やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
吉川投手の立ち上がりは、松井選手をショートゴロ、藤田選手を空振り三振、聖澤選手をセカンドゴロで三者凡退と、まずは上々の立ち上がり。

【1回裏】
美馬投手に対する初回の攻撃は、陽選手がファーストファールフライ、鶴岡選手がサードゴロで二死となってしまうも、ここからまず小谷野選手がライト前ヒットで出塁すると、中田選手は四球で歩いて二死一二塁。
するとこの場面、続くアブレイユ選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死二三塁からはホフパワー選手が空振り三振に倒れて三死となってしまったが、この試合は初回からアブレイユ選手のタイムリーにより、1−0と早々に先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
この回は先頭のジョーンズ選手を四球で塁に出してしまうと、次のマギー選手の左中間への二塁打で一気に生還を許してしまい、これでアッと言う間に1−1の同点。
しかしこのプレーで一気に三塁を狙った打者走者のマギー選手はタッチアウトとすると、この後は高須選手をセンターフライ、中島選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。
しかしこの回はマギー選手のタイムリーにより、先制直後に1−1の同点へと追いつかれてしまった。

【2回裏】
大谷選手がファーストゴロ、大引選手がセンターフライ、西川選手がショートフライで三者凡退。

【3回表】
先頭の嶋選手にセンター前にヒットを打たれると、鉄平選手の送りバントはキャッチャー鶴岡選手が二塁へと送球もこれがセーフとなってしまい、フィルダースチョイスで無死一二塁。
するとこの場面、松井選手のライト前ヒットで満塁とされてしまうと、次の藤田選手には右中間に2点タイムリー二塁打を打たれてしまい、1−3と東北楽天が勝ち越し。
そして更になおも無死二三塁から、聖澤選手のライト前タイムリーで4点目を奪われると、一死一三塁からは続くジョーンズ選手にセンターに犠牲フライを打ち上げられ、これで1−5。
この後はマギー選手を空振り三振で二死とすると、同時にスタートを切った一塁走者の聖澤選手の盗塁を刺して三死としたが、この回は藤田選手のタイムリーから始まって、聖澤選手のタイムリー、ジョーンズ選手の犠牲フライで計4点を奪われ、これで1−5と勝ち越しを許してしまった。

【3回裏】
ここは陽選手のレフト前ヒットと、鶴岡選手のライト前ヒットで無死一三塁とするも、次の小谷野選手はサードゴロで、三塁走者も動けないままに5-4-3のダブルプレー。
これで場面が二死三塁と変わると、中田選手は四球を選んで一三塁としたものの、ここはアブレイユ選手がセカンドゴロに倒れ、結局この回のチャンスを無得点のままに終えてしまった。

【4回表】
高須選手をショートゴロで一死とすると、次の中島選手にはレフト線に二塁打を打たれるも、ここは嶋選手をセカンドゴロ、鉄平選手をショートフライで切って取って三死とした。

【4回裏】
ホフパワー選手がレフトフライで一死となると、次の大谷選手は左中間に二塁打を放って出塁も、この後は大引選手がライトフライ、西川選手がセカンドゴロと共に続けず。

【5回表】
松井選手をライトファールフライで一死とすると、次の藤田選手にはセンター前にヒットされるも、この後は聖澤選手をセカンドゴロ、ジョーンズ選手をライトフライと後続をしっかりと切って取った。

【5回裏】
先頭の陽選手がレフト前ヒットで塁に出るも、次の鶴岡選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまうと、続く小谷野選手はセカンドゴロで三死となってしまった。

【6回表】
ここはまずマギー選手にライト前にヒットされると、高須選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、次の中島選手のレフト前ヒットで一死一三塁とされてしまったものの、続く嶋選手をライトフライで二死とすると、これでタッチアップを切った三塁走者のマギー選手に対してライト大谷選手がノーステップでの返球を見せると、中継からキャッチャー鶴岡選手が激しい当たりをしてきたマギー選手を好ブロックで抑え、バックの守備でこの回を無失点で終わらせた。

【6回裏】
東北楽天のピッチャーが2番手の斎藤投手へと交代のこの回は、先頭の中田選手があと数センチでホームランという大きな当たりの右中間フェンス直撃の二塁打で出塁すると、アブレイユ選手のセンターフライでタッチアップして一死三塁。
するとこの場面、次のホフパワー選手は空振り三振で二死となってしまうも、続く大谷選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、これで1点を返して2−5。
しかしこの後なおも二死二塁からは、代打の稲葉選手がショートフライに倒れて更なる反撃とはならなかった。

【7回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で宮西投手が登板のこの回は、まず鉄平選手をセカンドゴロで一死とすると、松井選手にはレフト前にヒットされるも、この後は藤田選手をファーストゴロ、聖澤選手をセカンドゴロと切って取って三死とした。

【7回裏】
この回は東北楽天3番手の小山伸投手に対して、西川選手がショートライナーで倒れると、次の陽選手はセンター前ヒットで出塁も、この後は代打の近藤選手、小谷野選手が共に空振り三振で続けず。

【8回表】
ここは北海道日本ハム3番手の矢貫投手が、先頭のジョーンズ選手を四球で塁に出してしまうと、マギー選手はセカンドフライで一死も、ここから高須選手のライト前ヒットで一死一三塁とされてしまうと、続く森山選手にレフ手前にタイムリーを弾き返され、これで1点を追加されて2−6。
この後なおも一死一二塁からは、嶋選手をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとしたが、この回は森山選手のタイムリーによって1点を追加され、これで2−6とリードを広げられてしまった。

【8回裏】
この回は東北楽天4番手のラズナー投手に対して、中田選手が空振り三振で倒れると、次のアブレイユ選手は四球を選んで出塁も、ホフパワー選手はセンターフライ、大谷選手は空振り三振と共に続けず。

【9回表】
北海道日本ハムのマウンドに4番手で根本投手が登板のこの回は、鉄平選手をショートゴロ、松井選手をライトフライで二死とすると、次の藤田選手は四球で歩かせるも、ここは聖澤選手をセンターフライで切って取って三死とした。

【9回裏】
4点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、東北楽天5番手の青山投手に対して、代打の今浪選手がセカンドフライで倒れてしまうと、西川選手はセンター前ヒットで出塁も、陽選手はセンターフライで二死一塁。
するとこの後、一塁走者の西川選手が盗塁で二塁へと進んだものの、最後は近藤選手がレフトフライに倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
アブレイユ選手のコメント (1回裏、左中間タイムリー二塁打)
基本的にまっすぐを待っているんだけど、甘めのツーシームをしっかりと捕らえることができた。追いつかれたとはいっても先制点を取れたし、このあともチャンスをモノにしていきたいね。

大谷選手のコメント (6回裏、左中間タイムリー二塁打)
打ったのはまっすぐだと思います。同じようなボールを空振りしていたんで、変化球で勝負してくるかもしれないという思いもありましたが、少し甘めに入ってきたのでしっかりと反応できました。(左中間に2本の二塁打に) 方向は狙っているわけではないですよ。

吉川投手のコメント (6回、球数84、打者26、被安打9、与四死球1、奪三振2、失点5、自責点5)
カウントを整えに行くところで簡単に行き過ぎました。3回はほとんど早いカウントで打たれましたし、相手に流れが行った時こそ気をつけて丁寧に投げるべきでした。

栗山監督のコメント
なかなか白星がつきませんが?
申し訳ない。それだけ。応援してもらっているファンのみなさん、すいません、と。ただ、これだけ負け続けていても、ひとつひとつの試合を見ると下を見るだけじゃなくて必ず活かすんだというものもある。
吉川投手が誤算でしたが?
いい時は褒めないけど、吉川でもこういうことはある。信じて行かせているんだし後悔はしてません。
次戦からは遠征、そして交流戦が始まりますが?
こういう時期を必ず活かすときがくると思ってやっている。みなさんにもそうなっていくだろうな、と思ってもらえるチームにしていきたい。
大谷選手が攻守で見せ場を作りましたが?
(大量リードを許して) 意識してしまって結果が出にくい中で、きっちり結果を出している。何度も言っている通り、チームの力になっているから使っているんで。アイツらしいね。
 
黒木投手コーチのコメント
(吉川投手は) 球は悪くない。(4失点した3回は) ちょっと球が浮いた。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事