やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
山本昌投手に対する初回の攻撃は、陽選手がライトフライ、杉谷選手がセンターフライ、小谷野選手がレフトフライで三者凡退。

【1回裏】
吉川投手の立ち上がりは、大島選手をセンターフライ、荒木選手をセカンドゴロ、クラーク選手を空振り三振で三者凡退と、初回は両投手共に三者凡退の上々の立ち上がりとなった。

【2回表】
中田選手がキャッチャーファールフライ、アブレイユ選手がレフトフライ、大引選手がサードゴロで三者凡退。

【2回裏】
この回は先頭のルナ選手のセンター前ヒットと、和田選手のレフト線へのヒットでいきなり無死一三塁のピンチを迎えてしまうと、ここで次の谷繁選手は空振り三振で一死とするも、続く井端選手のセカンドへのゴロは西川選手が一塁へと悪送球してしまい、この間に三塁走者に生還を許してしまって0−1。
この後なおも二死二塁からは平田選手を四球で塁に出してしまいながらも、次の山本昌投手をサードゴロで切って取って三死としたが、この回はピンチからのバックの守備の乱れもあり、まずは中日に1点を先制されてしまった。

【3回表】
先頭の金子選手がセンター前ヒットで出塁すると、鶴岡選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、吉川投手がセカンドゴロに倒れる間に二塁走者の金子選手が三塁へと進むと、次の陽選手が三遊間深くへの当たりをショートへの内野安打とする間に金子選手が生還。
この後二死一塁からは杉谷選手がセンターフライで三死となってしまうも、この回は陽選手のタイムリー内野安打で1点を返し、これで1−1の同点とした。

【3回裏】
大島選手のセカンドへのゴロを金子選手が芝に足を取られて転倒して送球できずに出塁を許すも、荒木選手は見逃し三振、クラーク選手は空振り三振で二死一塁。
ここは次のルナ選手に対しては、吉川投手が初球を投じたところで左足の痛みを訴え、マウンドで倒れ込んでのち一端ベンチへと下がったものの、再びマウンドへ。
しかしこの場面、ルナ選手にはライト前ヒットで二死ながらも一三塁とピンチを広げてしまうと、続く和田選手にはレフト前にタイムリーを弾き返され、これで1−2と再び中日が勝ち越し。
この後二死一三塁からは谷繁選手をライトフライで切って取って三死としたが、この回は和田選手のタイムリーによって1点を奪われ、せっかく同点へ追いついた直後ながらも、再びすぐに勝ち越しを許してしまった。

【4回表】
小谷野選手がライトフライ、中田選手がセカンドフライで二死となってしまうと、次のアブレイユ選手はセンター前ヒットで出塁も、ここはおびき選手がライトフライで続けず。

【4回裏】
井端選手をレフトフライ、平田選手をセカンドゴロ、山本昌投手を空振り三振で三者凡退。

【5回表】
金子選手が、鶴岡選手が共にショートゴロで二死となってしまうと、吉川投手は見逃し三振で三者凡退。

【5回裏】
この回はまず大島選手をセカンドゴロで一死も、荒木選手にライト前にヒットされると、次のクラーク選手には右中間スタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで1−4とされて吉川投手はノックアウト。
この後は北海道日本ハム2番手の矢貫投手が、ルナ選手をレフトフライ、和田選手をライトフライと打ち取って三死としたが、この回はクラーク選手の2ランホームランによって2点を奪われ、これで1−4とリードを広げられてしまった。

【6回表】
この回は先頭の陽選手がピッチャー強襲の内野安打を放って出塁すると、ここで左足の脛に打球の直撃を受けた山本昌投手が降板。
代わって中日のマウンドには2番手で武藤投手が緊急登板すると、これに対して直後に陽選手が盗塁で二塁へと進むと、更に杉谷選手のセンターフライでタッチアップし、これで一死三塁。
するとこの場面、続く小谷野選手がセカンドにタイムリーとなる内野安打を放って2−4。
更にこの後一死一塁からは、中田選手がレフト前にヒットを放って一二塁としたものの、ここはアブレイユ選手がレフトフライに倒れて二死となってしまうと、大引選手のセンター後方への大きな当たりも大島選手の好捕に阻まれて三死となってしまった。

【6回裏】
谷繁選手をファーストファールフライ、井端選手をファーストゴロ、平田選手を空振り三振で三者凡退。

【7回表】
この回は中日3番手の三瀬投手に対して、先頭の金子選手がセンター前ヒットで塁に出るも、鶴岡選手はスリーバント失敗で走者を送れずに凡退してしまうと、続く代打の二岡選手はセカンドゴロで4-4-3のダブルプレーと、期待に応えることはできなかった。

【7回裏】
北海道日本ハムのマウンドに3番手で石井投手が登板のこの回は、代打の山選手を空振り三振で一死とするも、次の大島選手にセカンドに内野安打されてしまうと、直後に盗塁を決められて一死二塁。
するとこの場面、続く荒木選手のショートゴロの間に走者には三塁へと進まれてしまったものの、ここはクラーク選手をファーストゴロで切って取って三死とした。

【8回表】
この回は中日4番手の中田賢投手に対して、陽選手が空振り三振、代打の稲葉選手がライトフライ、小谷野選手がピッチャーゴロで三者凡退。

【8回裏】
ここは北海道日本ハム4番手の増井投手が、まずルナ選手をファーストファールフライで一死とすると、次の和田選手には右中間に大きな当たりを打たれてしまうも、これはこの回から2年ぶりにライトの守備に就いていた稲葉選手がランニングキャッチの好守で抑えて二死。
するとこの後、次の谷繁選手にはライト前にヒットを打たれしまったものの、ここは続く井端選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。

【9回表】
2点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、中田選手がセンターフライ、アブレイユ選手がショートゴロで二死となってしまうと、こから代打のホフパワー選手は四球を選んで塁に出るも、最後は金子選手が空振り三振に倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
陽選手のコメント (3回表、ショート・タイムリー内野安打)
必死に打って、必死に走った結果です。

吉川投手のコメント (4回1/3、球数83、打者21、被安打6、与四死球2、奪三振5、失点4、自責点3)
チームの流れを変えるピッチングをしようとマウンドに上がりましたが、気持ちに結果が伴わず、申し訳なく思います。
(3回のアクシデントは) 足がつったからどうじゃなく、僕の力不足。

稲葉選手のコメント (8回裏、右中間への打球を好捕)
岱鋼のカバーが見えたので、思い切ってチャージできた。セ・リーグとやるときは考えられる。練習していて良かった。

栗山監督のコメント
吉川に投手任せて勝ち越しを許しましたが?
引きずり降ろしておかないといけなかった。俺の責任、そりゃそうだよね。本人がどれくらい大丈夫か分からなかったんで。行くと言っても止めないといけない。
打線にプレッシャーがあるのでしょうか?
プレッシャーというか何とかしようという気持ちがあるんだろう。選手は一生懸命やっている。それに応えてあげられないのはこちらの責任だから。
代打出場の稲葉選手をライトに?
今日は (外野手が) 拳士しかいなかったから、試合前から稲葉には『頼むよ』とは話していたんで。

黒木投手コーチのコメント
(吉川投手は) 大事にならないように降ろした。

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事