やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
十亀投手に対する初回の攻撃は、1番起用の大谷選手は空振り三振に倒れるも、陽選手がセンター前ヒットで出塁すると、直後に盗塁を決めて一死二塁。
しかしこの後は西川選手がライトフライで二死となってしまうと、中田選手もキャッチャーファールフライに倒れて三死となってしまった。

【1回裏】
鍵谷投手のプロ初先発の注目の立ち上がりは、先頭の片岡選手を四球で塁に出してしまうも、秋山選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとすると、次の栗山選手はレフトフライで打ち取り、まずは初回を無失点とした。

【2回表】
小谷野選手がショートゴロ、ホフパワー選手がショートフライ、アブレイユ選手が空振り三振で三者凡退。

【2回裏】
オーティズ選手を空振り三振で一死とするも、ヘルマン選手を四球で塁に出してしまうと、次の浅村選手には右中間フェンス直撃の二塁打を打たれて一死二三塁。
するとこの場面、坂田選手は空振り三振で二死としながらも、炭谷選手には死球をぶつけてしまい、これで二死満塁となってしまったものの、続く金子選手はセカンドゴロで切って取り、この回も何とか無失点で切り抜けた。

【3回表】
鶴岡選手がライトフライ、中島選手が空振り三振、大谷選手が見逃し三振で三者凡退。

【3回裏】
先頭の片岡選手にセンター前にヒットを打たれると、次の秋山選手には左中間に大きな当たりを打たれるも、これはセンター陽選手がフェンスに激しく激突しながらも好捕すると、すばやく一塁に送球し、一塁走者も刺してダブルプレー。
これで二死走者無しとなると、続く栗山選手もファーストゴロで打ち取り、この回はバックの好守に助けられての無失点。

【4回表】
陽選手がショート金子選手のエラーで塁に出るも、次の西川選手の打席で盗塁に失敗してしまうと、この後は西川選手が見逃し三振、中田選手がショートゴロで三死となってしまった。

【4回裏】
ここはまずオーティズ選手をセンターフライで一死とすると、ヘルマン選手は四球で塁に出してしまうも、浅村選手はセンターフライで二死一塁。
するとこの後、次の坂田選手の打席ではヘルマン選手に盗塁で二塁へと進まれてしまうも、ここは坂田選手をライトフライで切って取って三死とした。

【5回表】
小谷野選手、ホフパワー選手が共にセンターフライで二死となってしまうと、アブレイユ選手はショートゴロで三者凡退。

【5回裏】
炭谷選手をセンターフライで一死とするも、金子選手にセンター前ヒットされると、金子選手の盗塁を挟んで次の片岡選手には四球を与えて一死一二塁。
するとこの場面、次の秋山選手の打席ではキャッチャー鶴岡選手が投球を前に弾くとこの間に走者がそれぞれ走ったものの、二塁走者三塁で刺して二死とすると、打席の秋山選手もレフトフライで切って取り、ここも何とか無失点で終わらせた。

【6回表】
鶴岡選手が空振り三振で倒れると、中島選手、大谷選手共にセンターフライで三者凡退。

【6回裏】
この回は先頭の栗山選手を四球で歩かせてしまうと、次のオーティズ選手をレフトフライで打ち取って一死としたところで、北海道日本ハムはピッチャーを鍵谷投手から矢貫投手へと交代。
しかしこの場面、矢貫投手はまずヘルマン選手のレフト前ヒットで一死一二塁とされると、次の浅村選手にはレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれてしまい、これで埼玉西武が1点を先制。
更にこの後一死二三塁からは、坂田選手を四球で歩かせて満塁としてしまったものの、ここからは炭谷選手をセンターフライ、金子選手を空振り三振と打ち取ってようやく三死としたが、この回は浅村選手のタイムリーにより、まずは埼玉西武に先制を許してしまった。

【7回表】
陽選手、西川選手が共にセンターフライで二死となってしまうと、次の中田選手は四球を選んで出塁も、小谷野選手がピッチャーゴロで続けず。

【7回裏】
この回は北海道日本ハム3番手の石井投手が、先頭の片岡選手にレフト前にヒットを打たれるも、秋山選手はピッチャーゴロで二塁フォースアウト。
するとこの後、次の栗山選手をレフトフライで二死とすると、オーティズ選手に対しては四球で出塁を許すも、ここは続くヘルマン選手をショートゴロで切って取って三死とした。

【8回表】
ホフパワー選手が空振り三振、アブレイユ選手がショートゴロ、代打の今浪選手がセカンドゴロで三者凡退。

【8回裏】
ここは北海道日本ハム4番手の増井投手が、浅村選手をセカンドゴロ、坂田選手を見逃し三振、炭谷選手をピッチャーゴロで三者凡退とした。

【9回表】
ここまでわずか1安打で迎えた1点を追う最終回の攻撃は、代打の二岡選手が空振り三振に倒れると、大谷選手はショートゴロ、陽選手はライトフライと、最後も反撃ならないままに試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

鍵谷投手のコメント (5回1/3、球数99、打者22、被安打3、与四死球6、奪三振2、失点1、自責点1)
長いイニングを投げようというより、1人1人の打者を打ち取ることを意識しました。競ったゲームになっているのは、バックで支える野手の皆さんのお陰だと思っています。四死球を出して常に走者を背負う形になり、攻撃のリズムを悪くしたことは今後の課題です

大谷選手のコメント (初の1番起用もノーヒット)
1回に回ってくるし、先攻なので(塁に)出られるように準備をしていました。
も外の変化球もあって打ちづらかった。つないでいければよかったです。重要な打順。打てば波に乗れるし、改めて難しいと思いました。

栗山監督のコメント
なかなか点が取れませんが?
打線を組み替えてみたけど違ったな。すみません。十亀に考えさせようと思っていて、いつかこういうことをやらないといけないと思っていた。でも、流れを見ていると、(打順の) 決め方が悪いなと。
鍵谷投手は好投しましたが?
課題もはっきりしたよね。よく粘ったし、こういう試合で特徴が見えてくるから。先発の調整をしていないから100球はきついかと思っていたけど、よく頑張ったね。ちょっと間を空けて、交流戦で先発行かせようと思います。
今季初の同一カード3連敗だが?
それだけは避けようと思ってやってきたけど、嘆いても返ってこないんで前に進むしかないです。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事