やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
ついにプロ野球ファンの待ちに待った瞬間がやってきた。
2006年、甲子園を沸かした、北海島日本ハム・斎藤佑樹投手。東北楽天・田中将大投手のプロでの初めての直接対決。
 
【1回表】
まず田中投手に対する初回の攻撃は、スケールズ選手が空振り三振、今浪選手がセカンドライナー、糸井選手がショートゴロで三者凡退。
 
【1回裏】
対する斎藤佑投手の立ち上がりは、まず松井稼選手をショートゴロで一死とするも、内村選手にセカンドへのボテボテの当たりを内野安打とされると、高須選手にはレフト前にヒットされて、これで一死一三塁。
するとこの場面、続く山選手にはライトに犠牲フライを上げられ、まずは東北楽天に先制点。
この後二死一塁からは次の横川選手をセカンドゴロで切って取って三死としたが、この回は山選手の犠牲フライにより、斎藤佑投手は初回から早々に1点を失ってしまった。
 
【2回表】
ここは小谷野選手がサードゴロで倒れてしまうと、稲葉選手の一塁線への当たりはファーストのガルシア選手の好守によってさばかれてしまい、更に続く中田選手も空振り三振と、この回も初回に続いて3人で攻撃を終えてしまった。
 
【2回裏】
先頭のガルシア選手をショートライナーで一死とすると、次の中村選手にはレフト線にヒットを打たれるも、続く嶋選手をショートゴロで二塁フォースアウト。
するとこの後二死一塁からは嶋選手の盗塁で二死二塁とされるも、ここは打席の聖澤選手をサードゴロで切って取って三死とした。
 
【3回表】
ホフパワー選手が空振り三振、陽選手がセンターフライで二死となってしまうと、次の鶴岡選手はセンター前にヒットを放って出塁も、続くスケールズ選手のセンター前に落ちようかという打球は聖澤選手の好捕によって三死となってしまった。
 
【3回裏】
ここは松井稼選手をセンターフライ、内村選手をレフトフライで二死とすると、高須選手は四球で歩かせてしまうも、続く山選手をサードゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【4回表】
先頭の今浪選手がセンター前ヒットで出塁すると、糸井選手が送りバントを決めて一死二塁。
しかしこの場面、小谷野選手は初球に手を出してのピッチャーゴロで二死となってしまうと、稲葉選手もピッチャーゴロに倒れて三死となってしまった。
 
【4回裏】
この回は横川選手にライト線に二塁打を打たれていきなり無死二塁のピンチを迎えるも、この後はガルシア選手はサードゴロ、中村選手をファーストゴロ、嶋選手をセカンドゴロと後続をいずれも打ち取って無失点で三死とした。
 
【5回表】
中田選手がサードゴロ、ホフパワー選手が見逃し三振で二死となってしまうと、次の陽選手はファーストのガルシア選手のエラーによって塁に出るも、ここは鶴岡選手がセンターフライに倒れてしまった。
 
【5回裏】
ここは先頭の聖澤選手のショート頭上を越えようかという打球を今浪選手がジャンプ一番の好捕でさばいて一死とすると、松井稼選手はショートゴロ、内村選手はピッチャーゴロで、斎藤佑投手はこの試合初めての三者凡退。
 
【6回表】
先頭のスケールズ選手が初球を打って一二塁間を破るライト前ヒットで出塁すると、今浪選手は1球でしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
すとるこの場面、糸井選手がセカンドゴロに倒れる間に二塁走者のスケールズ選手は三塁へと進塁も、ここは小谷野選手が空振り三振に切って取られて無得点のままにこの回を終えてしまった。
 
【6回裏】
この回はまず高須選手にライト前にヒットされると、山選手はライトフライで一死としたものの、続く横川選手をセカンドゴロで打ち取る間に走者に進塁補油して二死二塁。
するとこの場面、次のガルシア選手にセンター前にヒットされると、この当たりで二塁走者の高須選手に生還され、1点を追加されて0−2。
そして更になおも二死一塁から、続く中村選手にはレフトフェンス直撃の当たりをタイムリー三塁打とされてしまい、これで0−3とされると、次の嶋選手にもライト前にタイムリーを弾き返されて0−4。
この後は聖澤選手をセカンドゴロでようやく三死としたが、この回はガルシア選手、中村選手、嶋選手と3連続のタイムリーを浴び、3点を失って0−4とリードを大きく広げられてしまった。
 
【7回表】
ここは先頭の稲葉選手がワンバウンドした自打球が目に当たってしまい、カウント1B-2Sの場面で代打の杉谷選手が出るもセカンドゴロで一死となってしまうと、中田選手、ホフパワー選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【7回裏】
松井稼選手をファーストライナーで一死とするも、内村選手にレフト前にヒットされると、高須選手には一二塁間をライト前にヒットされて一死一三塁。
しかしこの場面、続く山選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとしてここを無失点でしのいだ。
 
【8回表】
陽選手が空振り三振、代打の加藤政選手がショートフライ、スケールズ選手が空振り三振で三者凡退。
 
【8回裏】
ここは横川選手をレフトフライ、西村選手をセカンドゴロ、中村選手を空振り三振で三者凡退。
 
【9回表】
4点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、まず今浪選手が左中間に二塁打を放って出塁すると、次の糸井選手は空振り三振で倒れてしまうも、小谷野選手のショートへのゴロを松井稼選手がこぼして一死一二塁。
するとこの後、杉谷選手は空振り三振で二死となってしまうも、中田選手が三塁線への当たりをサード内野安打として二死満塁とチャンスを継広げると、ここで続く代打の二岡選手は押し出しの四球を選び、ようやく田中投手から1点を返して1−4。
しかしこの後なおも二死満塁からは次の陽選手が空振り三振に倒れて試合終了となってしまった。
 

斎藤佑樹投手、田中将大投手の夢の初対決は、田中将大投手に軍配が上がった。
 
斎藤佑投手は、立ち上がりの初回からヒット2本に犠牲フライで早々に1点を失ってはしまったものの、その後は走者こそ出しながらも要所を抑えるピッチング。
しかしそんな中でも6回にはついに東北楽天打線に捕まり、ヒット4本で3点を失ってしまった。
だがその後も梨田監督は斎藤佑投手を交代させることなく、8回を投げ切らせ、123球、被安打10、与四死球1、奪三振1、失点4、自責点4でプロ初完投と、何とか試合を作った。また、今日は被安打こそ多いものの、四球は1つしか出さずに全体としてコントロールも悪くなく、今まででも3本の指には入るのではないかという出来ではあった。
 
対する田中投手は剛と軟をうまく組み合わせたまさに田中投手らしいピッチング。
北海道日本ハム打線は最終回に押し出しによっようやく1点こそ返したものの、12奪三振を喫してしまった。
 

今浪選手のコメント (チーム唯一のマルチ安打)
僕も必死なんで。
 
鶴岡選手のコメント
(斎藤佑投手は) 全体的に良くなっている。(3失点の六6回は) 僕が変化球を続けすぎました。
 
斎藤佑投手のコメント (8回、打者34、123球、被安打10、与四死球1、奪三振1、失点4、自責点4)
今日はフォアボールを出さないピッチングをしようと思って投げました。まっすぐも良かったし8回まで行けたのは収穫です。体力的にも全く問題なかったです。最後まで逆転を信じて投げました。1−0で続いていれば流れが来ていたかもしれないので、6回のガルシア選手に打たれたヒットがやっぱり悔しいです。
これが4年間の差かなと思った。(田中投手との差は) 三振を取る能力です。やっぱりうちの打線を見ても、良いピッチャーだなと思いました。基本的には4年前と変わらない印象です。(大観衆の中でのピッチングは) アウェーだなと思いました。でも、この中で投げるのは楽しかったですし、気持ち良かったです。この差を埋めるために頑張らないといけないです。4年間の差を埋めるための努力をする価値は見いだせた。でもその差は決して大きくないし、まったく追いつけないものじゃない。
 
梨田監督のコメント
斎藤佑の出来は悪くなかったですね。今までよりしっかりゲームを作れたんじゃないかと思います。6回、ガルシアに打たれたタイムリーはフォークがいい高さに行ったんですが、配球を読まれた感じがします。(完投については) ゲームの中での判断です。今日のゲームの中では代えるところはなかった。
田中との投げ合いは夢の対決でもありましたし、こちらも最後に一発出れば逆転という展開に出来て、ファンの期待にまずまず応えられたのではないでしょうか。ただ、それまでチャンスらしいチャンスを作らせてもらえなかったですね。
 
吉井投手コーチのコメント
(斎藤佑投手は) スタミナ的にいけるのは知っていた。ブルペンがへばってきている中、佑ちゃんがよく頑張ってくれた。あの3点で萎えるところをあいつは踏ん張った。今後、ずっとローテの一員になってもらわなきゃいけない。リードされている試合を壊さないで投げ続けられるかどうかは、先発として重要な要素やから。
 
東北楽天・田中投手のコメント
この投げあいがプロに入ってから注目され続けてきて、今日実現をして、これだけたくさんの方に観に来て頂いて、本当に幸せです。(今日のピッチングは) うまい具合に投げることができたので抑えることができたのかなと思いますけど、まぁ9回が悔しいですね。(失点のあとは) 切り替えるも何もなかったですね。本当に申し訳ないです。ゼロに抑えて試合を締めたかったです。次また頑張ります。
 
東北楽天・星野監督のコメント
田中は申し分ないね。9回のことは本人に聞いて。斎藤もクレバーなピッチングしてたから、1点じゃ危ないと思ってた。こういう経験は (両投手にとって) 良い経験になるよ。みんなは楽しんでいるけど、私はまだ楽しむところじゃない。毎日必死ですよ。がっぷり四つで、いい試合だった。勝ったから、そう言えるんだろうけどね。
 
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

プロ野球新時代の到来ですね。

2011/9/11(日) 午前 0:27 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事