やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からは福岡での2位福岡ソフトバンクとの2連戦。
この試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。福岡ソフトバンクが山田投手。
 
【1回表】
初回の攻撃は、田中選手がライトフライ、森本選手が空振り三振、稲葉選手がレフトフライで三者凡退。
 
【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、いきなり先頭の川選手に左中間に二塁打を打たれると、次の本多選手には送りバントを決められて一死三塁。
しかしこの場面、続く長谷川選手の打席では、まずキャッチャー大野選手からの牽制球で川選手を刺して二死とすると、更に打席の長谷川選手もライトフライで切って取り、これでまずは初回からのいきなりの一死三塁のピンチを無失点で乗り切った。
 
【2回表】
小谷野選手がサードライナーで一死となってしまうと、次の糸井選手はフルカウントから四球を選んで出塁も、中田選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの場面、続く高口選手の打席では糸井選手が盗塁を決めて二塁へと進むも、ここは高口選手も空振り三振に切って取られてこの回を終えてしまった。
 
【2回裏】
小久保選手をセンターフライで一死とすると、次の多村選手にはセンター前にヒットを打たれるも、この後は松中選手をライトフライ、松田選手をピッチャーゴロと後続をいずれも打ち取った。
 
【3回表】
この回は先頭の大野選手が空振り三振で倒れてしまうも、次の陽選手はレフト前にヒットを放って出塁すると、直後に盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの場面、まず田中選手がフルカウントから四球を選んで歩くと、更に森本選手は左太腿に死球を開け、これで一死満塁となると、ここで続く稲葉選手がボテボテの当たりのショートゴロで二塁フォースアウトとなる間に三塁から陽選手が生還。
この後なおも二死一三塁からは小谷野選手がショートゴロで三死となってしまったが、この回は一死満塁からの内野ゴロの間に1点を挙げ、これでまずは1−0と北海道日本ハムが先制点を挙げることに成功した。
 
【3回裏】
ここは城所選手をピッチャーゴロ、山崎選手をライトフライで二死とすると、川選手にはレフト線に二塁打を打たれるも、続く本多選手はしっかりとピッチャーゴロで切って取って三死とした。
 
【4回表】
先頭の糸井選手がファーストに内野安打を放って出塁すると、次の中田選手は空振り三振に倒れてしまうも、続く高口選手の打席では山田投手の牽制悪送球の間に二塁へと進塁。
しかしここはまず打席の高口選手が空振り三振で二死となってしまうと、更に大野選手も空振り三振と、後続が共に期待に応えることが出来なかった。
 
【4回裏】
この回は長谷川選手のセンター前ヒットと小久保選手のレフト前ヒットでいきなり無死一二塁のピンチを迎えてしまうと、次の多村選手には二遊間をセンター前へとタイムリーを弾き返され、これで1点を返されて1−1の同点。
しかしこの後なおも無死一二塁からは武田勝投手が粘りを見せ、松中選手、松田選手を共にレフトフライで二死とすると、更に城所選手もピッチャーゴロで切って取り、これでこの回を終わらせた。
 
【5回表】
陽選手がライトフライ、田中選手がセンターフライ、森本選手がライトフライで三者凡退。
 
【5回裏】
山崎選手、川選手を共にショートゴロで二死とすると、ここからまず本多選手を四球で歩かせ、更に長谷川選手にはレフト前にヒットされて二死ながらも一三塁とされてしまったものの、ここは続く小久保選手のバットをへし折ってのファーストゴロで切って取って三死とした。
 
【6回表】
ここは先頭の稲葉選手が空振り三振で倒れてしまうも、小谷野選手がライト線に二塁打を放って出塁すると、糸井選手は四球を選び、これで一死一二塁。
するとこの場面、まず次の中田選手のセンターフライで二塁走者の小谷野選手がタッチアップで三塁へと進むと、更に続く高口選手の打席では一塁走者の糸井選手が盗塁で二塁に進み、これで二死ながらも二三塁とチャンスを広げたが、ここは高口選手がピッチャーゴロに切って取られてこの回を無得点のままに終えてしまった。
 
【6回裏】
この回はまず多村選手をセンターフライで一死とするも、松中選手にはライト前にも松田選手にはレフト前にヒットされて一死一二塁。
しかしここは続く代打の柴原選手をセカンドゴロに打ち取ると、これを4-6-3のダブルプレーとし、これでこの回を終わらせた。
 
【7回表】
大野選手がショートゴロ、陽選手がファーストゴロ、田中選手が空振り三振で三者凡退。
 
【7回裏】
北海道日本ハムのマウンドにここまで好投の武田勝投手に代わって宮西投手が登板のこの回は、いきなり先頭の山崎選手を四球で歩かせてしまうと、川選手には送りバントを決められ、これで一死二塁と得点圏に走者を進められてしまうも、この後は本多選手、長谷川選手を連続の空振り三振で切って取って三死とした。
 
【8回表】
ここは福岡ソフトバンク2番手の森福投手に対して、森本選手がショートゴロ、稲葉選手がレフトフライ、小谷野選手がショートゴロで三者凡退。
 
【8回裏】
この回は北海道日本ハム3番手の榊原投手が、小久保選手をセカンドフライ、多村選手をセンターフライ、福田選手を空振り三振で三者凡退の好リリーフ。
 
【9回表】
ここはまず糸井選手が続投の森福投手の前に空振り三振で一死となってしまうと、この後はここで交代のファルケンボーグ投手に対して、中田選手が空振り三振、高口選手がファーストファールフライで、これで7回〜9回まで3イニング続けての三者凡退となってしまった。
 
【9回裏】
ここは続投の榊原投手が、松田選手をサードゴロ、柴原選手をショートゴロ、山崎選手を空振り三振で前の回に続いての三者凡退とし、これで試合は1−1のまま延長戦に突入することとなった。
 
【10回表】
この回は福岡ソフトバンク4番手の馬原投手に対して、まず先頭の大野選手がストレートの四球を選んで出塁すると、陽選手は確実に送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の田中選手はセンター前にヒットを放って、これで一死一三塁とチャンスを広げると、ここで続く森本選手がカウント0-1からの2球目でピッチャー前に見事にスクイズを決め、これで三塁走者の大野選手を迎え入れて2−1と勝ち越し。
この後は稲葉選手が四球で歩きながらも、小谷野選手がサードゴロで倒れて三死となってしまったが、この回は森本選手のスクイズで1点を挙げ、これでここにきて2−1と勝ち越しに成功した。
 
【10回裏】
1点のリードをもって迎えたこの回は、ここから登場の武田久投手、鶴岡選手のバッテリーが、川選手をショートゴロ、本多選手を見逃し三振で二死とすると、最後は長谷川選手をセンターフライで切って取り、しっかりと3人で締めて試合終了とした。
 
延長へと突入した緊迫の試合を制し、まずはこの3連戦の初戦をとった。
 
試合はまず3回表、北海道日本ハムが苦手の山田投手に対して一死満塁から内野ゴロの間に1点を先制。
すると先発の武田勝投手は、今季既に5勝と得意とする福岡ソフトバンク打線に対して毎回のように走者を出してしまうピッチングの中で4回裏に3連打を浴びて1点を失って同点とされてしまった。
 
その後は6回を終えたところでマウンドを降りた武田勝投手を継いだ宮西投手、榊原投手がしっかりとしのいでその後を無失点でつなぐと、対して打線も福岡ソフトバンクの投手陣を崩せず、お互いに走者は出しながらも決定打を欠く内容で、試合は1−1のまま延長線へと突入することなった。
 
しかし北海道日本ハムは10回表、一死一三塁からの森本選手のスクイズが見事に決まり、これが決勝点となった。
 
武田勝投手のコメント (6回、打者26、85球、被安打9、与四死球1、奪三振0、失点1、自責点1)
相手も研究していて自分自身プレッシャーが掛かる中で、ヒットは打たれましたけど、粘って投げることができたと思います。
 
榊原投手のコメント (2回、打者6、22球、被安打0、与四死球0、奪三振2、失点0、自責点0)
負けられない試合が続いているので、勝てて良かった。調子がいいとは思わなかったですが、いい球が投げられました。
 
森本選手のコメント (10回表、スクイズ成功)
(カウント0-1で) あそこはストライクがきやすい場面ですから。スクイズ (のサイン) はあると思ってました。決めれば勝ちが近づく場面。今日はいつもの20倍くらい緊張しましたが、前に転がすことだけを考えました。
監督のファインプレーじゃないですか。バントのサインが嫌なので、(普段は) サインが出る前に打ってしまうから。
 
武田久投手のコメント (1回、打者3、10球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
左打者が続くので気を付けて投げた。先頭の川崎を打ち取って楽になりました。
 
大野選手のコメント
(武田勝投手は) 苦しい中でも、丁寧に低めをつき、最少失点に抑えるのはさすがです。
 
梨田監督のコメント
点入りそうになかったし、ヒットも出そうじゃなかったからね。1ボールになった段階で馬原もまっすぐかカットボールでストライクを投げてくるだろうからやりやすいかなと。稀哲を信頼してたよ。勝もよく頑張ったけど、あそこで代えないとと代え時が分からなくなってしまいそうだったし、左が続くところでもあったしね。奨太の初回のプレーも大きかったし、バラもよく抑えてくれた。野手にリズムを与えてくれたんじゃないかな。久も今日は良かった。低めのボールが伸びてきていた。初戦を取れたのは大きい。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

稀哲のスクイズはしびれました。

2010/9/11(土) 午前 0:08 [ - ]

顔アイコン

まずは初戦をとれてよかったです。

2010/9/11(土) 午前 1:19 [ golfer13131313 ]

苦しい試合でしたけど、投手陣が頑張ってくれましたね。

2010/9/11(土) 午前 9:33 たのさん

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事