やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
今季レギュラーシーズンの最終戦は大阪に乗り込んでのオリックスとの一戦。
まずはこの試合に勝利し、同じくクライマックスシリーズ進出を狙う千葉ロッテに少しでも多くのプレッシャーをかけておきたい。
そんなこの試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。オリックスは中山投手。
 
【1回表】
まず初回の攻撃は、田中選手がセカンドゴロ、森本選手がセカンドフライ、稲葉選手がショートフライと、オリックス先発の中山投手に対して三者凡退となってしまった。
 
【1回裏】
対する武田勝投手の立ち上がりは、いきなり先頭の坂口選手に左の脛付近を直撃するピッチャー強襲の内野安打を打たれてしまうと、わずか6球で早くも一旦は治療の為にベンチに戻ったものの、無事にマウンドへと復帰。
するとこの後はまず次の森山選手を見逃し三振で一死とすると、後藤選手は空振り三振、カブレラ選手はサードゴロと、後続をしっかりと切って取って、アクシデントこそありながらもまずは初回を無難に無失点で終わらせた。
 
【2回表】
ここは先頭の小谷野選手がライト前ヒットで出塁すると、これを糸井選手が確実に送って一死二塁。
するとこの場面、まず次の陽選手が右中間を破るタイムリー二塁打を放ってまず1点を先制すると、更になおも一死二塁から、続く中田選手がライト線にタイムリーとなる二塁打を放ち、これで2−0。
この後は大野選手がライトファールフライ、飯山選手がセンターフライに倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手、中田選手の連続タイムリーにょってまずは北海道日本ハムが2点の先制点を挙げることに成功した。
 
【2回裏】
援護点をもらった直後の武田勝投手のこの回は、北川選手、バルディリス選手を共にをショートゴロで二死とすると、バイナム選手は空振り三振で三者凡退とした。
 
【3回表】
田中選手がショートフライ、森本選手が空振り三振で二死となってしまうと、稲葉選手はセンター前ヒットで出塁も、ここは小谷野選手が空振り三振で続けず。
 
【3回裏】
伊藤手をサードゴロで一死とすると、荒金選手、坂口選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【4回表】
糸井選手が見逃し三振、陽選手がセカンドフライ、中田選手がレフトフライで三者凡退。
 
【4回裏】
ここはまず森山選手をセカンドゴロで一死とすると、次の後藤選手にはセンター前にヒットを打たれるも、続くカブレラ選手はサードゴロで5-4-3のダブルプレーで切って取った。
 
【5回表】
この回はまず大野選手がレフト前ヒットで出塁すると、飯山選手はしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の田中選手のセンターフライで二塁走者の大野選手が三塁へと進塁すると、ここで森本選手が詰まった当たりながらもライト前へとしぶとくヒットを放ち、これがタイムリーとなって3−0。
この後なおも二死一塁からは稲葉選手がファーストゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は森本選手のタイムリーによって1点を追加し、これで3−0とリードを広げた。
 
【5回裏】
北川選手をライトフライ、バルディリス選手を空振り三振で二死とすると、ここで次のバイナム選手には右中間に二塁打を打たれてしまうも、続く伊藤選手をセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【6回表】
ここは小谷野選手がライトフライ、糸井選手がセンターフライで二死となってしまうも、ここからまず陽選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、すぐに盗塁を決めて二死塁へと進塁。
するとこの場面、次の中田選手はレフト線にタイムリー二塁打を放ち、これで1点追加で4−0。
この後なおも二死二塁からは、大野選手が四球を選んで歩きながらも飯山選手がサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のこの試合2本目となるタイムリーで1点を追加し、これで4−0とした。
 
【6回裏】
荒金選手をショートゴロで一死とすると、坂口選手、森山選手は共にセカンドゴロで三者凡退とした。
 
【7回表】
先頭の田中選手がセンター前ヒットで出塁すると、ここは次の森本選手が送りバントを決めて一死二塁としたものの、この後は稲葉選手がレフトフライ、小谷野選手が空振り三振と共に続けず。
 
【7回裏】
ここはまず先頭の後藤選手に糸前にヒットを打たれると、ここで北海道日本ハムはピッチャーを2番手の建山投手へと交代。
するとこの場面、建山投手はまずカブレラ選手を空振り三振、北川選手をショートゴロで二死とすると、ここで次のバルディリス選手にはセンター前にヒットされてしまうも、続くバイナム選手を空振り三振で仕留めてこの回を終わらせた。
 
【8回表】
この回はオリックス2番手の比嘉投手に対して、糸井選手がセンターフライ、陽選手がセカンドゴロ、中田選手がレフトフライで三者凡退。
 
【8回裏】
北海道日本ハムのバッテリーがダルビッシュ投手と鶴岡選手とへ交代のこの回は、まず今日が引退試合となり、代打で登場の塩崎選手にライト前にヒットを打たれるも、同じく代打のT-岡田選手は空振り三振で一死一塁。
するとこの後、続く坂口選手には三塁線に痛烈な当たりの打球を打たれるも、これはサード小谷野選手が横っ飛びのダイレクトキャッチで二死とすると、更に次の森山選手もピッチャーゴロで切って取り、これでこの回を無失点のままに終わらせた。
 
【9回表】
オリックスのピッチャーが3番手の西投手へと交代のこの回は、高口選手がレフトフライ、飯山選手が空振り三振、田中選手がサードゴロで三者凡退。
 
【9回裏】
4点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の宮西投手が、まず後藤選手を空振り三振で一死とすると、この後は更に交代の武田久投手が、カブレラ選手を空振り三振、北川選手をサードゴロとしっかりと切って取って試合終了とした。
 
今季のレギュラーシーズン最終戦を5投手の完封リレーで制し、まずはクライマックスシリーズ進出に向けてまた一歩前へと進んだ。
 
先発の武田勝投手は、初回に先頭の坂口選手の打球の直撃を受け、いきなり治療でベンチへと戻るアクシデントがあったものの、無事にマウンドへと戻ると6回0/3を投げて、打者21人対して被安打4、与四死球0で無失点の好投。
するとこの後、2番手以降は、建山投手、ダルビッシュ投手、宮西投手、武田久投手が残りの3イニングを無失点リレーで繋いだ。
 
打線は、2回表に陽選手、中田選手の連続タイムリーで2点を先制すると、5回表には森本選手、そして続く6回表には中田選手のこの試合2本目となるタイムリーで追加点を挙げ、これで4得点としっかりと機能した。
今日の試合を持って今季のレギュラーシーズンの全試合を終了。

一時は借金が14まで増えてしまったものの、最終的には貯金を7まで伸ばし、まずは3位となった。
あとは0.5ゲーム差で4位にいる千葉ロッテが残り2試合で1敗でもすれば北海道日本ハムの3位が確定し、クライマックスシリーズへの進出が決まることとなる。
 
新聞紙上ではダルビッシュ投手のメジャーリーグ挑戦が明らかになったなどという報道も出ているが、まずはファンとしてはクライマックスシリーズへの進出を信じ、そしてダルビッシュ投手が来季以降もこのまま北海道日本ハムで活躍してくれることを信じるのみである。
 
陽選手のコメント (2回表、右中間タイムリー二塁打)
糸井さんがしっかり送ってくれたし、何とかしたいという気持ちで打席に立ちました。最終戦ですし、こういう大事な試合なので先に点を取りたかった。積極的に振っていきました。
 
中田選手のコメント (2回表、ライト線タイムリー二塁打)
打ったのはチェンジアップ。いいところに落ちてくれました。ヒットが出てホッとしましたし、大切な試合で打点を稼げてすごく嬉しいです。
(今季は) ここまで打てるとも思ってなかったし、まずここまで試合に出してもらえると思ってなかったので、今以上にもっとレベルを上げていきたいと思います。
 
森本選手のコメント (5回表、ライト前タイムリー)
CSとBSの違いがよく分からないぜヒッツ!!
 
武田勝投手のコメント (6回0/3、打者21、92球、被安打4、与四死球0、奪三振6、失点0、自責点0)
シーズン最後の登板で大事な試合ということも分かっていたので最初から飛ばしていきました。(打球の直撃はあったが) 幸い当たり所がよかった。それで逆に開き直って思い切りいけたところもあると思います。
 
ダルビッシュ投手のコメント (1回、打者4、12球、被安打1、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
どこかのチームの負けを願うのは好きじゃない。でも、それしかないですから。いい結果になればいいと思います。
(今季は) イニングもたくさん投げれたし、防御率もそこそこ良かったのでまぁまぁかなと思いますけど、あまり勝てなかったのがちょっと良くないかなと思います。
(クライマックスシリーズには) 出れるものだと思って、心も切らないでしっかり準備していきたいと思います。
 
小谷野選手のコメント (8回裏、三塁線への打球を好捕)
そんなに跳んでました? ファインプレーを当たり前のプレーに見せられるよう、ずっと守ってきました。
昨年の自分越えというのを目標にしてやってきたので、それを達成できたことに関しては自分的には良かったかなと思います。
やるべきことはやったので、あとは待つだけなので、どうなるか分からないけど、準備だけはしておこうと思います。
 
田中選手のコメント
負けている時でも (ファンは) たくさん来てくれましたし、温かい言葉とかは本当に選手の中にすごい心に響いたので、本当にファンの方々のおかげでここまで来れたなという思いは強いです。
とにかく (クライマックスシリーズに) 行くつもりでしっかり準備して、あとはみんなで祈りましょう。
 
稲葉選手のコメント
諦めないという応援が一番の僕らの後押しになりました死、特に札幌ドームではいつもいつもたくさんの方が来てくれて、本当にそのおかげですね、今年は。
最下位から這い上がったチームですから、怖いもの無しで思い切ってぶつかっていたいと思いますし、そのチームがクライマックスに勝って、日本シリーズに出て、日本一になったという伝説というものを作れたらと思いますし、やってやろうという気持ちでいっぱいです。
 
梨田監督のコメント
開幕直後から大変で、怪我人も多かったけどでも最後にはなんとかここまでこれたという感じです。先発投手にアクシデントがあった時に榊原が緊急登板ながらもいいピッチングをして勝ち星を重ねてくれたのがチームに勢いをくれましたね。中田や陽と若手が少しずつ階段を登り始めています。シーズン後半には色々なことが咬み合ってきて、バントの数も多かったけどみんな自分を犠牲にしてチームの為に戦ってくれました。うちに出来ることはもう何も無いので、クライマックスシリーズに出場できると信じて準備をするだけです。
 

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

ダルビッシュは本当にメジャーに行ってしまうのでしょうか。
自分はとてもそんな報道は信じられません。絶対嘘ですね。
奥さんのブログにそんなことは書かれてませんし。

2010/9/28(火) 午前 10:43 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

顔アイコン

まずは最終戦を勝ててよかったです。
あとは千葉ロッテの結果待ちですが、絶対クライマックスシリーズに行けるものと信じています。

2010/9/28(火) 午後 11:55 [ - ] 返信する

顔アイコン

あとは祈るのみですね。

2010/9/29(水) 午前 0:20 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

最後にダルビッシュを出すまでもなかった試合だけに、【もしかして地元大阪でのサヨナラ登板!?」って思ってしまいました。
あとは本当に千葉ロッテが負けることを祈るのみですし、ダルビッシュもこのまま日本ハムにずっといてくれることを信じるのみです。

2010/9/29(水) 午前 0:36 たか 返信する

顔アイコン

最後は絶対に日本一に!

2010/9/29(水) 午前 0:58 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

本当に最後まで面白いシーズンですが、最後は勝ちたいですね。

2010/9/29(水) 午前 1:34 [ 徳川くん ] 返信する

ここまできたら絶対にCSに進出したいですね。
ロッテの負けを信じる、そして今日戦ったオリックスの勝利を信じるっていうのも変な話ですが、まずは祈っています。

2010/9/29(水) 午前 1:49 かおしかく 返信する

顔アイコン

最終的にこの1勝がファイターズにとってもマリーンズにとっても大きいのではないでしょうか。

2010/9/29(水) 午前 2:46 [ golfer13131313 ] 返信する

あとは天命を待つのみ。
こんなシーズンは今まで出始めてですが、ぜひかなってほしいものです。

2010/9/29(水) 午前 11:55 たのさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事