい、これでこの回を終えてしまった。
 
【6回表】
この回はまず上本選手をショートフライで一死するも、ここから浅村選手、片岡選手に共にライト前にヒットされて一死一三塁。
しかしこの場面、まず次の栗山選手をファーストフライで二死とすると、続く石井義選手の打席では一塁走者の片岡選手に盗塁で二塁とへ進まれるも、ここは打席の石井義選手をファーストゴロで切って取って三死とした。
 
【6回裏】
稲葉選手がレフトフライ、小谷野選手がショートフライで二死となってしまうと、次の糸井選手は死球を受けて塁に出るも、ここは二岡選手がサードゴロで続けず。
 
【7回表】
先頭のフェルナンデス選手はライトフライで一死としたものの、ここからブラウン選手のセンター前ヒットと、大島選手のライト線へのヒットで一死一三塁とされてしまうと、ここで次の高山選手にはライト前にタイムリーを弾き返され、これで1−1の同点。
そして更に上本選手は空振り三振で二死としてものの、ここから浅村選手のセンター前にタイムリーに続いて、片岡選手には左中間を破られる2点タイムリー三塁打を打たれてしまい、これで1−4。
この後は栗山選手をファーストゴロでようやく三死としたものの、この回はダルビッシュ投手が突然埼玉西武打線に捕まり、4点を返されて1−4と逆転を喫してしまった。
 
【7回裏】
中田選手が見逃し三振で倒れてしまうと、代打の今浪選手はサードファールフライ、飯山選手は見逃し三振で三者凡退。
 
【8回表】
ここは石井義選手を空振り三振、フェルナンデス選手をライトフライ、ブラウン選手をキャッチャーファールフライで三者凡退とした。
 
【8回裏】
田中選手がセンターフライで一死となってしまうと、次の森本選手はレフト前ヒットで出塁も、稲葉選手、小谷野選手が共にショートゴロで倒れてしまった。
 
【9回表】
大島選手を空振り三振、高山選手をサードライナー、上本選手をファーストゴロで三者凡退。
 
【9回裏】
3点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、埼玉西武2番手のシコースキー投手に対して、糸井選手のセンター前ヒットと二岡選手のショートへの内野安打で無死一二塁とチャンスを作るも、ここから中田選手は見逃し三振、鶴岡選手はセンターフライで倒れてしまって二死一二塁。
しかしこの場面、続く飯山選手はシコースキー投手の変化球をとらえると、これがレフトスタンドへと飛び込む起死回生の3ランホームランとなり、土壇場に来て4−4の同点。
この後は田中選手がライト線に二塁打を放ってサヨナラのチャンスを作りながらも、森本選手が空振り三振に倒れて三死となってしまったが、この回はあと1人で試合終了という土壇場でプロ13年目の飯山選手がプロ初のホームランを放ち、これで4−4の同点として試合を延長線へと持ち込んだ。
 
【10回表】
ここは北海道日本ハム2番手の菊地投手が、浅村選手を空振り三振、片岡選手をレフトフライ、栗山選手をセカンドゴロで三者凡退。
 
【10回裏】
この回は埼玉西武3番手の岡本篤投手に対して、先頭の稲葉選手は見逃し三振に倒れてしまうも、小谷野選手がライト前ヒットで出塁すると、糸井選手はレフト前にヒットを放って一死一二塁。
するとこの場面、続く高口選手は右中間にサヨナラタイムリーとなる二塁打を弾き返し、これで劇的な試合を制して試合終了とした。
 
9回二死からの起死回生の同点弾となった飯山選手のプロ13年目にしての初の一発。そして高口選手のサヨナラタイムリーと、まさに劇的な試合でこのカードの初戦を制した。
 
先発のダルビッシュ投手は、立ち上がりからいきなり5者連続の空振り三振を奪うなと、最高の立ち上がりを見せてくれると、その後も埼玉西武打線をしっかりと抑えていたが、7回表には突然ヒット5本を集中されるなどしての4失点。
しかしその後は何とか9回まで更なる追加点を与えることもなく投げ切った。
 
対して打撃陣は、2回裏に中田選手の一発によって1点こそ先制するも、その後は埼玉西武先発の平野投手をなかなか攻略できず、8回を終わった時点で追加点は無し。
しかし9回に入ると守護神のシコースキー投手に対して一発が出れば同点というチャンスを作ると、ここで飯山選手がプロ13年目にして初の一発をレフトスタンドへと叩き込み、土壇場で同点。
そして続く10回裏には高口選手がサヨナラタイムリーを放っての勝利と、まさに 「劇的」 の言葉がしっくりとくる試合展開だった。
 

中田選手のコメント (2回裏、レフト・ソロホームラン)
打った瞬間は普通のレフトフライだと思いながら走ったんですけどね。でも、レフトがフェンスぎりぎりまで行って上を見ていたから 「え? ホント?」 と思ったら入ってくれました。ビデオ判定は初めてでしたけど、打球の跳ね方とか角度を考えれば絶対に入っていると思っていました。でも、最終的な判定が出るまではやっぱり緊張しましたね。
 
飯山選手のコメント (9回裏、レフト・3ランホームラン。プロ初ホームラン)
打ったのはチェンジアップ。打った瞬間の手応え? 全力疾走ですよ。清水さんのリアクションで入ったんだと分かりました。がっつかないで打とうと思ってましたけど、ホームランは出来過ぎです。
ダルビッシュがいい投球をしていたので、何とかしたかったです。自分のホームランより、チームが勝てたことが嬉しかったです。
 
ダルビッシュ投手のコメント (9回、打者35、125球、被安打9、与四死球0、奪三振10、失点4、自責点4)
調子は良かったですし、コントロールも良かったのですが、7回はコンパクトにバットを振られ、変化球をうまく拾われました。1点は良かったのですが、2、3、4点目はもったいなかったです。
 
高口選手のコメント (10回裏、右中間タイムリー二塁打。サヨナラタイムリー)
打った瞬間、抜けたと思いました。
 
梨田監督のコメント
9回は無死から糸井が安打で出て、二岡の当たりを内野安打にした糸井の走塁がいい流れを生んだ。次の打者2人は還せなかったけど、走者を2人残して繋げられたからね。飯山の状態が良かったから期待はしていたけど、まさかホームランとは思わなかった。初ホームランがチームの勝利に貢献したので嬉しかったですね。ダルは最近ビッグイニングが多いね。最初から飛ばしていたみたいだけど、何かをつかんでくれれば。北海道に来てから500勝。ファンに支えられて500勝だと思うので、この先もファンと共に勝ち星を積み重ねていきたいです。
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

まさか飯山が・・・驚きました。

2010/8/21(土) 午前 0:35 [ - ]

顔アイコン

飯山のホームランには感動すら覚えました。

2010/8/21(土) 午前 4:48 [ golfer13131313 ]

本当に劇的な試合でした。
飯山のあの喜びかたを見ているだけで涙が出てきました。野球の神様っているんだなって思いました。
まさに苦労が報われた一瞬ですね。

2010/8/21(土) 午前 4:54 たのさん

まさか飯山がと思いましたが・・・・・・
自分のことのように嬉しかったです。

2010/8/23(月) 午前 1:28 たか

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事