やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
ホールトン投手に対する初回の攻撃は、陽選手がサードゴロ、西川選手が空振り三振で二死となってしまうも、次のアブレイユ選手がライトスタンドにソロホームランを運び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後は中田選手がショートゴロで三死となってしまったが、この試合は初回からアブレイユ選手の一発により、まずは1−0と早々に先制に成功した。

【1回裏】
木佐貫投手の立ち上がりは、先頭の中井選手にセンター前にヒットされるも、この後は亀井選手をセンターフライ、坂本選手をショートフライ、阿部選手をファーストゴロと後続をしっかりと切って取った。

【2回表】
小谷野選手、大谷選手が共にショートゴロで二死となってしまうと、大引選手はレフト前ヒットで出塁も、ここは鶴岡選手がレフトフライで続けず。

【2回裏】
この回は先頭のロペス選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−1の同点も、この後はボウカー選手をセンターフライ、村田選手をサードライナー、長野選手をショートフライと、後続はしっかりと切って取った。

【3回表】
木佐貫投手がセカンドゴロ、陽選手がセカンドフライで二死となってしまうと、次の西川選手はセカンドへの内野安打で出塁も、ここはアブレイユ選手がライトフライで続けず。

【3回裏】
ホールトン投手をショートゴロで一死とすると、中井選手、亀井選手は共にショートゴロで三者凡退。

【4回表】
中田選手がセンターフライ、小谷野選手がファーストゴロ、大谷選手が見逃し三振で三者凡退。

【4回裏】
坂本選手を見逃し三振、阿部選手をセンターフライ、ロペス選手を空振り三振で三者凡退。

【5回表】
この回はまず大引選手がセンターフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、鶴岡選手のセンターフライでタッチアップして一死三塁。
するとこの場面、次の木佐貫投手は三遊間をレフト前へと抜けようかという痛烈な打球を放つも、これをショート坂本選手に好捕されてしまう。
これでなおも二死三塁という場面からは、続く陽選手が四球を選んで出塁したものの、ここは西川選手がファーストフライに倒れ、一死三塁のチャンスを生かせずにこの回を終えてしまった。

【5回裏】
ボウカー選手をセカンドゴロ、村田選手をサードゴロで二死とすると、次の長野選手にはセンターオーバー二塁打を打たれるも、続く代打の小笠原選手を空振り三振に切って取ってこの回を終わらせた。

【6回表】
巨人のピッチャーが2番手の笠原投手へと交代のこの回は、先頭のアブレイユ選手がこの試合2本目となる一発を今度はレフトスタンドへと叩き込み、これで2−1と勝ち越し。
この後は中田選手が空振り三振で一死となってしまうと、小谷野選手が8球粘って四球を選ぶも、大谷選手はレフトフライ、大引選手は見逃し三振と後続が続けずに三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手のソロホームランによって、再び1点のリードを奪った。

【6回裏】
中井選手をセカンドゴロで一死とすると、亀井選手、坂本選手は共に空振り三振で三者凡退。

【7回表】
先頭の鶴岡選手がライト前ヒットで出塁も、この後は木佐貫投手がピッチャーゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、陽選手、西川選手は共に空振り三振で続けず。

【7回裏】
この回の木佐貫投手は、阿部選手、ロペス選手を連続四球で塁に出してしまうと、ここでマウンドには2番手で宮西投手が登板。
するとこの場面、宮西投手は代打の矢野選手の送りバントを素早くさばいて三塁フォースアウトとすると、ここで更にピッチャーが矢貫投手へと交代し、村田選手をセンターフライ、長野選手を空振り三振と、後続をしっかりと打ち取ってこの回のピンチを継投で無失点で終わらせた。

【8回表】
ここは巨人3番手のマシソン投手に対して、先頭のアブレイユ選手がライト前ヒットで塁に出ると、マシソン投手の暴投で代走の今浪選手が二塁へと進塁。
しかしこの後は中田選手がファーストファールフライ、小谷野選手が空振り三振で二死二塁。
そしてここから次の大谷選手はボテボテの当たりがセカンドへの内野安打となって二死ながらも一三塁とチャンスを拡大したものの、ここは大引選手が空振り三振で続けず。

【8回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが4番手の石井投手へと交代のこの回は、先頭の代打石井選手のショートへのゴロを大引選手がファンブルして塁に出してしまうと、中井選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、次の亀井選手はピッチャーゴロで二死としたものの、坂本選手を敬遠気味の四球で歩かせて二死一二塁とすると、更に続く阿部選手の打席ではダブルスチールを決められて二死二三塁。
するとこの場面、打席の阿部選手にはライトスタンドへと3ランホームランを運ばれてしまい、これで2−4と一気に形勢逆転。
そして更にこの後、ロペス選手のショートへの当たりを内野安打とされたところで、ピッチャーが鍵谷投手へと交代も、更に次の矢野選手の二遊間への当たりもショートへの内野安打となって二死一二塁。
しかしここは続く村田選手をショートゴロで切って取ってようやく三死したが、この回は阿部選手の3ランホームランによつて逆転を喫し、これで2−4と最終回を前にリードを奪われてしまった。

【9回表】
巨人のマウンドに4番手で西村投手が登板すると、これに対してまず代打の稲葉選手が右中間フェンス直撃の二塁打を放って出塁も、この後は代打のホフパワー選手がショートゴロ、陽選手が見逃し三振で二死となってしまうと、最後も代打の佐藤選手がファーストフライに倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
アブレイユ選手のコメント
(1回表、ライト・ソロホームラン)
初対決のピッチャーなので、何を狙うとかではなく、来た球に対してうまく体が反応しました。
(6回表、左中間ソロホームラン)
打ったのは内寄りの真っ直ぐ。甘めに入って来た球に対してしっかり自分のスイングが出来ました。

木佐貫投手のコメント (6回0/3、球数94、打者23、被安打3、与四死球2、奪三振5、失点1、自責点1)
反省するところがありましたし、そこは次に向けて自分の中でしっかり修正したいと思います。リリーフの宮西と矢貫が助けてくれました。

栗山監督のコメント
− 2試合連続で勝ちきれず、痛い逆転負けを喫しましたが?
(阿部選手の逆転3ランに) 日本シリーズの最後のシーンを思い出したし、あそこで勝ちきれないのは監督の責任。手を尽くして勝負した結果なんだから、悪いのは監督。(直前にダブルスチールを決められ) そういうことも含めてまだまだ我々にはやるべきことがあると思い知らされました。
− 昨日の吉川投手、今日の木佐貫投手と先発は役目を果たしていますが?
いい内容できちっと仕事をしてくれている。そうなれば取り切らなければいけないよね。先発が形を作るのはファイターズにおいて普通の形だし、だからこそ勝ち切らないと。
− 大谷選手は2試合で内野安打1本でしたが?
そんなに簡単に打たせてくれない。若手は一生懸命、がむしゃらにやってくれればいいと思っています。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事