やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
昨日の試合を落としたことにより、自力でのクライマックスシリーズ進出が消滅。
しかしまだ他球団の勝敗如何によっては十分にその可能性を残してるだけに諦めるわけにはいかない。
そんな今日の試合の先発は、北海道日本ハムがウルフ投手。東北楽天が松崎投手。
 
【1回表】
ウルフ投手の立ち上がりは、聖澤選手をセンターフライ、内村選手をサードゴロ、鉄平選手をセカンドゴロと、まずは三者凡退の上々の立ち上がりとなった。
 
【1回裏】
商家の攻撃は、田中選手がショートゴロ、陽選手がセンターフライで二死となってしまうと、次の稲葉選手はレフト前にヒットを放って出塁も、ここは小谷野選手がセンターフライで続けず。
 
【2回表】
ここは山武選手をファーストフライ、草野選手を空振り三振、まし選手をショートゴロで、初回に続いての三者凡退とした。
 
【2回裏】
先頭の糸井選手がライト前ヒットで出塁すると、次の鵜久森選手はセンターフライに倒れてしまうも、続く中田選手の打席では糸井選手が盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの場面、中田選手はサードゴロで走者を進めることが出来ずに二死となってしまったが、続く大野選手が三遊間を破ってレフト前にタイムリーを弾き返し、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死一塁からは高口選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は大野選手のタイムリーにより、まずは北海道日本ハムが1−0と先制に成功した。
 
【3回表】
桝田選手をファーストゴロ、渡辺直選手をサードゴロ、中村真選手をセカンドゴロと、3つの内野ゴロで、初回から3イニング連続での三者凡退とした。
 
【3回裏】
ここはまず田中選手がフルカウントから四球を選んで塁に出るも、陽選手はセンターフライ、稲葉選手はサードファールフライで二死一塁。
するとこの後、続く小谷野選手はライト前にヒットを放ち、これで二死ながらも一にネイとチャンスを広げたが、ここは糸井選手がサードゴロで倒れてこの回を終えてしまった。
 
【4回表】
先頭の聖澤選手をセカンドゴロで一死とすると、次の内村選手にはキャッチャー前にセーフティーバントを決められてこの試合初のヒットを許してしまうも、この後は鉄平選手をレフトフライ、山武選手をセンターフライと後続をしっかりと切って取った。
 
【4回裏】
この回はまず鵜久森選手がレフト前ヒットで出塁すると、中田選手はセカンドフライで一死となってしまうも、ここで次の大野選手がレフト線に二塁打を放つと、この当たりで一塁走者の鵜久森選手が長駆生還し、これで1点を追加して2−0。
この後なおも一死二塁からは高口選手がショートゴロ、田中選手が空振り三振と共に倒れて三死となってしまったが、この回は大野選手の2打席連続となるタイムリーで1点を追加し、これで2−0とした。
 
【5回表】
ここは先頭の草野選手にレフト前にヒットされると、嶋選手はライトフライで一死とするも、次の桝田選手にはセンター前にヒットを打たれて一死一二塁。
するとこの場面、続く渡辺直選手はセカンドゴロで二塁フォースアウトとするも、なおも二死一三塁というところから、次の中村真選手にはライト前にタイムリーを弾き返されてしまい、これで1点を返されて2−1。
この後は聖澤選手を空振り三振で三死としたが、この回は中村真選手のタイムリーによって1点を返され、これで2−1と詰め寄られてしまった。
 
【5回裏】
この回は陽選手はセンターフライで倒れてしまうも、稲葉選手が右中間フェンス直撃の二塁打を放って一死二塁。
するとこの場面、次の小谷野選手が放った打球はレフトスタンドに一度は吸い込まれていったものの、これは最前列の観客がスタンドから腕を伸ばしてキャッチしてしまうというアクシデントに見舞われ、記録は二塁打となってしまったものの、これで稲葉選手が生還して3−1。
そして更になおも一死二塁から、今度は続く糸井選手がセンター前にヒットを放つと、この当たりで二塁から小谷野選手が生還、更に1点追加で4−1。
この後なおも一死二塁からは東北楽天のピッチャーが山村投手へと交代すると、ここは鵜久森選手がセカンドフライ、中田選手が空振り三振と共に打ち取られて三死となってしまったが、この回は小谷野選手、糸井選手の連続タイムリーで2点を追加し、これで4−1と再びリードを広げた。
 
【6回表】
ここは先頭の内村選手にウルフ投手の足を直撃する内野安打を打たれてしまうと、更にこのボールを処理したセカンド田中選手が一塁へと悪送球してしまい、この間に内村選手は二塁へと進塁。
するとこの場面、次の牧田選手はショートゴロで一死するも、山武選手にはセンター前にヒットされて一死一三塁とされてしまうと、ここで続く草野選手をセカンドゴロで二塁フォースアウトとする間に三塁走者の内村選手に生還されてしまい、これで4−2。
しかしこの後なおも二死一塁からは次の嶋選手を空振り三振で切って取り、更なる反撃だけは許さなかった。
 
【6回裏】
この回は続投の山村投手に対して、大野選手がサードファールフライ、高口選手がキャッチャーファールフライで早々に二死となってしまうも、ここからまず田中選手がセンター前ヒットで出塁すると、すぐに盗塁で二塁へと進んだところで、続く陽選手が三遊間をレフト前にタイムリーとなるヒットを弾き返し、これで田中選手が生還して5−2。
この後は次の稲葉選手がここで交代の佐竹投手の前にサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手のタイムリーによって1点を追加し、これで5−2と得点差を再び3点へと広げた。
 
【7回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で宮西投手が登板のこの回は、まず桝田選手を見逃し三振で一死とするも、渡辺直選手にライト前にヒットを打たれると、更に代打の宮出選手にはレフト前にヒットされて一死一二塁。
するとこの場面、次の聖澤選手はセカンドフライで二死とすると、続いて代打に中村紀選手がコールされると、これに対してピッチャーは宮西投手から榊原投手へとスイッチしたものの、その榊原投手はその登板直後にいきなりワイルドピッチを犯してしまい、これで走者にそれぞれ進塁されて二死二三塁。
しかしここはなんとか打席の中村紀選手をセンターフライで切って取り、ここを無失点のままに終わらせた。
 
【7回裏】
ここは小谷野選手がライトフライ、糸井選手がセンターフライ、鵜久森選手が空振り三振で三者凡退。
 
【8回表】
この回は北海道日本ハム4番手の建山投手が、まず牧田選手はファーストファールフライで一死としたものの、次の山武選手に右中間に二塁打を打たれると、更に草野選手にはライト前にヒットされてしまって一死一三塁。
しかしここは続く嶋選手をセカンドゴロとすると、これを4-6-3のダブルプレーで乗り切り、何とかこの回も得点を奪われないままに三死とした。
 
【8回裏】
東北楽天のマウンドに4番手で川岸投手が登板すると、ます先頭の森本選手はショートゴロに倒れてしまうも、大野選手がレフト前にこの試合3本目となるヒットを放って出塁すると、これを高口選手が一死から送りバントで進めて二死二塁。
するとこの場面、次の田中選手は敬遠で歩かされて二死一二塁となると、ここで続く陽選手が初球を左中間へと運ぶと、これが2者を迎え入れるタイムリー三塁打となり、2点を追加して7−2。
この後なおも二死三塁からは飯山選手がライトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手のこの試合2本目となるタイムリーで2点を追加し、これで7−2と更にリードを大きく広げた。
 
【9回表】
5点のリードを持って迎えた最終回は満を持して守護神武田久投手が登板も、ここはいきなり先頭の桝田選手を四球で歩かせてしまうと、渡辺直選手にはライト前にヒットされて無死一二塁。
するとここは次の宮出選手のライトファールフライで二塁走者の桝田選手にタッチアップで三塁へと進まれると、ここで続く聖澤選手にはレフト前にタイムリーを打たれ、これで1点を返されて7−3。
そしてこの後も、中村紀選手にライト前にヒットを打たれ、これで一死満塁とされてしまうと、次の牧田選手をセカンドゴロで二塁フォースアウトとする間に三塁走者の生還を許して7−4。
そして更にはなおも二死一三塁から、続く山武選手にはライト前にタイムリーを弾き返され、これで7−5。
これでこの後はなおも二死一三塁と、もし長打が出てまえば一気に同点も考えられるシーンを迎えてしまったが、ここは何とか次の草野選手をショートフライで切って取り、これでようやく試合終了とした。
 
  
 
大野選手のコメント
(2回裏、レフト前タイムリー)
糸井さんがセカンドに進んでくれていたし、何とか塁に出たいという気持ちで打席に立ちました。2アウトから先制点が取れたのは良かったと思います。

(4回裏、レフト線タイムリー二塁打)
ウルフも頑張っているので、なんとか援護したいと思っていました。打ったのはシンカーだと思います。抜けてくれてラッキーという感じですね。

(ウルフ投手は) 救援の時よりも制球が良くなっている。むきになって投げようという部分もなくなった。
 
小谷野選手のコメント (5回裏、レフトオーバー・タイムリー二塁打)
内よりのまっすぐですね。珍しいこともあるもんですね。ちょっとつまってたんで、チェンス直撃ぐらいかなと思っていました。どっちにしても走者を還すことができて良かったです。
打球のはね返りがなかったのでホームランかと思いました。 (二塁を回ったところで) 周りがストップというので、何か悪いことをしたのかと思いました。
いやぁ、いいですよ勝ったから。これで1点差負けとかだったらアレですけど。フェンス直撃くらいかと思ってましたし。
 
糸井選手のコメント (5回裏、センター前タイムリー)
前の2人がいい当たりの二塁打で繋がって、更に追加点が欲しい場面だったので気合入れていきました。変化球にうまく対応できたと思います。
 
陽選手のコメント (6回裏、レフト前タイムリー)
ランナーが賢介さんだから、自分が打てばホームに還ってきてくれると思いました。1本出てホッとしました。
 
ウルフ投手のコメント (6回、打者24、95球、被安打6、与四死球0、奪三振3、失点2、自責点1)
投げるごとに自信がついてきています。今日は特に球を低めに集め、ゴロを打たせることを意識しました。足にボールがあたりましたが、大丈夫です。今日も奨太がいい組み立てをしてくれましたし、バットで2点も叩き出してくれました。まだクライマックスシリーズ出場のチャンスが無くなったわけではありません。最後まで諦めずに戦います。
 
梨田監督のコメント
先制も出来たし、点を取られた後にすぐ取り返せましたし、ダメ押しも出来たし、形にはなりました。点が入っていなかったところで奨太が先制打を打ってくれたし、二塁打で追加点もとってくれた。ありがたかった。ウルフの出来は非常に良かった。出来れば7回まで行って欲しかったけど、ボールが足に当たったこともあって替えました。リリーフの時は1点もやれないということで無駄な球を投げたがらないのですが、先発になったら心に余裕があるように見えますね。
(5回裏の小谷野選手の打球については) 黄色いラインより下だったということで、(審判は) 4人ともにビデオ判定を否定していた。珍しいよね。
 
厚澤投手コーチのコメント
(ウルフ投手は) もともと技術は高く、精神的な部分でも先発の方が力を発揮できたということです。
 

閉じる コメント(16)

顔アイコン

小谷野のホームランを阻止したやつ、でてこいっ!!!!!!!!

2010/9/16(木) 午前 0:06 [ fightersletsgo ] 返信する

フェンスから手を伸ばしてインプレー中のボールに触るなんてとんでもないことです。

こんなやつはファンなんかじゃないし、野球場で野球を見る資格がないと思います。

2010/9/16(木) 午前 0:12 たか 返信する

もうすぐAクラスですね。
まだまだ諦めてませんよ。

例のファン、一部のスポーツニュースでは後ろ姿が映し出されていましたが、アレだと現地の人なんかはわかりますね。
次来た時にはボコボにしてほしいですし、球団としても入場禁止にしてほしいです。

2010/9/16(木) 午前 0:19 kachu 返信する

顔アイコン

正直、自分は報道ステーションの映像で誰かわかりました。

ここに個人名を書くのは伏せたいと思いますが、今度スタンドで見かけたときには直接文句を言います。

2010/9/16(木) 午前 0:37 [ - ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
自分もニュースでその映像を見ました。
あんな事をする人は野球ファンじゃないですよ。悪質すぎると思います。 削除

2010/9/16(木) 午前 1:00 [ まさゆき ] 返信する

今日の小谷野の打球についてのやっさんの見解を伺いたいと思いましたが、やはり自分も同じような思いです。
あいつは退場させられて当然だと思います。
やっさんは言葉を選ばれて書かれていますが、あいつに対する怒りを感じずにはいられません。
球団としてはきっと対処を取らないと思いますが、あそこは年間席ですから明日も同じ人が同じ場所に座るはずです。
せめて明日以降も周りの人で責めて攻めまくってほしいと思いますし、球団としても個人を特定できるでしょうから、来年はその人物には年間シートの販売をしないでほしいと思います。
それくらいされて当然のことです。

2010/9/16(木) 午前 2:00 かおしかく 返信する

顔アイコン

アレ、ホームランでしたよね。
あの馬鹿さえいなければ。

2010/9/16(木) 午前 2:10 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

ホームランでも二塁打でも途中でとっちゃだめでしょ!?
退場&永久入場禁止処分を!!!!!!!!

それにしてもやっさんの説明によると、アレのせいでファイターズが負けになってしまった可能性もあったわけですね。
初めて知ったルールでした。

2010/9/16(木) 午前 3:40 こーじ 返信する

主審が観客を退場させることができるというのはかなり前にやっさんの指導で教えていただきました。
ただ今回のような場合、それ以上の処置がとられる場合があるというのは知りませんでした。
今回だとあれが楽天の選手の打球だった場合、楽天の出方次第では日本ハムが負けになってしまった可能性もあったわけですね。
それだけにあのプレーは重大なものであると思いますし、あの人は責められて当然だと思います。
ま、まずは日曜日に大沢親分と張本さんに「喝!」をもらうと思いますが。

2010/9/16(木) 午前 3:54 たのさん 返信する

顔アイコン

信じられないバカがいたものですね。
せめて勝ててよかったです。

2010/9/16(木) 午前 9:16 [ golfer13131313 ] 返信する

勝ったことに喜んでニュースを見ているとそんな出来事があったと知りました。
そんなこと今までで初めて聞きました。

2010/9/16(木) 午前 9:34 りっこ 返信する

顔アイコン

外野フェンス際で異常な出来事があったのは、確かに残念。

ぼくが昨夜のケームで再認識させられたのは、ウルフ投手と大野捕手との信頼関係でした。
ヒーローのお立ち台で、巨漢のウルフが大野とおぼしきゴム人形を抱えていたのは、バッテリー間とはいえ前代未聞。忘れられない一シーンでした。

それと梨田監督の武田久投手にかける信頼感(?)。
シーズン当初、あんなに不調をかこった久でしたが、その後も粘り強く投げさせている。それも美しい師弟関係と言えるのでしょうか。
他に、それに代わる強力な締めの投手が見つからないと言えばそれまでですが……。 (丑の戯言)

2010/9/16(木) 午前 11:21 [ eiji ] 返信する

レフトでのあの出来事は皆さんいろいろと思いがあるよですね。
本当に許されることではないですし、絶対に二度とあってはならないことだと思います。
該当者には厳しいペナルティを希望します。

2010/9/16(木) 午前 11:49 [ きいろ ] 返信する

どなたか、その映像を持ってる方はいませんか?
自分は文字としてのニュースでは知ってるのですが、実際にその映像を見ていませんので見てみたいです。

ウルフは先発に回ってから本当に安定していますね。
ケッペルそうですが、大野のリードも光ると思います。

2010/9/16(木) 午前 11:51 mogu 返信する

顔アイコン

おっと、問題のシーンの映像が追加されましたね。
改めて見ると本当にしっかりとキャッチしてしまっていますね。
確かにキャッチしなくてもフェンス直撃の当たりだったようにも見えますが、どちらにしても行為自体がアウトですね。

係員に何かを言われているときの本人のものすごく申し訳なさそうな表情が印象的ですが、キャッチした直後の隣の女性の表情もなかなか見逃せませんです。

ファイターズに限らず、どうかこんなことが二度と起こりませんように。

2010/9/18(土) 午前 3:45 [ - ] 返信する

顔アイコン

やっさん、動画を貼って下さったんですね。ありがとうございます。
実際に見るとさすがに生中継らしく生々しく犯人を映してしまっていますね。

2010/9/18(土) 午前 8:52 mogu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事