やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

北 海 道 祭 り
 
 
『 北海道祭り 』 第2戦は、北海道日本ハムがケッペル投手、埼玉西武が石井一投手が先発の、14時開始の試合。
そして僕自身にとっては今季3試合目の生観戦試合。
 
 
【1回表】
ケッペル投手の立ち上がりは、いきなり先頭の栗山選手を死球で歩かせてしまうも、月背の原選手の送りバントを1-6-3でダブルプレーとすると、続く中島選手はショートゴロで切って取り、まずは走者こそ出しながらも結果的に初回の攻撃を3人で切って取った。
 
【1回裏】
石井一投手に対する初回の攻撃は、先頭のスケールズ選手が四球で歩くも、次の陽選手はバントを失敗し、最後はファーストにゴロを放って二塁フォースアウト。
すると更にこの後、一塁走者の陽選手は盗塁に失敗して二死となってしまうと、糸井選手もセカンドゴロで三死となってしまい、何ともチグハグな攻撃で初回を終えた。
 
【2回表】
この回は先頭の中村選手にレフトスタンド中段まで届く特大の一発を浴び、これでまずは埼玉西武が1点を先制。
この後はフェルナンデス選手をショートゴロ、坂田選手をセカンドゴロで二死とすると、浅村選手にはセンター前にヒットされながらも、続く大島選手をピッチャーゴロで切って取って三死としたが、この回は中村選手のソロホームランにより、まずは0−1と埼玉西武に先制を許してしまった。
 
【2回裏】
中田選手がファーストへのファールフライに倒れて一死となってしまうと、次の小谷野選手はライトオーバーの当たりを激走で三塁打としたものの、ここは稲葉選手が浅いレフトフライ、鵜久森選手がセンターフライと後続が共に続けず。
 
【3回表】
先頭の銀仁朗選手にライト前にヒットされるも、ここは次の栗山選手を空振り三振で一死とすると、続く原選手の打席ではまず一塁走者の銀仁朗選手の盗塁を刺すと、更に打席の原選手もセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【3回裏】
ここは金子選手がショートゴロ、鶴岡選手がセカンドゴロで二死となってしまったものの、次のスケールズ選手がレフトスタンドに2試合連続となるホームランを運び、これで1点を返して1−1の同点。
この後二死走者無しからは陽選手が見逃し三振に倒れて三死となってしまったが、この回はスケールズ選手のソロホームランによって1点を返し、これで1−1の同点へと追いついた。
 
【4回表】
この回は先頭の中島選手を死球で歩かせてしまうと、中村選手にはレフト前にヒットされ、これでい無死一二塁のピンチを迎えてしまうも、ここはまず次のフェルナンデス選手をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとすると、更に続く坂田選手もファーストゴロで切って取って三死とした。
 
【4回裏】
糸井選手が空振り三振に倒れてしまうも、次の中田選手がセンター前ヒットで出塁すると、小谷野選手がライト前ヒットで続いて一死一二塁。
するとこの場面、次の稲葉選手はファーストにゴロを転がしてしまうも、二塁フォースアウトとなる間に走者が進んで二死ながらも一三塁となったものの、ここは鵜久森選手がセカンドライナーで続けず。
 
【5回表】
先頭の浅村選手に左中間に二塁打を打たれると、大島選手にはしっかりと送りバントを決められて一死三塁。
するとこの場面、次の銀仁朗選手にはレフトの定位置あたりにフライを上げられ、これで三名走者の浅村選手にタッチアップされるも、これはレフト中田選手からの好返球によって浅村選手を本塁でタッチアウトとし、このピンチを無失点で切り抜けた。
 
【5回裏】
金子選手が空振り三振、鶴岡選手がショートゴロ、スケールズ選手が空振り三振で三者凡退。
 
【6回表】
栗山選手をピッチャーゴロで一死とすると、次の原選手は四球で塁に出してしまうも、ここは続く中島選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレー。
 
【6回裏】
陽選手がショートゴロで一死となってしまうも、ここからまず糸井選手がセンター前ヒットで出塁すると、これに中田選手がライト前ヒットで続き、スタートを切っていた糸井選手が三塁に到達して一死一三塁。
するとこの場面、次の小谷野選手はピッチャー前にゴロを転がしてしまうも、この間に三塁走者の糸井選手が本塁を突いて2−1と勝ち越しに成功すると、更になおも二死二塁から、今度は稲葉選手が左中間にタイムリーとなる三塁打を放ち、これで3−1。
この後なおも二死三塁の場面からは鵜久森選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は内野ゴロの間の1点と、稲葉選手のタイムリー三塁打によって2点を挙げ、これで3−1と勝ち越しに成功した。
 
【7回表】
この回はケッペル投手がいきなり先頭の中村選手を四球で歩かせてしまうと、次のフェルナンデス選手にはレフトフェンス直撃のヒットを打たれ、これで無死一二塁とされてしまい、更にここで埼玉西武が代打に佐藤選手をコールしたところでケッペル投手が降板。
代わってマウンドには2番手で榊原投手が登板すると、ここは佐藤選手を見逃し三振、浅村選手を空振り三振として二死としたものの、この後次の大島選手を四球で歩かせてしまうと、更に満塁の場面から続く代打の平尾選手に対しても四球を与えてしまい、押し出して1点を与えてしまう。
この後更になおも二死満塁というところからは栗山選手をセカンドゴロで切って取って三死としたがこの回は押し出しによって1点を献上し、これで3−2と1点差としてしまった。
 
【7回裏】
埼玉西武のバッテリーが長田投手と星孝選手へと交代のこの回は、先頭の金子選手がショートライナーで一死となってしまうも、鶴岡選手がレフト前ヒットで出塁すると、スケールズ選手は四球で歩き、更にこれに陽選手がライト前ヒットで続いて一死満塁。
しかしこの場面、次の糸井選手はここで交代の星野投手の前に空振り三振に倒れて二死となってしまうと、更に続く中田選手は埼玉西武4番手のミンチェ投手にショートゴロには切って取られてこの回を無得点のままに終えてしまった。
 
【8回表】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の増井投手へと交代のこの回は、原選手を空振り三振、中島選手をセンターフライ、中村選手を空振り三振で三者凡退の好リリーフ。
 
【8回裏】
小谷野選手がセカンドゴロ、稲葉選手がレフトフライで二死となってしまうと、ここから代打のホフパワー選手がレフト前ヒット、金子選手がセンター前ヒットとそれぞれ続き、これで二死ながらも一二塁としたものの、ここは鶴岡選手がセンターフライで倒れて三死となってしまった。
 
【9回表】
わずかに1点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム4番手の武田久投手が、まずフェルナンデス選手をライトフライ、代打の上本選手を空振り三振で二死とすると、最後は浅村選手をレフトフライで切って取り、最後もしっかりと三者凡退で締めて試合終了とした。
 
 
最後まで息をのむ展開も少ないリードを守り切って逃げ切り、これで超満員の 『 北海道祭り 』 2連勝となった。
 
先発のケッペル投手は、2回に先頭の中村選手にソロホームランを打たれて1点を先制されてしまうと、その後も毎回のように先頭打者を出塁させてしまう内容ながらも要所を抑えるピッチングでしのぎ、今日は6回0/3を投げて被安打6、与四死球4ながらも2失点と何とか試合を作った。
するとこれを継いで無死一二塁の場面から登板の榊原投手は直後にポンポンと2者連続三振で二死としたものの、ここから連続四球で押し出しとしてしまっての1失点。
しかしこの後を継いだ増井投手、武田久投手はそれぞれ1イニングを三者凡退で締め、しっかりとその役割を果たしてくれた。
 
打線は3回にスケールズ選手が2試合連続となるホームランを放って1点を返し、これで同点に追いつくと、6回には稲葉選手のタイムリー三塁打などで2点を挙げて勝ち越し。
その後は走者をしっかりと出して再三チャンスをつくりながらもこれを得点へとつなげることはできなかったが、中継ぎ陣がこれをしっかりとカバーしてくれた。
 

スケールズ選手のコメント (3回裏、レフト・ソロホームラン)
ホームランは狙ってないんだ。強い打球を打とうとは思ってるけど、それが遠くまで飛んで結果的にスタンドに入っているということ。(5試合で3ホームランには) どうしたんだろうね。自分でも分からないよ。
 
稲葉選手のコメント
(6回裏、左中間・タイムリー三塁打)
もう1点欲しい場面、何とかしたい一心でした。前の2打席ともチャンスで凡退していましたので、3度目の正直で打てました。最後は足が動きませんでした。
(7回表の中田選手の) あのプレーが勝因だと思う。流れがガラッと変わった。
 
ケッペル投手のコメント (6回0/3、打者23、76球、被安打6、与四死球4、奪三振1、失点2、自責点2)
これだけたくさんのファンの方々に来ていただけて本当に嬉しかった。6イニングで4度の併殺を取ってくれたバックのみんなに感謝したいと思います。
 
中田選手のコメント (7回表、好返球で本塁補殺)
取った瞬間に刺すぞ、と強い気持ちを持って投げたら、指にかかって、いいところにいってくれた。
 
武田久投手のコメント (1回、打者3、10球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
スライダーが抜けたりしていた。紙一重のところ。結果オーライ。
 
梨田監督のコメント
先発のケッペルは先頭打者を出しては味方のいいプレーで切り抜けるパターンでしたが、6回までその役割を十分果たしてくれたと思います。稲葉が三塁打でヘッドスライディングした場面は、皆の気持ちを高めてくれたというか若い人もあれでハッスルしなければという思いになってくれたはず。スケールズのソロも、1点先行されてすぐ追いつけたというのもありますし、左右の打席で長打が打てることを証明する一発だったと思います。(中田選手は) 捕ってからの速さ、肩の強さ、コントロールがある。何回か続けたら (相手の) 三塁コーチも (走者への指示を) 考えるだろう。貯金21? 毎日言っている通り、勝率5割ちょうどなんだと言い聞かせて明日も戦うのみです。
 
清水外野守備走塁コーチのコメント
(7回表、中田選手の好返球は) 褒めたら裏切られるし、鼻が伸びるからあまり言わないけど、今日は本当に大きかった。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事