やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

2013年 パシフィック・リーグ公式戦 開幕
 
【1回表】
埼玉西武の開幕投手・岸投手に対する初回の攻撃は、陽選手がセンターフライ、西川選手がピッチャーゴロ、小谷野選手がショートゴロで三者凡退。

【1回裏】
一方、北海道日本ハムの開幕投手・武田勝投手の立ち上がりは、先頭の片岡選手にライト前へのヒットに続いて、秋山選手の送りバントで一死二塁とされてしまうと、ここで次の栗山選手には左中間を破られるタイムリー二塁打を打たれてしまい、これで早々に埼玉西武に先制の1点。
この後なおも一死二塁というところから、続くオーティズ選手は四球で歩かせてしまいながらも、ヘルマン選手は空振り三振、浅村選手はセンターフライと切って取って三死。
しかしこの回は、栗山選手のタイムリーにより、開幕ゲームの初回から早くも先制点を奪われるスタートとなってしまった。

【2回表】
ここは中田選手がレフトフライ、稲葉選手がライトフライ、アブレイユ選手が空振り三振で三者凡退。

【2回裏】
この回は先頭のルーキー金子選手にショートへの内野安打で出塁されてしまうと、炭谷選手は送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、更に続く永江選手にあたりがセカンドへの内野安打となって、一死一三塁とされてしまうと、ここで片岡選手には一二塁間をライト前にタイムリーヒットを弾き返されてしまい、これで0−2。
この後なおも一死一二塁からは、秋山選手をファーストゴロ、栗山選手をキャッチャーフライで打ち取って三死としたが、この回は片岡選手のタイムリーによって1点を追加され、これで0−2とリートを広げられてしまった。

【3回表】
まず大引選手がファーストゴロで一死となってしまうと、プロ初打席の大谷選手は見逃し三振で二死走者無し。
しかしこの後、次の鶴岡選手はライト前にヒットを放って出塁すると、陽選手が二遊間をセンター前にヒットを放って二死ながらも一二塁としたところで、続く西川選手が初球を弾き返すと、これがライトの頭上を越えたところで、二塁走者の鶴岡選手に続いて、一塁走者の陽選手も長駆生還し、これで一気に2−2の同点。
この後なおも二死二塁からは小谷野選手がサードゴロに倒れて三死となったが、この回は二死走者無しからの3連打で2点を返し、これで2−2の同点とした。

【3回裏】
オーティズ選手をセカンドフライ、ヘルマン選手をレフトフライで二死とすると、次の浅村選手のセカンド左への打球は西川選手が追いつきながらも一塁への送球が大きく逸れ、エラーで二死一塁も、ここは続く金子選手をファーストフライで切って取って三死とした。

【4回表】
中田選手、稲葉選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、アブレイユ選手は四球を選んで出塁も、ここは大引選手がライトフライでこの回を終えてしまった。

【4回裏】
この回は先頭の炭谷選手選手をファーストゴロとしたところで武田勝投手が一塁にベースカバーへと向かう足を引きずり出し、結局ここでアクシデントによって急遽降板。
代わってマウンドに2番手で上がった矢貫投手は、この後、永江選手をショートフライ、片岡選手をサードゴロと後続もしっかりと抑えて三死とした。

【5回表】
ここは先頭の大谷選手が一塁線を破ってライトフェンスまで到達する二塁打を放って塁に出るも、鶴岡選手の送りバントはキャッチャーへのファールフライとなって一死二塁。
するとこの場面、続く陽選手のセンター前ヒットで一死一三塁とチャンスを広げるも、西川選手のファーストゴロで三塁走者の大谷選手が三本間で挟まれ、二死となってしまうと、次の小谷野選手もサードゴロに倒れて三死となってしまった。

【5回裏】
この回は続投の矢貫投手が、まず秋山選手をファーストライナーで一死とすると、栗山選手はセカンドゴロ、オーティズ選手をショートゴロで三者凡退。

【6回表】
先頭の中田選手はショートフライで倒れるも、稲葉選手が左中間に二塁打を放って一死二塁。
この後、アブレイユ選手はサードゴロで二死となってしまったものの、なおも二死二塁から、続く大引選手がライト前にうまくヒットを弾き返すと、この当たりで二塁から稲葉選手が一気に生還し、3−2と逆転。
そして更に二死二塁から、次の大谷選手もライト前へとタイムリーを放ち、これで更に1点追加で4−2。
この後は鶴岡選手がセンターフライで倒れて三死となってしまったが、この回は大引選手、大谷選手の2本のタイムリーで2点を挙げ、これで4−2と逆転、勝ち越しに成功した。

【6回裏】
ここはヘルマン選手にセンター前にヒットを打たれるも、直後に矢貫投手の投球前に走り、これを刺して一死。
するとこの後は浅村選手をセンターフライで二死とするも、金子選手には一二塁間をライト前にヒットされると、続く炭谷選手に左中間にタイムリー二塁打を打たれてしまい、これで1点を返されて4−3とされたとろで、北海道日本ハムはピッチャーを矢貫投手から3番手の鍵谷投手へと交代。
するとこの場面、鍵谷投手は次の永江選手をセンターフライで切って取り、後続をしっかりと抑えて三死とした。

【7回表】
この回は埼玉西武2番手の岡本篤投手に対して、先頭の陽選手が一二塁間をライト前にヒットを放って出塁すると、西川選手はレフトフライで倒れるも、次の小谷野選手の打席で陽選手が盗塁を決めて一死二塁。
すると更にこの後、小谷野選手が振り逃げで出塁すると、この間に二塁走者の陽選手も三塁へと進み、一死一三塁とするも、中田選手は空振り三振、稲葉選手はサードゴロと後続が共に続けず。

【7回裏】
北海道日本ハム4番手の石井投手が登板のこの回は、先頭の片岡選手のライトファールグウンドへのフライをライト大谷選手がフェンス際で伸び上ってキャッチの好捕で一死とすると、秋山選手はセンターフライ、栗山選手はショートゴロと、ここはバックの好守もあって三者凡退で終わらせた。

【8回表】
この回は埼玉西武3番手の長田投手に対し、アブレイユ選手がショートフライで倒れてしまうと、次の大引選手は死球を選んで出塁も、この後は大谷選手、鶴岡選手が共に空振り三振で続けず。

【8回裏】
ここは北海道日本ハム5番手の増井投手が、まずオーティズ選手をピッチャーゴロで一死とすると、ヘルマン選手にはライト前にヒットされるも、この後は続く浅村選手を空振り三振とすると、同時にスタートを切っていたヘルマン選手の盗塁も刺し、三振ゲッツーでこの回を終わらせた。

【9回表】
埼玉西武のマウンドに4番手でサファテ投手が登板のこの回は、先頭の陽選手は空振り三振で倒れると、西川選手が四球を選んで出塁するも、小谷野選手も空振り三振で二死一塁。
するとこの場面、続く中田選手の打席で西川選手が盗塁を決めると、更にキャッチャー炭谷選手からの送球が逸れる間に西川選手は三塁に到達したところで、中田選手はセンター前へとタイムリーを弾き返し、ここにきて貴重な1点を追加して5−3。
この後は稲葉選手が空振り三振に倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーによって1点を追加。
これで最後の守りを前に5−3とリードを2点へと広げた。

【9回裏】
2点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハムの守護神武田久投手が、金子選手を空振り三振、代打の上本選手をショートゴロで二死生者無し。
しかしここから、まず代打の嶋選手にセンター前にヒットされると、片岡選手は四球で歩かせてしまい、これで二死ながらも一二塁と同点の走者を塁に出してしまったものの、最後は続く秋山選手を大きい当たりながらもセンターへのフライで切って取り、リードを守り切って試合終了とした。
 

 
開幕戦からのエース序盤の失点、そしてまさかのアクシデントによる降板をチーム力でカバーし、まずは2013年の開幕を白星で飾った。

先発の武田勝投手は、初回、2回と共に先頭打者にヒットで出塁を許すと、走者を進められたとろでタイムリーを打たれ、序盤でいきなりの2失点スタート。
しかし打線は直後の3回表に二死走者無しから鶴岡選手、陽選手の連打で一二塁のチャンスをつくると、ここで西川選手が2点タイムリーを放ち、これで同点とした。
だが更に直後の4回裏、一塁にベースカバーへと向かった武田勝投手が足を痛めるアクシデントによって緊急降板してしまう。
この後試合は6回表に、大引選手、大谷選手の連続タイムリーによって2点を挙げて勝ち越すと、投手陣が細かい継投で埼玉西武打線をかわしていく中、1点差の9回にもなタカ選手のタイムリーによって貴重な追加点を挙げ、最後は守護神武田久投手が、走者を出しながらも何とか無失点で締めて試合終了とした。
 
注目のルーキー大谷選手は、8番ライトでスタメン出場すると、最初の打席こそ見逃し三振に倒れるも、2打席目はライトに二塁打を放つと、3打席目はライト前にタイムリーヒットで2安打1打点。
また守備でも7回裏にライトファールグラウンドのフェンス際で好守を見せ、バットで守備でチームに貢献。
高卒ルーキーが開幕スタメンで出場し、更にヒーローインタビューを受けるというすごいことを成し遂げた。
 

 
 各選手のコメント
 
西川選手のコメント (2回表、ライト線2点タイムリー二塁打)
打ったのは真っすぐですね。初球の甘い球だった。いいスイングができた。2アウトからつないでくれたんで、雰囲気に乗って打てました。先輩2人に打たせてもらったタイムリーです。

武田勝投手のコメント (3回1/3、45球、打者17、被安打5、与四死球1、奪三振1、失点2、自責点2)
開幕だからと浮き足立つこともなく、自分らしい投球が出来ていたと思います。ああいう形での降板は残念ですし、この悔しさを次の登板で晴らしたいと思います。
(負傷の場面は) 足がつった感じで、無理をすると肉離れを起こすかもしれなかった。重いものではないと自覚しているので、次回に向けてしっかり調整します。

大谷選手のコメント
(5回表、ライト線二塁打、プロ初ヒット)
打ったのは高めの真っすぐ。見逃せばボールだったかも知れませんが、しっかり振り抜けました。打球が抜けたのは分かりましたが、その瞬間は初ヒットだというより1つでも先の塁へという思いの方が強かったです。
(6回表、ライト前タイムリー、プロ初タイムリー初打点)
チェンジアップでした。ストレートを狙っていましたが、高めに来た分、対応出来ました。大引さんにタイムリーが出て、その流れに乗って打てました。

大引選手のコメント (6回表、ライト前タイムリー、移籍後初ヒット初タイムリー)
守備陣が (武田勝投手の) 足を引っ張って、気持ちよく投げてもらえなかったこともあったので、あの場面はタイムリーを打って勝ち越したいなと思っていました。ちょっと高めに来たので、いいコースに打てました。チームのみんながリラックスした雰囲気を作ってくれて、あの死に物狂いの場面は、ファンの応援が誰もいないところに球を落としてくれました。
 
矢貫投手のコメント (2回1/3、30球、打者9、被安打3、与四死球0、奪三振0、失点1、自責点1)
勝さんが頑張って投げていたおかげです。
 
鍵谷投手のコメント (1/3回、2球、打者1、被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0、プロ初登板)
初登板ということで多少は緊張しましたけど、(一打同点という場面的には) オープン戦でも同点の場面で投げさせてもらったりしていたので変な緊張はなかったです。公式戦に入れば結果が全てですから、どんな形であっても抑えられて嬉しいです。打たれれば展開が変わる場面。バタバタせず投げられた。

中田選手のコメント (9回表、センター前タイムリー)
1点差より2点差の方がピッチャーも楽だからね。振れているからいいけどね。頑張ります。
 
陽選手のコメント
勝てたことが一番。自分が引っ張るという責任がある。
 


 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今年も始まりましたね。
しかし大谷君は最初からやってくれましたね。

2013/3/30(土) 午前 10:41 [ fightersletsgo ]

顔アイコン

結果的には気分の良い勝ち方でしたね。
武田勝の後を次ぐ投手陣が崩れはしまいかとドキドキしましたが、結果オーライでしょう。
一番の感激は、初出場の大谷右翼手が勝負強さを発揮し、おまけにヒーローになったことです。今シーズンの出足としては、上々の出来でした。

それにしましても、今シーズンも「やっさん日記」による精緻なレポートを続けて読ませてもらえることは、このうえもなく歓びです。
今後ともよろしくお願いいたします。 (丑の戯言)

2013/3/30(土) 午後 0:05 [ eiji ]

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事