やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

北 海 道 祭 り
 
 
今日からは 『 北海道祭り 』 と題し、札幌ドームでのホームゲームながらビジターユニフォームを着用しての、埼玉西武との3連戦。
まずこの初戦のマウンドに上がるのは、北海道日本ハムが武田勝投手。埼玉西武が涌井投手。
 
【1回表】
武田勝投手の立ち上がりは、先頭の栗山選手にレフト前にヒットを打たれると、次の原選手には送りバントを決められ、これで一死二塁と初回からいきなり得点圏に走者を抱えてしまうも、この後はまず中島選手をセンターフライで二死とすると、続く中村選手も空振り三振で切って取り、これで立ち上がりのこの回を無失点で終わらせた。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の陽選手がライト前ヒットで出塁すると、これを杉谷選手がバントで進めて一死二塁。
するとこの場面、次の糸井選手がレフト前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の陽選手が一気に本塁を狙うも、これはレフト浅村選手からの好返球に刺されて本塁でタッチアウトとなってしまうと、続く中田選手もショートゴロで倒れでこの回を終えてしまった。
 
【2回表】
ここはフェルナンデス選手をサードゴロ、平尾選手をレフトフライ、浅村選手をショートゴロで三者凡退。
 
【2回裏】
稲葉選手がセカンドゴロ、小谷野選手がショートゴロで二死となってしまうも、次のスケールズ選手がライト線に二塁打を放って出塁すると、これに金子選手がショートへの内野安打で続いて二死一三塁。
しかしこの場面は続く大野選手が見逃し三振に倒れてしまい、ここ娘もチャンスこそ作りながらも、これを得点へとつなげることはできなかった。
 
【3回表】
銀仁朗選手をライトフライ、佐藤選手をショートゴロで二死とすると、次の栗山選手にはライト前にヒットされるも、ここは続く原選手をセンターフライで打ち取って三死とした。
 
【3回裏】
この回はまず陽選手がライト前ヒットで塁に出ると、杉谷選手が送りバントで走者を進めたところで、糸井選手は四球を選んで一死一二塁。
するとこの場面、中田選手がレフト前にヒットを放って、これで二塁走者の陽選手が生還してまず1点を先制すると、更に一死一三塁から稲葉選手のショートゴロの間に三塁から糸井選手が生還し、これで2−0。
この後なおも二死二塁というところからは次の小谷野選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーと内野ゴロの間の得点で、まずは北海道日本ハムが2点の先制点を挙げることに成功した。
 
【4回表】
中島選手を空振り三振、中村選手を見逃し三振で二死とすると、次のフェルナンデス選手にはレフト前にヒットされながらも、続く平尾選手はショートゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【4回裏】
先頭のスケールズ選手がセンター前ヒットで塁に出ると、金子選手送りバントは涌井投手のエラーを誘って無死一二塁となり、更に次の大野選手の送りバントは今度は涌井投手が捕球も、一塁のベースカバーに誰も入らず、これが結果的に内野安打となって無死満塁の大チャンス。
するとこの場面、続く陽選手がライト前に2点タイムリーとなるヒットを放ってスケールズ選手、金子選手を本塁に迎え入れて4−0とすると、更に杉谷選手のライト前ヒットで大野選手も三塁から生還して5−0。
そしてなおも無死一二塁からは、糸井選手のセンターへのフライで2人の走者がそれぞれタッチアップで進塁し、これで一死二三塁となると、次の中田選手の打席では涌井投手がワイルドピッチを犯し、これで三塁走者の陽選手が生還して6−0。
更にこの後、まず打席の中田選手が四球を選んで塁に出ると、次の稲葉選手はここで交代の松永投手から死球を受けて歩いて一死満塁。
するとここから、更に交代の坂元投手に対して小谷野選手はファーストファールフライで二死となってしまったものの、続くスケールズ選手がライトスタンドに完璧な当たりの満塁ホームランを叩き込み、これで一挙4点追加で10−0。
この後走者がいなくなってからは金子選手がファーストファールフライに倒れて三死となってしまったが、この回は打者一巡の猛攻で涌井投手を攻略。
陽選手、杉谷選手のタイムリーに始まって、スケールズ選手には満塁弾が飛び出し、1イニング8得点の猛攻で10−0と一気に大きくリードを広げた。
 
【5回表】
大量の援護点をもらった武田勝投手のこの回は、浅村選手をセカンドゴロ、銀仁朗選手を空振り三振、佐藤選手をショートゴロで三者凡退とした。
 
【5回裏】
大野選手が空振り三振、陽選手がライトフライ、杉谷選手がショートゴロで三者凡退。
 
【6回表】
ここは先頭の栗山選手をファーストへのゴロとするも、武田勝投手のベースカバーのタイミングが合わずにエラーで出塁させてしまったものの、次の原選手はピッチャーゴロで二塁フォースアウトとして一死一塁。
この後はまず続く中島選手にセンター前にヒットを打たれると、中村選手はセンターフライで二死とするも、フェルナンデス選手サードへのゴロは小谷野選手がエラーを犯し、これで二死ながらも満塁。
するとこの場面、次の平尾選手にはセンター前にヒットを弾き返されると、この当たりで三塁走者の原選手に続いて、二塁から中島選手にも生還され、これで2点を返されて10−2。
しかしこの後なおも二死一二塁からは続く浅村選手をショートゴロで切って取り、エラーが重なったこの回を何とか2失点で食い止めた。
 
【6回裏】
この回は糸井選手がセカンドフライ、中田選手がレフトフライで二死となってしまうと、ここからホフパワー選手のライト前ヒットと、小谷野選手のレフトフェンス直撃の二塁打で二死二三塁としたものの、ここはスケールズ選手が空振り三振で続けず。
 
【7回表】
代打の上本選手を空振り三振、佐藤選手をライトフライ、栗山選手をセンターフライで三者凡退。
 
【7回裏】
この回は埼玉西武4番手の木村投手に対し、金子選手がファーストゴロ、大野選手がセンターフライで二死となってしまうと、次の陽選手はセンター前ヒットで出塁も、ここは杉谷選手がセカンドゴロで続けず。
 
【8回表】
原選手、中島選手を共にショートゴロで二死とすると、中村選手はセカンドフライで三者凡退。
 
【8回裏】
先頭の糸井選手がショートへの内野安打で出塁すると、次の中田選手のサードゴロの間に二塁へと進塁も、この後はホフパワー選手が空振り三振、小谷野選手がセカンドゴロと共に続けず。
 
【9回表】
大量8点のリードを持って最終回もそのままマウンドへと上がった武田勝投手は、まず先頭のフェルナンデス選手にレフト前にヒットされると、次の平尾選手のショートゴロの間に代走の熊代選手には二塁へと進まれるも、この後は浅村選手、代打の後藤選手を連続の空振り三振で切って取って試合終了とした。
 

打線の大爆発による大量得点で最多の西武に快勝。
まずは『 北海道祭り 』 の初戦を制した。
 
打線は3回裏に中田選手のタイムリーなどで2点を先制すると、続く4回にはまず陽選手、杉谷選手のタイムリーで3点を挙げると、涌井投手のタイムリーワイルドピッチを挟んで、更に満塁のチャンスからスケールズ選手のグランドスラムが飛び出し、この回だけで8得点の大爆発。
個々を見ても、陽選手のタイムリーを含む4安打2打点を筆頭に、スケールズ選手も満塁ホームランを含む3安打で4打点と揃って猛打賞。
 
先発の武田勝投手は、序盤から走者を出すことも多かったものの、要所を抑えるピッチング。
そんな中6回にはエラーが重なって2点こそ失ってしまったものの、116球で9回を投げ切り、自責点0での今季初完投となった。
 
 
中田選手のコメント (3回裏、レフト前タイムリー)
打ったのはスライダーですかね。簡単なボールではないと思いますけど、しっかり打てました。いいところで打てて良かったですね。
 
陽選手のコメント (4回裏、ライト前2点タイムリー)
打ったのはスライダー。相手はいい投手で変化球も真っ直ぐも引っ張りに行ったら術中にはまる。基本通りセンター返しを心掛けて行った結果、今日は右方向にいい感じで打球が飛んでいますね。
 
杉谷選手のコメント (4回裏、ライト前タイムリー)
岱さんとブリブリ振っていこうという話をしていたんです。岱さんは2球目をしっかり打っていたので、自分は初球からブリブリ振っていきました。後ろにいいバッターが揃っているし、自分は何とかランナーを先に進めようという気持ちでいったら、いいところを抜けていってくれました。
 
スケールズ選手のコメント (4回裏、ライト・満塁ホームラン)
どうしたんだろうね。強い打球を打とうとは思っていたんだけど、ホームランを狙っていたわけではないんだ。カウントも良かったし甘いボールが来たから、しっかり打てたよ。
 
武田勝投手のコメント (9回、打者35、116球、被安打6、与四死球0、奪三振7、失点2、自責点0)
出来すぎです。状態はすごくよくて、今の状態をキープできるか。
9回まで好調を継続できました。自信になる登板でした。ただ、反省点もあるので、そこはしっかり今後の練習で補っていきたいと思います。
 
稲葉選手のコメント
翔が打ったらつながりますし、気楽にどっしりと打席に立てている。
 
梨田監督のコメント
勝にはちょっと大きすぎる援護だったね。いままで借りがあったし、少しは返せたかな。安心して見ていられた。この後オールスターもあるけど、球数が少なかったから。久しぶりに1番にした陽が4安打して、2番にした杉谷もヒット打ったからね。つながりが出て、打線が機能したね。スケールズは三塁打を打てばサイクルだったけど、それはなかなか難しい。ホームランは打った瞬間はこすって届かないかなと思ったけど、あれは非常に効く1本だったね。
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

打線の大爆発ぶりは非常に気持ちよかったです。

2011/7/16(土) 午前 5:12 [ - ] 返信する

顔アイコン

やっさん 連戦もあり、日々このプログを更新していくのは、
大変なことでしょう。
くれぐれもご無理せずに更新してくださいね。
当方、いつも気長にお待ちしておりますよ。 (丑の戯言)

2011/7/16(土) 午前 10:06 [ eiji ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事