やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
ディクソン投手に対する初回の攻撃は、陽選手が空振り三振、杉谷選手がファーストゴロで二死となってしまうと、ここから小谷野選手、中田選手が共にレフト前ヒットで二死ながらも一二塁とするも、ここはアブレイユ選手が空振り三振で続けず。

【1回裏】
谷元投手の立ち上がりは、坂口選手を見逃し三振で一死とすると、次の深江選手は四球で歩かせてしまうも、続く糸井選手はファーストゴロで3-3-6のダブルプレー。

【2回表】
ホフパワー選手がライト前ヒットで塁に出ると、大引選手は空振り三振で一死も、鶴岡選手がショートへの内野安打で続いて一死一二塁。
するとこの場面、次の西川選手が四球を選んで、これで一死満塁と先制のチャンスを拡大も、ここは陽選手が空振り三振、杉谷選手がショートゴロと後続が共に続けず。

【2回裏】
李大浩選手をショートゴロ、バルディリス選手を空振り三振で二死も、ここから後藤選手にライト前にヒットを打たれると、T-岡田選手は四球で歩かせて二死一二塁。
しかしここは次の安達選手をサードゴロで切って取り、無失点でこの回を終わらせた。

【3回表】
先頭の小谷野選手はサードゴロで倒れてしまうも、ここから中田選手、アブレイユ選手、ホフパワー選手がいずれもセンター前にヒットを放って一死満塁。
するとこの場面、次の大引選手はフルカウントから押し出しとなる四球を選び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
しかしこの後なおも一死満塁からは鶴岡選手がサードゴロ、西川選手がショートフライで三死と、先制こそするもチャンスは活かしきることができなかった。

【3回裏】
先制点をもらった直後の谷元投手だったが、この回は先頭の伊藤選手にセンター前にヒットされと、坂口選手はライトフライで一死も、深江選手はショート内野安打、糸井選手はライト前ヒットで一死満塁。
するとこの後、次の李大浩選手はショートフライで打ち取って二死としたものの、続くバルディリス選手にはレフトスタンドに痛恨の満塁ホームランを叩き込まれてしまい、一挙4点を失って1−4。
この後、後藤選手をサードファールフライで切って取って三死としたものの、この回はバルディリス選手のグランドスラムにより、先生直後にすぐに逆転を喫し、更に3点のリードを奪われてしまった。

【4回表】
この回は先頭の陽選手がレフトスタンドにソロホームランを運び、これで1点を返して2−4。
そしてこの後、杉谷選手はサードフライ、小谷野選手はショートゴロで二死となってしまうも、今度は続く中田選手がレフトスタンドにソロホームランを叩き込み、これで3−4。
この後はアブレイユ選手がピッチャーゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手、中田選手の2本のソロホームランで2点を返し、これで3−4と1点差に詰め寄った。

【4回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の矢貫投手へと交代のこの回は、T-岡田選手をサードフライ、安達選手を見逃し三振、伊藤選手をサードゴロで三者凡退の好リリーフ。

【5回表】
ここはホフパワー選手がライトフライに倒れると、大引選手、鶴岡選手は共にショートゴロで三者凡退。

【5回裏】
坂口選手を空振り三振、深江選手を見逃し三振で二死とすると、次の糸井選手にはレフトに二塁打を打たれてしまうも、続く李大浩選手をサードゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【6回表】
先頭の西川選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、次の陽選手の打席では初球から盗塁を決めて無死二塁。
しかしこの場面、陽選手は空振り三振、杉谷選手はサードゴロで二死となってしまうと、次の小谷野選手もここで交代の佐藤達投手の前にセカンドフライで倒れて三死となってしまった。

【6回裏】
この回は北海道日本ハム3番手の鍵谷投手が、バルディリス選手をライトフライ、後藤選手をレフトフライ、T-岡田選手をショートゴロで三者凡退とした。

【7回表】
ここは続投の佐藤達投手に対して、中田選手はライトフライ、アブレイユ選手は空振り三振に倒れるも、次のホフパワー選手がフルカウントからライトスタンドにソロホームランを叩き込み、これで1点を挙げて4−4の同点。
この後は大引選手が空振り三振に倒れて三死となってしまったが、この回はホフパワー選手のソロホームランにより、これで4−4の同点へと追いついた。

【7回裏】
この回は続投の鍵谷投手が、安達選手、伊藤選手を共に空振り三振で二死とすると、坂口選手はファーストゴロで、前の回に続いての三者凡退とした。

【8回表】
オリックスのピッチャーが3番手の中山の投手へと交代のこの回は、まず鶴岡選手がレフトフライで倒れるも、西川選手がライトスタンドにロホームランを放ち、これで5−4とついに逆転すると、更に次の陽選手は左中間スタンドに2者連続となるホームランを運び、これで6−4。
更にこの後、ここで交代の小松投手に対してまず杉谷選手がレフト線に二塁打を放って塁に出ると、小谷野選手が右中間を破るタイムリー二塁打を放って7−4。
この後一死二塁からは中田選手がセカンドゴロ、アブレイユ選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は西川選手、陽選手の2者連続ホームランを合わせ、更に小谷野選手のタイムリーもあって計3点を挙げ、これで7−4と勝ちした。

【8回裏】
北海道日本ハムのマウンドに4番手で石井投手が登板のこの回は、まず代打の宮崎選手にレフト前にヒットされると、糸井選手のセカンドゴロ間間に進塁されて一死二塁。
そして更に次の李大浩選手のライトフライでタッチアップされて三塁まで進まれると、続くバルディリス選手にはセンターオーバーのタイムリー二塁打を打たれて7−5。
しかしこの後なおも二死二塁からは後藤選手を空振り三振で切って取り、何とかこの回を最少失点で乗り切った。

【9回表】
この回はオリックス5番手の松本投手に対して、ホフパワー選手が空振り三振、大引選手がサードゴロで二死となってしまうも、ここから鶴岡選手はセンター前ヒット、中島選手はライト前ヒット、陽選手はレフト前ヒットと3連打で二死満塁。
しかしこの場面は続く杉谷選手がセンターへのフライに倒れてしまい、ここで得点を挙げることはできなかった。

【9回裏】
2点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム5番手の増井投手が、いきなり先頭のT-岡田選手にライトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで7−6と1点差。
そして更にこの後、代打の山本選手にライト前にヒットされると、伊藤選手の送りバントで同点の走者を二塁へと進められてしまうも、ここからはまず坂口選手をキャッチャーファールフライで二死とすると、最後は宮崎選手を空振り三振に切って取り、なんとか1点差で逃げ切って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント
 
陽選手のコメント (4回表、レフト・ソロホームラン)
打ったのはまっすぐです。追い込まれていたけどコンパクトなスイングができました。

中田選手のコメント (4回表、レフト・ソロホームラン)
手応えは完璧でしたね。まだまだ。もっと頑張らな!頑張らな勝たれへんから!

谷元投手のコメント (3回、球数60、打者15、被安打5、与四死球0、奪三振2、失点4、自責点4)
先制してもらった直後の逆転ですから申し訳ないとしかいいようがありません。

西川選手のコメント (8回表、ライト・ソロホームラン)
甘いボールが来たら、思い切り振ろうと思っていた。ピッチャーに迷惑をかけていたので、そういうところで (借りを) 返すしかなかった。

栗山監督のコメント
序盤は苦しんだが、中盤以降に一発攻勢だったが?
ちょっとゲームの流れ方が去年と違うように感じるよね。その辺は考えてやらないとね。
3点を追う状況からホームランで逆転したが?
よく打ったね。でも、今日は満塁ホームランを打たれてもベンチから声が出てた。勝ち負けじゃなくて、こういう状況であればいけるんだと思わせてくれた。それが一番嬉しかった。
鍵谷投手がプロ初勝利となったが?
ボールがすごくいい。本当は1イニングのつもりだったけど、やっぱりビハインドの状況だから、後のことも考えて2イニング行ってもらった。きっちり投げることで、勝ちをつけてあげられて良かった。
2番手の矢貫選手がいい仕事をしたが?
無理させているけど、本当にいい仕事をしている。大きいですね。
西川選手が決勝弾を放ったが?
いろんな経験をして、それを活かしてくれると思ってるから。下を向くんじゃなくて、泥臭くやることで前に進める。だから、すごく嬉しかった。
 

 
 ヒーローインタビュー (鍵谷投手)
 
まずはこの勝利、お気持ちからお願いします。
チームが苦しい中でしっかりといいピッチングが出来て、チームに貢献できて良かったです。
 
今日は6回からのマウンドでした。2イニング、納得のピッチングでした?
内容よりも結果なので、しっかり抑えられて良かったです。
 
あの8回、勝ち越した時にはどんな思いだったんでしょう?
本当に苦しい試合が続いていたので、野手がすごい打ってくれて良かったです。
 
チームの連敗も止まりました。
次は札幌なんですけど、また勝ちを続けられるように頑張ります。
 
それでは最後に、プロ初勝利の喜びを皆さんにお願います。
今日のようにいいピッチングを続けて、チームの勝利に貢献できるように頑張るので、これからもよろしくお願いします。
 

 

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事