やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
東北楽天の4連戦の第2戦。
連勝をかける今日の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ投手。対する東北楽天がヒメネス投手。
 
 
【1回表】
初回の攻撃は、スケールズ選手がファーストゴロで倒れてしまうと、陽選手、糸井選手は共にセカンドゴロで三者凡退。
 
【1回裏】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、いきなり先頭の松井稼選手をセカンドのスケールズ選手のエラーで出塁させてしまうと、内村選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面は、続く中村選手をファーストゴロで打ち取る間に二塁走者の松井稼選手には三塁へと進まれてしまうも、ここは次の山選手を空振り三振で切って取って三死とした。
 
【2回表】
中田選手、稲葉選手が共にサードゴロで二死となってしまうと、小谷野選手はレフトフライで三者凡退。
 
【2回裏】
先頭の高須選手にセンター前にヒットされるも、この後はガルシア選手、横川選手、嶋選手を3者連続の空振り三振で切って取った。
 
【3回表】
ここはホフパワー選手がショートゴロ、飯山選手がファーストファールフライ、鶴岡選手がショートゴロで、これで北海道日本ハムは初回から3イニング続けての三者凡退となってしまった。
 
【3回裏】
牧田選手、松井稼選手を共にセカンドゴロで二死とすると、内村選手はサードゴロで三者凡退。
 
【4回表】
先頭のスケールズ選手がセンター前ヒットで出塁すると、これを陽選手が送りバントで進めたところで、次の糸井選手は死球で歩いて一死一二塁。
しかしこの後はまず中田選手がレフトフライに倒れて二死となってしまうと、稲葉選手も空振り三振に切って取られて三死となってしまった。
 
【4回裏】
この回は中村選手をセンターフライ、山選手を空振り三振で二死とするも、ここから次の高須選手にセンター前にヒットされると、続くガルシア選手にはバックスクリーンに2ランホームランを運ばれてしまい、これで0−2と東北楽天が先制。
この後二死走者無しからは横川選手をファーストゴロで切って取って三死としたが、この回はガルシア選手の一発により、2点の先制点を奪われてしまった。
 
【5回表】
ここはまず先頭の小谷野選手が右中間への二塁打で塁に出ると、次のホフパワー選手が四球で歩いたところで、飯山選手が送りバントを決めて一死二三塁。
するとこの場面続く鶴岡選手も四球で歩き、これで一死満塁とチャンスが広がると、ここで次のスケールズ選手の放った打球はファーストのガルシア選手のエラーを誘い、ボールがファールゾーンを転々とする間に三塁走者の小谷野選手に続いて、二塁走者のホフパワー選手も生還し、これで2−2の同点。
そして更になおも一死一三塁から、今度はここで陽選手がライト前にタイムリーを放ち、これで3−2と逆転。
この後は一死一二塁から、まず糸井選手のセカンドゴロの間に走者がそれぞれ進塁すると、今度は中田選手が四球を選んで二死ながらも満塁とすると、続く稲葉選手がセンター前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返し、これで5−2と追加点。
この後は東北楽天バッテリーが山村投手と伊志嶺選手へと交代すると、ここは小谷野選手がファーストフライに打ち取られて三死となってしまったが、この回はファーストのガルシア選手のタイムリーエラーに始まり、陽選手、稲葉選手のタイムリーなどで計5点。
これで一気に5−2と逆転に成功した。
 
【5回裏】
この回は先頭の伊志嶺選手にレフト前にヒットされると、次の牧田選手はショートゴロで一死とするも、松井稼選手にはライト前にヒットされて一死一二塁。
するとこの場面、続く内村選手は空振り三振に切って取って二死としたものの、次の中村選手にはレフト前にタイムリーヒットを弾き返されてしまい、これで1点を返されて5−3。
この後なおも二死一二塁からは山選手を空振り三振に切って取って三死としたが、この回はヒット3本を集中される形で1点を失い、これで5−3と得点差を縮められてしまった。
 
【6回表】
ここは先頭のホフパワー選手が2試合連続となるホームランをライトスタンドに叩き込み、これで1点を追加して6−3。
この後は飯山選手がショートゴロ、鶴岡選手がライトフライ、スケールズ選手が空振り三振といずれも倒れて三死となってしまったが、この回はホフパワー選手のソロホームランによって1点を追加し、6−3と再びリードを広げた。
 
【6回裏】
高須選手をファーストファールフライ、ガルシア選手をキャッチャーファールフライ、横川選手をショートゴロで三者凡退。
 
【7回表】
ここはまず陽選手がサードゴロに倒れて一死となってしまうも、糸井選手が四球を選んで塁に出ると、中田選手は死球で歩いて一死一二塁。
しかしこの場面、東北楽天のピッチャーが3番手の有銘投手へと交代すると、次の稲葉選手はセンターフライで二死となってしまい、更に続く小谷野選手がセカンドにゴロを転がすと、ここで一塁走者とセカンド内村選手が交錯してしまい、守備妨害を取られて三死となってしまった。
 
【7回裏】
先頭の伊志嶺選手にセンター前にヒットされるも、この後はまず代打の岩村選手をセンターフライで一死とすると、更に続く松井稼選手は空振り三振とし、同時にスタートを切った一塁走者の伊志嶺選手も二塁でタッチアウトとして三振ゲッツーでこの回を終わらせた。
 
【8回表】
東北楽手のピッチャーが4番手の片山投手へと交代のこの回は、ホフパワー選手が空振り三振、飯山選手がサードゴロ、鶴岡選手がライトフライで三者凡退。
 
【8回裏】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で増井投手が登板のこの回は、内村選手、中村選手を共に空振り三振で切って取って二死とすると、次の山選手にはセンター前にヒットされるも、ここは続く高須選手を空振り三振で三死とした。
 
【9回表】
先頭の今浪選手が右中間に二塁打を放って出塁も、ここは陽選手が見逃し三振、糸井選手が空振り三振、中田選手が見逃し三振と、いずれも三振で続けずに三死となってしまった。
 
【9回裏】
3点のリードを持って迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の武田久投手が、ガルシア選手をライトフライ、代打の草野選手をファーストゴロで二死とすると、次の伊志嶺選手にはレフト線に二塁打を打たれるも、最後は岩村選手をセカンドゴロで切って取って試合終了とした。
 
 
最大湿度91%にもなる厳しい環境の中でのダルビッシュ投手の熱投。そして打線もしっかりと噛み合い、東北楽天に連勝となった。
 
先発のダルビッシュ投手は、今日は毎回のように走者を許すピッチングで決して良い出来とは言えなかった。
両チーム無得点のまま迎えた4回裏にはガルシア選手に2ランホームランを浴びてしまうと、続く5回にもヒット3本を集中される形で更に1点を失い3失点。
しかし最速156キロと、自己最高をマークするなど熱投を見せ、これ以上の失点は許さずにこれで今季14勝目と、ハーラーダービー独走状態。
 
打線は序盤3イニングは東北楽天先発のヒメネス投手をとらえられずにいたが、先制点を奪われた直後の5回表に一死満塁のチャンスから守備の乱れから2点を挙げると、更に陽選手、稲葉選手のタイムリーなどで一挙5点。
更に続く6回にはホフパワー選手が2試合連続のホームランを放ち、これで計6得点。
ヒットの数はわずかに6本ながらも少ないチャンスをものにして勝利へと結びつけた。
 

陽選手のコメント (5回表、ライト前タイムリー)
ああいう場面では引っ張るとゲッツーになる可能性が高いから、右方向へ打っていこうという意識はありました。そういうバッティングがしやすいボールが来たし、しっかり打ててよかった。点を取られた後にすぐに追いついて、勝ち越せたのは大きいですね。みんながつくってくれたチャンスだったので、積極的に打ちにいって、良い追加点になりました。(得点圏打率が3割を超えているのは)  たまたまです。
明日も試合があるのでみんなで力を合わせて、田中投手ですから、何とか勝ちたいです。

稲葉選手のコメント (5回表、センター前2点タイムリー)
いい流れで回してくれたというのもありましたし、その流れに乗っからせてもらって打てた感じですね。一気に畳み掛けることができて良かったです。
 
ホフパワー選手のコメント (6回表、ライト・ソロホームラン)
しっかり打てたね。(2試合で3ホームランは) エキサイティングだし素晴らしい気分だよ。ダルビッシュが投げている試合だし、絶対に勝たなきゃいけない。いいホームランになったと思う。
 
ダルビッシュ投手のコメント (7回、打者28、112球、被安打7、与四死球0、奪三振8、失点3、自責点3)
ガルシア選手のホームランを除けば、全体的に球が浮いていたとはいえ、まずまずのピッチングが出来たのではないでしょうか。暑くて汗もたくさんかきましたが、試合は作れたかなと思います。
 
梨田監督のコメント
(4回裏は) 2アウトからの2ランだからショックは大きかったけど、その直後に相手のミスもあって点を取れたからね。岱鋼のヒットはすごく大きかったし、その前の鶴岡のフォアボールが本当に大きかった。相手としてはやってはいけないことなんだろうけど、あそこからつながったからね。ホフパワーが2点差から3点差にするホームランを打ってくれたのも大きい。ダルビッシュは最後へばり気味で、コントロールできなかった感じだったね。ここは (湿度が高くて) 堪えるね。選手は大変だと思うけど、よく頑張ってくれた。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事