やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
木佐貫投手の立ち上がりは、長野選手をサードゴロ、松本哲選手を見逃し三振、坂本選手をセンターフライで三者凡退。

【1回裏】
杉内投手に対する初回の攻撃は、陽選手がファーストフライ、西川選手がセカンドゴロで二死となってしまうと、次のアブレイユ選手は四球を選んで出塁も、ここは中田選手がライトフライで続けず。

【2回表】
阿部選手を見逃し三振、ロペス選手をショートフライ、亀井選手をセンターフライで三者凡退。

【2回裏】
小谷野選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、次の大引選手はセンター前ヒットで出塁も、この後は二岡選手が見逃し三振で二死となってしまうと、続く鶴岡選手の打席では大引選手が盗塁に失敗して三死となってしまった。

【3回表】
村田選手をショートゴロで一死とすると、次の小笠原選手には二遊間への当たりをショートへの内野安打とされるも、続く藤村選手を空振り三振で二死とすると、エンドランがかかって同時にスタートを切った小笠原選手も刺し、三振ゲッツーでこの回を終わらせた。

【3回裏】
鶴雄選手が見逃し三振、杉谷選手がセカンドゴロ、陽選手がショートゴロで三者凡退。

【4回表】
この回は先頭の長野選手にセンター前にヒットを打たれると、松本哲選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、続く坂本選手の打席では木佐貫投手のワイルドピッチで走者を三塁へと進めてしまうと、ここで坂本選手にはレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれ、これでまずは巨人が1点を先制。
この後なおも一死二塁からは、阿部選手をセカンドゴロで二死とすると、次のロペス選手のセンター前への当たりは陽選手がダイビングキャッチの好捕でアウトとして三死としたが、この回は坂本選手のタイムリーにより、まずは0−1と巨人に先制を許してしまった。

【4回裏】
西川選手がセンターフライ、アブレイユ選手が空振り三振、中田選手がセンターフライで三者凡退。

【5回表】
亀井選手をピッチャーゴロで一死とすると、次の村田選手にはライトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうも、この後は小笠原選手をショートフライ、藤村選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取った。

【5回裏】
小谷野選手がセカンドフライ、大引選手がセンターフライ、二岡選手がショートゴロで三者凡退。

【6回表】
ここはまず長野選手を見逃し三振で一死とすると、松本哲選手には一二塁間をライト前にヒットされるも、次の坂本選手打席で松本哲選手を牽制で刺して二死。
するとこの後、打席の坂元選手は空振り三振としながらも、最後の球がワイルドピッチとなって、振り逃げで出塁を許してしまうと、阿部選手に対しては四球を与えてしまって二死一二塁。
しかしここは続くロペス選手を空振り三振に切って取り、何とかここを無失点で終わらせた。

【6回裏】
この回はまず鶴岡選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、杉谷選手がしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の陽選手はバットを折られながらもセンター前へとヒットを運び、この当たりで二塁から鶴岡選手が生還して1−1の同点。
この後なおも一死一塁からは、西川選手がショートライナーで倒れると、次のアブレイユ選手の打席では陽選手が盗塁で二塁へと進むも、ここはアブレイユ選手が見逃し三振に倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手のタイムリーによって1点を返し、これで1−1の同点へと追いついた。

【7回表】
ここはまず亀井選手をレフトフライで一死とすると、ここから村田選手、小笠原選手を共に四球で歩かせて一死一二塁としてしまうも、この後は藤村選手をショートゴロで二死とすると、続く長野選手もセカンドゴロで切って取り、この回も無失点とした。

【7回裏】
この回は中田選手、小谷野選手が共に空振り三振で二死となってしまうも、次の大引選手がレフトスタンドにソロホームランを運び、これで1点を勝ち越して2−1。
この後は二岡選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は大引選手の一発によって1点を挙げ、これで2−1とリードを奪った。

【8回表】
この回は北海道日本ハム2番手の増井投手が、先頭の松本哲選手のセカンドへの高いバウンドの当たりを内野安打とされるも、次の坂本選手はセカンドゴロで二塁フォースアウトとすると、阿部選手はサードファールフライ、ロペス選手はサードゴロと後続をしっかりと切って取って三死とした。

【8回裏】
鶴岡選手がレフトフライ、杉谷選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の陽選手も空振り三振に倒れてしまい、これで陽選手はこの試合はヒット1本で、連続マルチ安打は9試合で止まってしまった。

【9回表】
1点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の武田久投手が、先頭の亀井選手にレフト前にヒットされるも、村田選手はセカンドへのハーフライナー、矢野選手はキャッチャーファールフライで二死一塁。
するとここから代打の石井選手に対しては四球を与えてしまい、これで二死ながらも一二塁としてしまったものの、最後は長野選手をショートゴロで切って取り、リードを守り切って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント
 
陽選手のコメント (6回裏、センター前タイムリー)
もう、あの場面は当たりがどうとか言っている場合でもないので、ヒットになって良かったです。ツルさんのいい走塁にも感謝します。

大引選手のコメント (7回裏、レフト・ソロホームラン)
スライダーを待って、狙い通り打てました。初回からスライダーに詰まらされる人が多く、ポイントを前に置くことを意識して行きました。渡辺打撃コーチとゆったり、前を大きく振ることに取り組んできたので、それが実を結んだ一発ですね。

木佐貫投手のコメント (7回、球数105、打者28、被安打5、与四死球3、奪三振7、四球3、失点1、自責点1)
立ち上がりすんなり行けたことで、その流れで中盤以降も投げられました。とにかく低目を意識して丁寧にいくことを心掛けました。リードした展開でリリーフに託す形になりましたので、しっかりこの後は応援します。

栗山監督のコメント
いい形での勝利となりましたが?
選手達が試合が終わってからすごくうれしそうにしていたのが嬉しかったです。
木佐貫投手が好投しましたが?
最近、らしさが出ていない悔しさがあっただろうし、ジャイアンツに入ったときから思いもあるだろうから、何とか勝たせてあげたかった。全部のチームから勝ったし、これから木佐貫らしく落ち着いてやってくれると思う。よく頑張ったね。
大引選手が決勝弾を放ったが?
良かったよね。真面目だから、チーム状況が悪くてチームを背負わなきゃいけないという思いがあったと思うけど、これで吹っ切れるんじゃないかな。
陽選手の記録は止まりましたが、いいプレーが目立ちました
岱鋼には『また記録作ろうな』と言いました。あのファインプレーもね。こういう充実感が大事。前に進んでくれていると思う。
久々の連勝ですが?
自分達の形にするのが大事。これを続けていって、いい形で先発ピッチャーをマウンドにあげてあげたい。
 

 
 ヒーローインタビュー (木佐貫投手、大引選手)
 
今日はかつて在籍したジャイアンツとの初対決。そして高校時代共に投げ合った杉内投手との投げ合いでした。マウンドに上がる時はどういう気持ちだったんでしょうか?
(木佐貫) チョ〜緊張しました。
 
その超緊張状態で、再三ランナーも出しましたけれども7回1失点。気持ちが伝わるピッチングに見えました。マウンド上ではどんな気持ちだったんでしょうか?
(木佐貫) 立ち上がりがスムーズに入っていけたので、それからはランナーが出ても、粘り強く投げるように心がけていました。

そして7回に大引選手のホームランが出た。あの時はベンチで見ていてどんな気持ちだったんですか?
(木佐貫) 大引よくやったと思ってました。
 
その後8回、9回。増井投手、武田久投手のマウンドというのはどういう気持ちで見てました?
(木佐貫) まぁあとはバトンを渡せたので、信頼して、ドッシリ見ていました。
 
そして今日の勝利で、節目の12球団全てから勝利を挙げたことになります。この節目の1勝はどんな気持ちでしょう?
(木佐貫) その節目の1勝も嬉しいんですけど、札幌ドームでなかなか勝ててなかったので、早くここで勝ちたいな、勝ちたいなと思っていたので、ここで勝てたのが嬉しかったです。
 
そして木佐貫投手にとりましても今シーズンの交流戦の初勝利。そしてチームは連勝という形になりました。この勝利の意味は木佐貫投手から見てどのくらい重いと思いますか?
(木佐貫) 連敗中に自分のビッチンクも少なからず絡んでいるので、なんとか挽回したいなと思って投げていました。
 
大引選手のこの札幌ドームで初めてのお立ち台です。今の気持ちいかがですか?
(大引) ホント、すごく嬉しいですね、はい。
 
木佐貫投手の力投がありました。そしてその木佐貫投手に白星を送る7回の決勝ホームラン。どんな気持ちで打席に入ったんでしょうか?
(大引) 本当にいいゲームしてましたし、なんとか今日の一戦を取りたいなという気持ちで打席に立ったんですが、まさかホームランになるとは思わなかったですね。
 
打球がレフトスタンドに吸い込まれた時、どんな気持ちでした?
(大引) ホントね、スタンドのファンの皆さんの声援がこだまして、ホームランになった瞬間、ちょっと鳥肌が立ちましたけど、はい。ホントすごく嬉しかったです。

今日は打球をさばくだけではなくて、マウンド上のピッチャーに声を掛けてたりと、チームの一員としてすっかり馴染んでる感じがしますけれども、大引選手にとって今日初めてのお立ち台。そしてこの交流戦はじめての連勝はどういう意味があると思いますか?
(大引) ファイターズファンの皆さんの前で、まだちゃんと挨拶していなかったんで、ファイターズに移籍してからこのお立ち台に立つのが夢だったので、それが叶ってすごく嬉しいですね、はい。

夢叶ってチームは久しぶりの連勝。改めてファンの皆さんに一言お願いします。
(大引) 僕自身これからまだまだ調子を上げていきますし、チームもこれから勝ち進んで、必ず優勝争いに絡んでいくので、ご声援よろしくお願いします。

(木佐貫) これからまたどんどん勝っていきますので、ぜひ札幌ドームに足を運んでもらって、声援をかけてもらいたいなと思います。よろしくお願いします。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事