やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からは千葉に乗り込んでの2位千葉ロッテとの3連戦。
まずこの試合の先発は、北海道日本ハムは今季初先発となるウルフ投手。対する千葉ロッテは吉見投手。
また、今日からは怪我で欠場の続いていた糸井選手が 「5番センター」 でスタメンに復帰となった。
 
【1回表】
初回の攻撃は、先頭の田中選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の森本選手の打席では二塁に盗塁を決めて無死二塁。
しかしこの後、まず森本選手が空振り三振で倒れてしまうと、稲葉選手はショートゴロに倒れて二死二塁。
するとこの場面、次の小谷野選手は四球を選ぶと、ここで最後の球がワイルドピッチとなり、この間に田中選手が三塁へと進んで二死ながらも一三塁としたが、ここは続く糸井選手が空振り三振に倒れて三死となってしまった。
 
【1回裏】
ウルフ投手の立ち上がりは、先頭の西岡選手にピッチャー返しの打球をセンター前ヒットとされるも、次の清田選手をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとすると、更に続く井口選手は空振り三振で切って取って、まずは初回を無難に三者凡退で終わらせた。
 
【2回表】
先頭の二岡選手がサードゴロて倒れてしまうと、ここからまず中田選手が死球を受けて歩き、更にこれに大野選手がレフト前ヒットで続いて一死一二塁としたものの、ここは飯山選手が空振り三振、田中選手が見逃し三振と後続が共に続けず。
 
【2回裏】
金選手をピッチャーゴロ、福浦選手を空振り三振で二死とすると、次の今江選手は死球で塁に出してしまうも、ここは続く大松選手をピッチャーゴロで仕留めて三死とした。
 
【3回表】
この回はまず森本選手が四球を選んで塁に出ると、次の稲葉選手が右中間スタンドに2ランホームランを叩き込み、これでまずは北海道日本ハムが2点を先制。
そしてこの後も、次の小谷野選手がセンター前ヒットで出塁すると、糸井選手の送りバントで二塁へ、そして二岡選手のショートゴロの間に三塁へと進んだものの、ここは続く中田選手が空振り三振に倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は稲葉選手の2ランホームランにより、まずは北海道日本ハムが2−0と先制点を挙げた。
 
【3回裏】
まず的場選手をサードゴロで一死とすると、次の岡田選手には死球をぶつけてしまうも、この後は西岡選手をショートゴロ、清田選手を空振り三振と、ここも後続をしっかりと抑えて無失点とした。
 
【4回表】
先頭の大野選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、これを飯山選手がしっかりと送って一死二塁としたものの、ここは田中選手がレフトファールフライ、森本選手がセカンドライナーと共に続けず。
 
【4回裏】
先頭の井口選手をショートゴロで一死とすると、次の金選手は四球で塁に出してしまうも、ここは続く福浦選手をファーストゴロで3-3-6のダブルプレーとした。
 
【5回表】
稲葉選手がショートフライで一死となってしまうと、小谷野選手はライト前にヒットを放って出塁も、この後は糸井選手が空振り三振、二岡選手がサードゴロと倒れて三死となってしまった。
 
【5回裏】
この回は先頭の今江選手にセンターオーバーの二塁打を打たれていきなり無死二塁とされてしまったものの、この後はまず次の大松選手をレフトフライで一死とすると、この間に今江選手には三塁へと進まれるも、ここからは代打の根元選手をファーストゴロ、岡田選手をショートゴロと後続をしっかりと切って取った。
 
【6回表】
先頭の中田選手がセンター前ヒットで出塁すると、これを大野選手が送りバントで二塁へと進めると、更に次の飯山選手の打席では吉見投手のワイルドピッチによって三塁へと進塁。
するとこの場面、打席の飯山選手が四球を選んで一死一三塁とすると、ここで田中選手がライト前にタイムリーを弾き返し、これで1点を追加して3−0として吉見投手をノックアウト。
この後は、千葉ロッテ2番手の薮田投手に対し、まず森本選手がセンターフライで二死となってしまうと、稲葉選手は四球で歩いて出塁も、ここは続く小谷野選手がセンターフライで三死となってしまったが、この回は田中選手のタイムリーによって1点を追加し、これで3−0とリードを広げた。
 
【6回裏】
ここはまず西岡選手にセンター前にヒットを打たれると、清田選手は四球で歩かせ、これで無死一二塁としてしまうと、ここから井口選手はレフトフライ、金選手はサードゴロで二塁フォースアウトとし、これで二死とはしたものの、なおも一三塁から、続く福浦選手にはレフト前にタイムリーを弾き返されてしまう、これで1点を返されて3−1。
しかしこの後なおも二死一二塁からは、ここで交代の榊原投手が次の今江選手をレフトファールフライで切って取って、何とかこの回を最少失点のみで終わらせた。
 
【7回表】
この回は千葉ロッテ3番手の古谷投手に対し、糸井選手が空振り三振、二岡選手がショートゴロ、中田選手がサードゴロで倒れての三者凡退。
 
【7回裏】
ここは北海道日本ハム3番手の石井投手が、いきなり先頭の大松選手を四球で歩かせてしまうも、次の斉藤選手はセカンドフライで打ち取って一死一塁。
するとここから、まず千葉ロッテが代打に竹原選手をコールすると、これに対してピッチャーは建山投手へと交代し、更にこれに対しては代打の代打で塀内選手が登場。
するとこの場面、建山投手は塀内選手に一二塁間をライト前にヒットされ、これで二死一二塁とされて、更に続く西岡選手にはレフト前にポトリと落ちようかという打球を打たれるも、これはサード小谷野選手が打球に対して完全に背中を向けた状態から背面ジャンプでキャッチして二死とすると、素早く二塁にも送球し、これでこのピンチをダブルプレーで切り抜けた。
 
【8回表】
この回は続投の古谷投手に対し、まず大野選手はセンターフライで倒れてしまうも、飯山選手がレフト前ヒットで出塁すると、直後に古谷投手のワイルドピッチで二塁へと進塁。
するとこの場面、続く田中選手は前進守備のセンターの頭上を越えるタイムリー二塁打を放ち、これで1点を追加して4−1。
この後はまず森本選手がキャッチャーファールフライで二死となってしまうと、稲葉選手は四球を選んで出塁も、次の小谷野選手はここで交代の川越投手に対して空振り三振に倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は田中選手のタイムリーによって貴重な1点を追加し、これで4−1とリードを再び3点へと広げた。
 
【8回裏】
ここは続投の建山投手が、清田選手をショートゴロ、井口選手をレフトフライ、金選手を空振り三振で三者凡退。
 
【9回表】
先頭の糸井選手がライト線に二塁打を放って出塁も、この後は二岡選手、中田選手、大野選手がいずれもサードゴロに倒れて続けず。
 
【9回裏】
3点のリードで迎えた最終回は、ここから5番手として登板の宮西投手が、まず福浦選手を空振り三振で一死とすると、今江選手は四球で歩かせてしまうも、大松選手は見逃し三振で二死一塁。
するとこの場面、北海道日本ハムはピッチャーを宮西投手から武田久投手へと交代すると、最後は斉藤選手をしっかりと空振り三振で切って取り、これで試合終了とした。
 
3連戦の初戦を制し、これでチームの連勝も 「3」 へと伸ばした。
 
先発のウルフ投手は、先発を務める為にしばらく2軍で調整をしたのちの今日の登板だったが、立ち上がりから時折制球が乱れるところもあったものの、全体通じてコントロールがしっかりと決まり、5回2/3を投げて1失点と、初先発としてはまずは上々の結果を出してくれた。
またこれを継いだ中継ぎ投手陣もそれぞれ与えられた場面でしっかりとその期待に応えてくれ、最後まで追加点を取られることもなく試合を終わらせた。
 
打撃陣は、3回表に稲葉選手の2ランホームランで2点を先制すると、その後も毎回のように走者を出し、6回と8回にもそれぞれ1点ずつを追加しての4得点。
ヒットの数も田中選手の3安打を筆頭に、チーム全体で11安打と、2桁安打を記録した。
 
また今日は糸井選手が5試合ぶりにスタメンに復帰。
今日のところは3三振を喫してしまいながらも、最後の打席ではしっかりと二塁打を放ち、まずは一安心をさせてくれた。
 
他にも守備面で、7回裏一死一二塁の場面から、西岡選手のサード後方への打球を小谷野選手が背面ジャンプの好守でさばき、結果的にはこれが大きく試合を左右するなど、チーム全体でバットだけでなく、守備面でも投手陣をバックアップした。
 
稲葉選手のコメント (3回表、右中間2ランホームラン)
打ったのはスライダーですね。たまたまですよ。稀哲がいいフォアボールを選んでくれたので、栄一まで回せば何とかしてくると思って打席に立ったのが、いい結果に結びついたんだと思います。後半戦で初めてだっけ? それも含めて嬉しいですね。
 
ウルフ投手のコメント (5回2/3、打者23、75球、被安打4、与四死球4、奪三振3、失点1、自責点1)
奨太がとてもいいリードをしてくれました。狙い通りゴロを打たせることが出来ましたし、野手の方々もダブルプレーを完成させるなど堅い守備で助けてくれました。6回を最後まで投げきれなかったのは悔しいですが、しっかり抑えてくれたバラにも感謝します。
 
田中選手のコメント (6回表、ライト前タイムリー)
2回のチャンスで打てなかったので必死でした。打てて良かったです。
(3安打2打点も) 首位打者とか200安打とか、そこを目標にしているわけじゃないので。
 
小谷野選手のコメント (7回裏、西岡選手の打球を好捕)
お互いにとって大事な試合。あのプレーは集中していたから。回転しても間に合わないと思ったから、がむしゃらに走ってジャンプした。ギャンプル的な感じですね。 
 
梨田監督のコメント
ウルフがよう放ってくれたね。すごくボールが生きていたというか、動いていた。ある程度の準備期間を与えての先発だからそれなりに期待はしていたけれども、最後は替え時が難しかった。稲葉が14本からなかなか進まないなと思っていたけど、先制点になる良いホームランだった。小谷野の6回のダブルプレーは練習しようとしても出来ないプレーやね。苦しいところを、建山も苦しかっただろうところでチームを救ってくれた。1つ1つ全力でやっていくことに変わりはないけど、3連戦の頭を取れたのは大きい。
 
島崎投手コーチのコメント
(ウルフ投手は) リリーフの時より余裕が見られた。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

ウルフが初先発でよく投げてくれました。

2010/9/4(土) 午前 0:26 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

小谷野のファインプレーにしびれました。

2010/9/4(土) 午前 1:33 [ - ] 返信する

これで千葉ロッテとの差が3.5。
この3連戦は絶対に3連勝したいですね。

2010/9/4(土) 午前 9:39 たのさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(17)


.


みんなの更新記事