やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からは関西に移動しての、神戸、そして大阪でのオリックスとの3連戦。
まずほっともっとフィールド神戸で行われるその初戦の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ投手。オリックスが木佐貫投手と、共に開幕投手が今季2度目の登板。
 
【1回表】
まず初回の攻撃は、先頭の田中選手が四球を選んで塁に出ると、次の陽選手が空振り三振に倒れる間にすかさず盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの後、糸井選手も四球を選んで一死一二塁とすると、次の小谷野選手は見逃し三振で二死となってしまうも、ここで続く稲葉選手がレフト前にタイムリーヒットを弾き返し、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制すると共に、これで稲葉選手はプロ通算3000塁打を達成。
この後なおも二死一二塁からはホフパワー選手がファーストゴロで倒れて三死となってしまったが、この試合は初回から稲葉選手のタイムリーにより、早くも先制点を挙げることに成功した。
 
【1回裏】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、先頭の坂口選手に二遊間への当たりをショートへの内野安打とされてしまうと、次の森山選手には確実に送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、続く後藤選手にはレフト前にタイムリーを弾き返されてしまい、これで早々に1−1の同点。
この後なおも一死一塁からはT-岡田選手をファーストゴロ、北川選手をキャッチャーファールフライで切って取って三死としたが、この試合は初回から両先発投手が共に1点ずつを失う形で、1−1の同点でのスタートとなった。
 
【2回表】
ここは中田選手がセカンドフライで一死となってしまうと、次の大野選手はレフト前にヒットを放って出塁も、この後は金子選手がサードフライ、田中選手が見逃し三振と共に続けず。
 
【2回裏】
李選手をセカンドゴロ、バルディリス選手をショートゴロ、伊藤選手をショートフライで三者凡退。
 
【3回表】
先頭の陽選手が四球を選んで出塁すると、次の糸井選手が逆方向のレフトスタンドへと2ランホームランを運び、これで3−1と勝ち越し。
この後はまず小谷野選手がライトフライで一死となってしまうと、稲葉選手、ホフパワー選手は共に空振り三振に倒れて三死となってしまったが、この回は糸井選手の今季3号となる2ランホームランで、3−1と勝ち越した。
 
【3回裏】
援護点をもらった直後のダルビッシュ投手は、金子圭選手をライトフライ、坂口選手を見逃し三振でポンポンと二死を取ったものの、ここからまず森山選手の当たりがセカンドへの内野安打となってしまうと、後藤選手にはレフト前にヒットされ、これで二死一三塁。
しかしここは次のT-岡田選手を空振り三振としてこの回を無失点のままに終わらせた。
 
【4回表】
この回は先頭の中田選手が開幕から6試合目、20打数目にしてようやく初ヒットとなる当たりをセンター前に運んで一塁塁上でカッツポーズを見せると、これを大野選手がしっかりと送って一死二塁。
するとこの場面、金子選手はライトフライで二死となってしまうも、ここからまず田中選手がセカンドへの内野安打でにしながらも一三塁とチャンスを広げると、次の陽選手のショートへのゴロを金子圭選手が二塁へと悪送球し、この間に三塁から中田選手が生還して4−1 (記録はショートへのタイムリー内野安打) 。
そして更になおも二死一三塁から、今度は糸井選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、これで5−1。
この後は糸井選手が盗塁を決めて二死二三塁と更に追加点のチャンスを広げていったものの、ここは小谷野選手がショートライナーで倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は陽選手、糸井選手のタイムリーによって2点を追加し、これで5−1とリードを広げた。
 
【4回裏】
ここは北川選手をセカンドフライ、李選手を空振り三振、バルディリス選手を見逃し三振で三者凡退とした。
 
【5回表】
稲葉選手がショートライナー、ホフパワー選手がレフトフライ、中田選手が空振り三振で三者凡退。
 
【5回裏】
伊藤選手をレフトフライ、金子圭選手を見逃し三振、坂口選手をファーストゴムで、前の回に続いての三者凡退。
 
【6回表】
先頭の大野選手がセンター前ヒットで出塁すると、次の金子選手が送りバントを決めて一死二塁としたものの、ここは田中選手がセンターフライ、陽選手が見逃し三振といずれも続けず。
 
【6回裏】
この回は先頭の森山選手のセカンドへの当たりを田中選手が後ろへと逸らして出塁を許してしまうも、この後はまず後藤選手から空振りの三振を奪って一死とすると、続くT-岡田選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーで切って取った。
 
【7回表】
オリックスのピッチャーが2番手の高宮投手へと交代のこの回は、まず糸井選手が死球を受けて塁に出ると、小谷野選手がセンター前にヒットを放って無死一二塁としたところで、次の稲葉選手がレフト前にタイムリーを放ち、これで1点追加で6−1。
この後なおも無死一二塁からは、ホフパワー選手が一二塁間をライト前にヒットを放ったものの、この当たりで二塁走者の小谷野選手が本塁でタッチアウトとなってしまうと、この後は中田選手、大野選手が連続の空振り三振に倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は稲葉選手のこの試合2本目となるタイムリーで1点を追加し、これで6−1とまたもリードを広げた。
 
【7回裏】
北川選手をセンターフライで一死とすると、次の李選手は四球で歩かせてしまうも、ここは続くバルディリス選手をサードゴロで5-4-3のダブルプレーとした。
 
【8回表】
ここは続投の高宮投手に対し、金子選手がライト前ヒット、田中選手がセンター前ヒットと連打で出塁すると、次の陽選手はしっかりと送りバントを決めて一死二三塁。
するとこの場面、続く糸井選手が四球を選んで満塁となると、ここで小谷野選手がセンター前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返し、これで8−1と追加点。
この後なおも一死一二塁からは稲葉選手が見逃し三振、ホフパワー選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーによってまたも2点追加し、これで8−1とした。
 
【8回裏】
この回のダルビッシュ投手は、まず伊藤選手をセカンドゴロで一死とすると、次の金子圭選手は四球で出塁させてしまうも、この後は坂口選手、森山選手をいずれも空振り三振に仕留めて三死とした。
 
【9回表】
ここはオリックス3番手の鴨志田投手に対して、村田選手、金子選手が共に空振り三振に倒れてしまうと、飯山選手はショートゴロで三者凡退。
 
【9回裏】
7点のリードを持って迎えた最終回は、北海道日本ハム2番手のオビスポ投手が、いきなり後藤選手、T-岡田選手を連続四球で歩かせてしまうと、ここでピッチャーは3番手の谷元投手へと交代。
するとこの場面、谷元投手はまず北川選手をセンターフライで一死とすると、続く李選手の打席では自らのワイルドピッチによって走者を二三塁へと進めてしまうも、李選手は空振三振に仕留めて二死二三塁。
この後、続くバルディリス選手にはライト前にタイムリーを打たれ、これで1点を返されて8−2とされてしまったものの、最後は伊藤選手を空振り三振で打ち取り、これで試合終了とした。
 

ダルビッシュ投手の今季2度目の登板は、8回1失点という好投で見事に開幕戦のリベンジを果たした。
 
ダルビッシュ投手は立ち上がりこそいきなり1点を失ってしまったものの、その後は立ち直りを見せ、終わってみれば4回以降はノーヒットのピッチングで、打者29人に対して被安打4、与四死球2、奪三振8、失点1の好投で今季初白星。
今日は開幕戦と比較してもキャッチャー大野選手との呼吸も大きく乱れることはなく、前回登板後のコミュニケーションがある程度なされたものと認められる。
 
打撃陣は初回から稲葉選手の通算3000塁打達成となるタイムリーで1点を先制すると、その後も確実に得点を重ね、先発全員安打となる14安打で8得点。
2回以降を見ても、3回には糸井選手の2ランホームラン。4回には陽選手、糸井選手のタイムリー。7回には稲葉選手のタイムリー。8回は小谷野選手の2点タイムリーと、中軸がしっかりとその役目を果たした。
個々を見ても、田中選手、糸井選手、小谷野選手、稲葉選手、大野選手がそれぞれ2安打でマルチ安打を記録すると、開幕からここまで19打数で未だヒットの無かった中田選手にもようやく今季初ヒットが記録されるなど、まさに全員野球での勝利となった。
 

稲葉選手のコメント (1回表、レフト前タイムリー。通算3000塁打達成)
先発がダルビッシュだったし、何とか先取点が欲しいと思っていました。初回からチャンスに回ってきて、結果が出せて良かったです。(通算3000塁打について) 全く意識してなかったから、花束を持ってきてもらって初めて気がつきました。長くプレーしてきたなと思いますが、これからまだまだ伸ばしていけるように頑張ります。
 
糸井選手のコメント
(3回表、レフト・2ランホームラン)
打ったのはまっすぐ。芯で捕らえてはいましたが、入るとは思いませんでした。風にも助けられましたね。
(4回表、ライト前タイムリー)
いいところで打てて良かった。前回ダルビッシュの時に打てなかったので、今日はいい援護ができた。勝てて良かった。
 
陽選手のコメント (4回表、ショート・タイムリー内野安打)
バット折れましたけどね。賢介さんのおかげです!
 
ダルビッシュ投手のコメント (8回、打者29、119球、被安打4、与四死球2、奪三振8、失点1、自責点1)
(開幕戦は) きっちり仕事ができなかったので、しっかり投げたいと思いました。すごく寒かったですし、体が動かなくて苦労しましたけど、力み過ぎずに丁寧に低めに投げようと思っていました。(打線が8点を奪ったが) 効果的に点を取ってくれたので、楽に投げることができましたね。これからは怪我なく、ローテーションを守って、多くのイニングを投げて、チームに貢献したいと思います。
 
大野選手のコメント
(勝って) ほっとした部分はある。球種で緩急を使えた。
 
梨田監督のコメント
(ダルビッシュ投手は) 雨も風もあってコンディションが悪い中、立ち上がりは心配したけど集中力を切らさずに投げた。有効にカーブブを使いながら、抑えるところは力を入れた。6連戦の初戦だし、5割に戻したというのはチームにとっても大きい。(オビスポ投手は) 状態自体は悪くないんだ。真っすぐは威力があるし、後は配球とそのつながりだけだよ。全然心配してないさ。(中田選手は) 1本出て変わると思うし、変わってくれないと。
 

閉じる コメント(13)

顔アイコン

えっ!? この球場名、マジですか!?

2011/4/19(火) 午前 1:23 [ golfer13131313 ]

顔アイコン

さすがダルビッシュ

2011/4/19(火) 午後 9:59 [ なお ]

顔アイコン

最後のオビスポの失点は余計でした。

2011/4/19(火) 午後 11:15 [ もりちゃん ]

総じてナイスゲームでしたね。

2011/4/20(水) 午前 0:02 たのさん

ま、ダルビッシュですから本来勝って当然なんです。

2011/4/20(水) 午前 0:35 kachu

顔アイコン

ダルもなんとかかたちになってホッとしました。

2011/4/20(水) 午前 0:44 [ - ]

寒そうでしたね。ただ、締めが甘かったです。

2011/4/20(水) 午前 1:05 かおしかく

顔アイコン

ようやくダルビッシュと大野のバッテリーにもいい形が見えてきましたね。

2011/4/20(水) 午前 1:44 [ fightersletsgo ]

今日は打線が活発でしたね。やっぱりSTV以外が中継すると勝ちますね。

2011/4/20(水) 午前 2:07 [ 徳川くん ]

あの寒い中でしっかりと投げられたというのは収穫だと思います。次こそ完封を。

2011/4/20(水) 午前 2:09 たか

打たれた後の木佐貫の唖然とした表情が印象的な試合でした。
ダルビッシュはまだまだ本調子にはなりきれてないように感じます。

2011/4/20(水) 午前 2:39 mogu

ダルビッシュはやっぱり立ち上がりが課題ですね。

2011/4/20(水) 午前 4:24 ヒロ

顔アイコン

やっぱりダルビッシュの時は最低でも勝たないと。

2011/4/20(水) 午前 11:20 [ sapooro_love_story_2005 ]

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事