やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
クライマックスシリーズ・ファーストステージの大事な初戦をダルビッシュ投手を擁しても勝てず、完全にあとが無くなった形で迎えた第2戦。

今日の先発のマウンドに上がるのは、北海道日本ハムが武田勝投手。埼玉西武が西口投手。
 
 
イメージ 14
 
イメージ 13
 
イメージ 11【1回表】
武田勝投手の立ち上がりは、先頭の栗山選手にセンター前にヒットされるも、次の原選手は送りバントを決められず、最後はヒッティングにくるもサードファールフライで一死一塁。
するとこの後、続く中島選手をピッチャーゴロに打ち取る間に一塁走者の栗山選手には二塁へと進まれてしまったが、ここは中村選手を空振り三振に切って取って三死とした。
 
 
 
イメージ 12【1回裏】
西口投手に対する初回の攻撃は、田中選手がセンターフライで一死となってしまうも、次の陽選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く糸井選手の打席で盗塁を決め、更に送球を受けたショート中島選手がボールを後逸する間に陽選手は一気に三塁へと進塁。
するとこの一死三塁の場面、糸井選手は死球で歩き、これで一死一三塁としたものの、この後はまず小谷野選手のサードゴロで三塁走者の陽選手が三本間に挟まれてタッチアウトとなってしまうと、稲葉選手もライトフライに倒れ、結局この回の一死一三塁のチャンスも無得点のままに終えてしまった。
 
【2回表】
ここはフェルナンデス選手をセンターフライで一死とすると、浅村選手、坂田選手は共にレフトフライで三者凡退。
 
イメージ 20【2回裏】
中田選手がサードゴロ、ホフパワー選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次の金子選手はライト前にヒットを放って出塁も、ここは大野選手がサードゴロで続けず。
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【3回表】
この回は上本選手、秋山選手、栗山選手をいずれもセンターフライで切って取っての三者凡退。
 
イメージ 24【3回裏】
ここは田中選手がライトフライ、陽選手がショートゴロで早々に二死となってしまうも、次の糸井選手がライト前にヒットを放って出塁すると、すぐに盗塁を決めて二死二塁。
すると更にこの後、小谷野選手の打席ではまず西口投手のワイルドピッチによって糸井選手が三塁へと進み、小谷野選手も四球を選んでこれで二死ながらも一三塁としたものの、ここは稲葉選手がレフトフライで続けず。
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【4回表】
この回は原選手、中島選手を共にレフトフライで二死としたものの、次の中村選手にはセンター前にヒットを打たれて二死一塁。
するとこの場面、続くフェルナンデス選手には左中間を深々と破る当たりを打たれると、これで一塁走者の中村選手に一気に本塁を突かれたものの、ここは糸井選手からの返球と中継プレーを経て、キャッチャー大野選手の好ブロックもあって中村選手を本塁でタッチアウトとした。
 
イメージ 26イメージ 27
イメージ 28【4回裏】
ここは中田選手がセンターフライで一死となってしまうも、次のホフパワー選手が高々と上がった打球をそのまま右中間スタンドに運び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後は金子選手がセカンドフライ、大野選手がショートゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回はホフパワー選手のソロホームランにより、まずは1−0と北海道日本ハムが大事な大事な先制点を挙げることに成功した。
 
 
【5回表】
先頭の浅村選手にレフト前にヒットされると、坂田選手は空振り三振も、この間に盗塁を決められて一死二塁。
するとこの場面、代打の星孝選手は空振り三振で二死としたものの、続く秋山選手にはセンター前にタイムリーヒットを弾き返されてしまい、これで1−1の同点。
この後二死一塁からは一塁走者の秋山選手の盗塁を刺して三死としたものの、この回はその秋山選手のタイムリーにより、先制点を挙げた直後にすぐに同点へと追いつかれてしまった。
 
【5回裏】
田中選手がサードファールフライ、陽選手がセカンドゴロ、糸井選手がレフトフライで三者凡退。
 
イメージ 15【6回表】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手のウルフ投手へと交代のこの回は、まず先頭の栗山選手にレフト前にヒットされると、原選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後更に中島選手をセカンドゴロに打ち取る間に二塁走者の栗山選手には三塁へと進まれてしまうも、ここは中村選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。
 
 
 
 
 
 
イメージ 29【6回裏】
小谷野選手がセカンドフライ、稲葉選手がセカンドゴロ、中田選手がサードゴロで三者凡退。
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【7回表】
ここは続投のウルフ投手が、まずフェルナンデス選手をキャッチャーファールフライで一死とするも、次の浅村選手にセンター前にヒットされると、すぐに盗塁も決められて一死二塁。
しかしこの後は坂田選手、星孝選手を連続で空振り三振に切って取り、これでこの回を終わらせた。
 
【7回裏】
ホフパワー選手が空振り三振、金子選手がショートゴロで二死となってしまうと、次の大野選手はいい当たりを放ちながらもセカンド正面へのライナーで倒れ、これで3イニング連続の三者凡退となってしまった。
 
イメージ 16【8回表】
この回は北海道日本ハム3番手の石井投手が、先頭の秋山選手を四球で歩かせてしまうと、栗山選手はセンターフライで一死も、ここから原選手に送りバントを決められ二死ながらも走者二塁。
ここで、続く中島選手に対してはカウント2B-0Sとなったところでバッテリーは中島選手を敬遠で歩かせ、次の中村選手との勝負を選択。
するとこの場面、ここで交代の増井投手は中村選手をセカンドへのライナーとしたものの、この打球を田中選手が捕球し損ねで弾いてしまい、この間に二塁走者の秋山選手に一気に生還を許して1−2と埼玉西武が勝ち越し。
イメージ 19この後なおも二死一二塁からはフェルナンデス選手を空振り三振で切って取って三死としたが、この回は田中選手の痛恨のタイムリーエラーで1点を奪われ、これで1−2と勝ち越しを許してしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
【8回裏】
ここは先頭の田中選手がライトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、次の陽選手の送りバントはピッチャーへの内野安打となって無死一三塁。
するとこの場面、埼玉西武がピッチャーを石井一投手へと交代してくると、まず糸井選手は空振り三振。
しかしこの間に一塁走者の陽選手は盗塁を決めて一死二三塁としたが、続く小谷野選手がサードにボテボテのゴロを放ってしまうと、これで三塁走者の田中選手が三本間で挟まれてタッチアウト。
これで場面が二死一三塁と変わると、今日3度目の稲葉ジャンプの中、稲葉選手が打席に入ったものの、ここはレフトへのフライに倒れ、結局はこの回のチャンスを無得点のままに終えてしまった。
 
イメージ 21
イメージ 22 
イメージ 17イメージ 18
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3田中選手会長のコメント
たくさん怪我をした辛いシーズンで、最後くらい監督の力になりたかったのですが。ここ6年くらいは順調に来ていましたが、なかなか今年はうまくいかず、ファンの皆さんにはこのような結果に終わり申し訳ないという言葉しか出てきません。今年の反省をしっかりし、この経験をバネにしていかなければならないと思っています。
あれは単純に僕のミス。グラブの先っぽではじいた。試合に出ている以上、実戦感覚とかは関係ない。
 
 
 
イメージ 4稲葉主将のコメント
初戦から稲葉ジャンプをしてもらって、胸にこみ上げるものがありました。ファンの皆さんが楽しそうにジャンプしてくれるのを見て、改めて良かったなと思います。ただ、監督の最終年で1日も長く試合をしたかったという思いが強く、ベテランでありキャプテンである自分が引っ張りきれなかったのが悔しいです。
 
 
 
 
 
イメージ 5武田勝投手のコメント (5回、打者18、65球、被安打5、与四死球0、奪三振3、失点1、自責点1)
コンディションが良くて緊張もなく、スムーズに試合に入ることができました行けるところまで腕を振っていこうと思いました。せっかく先制してもらいながら、すぐに追いつかれてしまいましたが、自分のピッチングはできたので、その点については、後悔はありません。昨日の時点でライオンズ打線は振れていると感じ、気持ちで逃げないようにと思って投げました。梨田監督とは1日も長く一緒にプレーしたかったですけれど、これも勝負の世界。来年、この悔しさをぶつけたいと思います。
 
イメージ 6糸井選手のコメント
もちろん優勝を目指して頑張ってきましたから、色々な故障があっても試合に入れば全力でプレーできました。今思うと、9月に9連敗したころがきつかったなと思います。監督には就任直後から使っていただき、僕にとっては親のような存在でした。できるだけ長く試合をしたかったので、残念です。
 
 
 
 
 
イメージ 7中田選手のコメント
この結果には悔しい思いしかありません。いい意味で楽しみながらやれたと思いますが、いつもと違う雰囲気で緊張感がありました。日本一になれなくて残念です。今年1年は試合に使ってもらって有難い思いでいっぱいですし、精神的にも、人間的にも大きくなったと思います。中盤には自分の甘さが出ました。チャンスで抑えられたりして。まあ、フォームをコロコロ変えていたら駄目ですよね。コレだっていうフォームを見つけられず、下半身の弱さもありました。確実性が欠けてました。コレというのを見つけて、チャンスにも動じない、乗り越えられる体をつけて、また来年に向けます。(梨田監督は) 選手のことにすごく気を使ってました。もうちょっと長くやりたかったです。すごく申し訳ないです。来年はもっと成長したところを見せて、チームの勝ちに貢献できるように頑張ります。
 
イメージ 8ホフパワー選手のコメント (4回裏、右中間ソロホームラン)
打ったのはフォークかな、チェンジアップかな。とにかくボールを強く叩こうと考えていた。エキサイティングだし、アンビリーバブル。『ワオ―!』って叫びたいくらいだよ。ただ、個人として打てたのは嬉しいが、チームが勝てなければ何もならない。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9増井投手のコメント (1回、打者9、31球、被安打4、与四死球1、奪三振1、失点5、自責点5)
何とか抑えてやろうという気持ちが力みにつながってしまったと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10梨田監督のコメント
1勝もできずにクライマックスシリーズが終わって残念です。1年間長く感じました。突き放すチャンスはあったけど打てなかった。決勝点がフォアボール、エラーだから、野球の原点を見つめ直していかないといけないですね。キャンプ、オープン戦で主力が故障して、大震災もあって調整が難しい中で、選手はよく調整してくれた。いいスタートは切れたし、優勝も見えてきたところで、8月9月と勝てなかった。選手の力を出してあげられなかったのが残念です。自分一人では何もできないですから、コーチや選手、裏方の気持ちをひとつにしようと思って気をつけてやってきました。
(若手については) 陽はまだ伸びるし、中田も4番という精神的な負担がかかるところを打たせて、試行錯誤しながらやってきた中でもっと伸びると思います。斎藤佑が入ってローテをある程度守って試合を作ってくれた。先発がしっかりしてて、増井、武田久とうまく使えたかなと。選手にはありがとうといいました。1年でもユニホームを長く着てもらいたいと思います。1年でも長く必要な選手だと思われるようになってほしい。ファンの方々からは本当に温かい声援をいただきました。選手より支えていただけたと思うくらいでした。4年間、本当にありがとうございました。
(今日で監督としては最後だが?) そうだね……。明日もユニホームを着て、グラウンドに立ちたい気持ちだよ。まあ、4年間良い思い出もつらい時もあったけど、選手には1年でも長くユニホームを着て、球団に必要な選手になってほしいと思います。(後悔などは?) 後悔の気持ちは全くない、感謝の気持だけだよ。シャンプーをしただけで目は赤くなるんだよ。
 

閉じる コメント(7)

顔アイコン

最後は見るに辛い試合でした。
最後の梨田監督の試合を飾れなかったことが残念です。

2011/10/30(日) 午後 11:37 [ fightersletsgo ]

顔アイコン

終わっちゃいましたね。
写真いいですね。

2011/10/31(月) 午前 10:31 [ - ]

顔アイコン

痛恨の秋以降の戦いからCSでの苦戦へと進んだわけで、確かに残念だし悔しくてなりません。
でも、歓喜する場面もいくつかもたらしてくれました。

これで今年は終わってしまったわけですが、同時に監督の交代が迫っています。
来季に期待しましょう。

そして、やっさんのこまめで冷静な記述には感謝しており、引き続きよろしくお願いいたします。
なお、最終戦が終わった後の監督と各選手のコメント、うるうるしながら読ませてもらいました。ありがとうございます。
(丑の戯言)

2011/10/31(月) 午前 11:27 [ eiji ]

さすがのやっさんの写真量ですね。
久々に生で観戦されたんですね。

しかし試合の方はかなの厳しい結果というか、これで梨田監督が退任と思うと涙が出てきます。

2011/10/31(月) 午前 11:35 たか

やっさんの写真付きブログを久々に見た気がします。

最後まであきらめない気持ちも最終回はさすがに厳しかったです。
ホフパワーのホームランの時には行けたと思いましたが駄目でしたね。

2011/10/31(月) 午後 3:54 たのさん

動画みました!選手のコールを聞くとゾクゾクします♪私も生で観戦したかった。

2011/10/31(月) 午後 8:32 [ ぺんぎん ]

顔アイコン

梨田監督、選手の皆さんもお疲れ様でした。
負けても勝っても、楽しませてもらいましたよ。
感動をありがとう〜。

やっさん、今シーズンもまたわかりやすい解説をありがとう。
来年は、日本一を決める試合の様子の解説を楽しみにしています。(*^_^*)

2011/10/31(月) 午後 9:32 pinko0404

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事