やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
ついに大注目のルーキー斎藤佑樹投手が公式戦デビュー。
相手の千葉ロッテの先発も同学年の大嶺投手と、黄金世代と言われる時代に担う投手同士の対決となった。
 
 
【1回表】
まず斎藤佑投手の大注目の立ち上がりは、先頭の岡田選手を空振り三振で一死とするも、次の荻野貴選手をセカンド田中選手のエラーで出塁させてしまうと、ここで続く井口選手には右中間スタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで早くも千葉ロッテが2点を先制。
この後は金選手をショートゴロ、福浦選手をセンターフライと後続はしっかりと断ったものの、斎藤佑投手は初回からいきなりの2失点でのプロのスタートとなってしまった。
 
【1回裏】
早くも追う展開となってしまった初回の攻撃は、まずせ先頭の田中選手が四球を選んで塁に出ると、陽選手は見逃し三振に倒れるも、次の糸井選手も四球で歩いて一死一二塁。
するとこの場面、小谷野選手がセカンドゴロに倒れる間に走者がそれぞれ進塁して二死二三塁とすると、今度は稲葉選手も四球を選んで出塁してこれで二死満塁となったところで、続くホフパワー選手がライトスタンドに満塁ホームランを叩き込み、これで4−2と一気に逆転。
この後は中田選手がピッチャーゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は先制点を奪われた直後にホフパワー選手の値千金のグランドスラムにより、4−2と大逆転に成功した。
 
【2回表】
先制点を奪われながらも直後に援護点をもらった斎藤佑投手のこの回は、今江選手をショートゴロ、サブロー選手をサードゴロ、大松選手をレフトフライで三者凡退。
 
【2回裏】
先頭の大野選手がサードゴロで倒れて一死となってしまうも、ここからまず金子選手がセンタ前ヒットで出塁すると、田中選手は四球を選んで一死一二塁としたところで、次の陽選手がセンター前にタイムリーヒットを弾き返し、これで二塁走者の金子選手が生還して5−2として早くも大嶺投手をノックアウト。
この後なおも一死一二塁からは千葉ロッテ2番手の吉見投手に対して糸井選手が見逃し三振、小谷野選手がサードゴロで三死となってしまったが、この回は陽選手のタイムリーによって1点を追加し、これで5−2とリードを広げた。
 
【3回表】
まず里崎選手をセカンドゴロで一死とすると、岡田選手、荻野貴選手は共にピッチャーゴロで、前の回に続いての三者凡退とした。
 
【3回裏】
この回は稲葉選手がレフト前ヒットで出塁すると、次のホフパワー選手は空振三振も、最後の球がワイルドピッチとなり、この間に一塁走者の稲葉選手が二塁へと進塁。
するとこの後、次の中田選手はボテボテのキャッチャーゴロに倒れてしまうも、当たりがこの当たりが功を奏してこの間に稲葉選手が更に三塁へと進むと、ここで続く大野選手がレフト前にタイムリーを放ち、これで1点を追加して6−2。
この後は金子選手がセンターフライに打ち取られて三死となってしまったものの、この回は大野選手のタイムリーにより更に1点を追加した。
 
【4回表】
まず井口選手にショートに内野安打されてしまうも、次の金選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
するとこの後、続く福浦選手にはセンター前にヒットされ、これで再び走者を許してしまったものの、ここは続く今江選手をしっかりとピッチャーゴロで打ち取ってこの回を終わらせた。
 
【4回裏】
田中選手がショートライナー、陽選手がショートゴロで倒れて早々に二死となってしまうと、ここから糸井選手、小谷野選手がいずれもライト前にヒットを放ち、これで二死ながらも一二塁としたものの、次の稲葉選手がレフトフライで続けず。
 
【5回表】
この回はサブロー選手を空振三振、大松選手をセカンドゴロで二死とするも、ここからまず里崎選手をサード小谷野選手のエラーで出塁させてしまうと、更に岡田選手にはライト前に、荻野貴選手にはレフト前にヒットされて二死満塁。
するとこの場面、続く井口選手にはレフト前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返されてしまい、これで6−4と2点差。
この後なおも二死一二塁からは金選手をサードゴロで仕留めて三死としたが、この回はバックのエラーもあって広がった満塁のピンチから、またも井口選手のバットによって2点を奪われしまった。
 
【5回裏】
ここは千葉ロッテ3番手の山本一投手に対して、ホフパワー選手がレフトフライ、中田選手がファーストファールフライで二死となってしまうと、大野選手はセンター前ヒットで出塁も、金子選手が空振り三振で続けず。
 
【6回表】
北海道日本ハムのピッチャーが斎藤佑投手から林投手へと交代のこの回は、福浦選手をレフトフライ、今江選手をサードゴロ、サブロー選手をファーストフライで三者凡退の好リリーフ。
 
【6回裏】
この回は先頭の田中選手はショートゴロで倒れてしまうも、次の陽選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、ここで続く糸井選手がライトスタンドに2ランホームランを放り込み、これで2点を追加して8−4。
この後はまず小谷野選手のサードへのゴロを今江選手が一塁へと悪送球すると、この間に小谷野選手が一気に二塁へと進塁も、この後は稲葉選手、ホフパワー選手が共に空振り三振で続けず。
しかしこの回は糸井選手のホームランによって2点を追加し、これで8−4とリードを広げた。
 
【7回表】
ここは北海道日本ハム3番手の宮西投手が、大松選手を見逃し三振、里崎選手をショートゴロで二死とすると、次の岡田選手を四球で歩かせてしまったところでピッチャーは榊原投手へと交代も、この場面は続く荻野貴選手をしっかりとセンターフライで切って取り、これでここも無失点のままに終わらせた。
 
【7回裏】
この回は千葉ロッテ4番手の大谷投手に対して、中田選手が見逃し三振、大野選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の金子選手はレフト前ヒットで出塁も、田中選手はセンターフライで続けず。
 
【8回表】
北海道日本ハムのマウンド増井投手が5番手として登板のこの回は、井口選手をセンターフライ、金選手を空振り三振、福浦選手をファーストゴロで三者凡退とした。
 
【8回裏】
陽選手がサードライナー、糸井選手がファーストゴロで二死となってしまうと、次の小谷野選手はセンター前ヒットで塁に出るも、ここは稲葉選手がサードゴロで続けず。
 
【9回表】
4点のリードを持って迎えた最終回は、守護神武田久投手が、今江選手をショートゴロ、サブロー選手をセカンドゴロで二死とすると、最後は大松選手をピッチャーゴロと三者凡退で切って取り、これで試合終了とした。
 
 
打線の大きな援護もあり、斎藤佑投手がプロ初登板で初勝利を挙げた。
今日は立ち上がりからバックのエラーでの走者を1人抱えたところで井口選手にいきなり2ランホームランを浴びてしまったものの、直後に打線が4点を挙げる援護。
するとこの後は2回3回と続けての三者凡退。
そんな中で5回には再び井口選手にタイムリーを浴びて2点を失い、結局この回限りでの降板となってしまったが、その後は中継ぎ投手陣もしっかりと試合を作り、打線の更なる援護もありと、まさにチーム全員で黄金ルーキーを盛り立てた。
成績を見ると、5回で打者22人に対して92球、被安打6、与四死球0、奪三振2、失点4、自責点1と、多少バックの守備の乱れに惑わされたところもあったが、まずはプロ初登板としては上々。
だからこそ次回にも多くの期待を寄せることができるし、またその期待に応えてくれるものと思いたい。
 
打撃陣では何と言ってもホフパワー選手のグランドスラムが大きかった。
初回から斎藤佑投手が早々に2点を失った直後だっだけに、まさに値千金であり、試合の流れを決めてくれた一発になった。
また、糸井選手もホームランを含む2安打で2打点を挙げると、他にも、陽選手、大野選手、金子選手も揃って2安打でマルチ安打を記録。
ヒットの無かった田中選手も2つの四球を選び、これが共に得点につながるなど、しっかりと1番打者としての役わりを果たしてくれた。
しかしそんな中、中田選手は今日の試合でもヒットが出ず、これで開幕以来5試合で18打数ノーヒット。だが、これもいつか必ず上を向いていってくれるものと、優しい目を持って見守っていくことも大事ではないかとも思える。
 
 
 斎藤佑投手のヒーローインタビュー 
 
 

ホフパワー選手のコメント (1回裏、ライト満塁ホームラン)
自分でも興奮する当たりだった。ああいう場面だからまっすぐを狙っていた。思い通りのバッティングができたね。グレートな気分かって? ノー! それ以上だ!
とにかくアグレッシブにいこうと思った。甘い球にいいコンタクトができた。
 
陽選手のコメント (2回裏、センター前タイムリー)
金子さん、賢介さんがチャンスを作ってくれたんで、積極的に行こうと思っていました。結果はラッキーでしたけど、いいところで打てたのは嬉しい。
 
斎藤佑投手のコメント (5回、打者22、92球、被安打6、与四死球0、奪三振2、失点4、自責点1)
プロ初登板でしたが、いい緊張感の中で投げることができました。コントロールの面などで内容は良くなかったですが、自分なりの最善を尽くせたと思います。
打線に感謝しています。この日が待ち遠しく初先発・初勝利を嬉しく思います。すごく緊張したけど、投げられる喜びを感じました。1勝したことで (北海道の一員の) 仲間入りができたと思っています。
 
糸井選手のコメント (6回裏、ライト・2ランホームラン)
岱鋼が得点圏にいたので、思い切っていこうと思いました。ライナーだったので届くかどうか分からなかったですが、入ってくれて良かったです。
いいところで2点を取れたのは良かった。チームも負けの方が多かったし、今日は佑ちゃんで何としても勝とうと思っていました。
 
林投手のコメント (1回、打者3、7球、被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0)
昨日はあんな形でやられたので、色々な思いがあった。
 
榊原投手のコメント (1/3回、打者1、3球、被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0)
次につながるピッングだった。
 
梨田監督のコメント
斎藤佑は状態自体悪くなかったですし、緊張もあったと思いますが、2回以降徐々に立ち直っていきましたね。ここまでストレート主体の投球が多かったのに、ツーシームやフォークを混ぜながら丁寧に放っていた印象です。5回二死からエラーで失点し、球数がかさんだのでその回で降りる形を取りましたが、それがなければ6回、7回と行けたかもしれません。自責は1点、初先発初勝利を考えれば100点つけていいんじゃないでしょうか。ホフパの満塁ホームランが大きかったですね。初回に先制されて倍返しというか、あれで勇気をもらいました。
 
吉井投手コーチのコメント
初登板で少しは緊張するのかなと思ったが、落ち着いて自分の投げたい球をしっかり投げていました。投球内容は決してほめられたもんじゃなかったが、きっちり結果を出すところはさすがです。それにしても、ルーキーの初勝利は、いつ見ても感動的ですね。
芝草投手コーチのコメント
(斎藤佑投手は) いい球がいっていた。今後は相手も研究してくる。2戦目がすごく大事。
 

閉じる コメント(24)

斎藤くんはやっぱりすごいです。
最初からホームランを打たれた時にはハラハラしましたけれど、やっぱりすごいですね。

「もってる」って本当ですね。

2011/4/17(日) 午後 5:00 おかお

顔アイコン

初めまして。
斉藤が勝ったと聞きつけて来ました。おめでとうございます。

2011/4/17(日) 午後 5:01 [ まさ ]

顔アイコン

しびれた!って言える内容ではなかったですかまずは安心しました。

2011/4/17(日) 午後 5:26 [ - ]

やったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!
佑ちゃんおめでとーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

2011/4/17(日) 午後 5:47 どんぐり

十分北海道の一員ですよ!
初勝利おめでとう!

2011/4/17(日) 午後 6:18 -

ヒーローインタビューまで詳細をアップしていただきありがとうございます。
ここからが斎藤佑樹の歴史のスタートですね。

2011/4/17(日) 午後 6:44 たか

顔アイコン

斎藤佑樹はすごい注目ですね。
活躍するのはいいことです。

2011/4/17(日) 午後 7:03 [ 匿名 ]

顔アイコン

斎藤佑樹もすごいと思いますが、このブログもすごいですね。驚きました。

2011/4/17(日) 午後 7:43 [ 森田 ]

まずはプロとしていいスタートを切れましたね。
このままいい選手に、偉大な選手になっていってほしいです。

2011/4/17(日) 午後 8:19 kachu

顔アイコン

やっぱり佑ちゃんはヒーローですね。

2011/4/17(日) 午後 8:55 [ golfer13131313 ]

やっぱりいいピッチャーヘなんですね。

2011/4/17(日) 午後 9:02 りんご

ヒーローインタビューを聞くと、斎藤のすごさというか賢さを感じました。

2011/4/17(日) 午後 9:32 かおしかく

顔アイコン

北海道鎌ヶ谷市民的にコメントすれば、彼はただ放っぽり投げていないですね。

ちゃんと、頭で考えてクレーバーな投球してます。

2011/4/17(日) 午後 10:29 [ Kamome2go ]

顔アイコン

彼は本当に頭がいいようですね。

2011/4/17(日) 午後 11:28 [ fightersfan ]

やっぱり持ってますね。
今日はホフパワーには足向けて寝られないですよ。
今日は結局は自責点1出し、通用しますね。

2011/4/18(月) 午前 0:25 [ 徳川くん ]

さすがに札幌ドームにも38000人も集まりましたね。
何年に一度出てくるかわからないこんなヒーローがハムにいることを改めて嬉しく思った試合でもありました。
とにかく、次はもっといいピッチングを見せてもらって、打線を助けるような働きもしていってほしいですね。

2011/4/18(月) 午前 2:10 こーじ

プロのデビューとしてはなかなかのものだったと思います。
バックがもう少しちゃんと守れていればとも思いますが、やっぱりいつもとは違った雰囲気だったのでしょうか。
ヒーローインタビューでマイクを渡されたこと自体異例ですし、とにかくこれからが楽しみです。
まずは、プロ初勝利おめでとう。

2011/4/18(月) 午前 8:57 たのさん

顔アイコン

1日明けてもニュースなどでも盛り上がってますね。
そういう意味でもさすがというか、注目の大きさがわかりますね。

2011/4/18(月) 午前 11:51 [ sapooro_love_story_2005 ]

顔アイコン

佑ちゃんの人気はやっぱりすごいですね。

2011/4/19(火) 午前 10:46 [ ilo*ene*yor**005010* ]

顔アイコン

斉藤君、応援しています!!!!!!

2011/4/26(火) 午後 4:32 [ feel慶南 ]

開く トラックバック(22)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事