やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
田中投手に対する初回の攻撃は、陽選手は空振り三振に倒れてしまうも、谷口選手がセンター前ヒットで出塁すると、これに小谷野選手がレフト前ヒットで続いて一死一二塁。
するとこの場面、次の中田選手が一二塁間をライト前にヒットを弾き返すと、これで二塁走者の谷口選手が生還し、まずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも一死一二塁からは、アブレイユ選手がショートに内野安打して一死満塁とチャンスを拡大も、ここはホフパワー選手、大引選手が共に空振り三振で倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は中田選手のタイムリーにより、初回から早々に先制点を挙げることに成功した。

【1回裏】
吉川投手の立ち上がりは、松井選手をショートフライ、藤田選手を空振り三振、聖澤選手をセカンドゴロで三者凡退と、こちらは上々の立ち上がり。

【2回表】
鶴岡選手がピッチャーライナー、西川選手がファーストゴロ、陽選手がライトフライで三者凡退。

【2回裏】
ここは先頭のジョーンズ選手に対して死球をぶつけてしまうも、次のマギー選手は空振り三振で一死とすると、続く高須選手も空振り三振とし、更に同時にスタートを切ったジョーンズ選手を刺して三振ゲッツーでこの回を終わらせた。

【3回表】
谷口選手がショートゴロで一死となってしまうと、次の小谷野選手はセンター前ヒットで出塁も、この後は中田選手がレフトフイ、アブレイユ選手が空振り三振で共に続けず。

【3回裏】
島内選手をファーストゴロ、嶋選手をショートゴロ、森山選手をセカンドゴロで三者凡退。

【4回表】
ホフパワー選手が空振り三振、大引選手がセカンドゴロ、鶴岡選手がショートフライで三者凡退。

【4回裏】
この回はまず松井選手をセンターフライで一死とするも、次の藤田選手にはサード強襲の内野安打を打たれると、聖澤選手にはセンター前にヒットされて一死一二塁。
するとこの場面、次のジョーンズ選手はレフトフライで二死としたものの、マギー選手を四球で塁に出して満塁としてしまうと、ここで続く高須選手にはライト前にタイムリーヒットを弾き返され、これで1−1の同点。
この後なおも二死満塁からは島内選手を空振り三振で切って取って三死としたが、この回は高須選手のタイムリーによって1点を返され、これで1−1の同点とされてしまった。

【5回表】
西川選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、次の陽選手が四球を選んで塁に出ると、直後に盗塁を決めて一死二塁。
しかしこの後、次の谷口選手が空振り三振で二死となってしまうと、小谷野選手は四球で歩いて二死ながらも一二塁としたものの、ここは中田選手が見逃しの三振に倒れて三死となってしまった。

【5回裏】
嶋選手をサードゴロで一死とすると、森山選手にはショートに内野安打されるも、松井選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの場面、次の藤田選手のファーストへのゴロはホフパワー選手のエラーで出塁を許してしまったものの、続く聖澤選手はセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【6回表】
アブレイユ選手がショートゴロ、ホフパワー選手が空振り三振、大引選手が見逃し三振で三者凡退。

【6回裏】
この回はまずジョーンズ選手を見逃し三振で一死とするも、次のマギー選手を四球で歩かせてしまうと、高須選手のセカンドへのゴロは西川選手が処理を焦ってしまい、結局アウトを1つも取れずに一死一二塁。
するとこの後は、代打の中島選手りのライト前ヒットで一死満塁とピンチを広げてしまうと、ここで嶋選手に三遊間をレフト前にタイムリーを打たれて1−2。
そしてなおも一死満塁から、次の森山選手のショート正面へのゴロを大引選手がトンネルしてしまい、これで一気に2者に生還されて1−4。
この後一死一二塁からは、松井選手をセンターフライ、藤田選手をショートゴロと打ち取ってようやく三死としたが、この回はバックの再三の守備の乱れで3点を失い、これで1−4とされてしまった。

【7回表】
代打の今浪選手がファーストライナー、西川選手がレフトファールフライ、陽選手がサードゴロで三者凡退。

【7回裏】
北海道日本ハムのバッテリーが中村投手と大野選手へと交代のこの回は、聖澤選手をライトフライ、ジョーンズ選手を空振り三振、マギー選手を見逃し三振で三者凡退の好リリーフ。

【8回表】
先頭の谷口選手が四球を選んで出塁も、この後は小谷野選手がセンターフライ、中田選手が空振り三振、アブレイユ選手がライトフライと後続がいずれも続けず。

【8回裏】
ここは続投の中村投手が、高須選手をショートゴロで一死とするも、鉄平選手にセンター前にヒットされると、次の嶋選手をショートゴロで打ち取る間に走者に進塁されて二死二塁。
するとこの場面、続く森山選手にはライト前にヒットを打たれると、これで二塁走者の鉄平選手に本塁を突かれるも、ここはライト谷口選手からの好返球で本塁タッチアウトとし、これでこの回を終わらせた。

【9回表】
3点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、東北楽天2番手の青山投手に対して、ホフパワー選手が見逃し三振、大引選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の大野選手はライト前にヒットを放って出塁も、最後は西川選手が空振り三振に倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

中田選手のコメント (1回表、ライト前タイムリー)
右方向への意識は特になかったですけれど、逆らわず打てました。いい投手なので、調子をつかませる前に先制できて良かったです。
 
吉川投手のコメント (6回、球数117、打者29、被安打6、与四死球3、奪三振6、失点4、自責点1)
調子は今シーズンの中でも一番良かったと思います。にも関わらず、結果的に長いイニングを投げることができずにマウンドを降りることになり、申し訳なく思います。

大引選手のコメント (6回裏、ショートゴロをトンネル)
完璧に僕のミス。考えられない。チーム、吉川に申し訳ない。

栗山監督のコメント
田中投手から先制しながら2回以降追加点が奪えませんでしたが?
苦手意識ではなく、いい投手なのは間違いない。1回に (4連打しながら1点に終わり) もう少し何とかしたかった。走者を出してからの抑え方を知っているし、2回以降はほとんど安打を打たせてもらっていないわけで、こういう投球ができるから田中将大なんだろうけれど。
守備の乱れから6回に勝ち越しを許しましたが?
競った試合になればなるほど、きっちりした野球をやらないと。ただ確かにミスはあったけれど、もっと点が取れていれば守備に負担がかからなかったはずだし、(エラーは) 無いに越したことはないんだけれどもこういう試合にした監督が悪いと思います。
吉川投手は悪くない内容でしたが?
良かっただけに勝たせてやりたかったですね。状態が上がってきて、ああいう真っ直ぐが投げられると安心感が出てきます。

黒木投手コーチのコメント
(吉川投手は) 強い球が投げられた。どんなに厳しいことがあってもこらえられれば、勝ち星は付いてくる。
 

 

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事