やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
藤井投手に対する初回の攻撃は、陽選手がレフトフライ、杉谷選手が見逃し三振、アブレイユ選手が空振り三振で三者凡退。

【1回裏】
谷元投手の立ち上がりは、荒波選手をキャッチャーファールフライ、内村選手を見逃し三振、金城選手を空振り三振と、こちらも三者凡退の立ち上がりとなった。

【2回表】
先頭の中田選手が四球を選んで塁に出ると、小谷野選手は三遊間を破るレフト前ヒットで無死一二塁となったところで、次の大引選手は初球からしっかりと送りバントを決めて一死二三塁。
しかしこの場面、続く金子選手は見逃しの三振に倒れて二死となってしまうと、大野選手は敬遠で歩かされて満塁も、谷元投手が見逃しの三振に倒れて三死となってしまった。

【2回裏】
ブランコ選手を空振り三振で一死とするも、次の多村選手に死球をぶつけてしまうと、ここから山崎選手、白崎選手に対して立て続けに四球を与えて閉まって一死満塁。
しかしこの後は次の高城選手を3球で空振り三振とすると、藤井投手もセカンドゴロで切って取り、何とかこのピンチを無失点で切り抜けた。

【3回表】
先頭の陽選手が藤井投手のグラブを強襲する内野安打で出塁すると、杉谷選手が1球で送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次のアブレイユ選手は完璧に捉えた当たりをレフトスタンド最上段へと運び、これで北海道日本ハムが2点を先制。
この後は中田選手がピッチャーゴロ、小谷野選手がセンターフライと共に倒れて三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手の今季12号となる2ランホームランで、まずは2−0と北海道日本ハムが先制に成功した。

【3回裏】
荒波選手をセンターフライで一死とすると、内村選手にはレフト前にヒットされるも、この後は金城選手を空振り三振、ブランコ選手をセカンドゴロと後続をしっかりと抑えた。

【4回表】
大引選手はサードゴロで倒れるも、金子選手がショートへの内野安打で出塁すると、大野選手は四球で歩いて一死一二塁。
しかしこの場面、谷元投手は送りバントの構えから見逃し三振で二死となってしまうと、陽選手もショートゴロに切って取られてこの回を終えてしまった。

【4回裏】
多村選手をショートゴロで一死とすると、山崎選手には一二塁間をライト前にヒットされるも、ここは白崎選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレーとした。

【5回表】
この回が杉谷選手がセンターフライ、アブレイユ選手が空振り三振で二死となってしまうも、中田選手は四球を選んで出塁すると、次の小谷野選手がセンター前ヒットで続き、更に大引選手が四球で歩いて二死満塁。
しかしここは続く金子選手がサードゴロに倒れ、追加点を挙げることはできなかった。

【5回裏】
高城選手をファーストファールフライで一死とすると、代打のモーガン選手に対しては四球を与えてしまったものの、続く荒波選手はファーストゴロで3-3-6のダブルプレー。

【6回表】
横浜DeNAのピッチャーが2番手の藤江投手へと交代のこの回は、大野選手がレフトフライ、谷元投手が見逃し三振で二死となってしまうも、陽選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち、これで陽選手は8試合連続のマルチ安打を達成。
するとこの場面、次の杉谷選手が右中間を破るタイムリー三塁打を放ち、これで1点を追加して3−0。
この後はここで更に交代の加賀投手の前にアブレイユ選手が見逃し三振に倒れて三死となってしまったが、この回は杉谷選手のタイムリーによって1点を追加し、これで3−0とリードを広げた。

【6回裏】
この回はまず先頭の内村選手のセカンドへのゴロを金子選手がグラブで弾いてしまうと、金城選手にはライト前にヒットされて無死一三塁となったところで、次のブランコ選手には打った瞬間それとわかる当たりをレフトスタンドへと運ばれてしまい、これでアッと言う間の3−3の同点。
この後は多村選手をセカンドフライ、山崎選手をセカンドゴロ、白崎選手を空振り三振と後続を打ち取ったものの、この回はブランコ選手の3ランホームランにより、一気に3−3の同点へと追いつかれてしまった。

【7回表】
先頭の中田選手が死球を受けて塁に出ると、これを矢野選手が送りバントで進めて一死二塁。
しかしこの後はここで交代の大原慎投手に対して、まず代打のホフパワー選手が空振り三振で二死となってしまうと、同じく代打の二岡選手もサードゴロで続けず。

【7回裏】
続投の高城選手を見逃し三振で一死とすると、この後はここで交代の宮西投手が代打の松本選手を空振り三振、荒波選手をセンターフライで切って取ってこの回を三者凡退とした。

【8回表】
横浜DeNAのピッチャーが5番手の高崎投手へと交代のこの回は、大野戦史湯がサードゴロ、代打の稲葉選手が空振り三振で二死となってしまうも、次の陽選手がレフトスタンドにソロホームランを運び、これで1点を挙げて4−3と再び勝ち越し。
この後は杉谷選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は絶好調の陽選手のソロホームランによって4−3と再びリードを奪った。

【8回裏】
この回は北海道日本ハム3番手の石井投手が、先頭の内村選手にレフト前にヒットを打たれると、金城選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、ブランコ選手は敬遠で歩かせるも、次の多村選手に対しても四球を与えてしまい、これで満塁となったところで、続く山崎選手には右中間に走者一掃となる二塁打を打たれてしまい、これで4−6。
この後なおも一死二塁からは、白崎選手はライトフライで二死としたものの、次の高城選手をフルカウントから四球で歩かせてしまったところで、代打でラミレス選手が登場。
するとこの場面、北海道日本ハムはピッチャーを中村投手へと交代も、なおも二死一三塁から、レフト前にタイムリーを打たれて4−7。
そして更に続く荒波選手には右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれて4−8。
この後は内村選手をファーストゴロで打ち取ってようやく三死としたが、この回は4本の長短打に四球も絡み、一挙5点を奪われて4−8と逆転を許してしまった。

【9回表】
逆に4点を追う形となってしまって迎えた最終回の攻撃は、横浜DeNA6番手のソーサ投手に対して、アブレイユ選手がセカンドゴロ、中田選手がライトフライで二死となってしまうと、最後は小谷野選手がファーストへのライナーで打ち取られ、最後は三者凡退で切って取られて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

アブレイユ選手のコメント (3回表、レフト・3ランホームラン)
このところいい働きができていなかったので、久しぶりに気持ちよく打球を飛ばすことができた。完璧だったよ。

杉谷選手のコメント (6回表、右中間タイムリー三塁打)
岱鋼が出てくれたので、何とかして返そうと必死でした。前の打席は右打席でしたけど感触が良かったですし、藤井さんから藤江さんに代わりましたが、左打席も感じは悪くないと自分を信じて行きました。

谷元投手のコメント (6回1/3、球数108、打者26、被安打4、与四死球4、奪三振7、失点3、自責点2)
あの1球に尽きますね。ホームランだけは避けなきゃいけないところでやられてしまった。反省するところが多いです。

宮西投手のコメント (2/3回、球数8、打者2、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0。通算100ホールド)
途中からクローザーになっていく人もいる中、(イニングも固定されない) 自分のポジションでここまで積み重ねられたのは大きな意味があります。後に続く後輩にも、こういう可能性があることを示せたんじゃないでしょうか。

栗山監督のコメント
ホームランで同点に追いつかれましが?
ホームラン以外はなんでもいいわけだからね。ただ、この球場とあの打線なら3、4点は取られると覚悟しているわけだし、イメージ通りではあるんだけど。勝ち切れず申し訳ない。
8回は石井投手でしたが?
今日は久が使えないから。順番が石井、増井になるよね。
谷元投手の評価は?
頑張ったと思うよ。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事