やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
今日からは移動日無しでの13連戦が始まる。
まずその最初は、札幌ドームに千葉ロッテを迎えての3連戦。
そして今日の試合の先発は、北海道日本ハムが斎藤佑投手。千葉ロッテが成瀬投手。
 
【1回表】
斎藤佑投手の立ち上がりは、岡田選手をセカンドゴロ、伊志嶺選手をショートゴロで二死とすると、ここから次の井口選手を四球で歩かせてしまうと、更にカスティーヨ選手にはレフト前にヒットを打たれて二死一二塁としてしまったものの、ここは続く福浦選手を見逃し三振に切って取り、これでまずは初回の立ち上がりを無失点で終わらせた。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、スケールズ選手がファーストファールフライ、陽選手がライトフライ、糸井選手がセカンドゴロで三者凡退。
 
【2回表】
ここは先頭の今江選手をショートゴロで一死とするも、次の清田選手にはライト線に二塁打を打たれて一死二塁。
しかしこの場面、続く里崎選手のライト前へのフライを陽選手がよく前進してギリギリのところでダイレクトキャッチすると、これを素早く二塁へと送球し、走者も戻れずにここをダブルプレーとしてこの回を終わらせた。
 
【2回裏】
中田選手が空振り三振で一死となってしまうと、小谷野選手、稲葉選手は共にセンターフライで三者凡退。
 
【3回表】
先頭の根元選手をセカンドへの内野安打で出塁させてしまうと、次の岡田選手には送りバントを試みられるも、これはキャッチャー鶴岡選手が素早くさばくと二塁へと送球し、これをフォースアウトとして一死一塁。
するとこの場面、次の伊志嶺選手にはレフト前にヒットされ、これで一死一二塁とピンチを広げてしまったものの、この後は井口選手をサードゴロ、カスティーヨ選手をセンターフライと、後続をしっかりと切って取ってこの回を終わらせた。
 
【3回裏】
ここはまず鵜久森選手がバットを降りながらもセンター前にヒットを運んで塁に出ると、これを金子選手が送りバントで進めて一死二塁。
するとこの場面、続く鶴岡選手がライト前にヒットを放ち、これで一死一三塁と先制の絶好のチャンスを作るも、この後はスケールズ選手が空振り三振、陽選手がライトフライと打ち取られて三死となってしまった。
 
【4回表】
福浦選手を空振り三振、今江選手をショートゴロ、清田選手をサードゴロで三者凡退。
 
【4回裏】
糸井選手がセンターフライ、中田選手がキャッチャーファールフライ、小谷野選手がショートライナーで三者凡退。
 
【5回表】
ここはまず里崎選手をショートゴロで一死とすると、根元選手は四球で塁に出してしまうも、岡田選手はセンターフライで二死一塁。
するとこの後、続く伊志嶺選手に対しても四球を与え、これで二死ながらも一二塁と走者をためてしまったものの、ここは次の井口選手をショートゴロで切って取って三死とした。
 
【5回裏】
稲葉選手が空振り三振、鵜久森選手がキャッチャーファールフライで二死となってしまうと、次の金子選手はレフト前ヒットで出塁も、ここは鶴岡選手がライトフライで続けず。
 
【6回表】
この回は先頭のカスティーヨ選手をセンターフライで一死としたものの、福浦選手、今江選手を連続の四球で歩かせて一死一二塁。
しかしここは次の清田選手をサードゴロで二塁フォースアウトとすると、続く里崎選手もライトへのファールフライで切って取り、何とかこのピンチも無失点で切り抜けた。
 
【6回裏】
先頭のスケールズ選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、これを陽選手が送りバントで確実に進めて一死二塁。
するとこの場面、次の糸井選手はピッチャーライナーに倒れて二死となってしまったものの、続く中田選手が右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死二塁からは小谷野選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーにより、ここにきてようやく1−0と試合の均衡が良い方向へと崩れた。
 
【7回表】
北海道日本ハムにここまで6回を無失点の斎藤佑投手に代わって2番手で宮西投手が登板のこの回は、まず代打の渡辺正選手を空振り三振で一死とするも、岡田選手にセンター前にヒットされると、ここで北海道日本ハムはピッチャーを榊原投手へと交代。
するとこの場面、榊原投手はまず伊志嶺選手をサードフライで打ち取って二死とすると、続く伊具田選手もサードへのゴロとするも、この打球がサードベースをかすめて転がるところをサード小谷野選手がトンネルしてしまい、このボールがファールゾーンを転々とする間に一塁走者の岡田選手に一気に生還されてしまい、これで1−1の同点。
この後なおも二死二塁からはカスティーヨ選手をショートゴロで切って取って三死としたが、この回は守備の乱れから1点を奪われ、これで1−1の同点とされてしまうと共に、これで斎藤佑投手の勝利投手の権利も消してしまった。
 
【7回裏】
ここは稲葉選手がショートフライ、鵜久森選手がライトフライ、金子選手がセンターフライで三者凡退。
 
【8回表】
この回は続投の榊原投手が、先頭の福浦選手にレフト前にヒットされると、今江選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、清田選手は見逃し三振で切って取って二死としたものの、里崎選手を四球で歩かせて二死ながらも一二塁としてしまうと、ここで代打の工藤選手の左中間への当たりをレフト中田選手、センター糸井選手が一瞬お見合いするような形で共に捕球できず、結果的にこれが2点タイムリー二塁打となってしまい、1−3と千葉ロッテが勝ち越し。
この後なおも二死二塁からはここで交代の石井投手が次の岡田選手をショートゴロで切って取って三死としたが、この回は工藤選手の2点タイムリーによって1−3とついに逆転を喫してしまった。
 
【8回裏】
鶴岡選手がファーストファールフライで一死となってしまうも、ここからスケールズ選手のレフト前ヒットを皮切りに陽選手がセンター前ヒットを放ち、糸井選手は四球で歩いて一死満塁と、一打同点の大チャンスを演出。
するとこの場面、続く中田選手はショートにゴロを放ってしまうも、これが二塁フォースアウトとなる間に三塁走者のスケールズ選手が生還して1点を返したものの、なおも二死一三塁からはここで交代のカルロス・ロサ投手に対して小谷野選手がいい当たりながらもレフトへのフライに倒れて三死となってしまった。
 
【9回表】
ここは北海道日本ハム4番手の増井投手が、先頭の伊志嶺選手を四球で歩かせてしまうと、次の井口選手はキャッチャーファールフライで一死とするも、続くカスティーヨ選手の打席では自らのワイルドピッチによって走者を進めて一死二塁。
するとこの場面、カスティーヨ選手にはレフト前にヒットされ、これで一死一三塁とピンチを広げてしまうも、この後はまず早坂選手のショートゴロで三塁走者の伊志嶺選手を本塁でタッチアウトとすると、更に続く今江選手もショートへのゴロで切って取り、これで何とか無失点のままにこの回を終わらせた。
 
【9回裏】
わずかに1点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、千葉ロッテ2番手の薮田投手に対して、稲葉選手がライトフライ、代打のホフパワー選手がサードゴロで二死となってしまうと、続く代打の二岡選手もセカンドフライに打ち取られ、最後も三者凡退と反撃のならないままに試合終了となってしまった。
 
 
逆転負けで13連戦の初戦を落とし、これでチームの連敗も今季最長の「4」となってしまった。
 
先発の斎藤佑投手は、初回から常に走者を抱えているような苦しいピッチングだったものの、何とか要所を抑えるピッチングを披露。
今日は6回を投げ、102球で無失点と何とか試合を作ったがカウントを3B-0Sとすることも多く、悪いカウントから苦労して勝負するという展開も多く、課題も残した。
 
これに対して打線は6回裏になってようやく中田選手のタイムリーによって1点を挙げたものの、直後の7回表には二死一塁からのサード小谷野選手のタイムリーエラーによって同点となってしまった。
しかしこれも小谷野選手が打球を後逸した先にカバーをする選手がおらず、レフト中田選手、ショート金子選手が打球を追う間に一塁から長駆岡田選手が生還と、見えないところでもう1つのエラーがあったとも言える。
 
するとこの後は続く8回表、二死一二塁の場面から左中間に上がった打球に対して本来であればセンター糸井選手が追いついて捕球すべきと思えるケースであったが、レフト中田選手との声の掛け合いがうまくいかなかったのが、記録としては工藤選手の2点タイムリー二塁打となったが、これも一種の守備の乱れと言っても過言ではない。
 
また、他にも3回表二死一二塁の場面でセンターへのフライを糸井選手が捕球して三死となったものの、糸井選手がまるで一死、もしくは二死の場面のように内野にボールを返球するところが見受けられた。
結果として試合の流れに何ら影響を与えるものではないが、これは明らかに糸井選手のアウトカウントの確認ミスであり、油断である。
こんなところからも今日の試合をどうして落としたかというところがうかがい知れる内容だった。
 

中田選手のコメント (6回裏、右中間タイムリー二塁打)
チェンジアップですね。何とか先に点を取りたかったですし、しっかりボールを見て捕らえることが出来たと思います。食らい付くことしか考えていなかったでし、すごい集中できました。
(成瀬投手は) みんながみんな、的を絞れないくらい制球が良かった。
 
斎藤佑投手のコメント (6回、打者26、102球、被安打4、与四死球5、奪三振2、失点0、自責点0)
いいボールもありましたが、逆球も多かった。フォアボールを多く出してしまったのが反省点です。ただ、バックのみなさんに助けられて6回まで粘ることができました。中田選手がいいところで打ってくれて感謝しています。
残念ですが、こういう試合もある。もっと自分が投げるべき。球数が多くなったことが6回で降りた原因だと思う。ストレートとフォークが良かった。指のかかりがよくなっている。自分の中では手応えがありました。僅差になると思っていた。こういう試合をものにできたら成長できると思う。勝つためには投げ勝たなきゃいけない。
 
榊原投手のコメント (1回1/3、打者8、25球、被安打2、与四死球1、奪三振1、失点2、自責点2)
悔やまれる1球。引きずるのはきょうだけで、切り替えていきたい。
 
スケールズ選手のコメント
(成瀬投手は) ソフトバンクの山田投手や杉内投手と同じような感じだったので、初めてという感じはしなかったよ。
 
梨田監督のコメント
斎藤佑は苦しみながら投げてて、ちょうど良かったところで1点取れたんだけどね。球数が多かったし、最後は少しへばりがあった。でも (無失点は) 立派なもの。継投に入ってから逆転されて残念でした。斎藤はカウントを悪くしすぎたかな。6回や7回の壁を越えて欲しい。気持ちを切り替えていくしかない。今日は今日、明日は明日でやっていくしかないですから。
 
芝草投手コーチのコメント
(斎藤佑投手は) 走者を置いたところで、もう1つ低めに投げてほしかった。だいぶ修正されてはいる。
 

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事