やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
金子投手に対する初回の攻撃は、陽選手がセカンドゴロ、西川選手が見逃し三振、小谷野選手がサードゴロで三者凡退。

【1回裏】
谷元投手の立ち上がりは、坂口選手をセカンドゴロ、平野恵選手をファーストゴロで二死とするも、ここから次のバルディリス選手にはピッチャー返しの打球をセンター前にヒットされ、更に李大浩選手にはライト前にヒットを弾き返されて一三塁とされると、ここで続く糸井選手に初球をライトスタンドに運ばれてしまい、これでオリックスにいきなりの3点。
この後はロッティーノ選手を空振り三振で三死としたが、この回は二死走者無しから走者を2人置いたところで糸井選手に3ランホームランを打たれてしまい、初回から早々に3点の先制点を奪われてしまった。

【2回表】
先頭の中田選手が二遊間をセンター前にヒットで出塁すると、稲葉選手のセンターオーバーの二塁打で中田選手が一塁から長駆生還し、これで1点を返して1−3とすると、更にアブレイユ選手が右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、稲葉選手が生還して2−3。
このあと無死二塁からは、ホフパワー選手が空振り三振、大引選手がライトフライ、近藤選手はセカンドゴロで三者凡退。
しかしこの回は稲葉選手、アブレイユ選手の2本のタイムリーで2点を返し、2−3と得点差を1点差とした。

【2回裏】
後藤選手をセンターフライ、伊藤選手を空振り三振で二死とすると、次の安達選手には右中間を破る三塁打を打たれてしまうも、ここは続く坂口選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。

【3回表】
ここは陽選手が空振り三振、西川選手がピッチャーゴロ、小谷野選手が見逃し三振で三者凡退。

【3回裏】
平野恵選手をピッチャーゴロで一死とすると、バルディリス選手にはレフト前にヒットされるも、この後は李大浩選手をセンターフライ、糸井選手をキャッチャーファールフライと後続を切って取った。

【4回表】
中田選手が空振り三振、稲葉選手がライトフライで二死となってしまうも、ここからまずアブレイユ選手が三遊間をレフト前にヒットを放って出塁すると、ホフパワー選手は四球で歩き、更に続く大引選手のサードへのゴロをバルディリス選手がトンネルして、これで二死満塁。
しかしこの場面は続く近藤選手がセカンドへのゴロに倒れてしまい、結局無得点のままにこの回を終えてしまった。

【4回裏】
ロッティーノ選手を空振り三振で一死とすると、次の後藤選手のファーストへのゴロは谷元投手がベースカバーに入らずにファースト稲葉選手の悪送球となってしまうも、このプレーでオーバーランした後藤選手を一二塁間で挟んでタッチアウト。
するとこの後は伊藤選手にはセンター前にヒットされてしまうと、安達選手にもセンター前にヒットを打たれて二死一二塁となってしまったものの、ここは坂口選手をセカンドフライで打ち取って三死とした。

【5回表】
先頭の陽選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、西川選手はファーストの頭上を越える打球を放ち、この当たりで陽選手が一気に三塁へと進むと、打った西川選手も好走塁で一気に二塁へと到達。
しかしこの場面、小谷野選手はフルカウントから空振り三振で一死となってしまうと、なおも一死二三塁から、中田選手のショートゴロで三塁走者の陽選手が三本間でタッチアウト。
これで場面が二死一三塁と変わると、稲葉選手も初球に手を出してのショートゴロと、結局この回は無死二三塁の大チャンスを無得点で終えてしまった。

【5回裏】
ここはまず平野恵選手にレフト前にヒットされるも、バルディリス選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーで二死とすると、李大浩選手もレフトフライで切って取って、結果的にこの回を3人で切って取った。

【6回表】
アブレイユ選手、ホフパワー選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、大引選手は見逃し三振で三者凡退。

【6回裏】
この回はまず糸井選手にセンター前にヒットされると、ロッティーノ選手はキャッチャーファールフライで一死も、次の後藤選手にライトスタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これでオリックスが2点追加で2−5。
この後は伊藤選手をレフトフライで二死とするも、次の安達選手にセンター前にヒットを打たれたところで、谷元投手が降板し、2番手で根本投手がマウンドへと上がると、直後に自らのワイルドピッチで走者を二塁へと進めてしまったが、ここは続く坂口選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。
しかしこの回は谷元投手が後藤選手に2ランホームランを浴び、これで2−5とリードを広げられてしまった。

【7回表】
先頭の近藤選手はピッチャーゴロで一死となってしまうと、次の陽選手は右中間フェンス直撃のあと数センチでホームランという二塁打で出塁も、この後は西川選手がセンターフライ、小谷野選手が空振り三振と倒れて三死となってしまった。

【7回裏】
続投の根本投手が、平野恵選手をショートゴロで一死とすると、ここでマウンドに3番手で中村投手が登板。
住めとこの後はバルディリス選手をサードゴロで二死とすると、次の李大浩選手は四球で歩かせてしまったものの、
続く糸井選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。

【8回表】
オリックスのマウンドに2番手で佐藤達投手が登板のこの回は、いきなり先頭の中田選手がライトスタンドにソロホームランを運び、これで1点を返して3−5。
しかしこの後は次の稲葉選手がピッチャーゴロで二死となってしまうと、アブレイユ選手、ホフパワー選手は共に空振り三振で三死となってしまった。

【8回裏】
ここは続投の中村投手が、駿太選手を空振り三振、後藤選手をショートゴロで二死とすると、ここからまず伊藤選手を四球で歩かせてしまい、更に次の安達選手にはこの試合4本目なるヒットをライト前へと運ばれるも、続く坂口選手はショートゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【9回表】
2点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、オリックス3番手の平野佳投手に対して、代打の大野選手がサードゴロ、同じく代打の大谷選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、最後は陽選手がピッチャーゴロに倒れ、最後も三者凡退と反撃ならず、試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
稲葉選手のコメント (2回表、センターオーバー・タイムリー二塁打)
打ったのはシュートだと思います。(中田)翔が何とかして出ようという姿勢を見せてくれたので、自分も何とかつなごうと意識して行きました。久し振りのヒットがタイムリーになってよかったです。

アブレイユ選手のコメント (2回表、右中間タイムリー二塁打)
打ったのはスライダー。狙い通りのボールをしっかりと打てた。フェンスオーバーはしなかったけど、追い上げたい場面で1点を取れたからよかったね。

谷元投手のコメント (5回2/3、球数95、打者27、被安打12、与四死球0、奪三振3、失点5、自責点5)
ホームランは2本とも失投です。粘り切れず悔しいですし、申し訳なく思います。

栗山監督のコメント
競り合いを落とし、最下位転落ですが?
(5回無死二三塁で無得点に終わり) 流れが悪いと点が入らないもので、ああいうところで何とかしようという思いが空回りしてしまいました。でも、流れを変えてあげるのはこちらの仕事なので。いくらチャンスを作ってもやられてしまえば、無策と言われても仕方ないこと。
先発の谷元投手はホームラン2発が痛かった?
初回に打たれた後は頑張っていたし、6回は谷元の方が後から出てくる投手よりいいと判断しました。今日は谷元どうこうより先に取っていかないといけない展開。何とかしてあげるのがこちらの責任なので。
明日が交流戦前最後の試合ですが?
とにかく早く連敗を止めなければ落ち着いた野球にならない。明日何としてでも勝つことを考えていきます。


 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事