やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

北 海 道 祭 り
 
 
連勝で迎えた 『 北海道祭り 』 第3戦。
今日の先発は、北海道日本ハムが斎藤佑投手。埼玉西武が岸投手。
 
 
 【1回表】
まず斎藤佑投手の立ち上がりは、栗山選手をサードゴロで一死とするも、次の原選手を四球で歩かせてしまうと、中島選手にはセンター前にヒットされて一死一二塁。
そしてこの場面、更に続く中村選手に対しても四球を与え、これで一死満塁と大ピンチを迎えてしまったものの、この後はまず次のフェルナンデス選手をショートフライで打ち取ると、坂田選手もセカンドへのゴロで切って取り、何とか初回からのいきなりの大ピンチを無失点で乗り切った。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、陽選手がセンターフライ、杉谷選手がセカンドゴロ、糸井選手がレフトフライで三者凡退。
 
【2回表】
ここは浅村選手をライトフライ、銀仁朗選手を見逃し三振、熊代選手をセカンドゴロで三者凡退とした。
 
【2回裏】
中田選手が四球を選んで歩くも、次の稲葉選手がファーストゴロで3-6-3のダブルプレーとなってしまうと、続く小谷野選手もショートゴロに倒れてこの回を終えてしまった。
 
【3回表】
先頭の栗山選手にライト前にヒツトを打たれると、原選手には確実に送りバントを決められて一死二塁。
しかしこの場面はまず次の中島選手を見逃し三振で二死とすると、中村選手は四球で塁に出してしまったものの、続くフェルナンデス選手をピッチャーゴロで切って取って三死とした。
 
【3回裏】
スケールズ選手が空振り三振、今浪選手がサードゴロで二死となると、次の鶴岡選手はライト前ヒットで出塁も、ここは続く陽選手の打席で鶴岡選手が盗塁に失敗して三死となってしまった。
 
【4回表】
坂田選手をファーストゴロで一死とすると、次の浅村選手にはライト前にヒットを打たれるも、この後は銀仁朗選手をセンターフライ、熊代選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取った。
 
【4回裏】
先頭の陽選手がライト前にヒットを放って出塁すると、これを杉谷選手がバントで進めて一死二塁。
するとこの場面、次の糸井選手がレフトフライに倒れて二死となってしまうも、続く中田選手の二遊間へのゴロはショート中島選手が打球を後逸し、この間に二塁走者の陽選手が一気に生還。
この後二死一塁からは稲葉選手がピッチャーゴロに倒れて三死となってしまったが、この回はショート中島選手のタイムリーエラーにより、まずは1−0と北海道日本ハムが先制点を挙げることに成功した。
 
【5回表】
栗山選手を空振り三振、原選手をセカンドゴロで二死とすると、次の中島選手にはライト前にヒットを打たれるも、ここは続く中村選手から空振り三振を奪って三死とした。
 
【5回裏】
小谷野選手がサードゴロ、スケールズ選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の今浪選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは鶴岡選手がショートゴロで続けず。
 
【6回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で谷元投手が登板のこの回は、フェルナンデス選手をライトフライ、坂田選手をピッチャーゴロ、浅村選手をキャッチャーファールフライと三者凡退の好リリーフ。
 
【6回裏】
ここは陽選手、杉谷選手が共にレフトフライに倒れて二死となってしまうと、次の糸井選手はセカンドへの内野安打で出塁も、直後に盗塁に失敗して三死となってしまった。
 
【7回表】
この回は北海道日本ハム3番手の榊原投手が、先頭の銀仁朗選手にライト前にヒットを打たれるも、次の熊代選手の送りバントはキャッチャーへのファールフライとなって一死一塁。
しかしこの後、続く栗山選手の打席ではまず一塁走者の銀仁朗選手に盗塁で二塁へと進まれると、更に栗山選手は四球で歩かせてしまい、これで一死一二塁としてしまったものの、ここは続く原選手をセカンドゴロの4-6-3のダブルプレーとしてこのピンチを無失点で抑えた。
 
【7回裏】
先頭の中田選手がファーストゴロで一死となってしまうも、次の稲葉選手がレフト前ヒットで塁に出ると、小谷野選手のショートゴロの間に二塁へと進塁。
しかしこの二死二塁の場面は続くスケールズ選手がライトフライに倒れてこの回を終えてしまった。
 
【8回表】
ここは北海道日本ハム4番手の増井投手が、中島選手を空振り三振、中村選手を見逃し三振で二死とすると、次のフェルナンデス選手にはライト前にヒットを打たれるも、続く坂田選手はショートへのライナーで切って取って三死とした。
 
【8回裏】
今浪選手がライトフライ、鶴岡選手がショートゴロ、陽選手がサードゴロで三者凡退。
 
【9回表】
1点のリードで迎えた最終回は、守護神武田久投手が、浅村選手をピッチャーゴロ、代打の上本選手をセカンドゴロで二死とすると、最後は代打の平尾選手もセカンドへのゴロで切って取り、しっかりと三者凡退で締めて試合終了とした。
 

『 北海道祭り 』 3連戦は見事埼玉西武を3タテで下し、これでついにチームも単独首位へと浮上した。
 
先発の斎藤佑投手は、初回からいきなり一死満塁のピンチを迎えるも、これを何とか無失点でしのぐと、その後も再三走者を出しながらも得点へ与えることはなく、5回を無失点の内容。
今日は要所要所で変化球でに投げるのではなく、ストレートに頼ったピッチングが見られたが、そんな中でも4番中村選手に対しては明らかに逃げのピッチングも見られ、いまだ課題は山積。
しかし本人にとっては白星がついたこと自体が大きな意味を持つだろう。

また、6回以降これを継いだ救援陣も、埼玉西武打線をしっかり封じ、5投手での完封リレーとなった。
 
打線はなかなかチャンスらしいチャンスを作れない中、4回二死二塁からの中田選手のゴロをショート名島選手が後逸し、これがタイムリーエラーとなって結局はこれが決勝点。
ヒット自体の本数も埼玉西武を下回る5本ながらも、まさに1プレーが勝敗を分けた試合となった。
 
 
斎藤佑投手のコメント (5回、打者22、97球、被安打4、与四死球3、奪三振5、失点0、自責点0)
1回1回全力で投げました。(コースを) 狙いすぎて球数が多くなりましたが、課題だった真っ直ぐで押すことも変化球で空振りを取ることも出来ました。今後はもっと長いイニングを投げられるようにしていきたいです。
 
谷元投手のコメント (1回、打者3、13球、被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0)
カウントを悪くしてヒヤヒヤしました。佑ちゃんが勝って良かった。
 
榊原投手のコメント (1回、打者4、16球、被安打1、与四死球1、奪三振0、失点0、自責点0)
先頭の入り方を気をつけないと。
 
増井投手のコメント (1回、打者4、20球、被安打1、与四死球0、奪三振2、失点0、自責点0)
斎藤が投げて1―0は緊張感があります。いつも以上に気持ちが入った。
 
武田久投手のコメント (1回、打者3、8球、被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0)
1―0はきついですね。ずっと1点差なんでしびれる展開ですけど、ものにできて良かった。こういうのをものにできると大きい。
 
鶴岡選手のコメント
ストレートが打たれるまで直球でいこうと。直球を挟んであげないと、手詰まりになることが多かった。
 
梨田監督のコメント
(斎藤佑投手は) 初回からピンチはあったけど、落ち着いて0点に抑えましたね。内容はもうひとつのところがあったけど、5回無失点ですからゲームを作ってくれました。フォアボールを出さないイメージがあったけど、初回に2つ出したから球数が増えたね。でも十分な役目を果たしてくれたと思います。これからは少しでもイニングを投げられるようになってもらいたい。(埼玉西武戦8連勝は) まったく意識がない。集中してやっているだけですから。勝ったような意識もないですね。(観客100万人突破は) 感謝しています。200万人、それ以上いければいいなと思います。
 
芝草投手コーチのコメント
みんな当たり前のように抑えてくる。
 
吉井投手コーチのコメント
(斎藤佑投手の3四球は) 全部際どい四球だった。もっと自信がついてきたら内に直球を投げられるようになる。
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

やっと頂上に昇りつめましたね。
ツイテいる男、斉藤祐樹とも言えそうです。
何よりも投手王国の北海道日本ハムファイターズの快進撃でもあります。
この勢いを続けてくれよ。 (丑の戯言)

2011/7/18(月) 午前 10:00 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

歳までドキドキの展開でした。

2011/7/18(月) 午前 11:21 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


みんなの更新記事