やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
チームは5連敗と、今季最悪の状態で迎えた今日の試合。
この試合の先発は、北海道日本ハムが吉川投手。千葉ロッテが上野投手。
 
【1回表】
吉川投手の立ち上がりは、先頭の岡田選手を四球で塁に出してしまうも、伊志嶺選手はライトフライ、井口選手はサードゴロで二死一塁。
するとこの後、続くカスティーヨ選手にはライト前にヒットを打たれるも、次の今江選手をライトフライて切って取って三死とした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、スケールズ選手、陽選手が共にセンターフライで二死となってしまうと、糸井選手はファーストゴロで三者凡退。
 
【2回表】
この回は里崎選手にレフト前ヒット、清田選手にライト前ヒットと連打されて無死一二塁とされてしまうと、工藤選手はセンターフライで一死とするも、渡辺正選手は死球で歩かせて一死満塁。
しかしこの場面は、続く岡田選手はファーストゴロで本塁フォースアウトとすると、伊志嶺選手も空振り三振で切って取り、この回も何とかピンチを無失点で切り抜けた。
 
【2回裏】
中田選手がファーストゴロ、稲葉選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、ここから小谷野選手がレフト前ヒット、ホフパワー選手がライト前ヒットで続いて二死一二塁とするも、ここは金子選手が空振り三振で続けず。
 
【3回表】
ここはまず井口選手をショートゴロで一死とするも、カスティーヨ選手にセンター前ヒットで出塁されると、ここで次の今江選手にはレフトスタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで0−2と千葉ロッテが先制。
この後は里崎選手をショートゴロ、清田選手をセンターフライで打ち取って三死としたが、この回は今江選手の2ランホームランによって0−2とまずは千葉ロッテに先制点を許してしまった。
 
【3回裏】
大野選手がセンターフライで一死となってしまうと、次のスケールズ選手はセンター前ヒットで出塁も、この後は陽選手がショートゴロ、糸井選手がライトフライで続けず。
 
【4回表】
工藤選手を空振り三振、渡辺正選手をファーストファールフライ、岡田選手をレフトフライで三者凡退。
 
【4回裏】
中田選手がキャッチャーファールフライ、稲葉選手がライトフライ、小谷野選手がサードライナーで三者凡退。
 
【5回表】
先頭の伊志嶺選手にレフト前にヒットを打たれると、次の井口選手は空振り三振で一死とするも、ここからカスティーヨ選手、今江選手を連続の四球で歩かせて一死満塁。
するとこの場面、続く里崎選手は浅いレフトフライで二死としたものの、次の清田選手には四球を与えてしまい、これで押し出しとなって0−3となると、ここで吉川投手が降板。
代わって二死満塁の場面でマウンドに2番手で谷元投手が登板も、ここは続く工藤選手に対していきなの死球をぶつけてしまい、これでまたも押し出しで0−4。
この後なおも二死満塁からは代打の大松選手を空振り三振に切って取ってようやく三死としたが、この回は連続の押し出しで2点を与えてしまい、これで0−4とリードを広げられてしまった。
 
【5回裏】
ホフパワー選手がサードゴロで一死となってしまうと、金子選手、大野選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【6回表】
この回は続投の谷元投手が、先頭の岡田選手にセカンドに内野安打されるも、この後は伊志嶺選手、井口選手、カスティーヨ選手を3者連続の空振り三振に切って取った。
 
【6回裏】
ここはまずスケールズ選手がセンター前ヒットで出塁すると、陽選手はセンターフライで一死となってしまうも、続く糸井選手が右中間に二塁打を放つと、この当たりで一塁走者のスケールズ選手が長駆生還し、これで1点を返して1−4。
そして更になおも一死二塁から、次の中田選手が左中間スタンド中段に今季11号となる2ランホームランを叩き込み、これで3−4。
この後はピッチャーが服部投手へと交代すると稲葉選手が空振り三振。次の小谷野選手は更に交代の伊藤投手の前にセカンドゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回は糸井選手のタイムリーと中田選手の2ランホームランによって3点を返し、これで3−4と一気に1点差へと詰め寄った。
 
【7回表】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の榊原投手へと交代のこの回は、先頭の今江選手を四球で歩かせてしまうと、次の里崎選手には送りバントを決められて一死二塁とされるも、この後は清田選手を空振り三振、工藤選手をセカンドゴロと後続をしっかりと切って取った。
 
【7回裏】
ここはまずホフパワー選手がレフト前ヒットで塁に出ると、これを金子選手が送りバントで進めて一死二塁。
するとこの場面、ここで代打で二岡選手が起用されると、このチャンスでレフト線にタイムリーとなるヒットを弾き返し、これで三塁走者のホフパワー選手が生還して4−4の同点。
この後なおも一死一塁からはスケールズ選手が空振り三振で二死となってしまうと、ここから代走の鶴岡選手が盗塁で二塁へと進塁も、ここは陽選手も空振り三振に倒れて続けず。
しかしこの回は二岡選手の値千金のタイムリーによって1点を返し、これでついに4−4の同点へと追いついた。
 
【8回表】
ここは北海道日本ハム4番手の宮西投手が、高口選手を見逃し三振で一死とすると、岡田選手、伊志嶺選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【8回裏】
この回は千葉ロッテ4番手のカルロス・ロサ投手に対して、糸井選手がセンターフライで一死となってしまうと、次の中田選手は四球を選んで塁に出るも、この後は稲葉選手がセンターフライ、小谷野選手がセカンドゴロと共に続けず。
 
【9回表】
ここは北海道日本ハム5番手の増井投手が、井口選手を空振り三振、カスティーヨ選手をショートゴロで二死とするも、次の今江選手にはレフトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうと、続く里崎選手にはレフト前にヒットされて二死一二塁。
しかしこの場面、続く代打の根元選手は空振り三振で切って取り、これで何とかこの回を無失点で終わらせた。
 
【9回裏】
同点で迎えた9回裏の攻撃は、千葉ロッテ5番手の薮田投手に対し、ホフパワー選手がセンターフライ、金子選手がセカンドフライで早々に二死となってしまうも、ここからまず鶴岡選手がセンター前ヒットで出塁すると、これにスケールズ選手がライト前ヒットで続き、これで二死ながらも一三塁とサヨナラの大チャンス。
しかしこの場面、続く陽選手は薮田投手のストレートの前に空振り三振に倒れてしまい、結局試合は同点のまま3時間30分を超え、規定によって引き分けとなった。
 

5連敗で迎えたこの試合は、4点のビハインドを追いつきながらも勝ち越せず、結局は引き分けで終わってしまった。
 
先発の吉川投手は、初回、2回と走者こそ出しながらもこれを何とか無失点で切り抜けたものの、続く3回には今江選手に2ランホームランを浴びてしまう。
そして更に5回には押し出しで1点を奪われると、なおも満塁のピンチで降板し、ここで2番手の谷元投手も押し出しの死球を与えたことよって、結局は4回2/3で100球を投げて4失点と、先発としてはさみしい内容。

しかしこの後は谷元投手も押し出し直後はしっかりと後続を抑えて1回1/3を投げると、この後も榊原投手、宮西投手、増井投手が無失点でつないだ。
 
打線は千葉ロッテ先発の上野投手保なかなか攻略できずに試合が進んだものの、6回にまず糸井選手のタイムリーで1点を返すと、直後に中田選手が会心の当たりを左中間スタンドへと運び、2ランホームランで1点差。
そして更に続く7回には一死二塁から代打の二岡選手がレフト前にタイムリーを放ち、これで同点へと追いついた。
この後、最終9回裏には二死ながらも一三塁とサヨナラのチャンスを作ったものの、これは陽選手が空振り三振に倒れて試合を決することはできなかった。
 
個々を見ると、スケールズ選手が3安打で猛打賞。
また、ホフパワー選手も2安打を放ってマルチ安打と、両外国人選手が気を吐いた。
他にも中田選手が今季11号となる2ランホームランを放ち、ベンチに戻っても笑顔があふれた。ここのところはバットが湿りっぱなしの試合が続いていたものの、この笑顔が復調の兆しと見えた。
 

吉川投手のコメント (4回2/3、打者25、100球、被安打6、与四死球5、奪三振3、失点4、自責点4)
すいません。チームに迷惑をかけて申し訳ないです。僕にはどうしても四球がついて回る。うまいように振らせる球を投げられるようにしないと。
 
糸井選手のコメント (6回裏、右中間タイムリー二塁打)
先頭のスケールズが出塁してくれたので、何とかいい形で翔に回そうと思いました。その通り、いい流れを作れて良かったです。
 
中田選手のコメント (6回裏、左中間2ランホームラン)
糸井さんが空気を変えてくれたので、うまく流れに乗っかれたと思います。ホームランというより左方向への長打もしばらくなかったですし、久しぶりに会心の当たりが出た感じです。みんなひとつになって戦ってるし。まだ先もあるし、その中でやってます。今は結果出てないですけど。
 
二岡選手のコメント (7回裏、レフト前タイムリー)
前の回にいい形で3点入ったので、あそこで追いついておきたいと思っていました。チームに貢献できて良かったです。
 
榊原投手のコメント (1回、打者4、19球、被安打0、与四死球1、奪三振1、失点0、自責点0)
2日前にやられた相手。絶対に何が何でも抑えてやる気持ちが強かった。
 
梨田監督のコメント
相手に先行されて苦しい試合になったけど、よく追いついてくれましたね。引き分けで満足してはいけないんですが、流れからして仕方ないのかなと。中田のホームランも出た。会心だったね。インコースの甘いボールを久しぶりにコンパクトに振って。良いホームランでした。(打線は) 追いつけたから兆しが見られたかな。吉川はもったいなかった。ストレートは走っていたからね。
 

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事