やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
オールスター前最後の試合は、ダルビッシュ投手と田中投手の2年ぶりの直接対決。
 
【1回表】
まずダルビッシュ投手の立ち上がりは、聖澤選手を見逃し三振、内村選手を空振り三振で二死とすると、次の草野選手はセカンドゴロで三者凡退と、まずは素晴らしい立ち上がりとなった。
 
【1回裏】
田中投手に対する初回の攻撃は、スケールズ選手がセンターフライ、陽選手が空振り三振、糸井選手がピッチャーゴロで三者凡退。
 
【2回表】
この回は先頭の山選手にライト線に二塁打を打たれてしまうと、高須選手には送りバントを試みられるも、ファースト稲葉選手が素早くさばくと走者も動けずに形としてファーストゴロで一死としたものの、続く松井稼選手には三遊間をレフト前にヒットされて一死一三塁。
するとこの場面、次の横川選手には初球をセンター前に弾き返されてしまい、これで三塁走者の山選手が生還して0−1と東北楽天が1点を先制。
この後なおも一死一二塁からは、鉄平選手を空振り三振、伊志嶺選手をショートゴロと打ち取って三死としたが、この回は横川選手のタイムリーにより、まずは東北楽天に先制の1点を奪われてしまった。
 
【2回裏】
中田選手がサードファールフライで一死となってしまうも、次の稲葉選手がレフト前ヒットで出塁すると、小谷野選手のサードゴロの間に二塁へと進塁。
これで二塁のこの場面、続く今浪選手の打席ではキャッチャー伊志嶺選手のパスボールによって二塁走者の稲葉選手が三塁へと進塁も、ここは今浪選手がレフトフライで続けず。
 
【3回表】
聖澤選手をショートゴロ、内村選手を見逃し三振、草野選手をレフトフライで三者凡退。
 
【3回裏】
金子選手がファーストフライで一死となってしまうと、次の大野選手は四球を選んで出塁も、ここはスケールズ選手が空振り三振、陽選手がショートゴロと共に続けず。
 
【4回表】
山選手をショートゴロ、高須選手をセンターフライ、松井稼選手をセカンドゴロで、前の回に続いての三者凡退とした。
 
【4回裏】
この回は先頭の糸井選手が四球を選んで塁に出ると、次の中田選手の打席で田中投手の牽制球が逸れる間に二塁へと進塁して無死二塁。
するとこの場面、続く中田選手が二遊間をセンター前にヒットを放つと、この当たりで二塁から糸井選手が一気に生還し、これで1−1の同点。
そしてこの後なおも無死一塁から、今度は次の稲葉選手が打った瞬間ガッツポーズの打球をライトスタンドへと運び、2ランホームランで2点を追加して3−1と逆転に成功。
この後は小谷野選手がサードゴロ、今浪選手がセカンドゴロ、金子選手がピッチャーゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーと稲葉選手のホームランによって計3点を挙げ、これで3−1と一気に逆転に成功した。
 
【5回表】
横川選手を空振り三振、鉄平選手をセカンドゴロ、伊志嶺選手をショートフライで、これで3〜5回まで3イニング連続の三者凡退。
 
【5回裏】
大野選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、次のスケールズ選手がライト前ヒットで出塁すると、陽選手は一死からしっかりと送りバントを決めて二死二塁。
しかしここは続く糸井選手がショートへのゴロに倒れて三死となってしまった。
 
【6回表】
ここは聖澤選手を空振り三振、内村選手をサードゴロ、草野選手をファーストゴロで、ついに4イニング連続の凡退とした。
 
【6回裏】
中田選手がショートゴロ、稲葉選手がサードファールフライ、小谷野選手がレフトフライで三者凡退。
 
【7回表】
山選手をショートゴロ、高須選手をセンターフライ、松井稼選手を空振り三振で、これで3〜7回まで実に5イニング続けての三者凡退。
 
【7回裏】
今浪選手がサードゴロ、金子選手がショートゴロで二死となってしまうと、次の大野選手はセンター前ヒットで出塁も、続くスケールズ選手は空振り三振でこの回を終えてしまった。
 
【8回表】
この回は横川選手をセンターフライ、鉄平選手をセカンドゴロで二死とすると、次の伊志嶺選手には三遊間をレフト前に、2回表以来となるヒットを打たれるも、続く聖澤選手を空振り三振で切って取って三死とした。
 
【8回裏】
陽選手がファーストゴロ、糸井選手がレフトフライ、中田選手が空振り三振で三者凡退。
 
【9回表】
2点のリードを持って最終回もそのままマウンドへと上がったダルビッシュ投手は、この回先頭の内村選手を四球で歩かせてしまったものの、この後は草野選手をセカンドゴロ、山選手をセンターフライで二死とすると、最後は高須選手を空振り三振で切って取り、見事なピッチングを見せて完投勝利で試合終了とした。
 

両チームのエース対決。通算3度となる直接対決はダルビッシュ投手に軍配。
チームとしても6連勝で前半戦を終了すると共に、ダルビッシュ投手は早くも13勝目となった。
 
ダルビッシュ投手は、立ち上がりの初回を三者凡退で終わらたものの、続く2回にはヒット3本を集中されて1点を先制されてしまう。
しかしその後は完璧に立ち直りを見せ、3〜7回まで5イニング連続で三者凡退を奪うなど快投を見せると、最終回も2アウトから高須選手を空振りの三振とし、大きな雄叫びとガッツポーズで試合を締めた。
今日もストレート、変化球ともに抜群。文句のつけようのないピッチング内容であり、オールスターでのピッチングが楽しみであると共に、後半戦でどれだけ勝ち星を伸ばせるかというのも非常に楽しみである。
 
打線は、東北楽天先発の田中投手に対して決してチャンスを多く作れたわけではないものの、4回裏に糸井選手が四球で歩くと、守備の乱れをしっかりと突き、まず中田選手のタイムリーで同点へと追いつくと、直後に稲葉選手がライトスタンドに2ランホームランを叩き込んで勝負あり。
稲葉選手は昨日の試合からの2戦連発でまたも特にホームゲームでの勝負強さを証明して見せた。
 
中田選手のコメント (4回裏、センター前タイムリー)
いい投手を相手に先制点を取られたので、試合を元に戻す意味でタイムリーを打ててよかったです。糸井さんが出塁してくれて、自分も四球でも何でも塁に出るつもりでいきましたが、積極的に初球からバットを出せたことがこういう結果につながったと思います。
 
稲葉選手のコメント (4回裏、ライト・2ランホームラン)
打ったのはスライダーだね。翔が打って追いついてくれたし、その流れで打たせてもらった一本だよ。ホント、いい流れだったから。(東京ドームは相性がいい?) いやいや、それはたまたまですよ。
良い投手から打てて良かったです。ダルビッシュ君が1点に抑えていてくれたので、良い流れであの攻撃ができたと思います。頼もしいですし、背中がでかいです。
(チームの状態は?) 昨年の悔しさをみんな持って臨んでますので、思い切ってやっているのが良い結果につながっていると思います。
 
ダルビッシュ投手のコメント (9回、打者32、114球、被安打4、与四死球1、奪三振9、失点1、自責点1)
相手投手がどうこうではなく、1回1回しっかり投げることだけ意識していました。真っ直ぐが途中からよくなり、2点目を与えないよう切り替えていきました。打線がいいところで点を取ってくれますし、巡り合わせのよさを実感しています。
 
梨田監督のコメント
ダルビッシュが投げると早い段階で同点に追いついたりひっくり返したりできるね。今日もあっという間の出来事だったしね。そこで作ったリードを守り切った。時間的に2時間20分くらい? ちょうどいいね。向こうのチームもエースだったから、今日はバントとかエンドランのサインを出すだけだったね。ピッチャーの継投とか考える必要もなかった。稲葉はホームランを打つ前の2ストライク目のスイングが良かった。いいボールが来たら、ひょっとしたら行くかなと思わせるものだったね。それに東京ドーム大好きみたいだからね。
(今年のダルビッシュ投手は) 体形というか、肉をつけて絞ってきた。春先からバージョンアップしたと言っていたけど、その通り。クイックも色々やるし、少し腕を下げたり。工夫しながらやっている。
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

やっぱりダルが最強!

2011/7/21(木) 午前 0:10 [ - ]

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事