やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
東北楽天先発の美馬投手に対して、まず陽選手がレフト前にヒットを放って塁に出ると、谷口選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、小谷野選手がライト前にヒットを放って一死一三塁とすると、ここで次の中田選手がレフトスタンドに3ランホームランを運び、これでまずは北海道日本ハムが3点を先制。
そして更にこの後、アブレイユ選手のレフト前ヒットと、ホフパワー選手のライト前ヒットで一死一二塁とすると、次の大引選手は空振り三振で一死も、続く鶴岡選手のセンター前へのヒットで二塁からアブレイユ選手が生還し、更に1点を追加。
この後二死一二塁からは西川選手がファーストゴロで三死となってしまったが、この試合は初回から中田選手の3ランホームランと鶴岡選手のタイムリーにより、初回から早々に4点の先制点を挙げることに成功した。

【1回裏】
早くも援護点をもらった形となった谷元投手の立ち上がりは、松井選手をセンターフライ、藤田選手をセカンドゴロで二死とすると、次の聖澤選手にはセンター前にヒットされるも、続くジョーンズ選手は空振り三振で切って取り、まずは初回を無失点で終わらせた。

【2回表】
陽選手がセカンドフライ、谷口選手が空振り三振、小谷野選手がライトフライで三者凡退。

【2回裏】
マギー選手をライトフライ、銀次選手をショートライナー、鉄平選手をファーストゴロで、この回は共に三者凡退。

【3回表】
この回は先頭の中田選手がバックスクリーンにソロホームランを叩き込み、2打席連続の一発で5−0。
この後はアブレイユ選手が空振り三振、ホフパワー選手がライトフライ、大引選手がサードゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のこの試合早くも2本目となるホームランで1点を追加して5−0とリードを広げた。

【3回裏】
嶋選手をライトフライで一死とすると、森山選手、松井選手は共にファーストゴロで三者凡退。

【4回表】
鶴岡選手がショートゴロで倒れてしまうも、次の西川選手がショートへの内野安打で出塁して一死一塁。
しかしこの場面、続く陽選手の打席では美馬投手のワイルドピッチによって西川選手が二塁へと進みながらも、果敢に狙った三塁でタッチアウトとなってしまうと、打席の陽選手も見逃し三振に倒れ、結果的には3人でこの回の攻撃を終えてしまった。

【4回裏】
先頭の藤田選手を四球で塁に出してしまうも、ここからは聖澤選手、ジョーンズ選手、マギー選手を3者連続の空振り三振に切って取って三死とした。

【5回表】
この回はまず谷口選手がショートゴロで倒れてしまうも、ここから小谷野選手のセンター前ヒット、中田選手のライト前ヒットと、四球で歩いたアブレイユ選手で塁が埋まると、ここで次のホフパワー選手が右中間スタンドにホームランを運び、これで4点を追加して9−0。
この後走者がいなくなってからは大引選手がショートゴロ、鶴岡選手が空振り三振で倒れて三死となってしまったが、この回はホフパワー選手の2試合連続となる満塁ホームランで4点を追加し、これで9−0と大きくリードを広げた。

【5回裏】
銀次選手をセンターフライ、鉄平選手をサードファールフライで二死とすると、ここから嶋選手、森山選手を続けて四球で塁に出してしまうも、ここは次の松井選手をピッチャーゴロで切って取って三死とした。

【6回表】
東北楽天のピッチャーが2番手の土屋投手へと交代のこの回は、西川選手がセカンドフライで倒れると、次の陽選手はレフト前ヒットで出塁も、この後は谷口選手が空振り三振、小谷野選手が見逃し三振で共に続けず。

【6回裏】
藤田選手をセンターフライ、聖澤選手をピッチャーゴロ、ジョーンズ選手をセカンドフライで三者凡退。

【7回表】
この回は先頭の中田選手がこの試合3本目となるホームランをレフトスタンドに運び、これで1点追加で10−0。
この後はアブレイユ選手がショートゴロで倒れると、ホフパワー選手、大引選手は共に空振り三振で三死となってしまったが、この回は中田選手の一発で更に1点を追加して得点差を2桁の10点へと広げた。

【7回裏】
マギー選手をセカンドフライ、銀次選手をセカンドゴロ、鉄平選手をライトフライで三者凡退。

【8回表】
代打の大野選手がセンター前ヒットで塁に出るも、この後は西川選手がファーストゴロ、陽選手がセカンドゴロ、谷口選手がセカンドゴロと後続がいずれも続けず。

【8回裏】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で中村投手が登板のこの回は、まず岡島選手をピッチャーゴロで一死とするも、森山選手にライト前にヒットされると、直後に盗塁を決められ、更に岩崎達選手のライトフライでタッチアップされて二死三塁。
するとこの場面、続く仲澤選手の打球がピッチャー強襲の当たりとなると、ボールが一塁方向に転がる間に内野安打とされ、これで三塁走者が生還して10−1。
そして更にこの後、一塁走者の仲澤選手には盗塁で二塁へと進まれるも、ここは島内選手をセンターフライで切って取って三死とした。

【9回表】
この回は東北楽天3番手の福山投手に対して、まず今浪選手がセンター前ヒットで出塁すると、中田選手は空振り三振で一死も、代打の浅沼選手がレフト前にヒットを放つと、ホフパワー選手のセンターフライで二塁走者の今浪選手がタッチアップして二死ながらも一三塁。
するとこの場面、次の中島選手がレフト線にタイムリー二塁打を放って1点を追加すると、更に二死二三塁から大野選手がセンター前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返し、これで13−1。
この後は西川選手がサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中島選手と大野選手のタイムリーによって3点を追加した。

【9回裏】
ここは続投の中村投手が、先頭のジョーンズ選手を四球で塁に出してしまうも、次の中島選手を空振り三振で一死とすると、続く銀次選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーで切って取って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

中田選手のコメント
(1回表、レフト・3ランホームラン)
感触はそれほど良くもなかったですし、風ですね。相手をリズムに乗せてしまわないよう、次につなぐことだけを意識していきました。
(3回表、センター・ソロホームラン)
今度は完璧でしたね。決して狙うわけでもなく、次につなげる打撃を心掛けているだけです。
(7回表、レフト・ソロホームラン)
狙い球を絞ってしっかり振り切ることができた結果です。(1試合3ホームランについて) 点はいくらあってもいい、それだけですね。

鶴岡選手のコメント (1回表、センター前タイムリー)
打ったのはまっすぐかシュートですね。リードは何点あってもいいので、もう1本出しておきたいと思って集中していきました。相手はいいピッチャーですから、取れるときに取っておかないと。

ホフパワー選手のコメント (5回表、右中間・満塁ホームラン)=プロ野球史上7人目、球団史上初2試合連続満塁ホームラン
打ったのはまっすぐだと思う。その前の変化球を見極められたのが大きかった。しっかりとスイングができたから、逆風でも大丈夫だと思ったよ。いい追加点になったね。

谷元投手のコメント (7回、球数103、打者25、被安打1、与四死球3、奪三振4、失点0、自責点0)
序盤から大量点の援護をもらえて、野手のみなさんに感謝します。開幕から4度もチャンスをもらっていたのに、今まで期待に応えられなかった悔しさがありました。今日の内容で期待に応えられたといっていいかどうかは分かりませんが、ホッとしたところはありますね。

栗山監督のコメント
13点を奪う快勝でしたが?
昨日取って今日につなげたいと思っていましたし、美馬から中々点が奪えていなかったので、取れたことの意味は大きいと思います。
中田選手が3ホームランと大当たりだったが?
翔の中で配球読みが楽しくなって来ていますよね。そういう域まで元々行ってもらいたかったし、前に進んでいるのかなと思います。でもこれが普通になるだけの打者。状態が悪くなった時にどうこれを生かしてくれるのかなと見ています。
第5打席にはイーグルスファンからも拍手が沸きましたが?
嬉しいですね。ゴールデンウィークに野球を見に来てくださる方々がどちらのファンという訳でなく、翔のホームランを楽しんでくれるのは。野球人としてそういうものを見せられたらと思ってやってきているんでね。
谷元投手にもようやく今季初勝利がつきましたが?
今まで苦しんだ分、嬉しいと思います。5回に連続四球があって反省してほしいと思うのと、あれが谷元の本当に勝ちたい気持ちの表れでもあると感じました。
明日から首位ライオンズとの3連戦ですが?
うちは借金を抱えているチーム。早く原点に戻りたいですし、1つでも多く勝って行くだけです。
 

 

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事