やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
吉川投手の立ち上がりは、先頭の西岡選手にセンター前にヒットされると、や窓選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、次の鳥谷選手にはセンター前へタイムリーを弾き返され、これで早々に阪神が1点を先制。
この後はマートン選手をショートゴロ、新井貴選手を空振り三振と共に切って取って三死とたが、この試合は初回から鳥谷選手のタイムリーにより、早くも0−1と阪神にリードを奪われてしまった。

【1回裏】
スタンリッジ投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手がフルカウントから四球を選んで塁に出ると、大引選手が送りバントを決めて、こちらも一死二塁と得点圏に走者を進めるも、ここはアブレイユ選手が空振り三振、中田選手がサードゴロと後続が共に続けず。

【2回表】
浅井選手をライトフライで一死とすると、次の高山選手には右中間に二塁打を打たれるも、この後は野原選手をセンターフライ、藤井彰選手をピッャーゴロと切って取って三死とした。

【2回裏】
稲葉選手がショートゴロ、小谷野選手がライトフライで二死となってしまうも、ここからまず今浪選手がフルカウントから四球を選んで塁に出ると、これに鶴岡選手が三遊間を破るレフト前ヒットで続いて二死一二塁。
しかしこの場面は続く村田選手の痛烈な当たりがサード正面へのライナーとなってしまい、これでこの回を終えてしまった。

【3回表】
西岡選手を空振り三振で一死とするも、次の大和選手にライト前にヒットされると、鳥谷選手は四球で歩かせてしまって一死一二塁。
するとこの場面、続くマートン選手にはライトスタンドに3ランホームランを運ばれてしまって0−4。
この後は新井貴選手をピッチャーゴロ、浅井選手をライトフライと共に切って取って三死としたが、この回はマートン選手の一発で一挙3点を奪われ、これで0−4とリードを大きく広げられてしまった。

【3回裏】
陽選手がサードゴロで倒れると、次の大引選手はライト前ヒットも、続くアブレイユ選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

【4回表】
高山選手を空振り三振で一死とすると、次の野原選手も空振り三振としたものの、最後のボールをキャッチャー鶴岡選手が逸らしてしまい、振り逃げとなって一死一塁。
しかしこの後は続く藤井彰選手をセンターフライ、西岡選手をセカンドゴロと、後続をしっかりと切って取った。

【4回裏】
中田選手が見逃し三振、稲葉選手がファーストゴロ、小谷野選手がセカンドゴロで三者凡退。

【5回表】
この回は、大和選手をファーストファールフライ、鳥谷選手をセンターフライで二死とするも、ここからまずマートン選手にレフト前にヒットを打たれると、次の新井貴選手の左中間への二塁打で、マートン選手に長駆生還されてしまい、これで1点を追加されて0−5。
この後なおも二死二塁からは浅井選手をサードゴロで切って取って三死としたが、この回は浅井多可選手のタイムリーによって1点を追加され、これで0−5と更にリードを広げられてしまった。

【5回裏】
ここはまず今浪選手が三遊間を破るレフト前ヒットで出塁すると、鶴岡選手の高いバウンドのピッチャーゴロの間に進塁して一死二塁。
するとこの後、続く村田選手のショートへのゴロの間に今浪選手が三塁へと進むと、ここで途中出場の佐藤選手がセカンドへの当たりを内野安打とし、この間に三塁走者の今浪選手が生還して1−5。
しかしこの後は更に大引選手がライト前にヒットを放ちながらも、次のアブレイユ選手が空振り三振で三死となってしまった。

【6回表】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手のモルケン投手へと交代のこの回は、高山選手をライトフライ、野原選手をショートフライ、藤井彰選手をセカンドゴロで三者凡退。

【6回裏】
中田選手がサードゴロ、稲葉選手がファーストゴロ、小谷野選手がセンターフライで三者凡退。

【7回表】
ここは続投のモルケン投手が、西岡選手をセンターフライ、大和選手を空振り三振、鳥谷選手をライトフライで三者凡退。

【7回裏】
ここは先頭の今浪選手が見逃し三振で倒れてしまうも、次の村田選手が四球を選んで塁に出ると、更に代打のホフパワー選手も四球で歩いて一死一二塁。
するとこの後、次の佐藤選手のファーストゴロの間に走者がそれぞれ進塁して二死ながらも二三塁としたが、ここは大引選手が見逃し三振で続けず。

【8回表】
この回は北海道日本ハム3番手の鍵谷投手が、マートン選手をセンターフライで一死とすると、次の新井貴選手は四球で塁に出してしまうも、続く浅井選手をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとした。

【8回裏】
阪神のピッチャーが2番手の福原投手へと交代のこの回は、アブレイユ選手が見逃し三振、中田選手がショートゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手はセンター前ヒットで出塁も、ここは小谷野選手がライトフライで続けず。

【9回表】
ここは北海道日本ハム4番手の根本投手が、いきなり先頭の高山選手にバックスクリーンにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−6。
この後は野原選手をライトフライで一死とすると、藤井彰選手には四球を与えてしまったものの、続く西岡選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーとした。

【9回裏】
5点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、阪神3番手の加藤投手に対して、代打の金子選手、鶴岡選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、次のホフパワー選手はセンター前ヒットで出塁も、最後は代打の飯山選手が見逃し三振で試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

陽選手のコメント (3回裏、走塁で右ふくらはぎが攣り、途中交代。
試合前から両ふくらはぎに違和感があった。走った時に右の方が (張りが) 強かった。(連続試合全イニング出場が止まってしまったが) まあしょうがない。またつくれる。

吉川投手のコメント (5回、球数84、打者24、被安打7、与四死球1、奪三振4、四球1、失点5、自責点5)
中軸の前に走者を出してピンチで粘り切れずに失点を重ねてしまい、チームに申し訳なく思います。

栗山監督のコメント
− 先発の吉川投手が5回5失点で降板しましたが?
球自体悪くない中で吉川も試合を作る気持ちでマウンドに上がったと思うんでね、この悔しさを生かしてくれればいいと思います。
− スタンリッジ投手の前に打線は1点を奪うのがやっとでしたが?
ピンチを背負ってもコントロールがビシビシきていました。アブとか中田とかいい打者を迎えたところで丁寧に投げさせてしまったのが分岐点。そういう場面でプレッシャーを感じさせられなかったですね。
− 陽選手が右ふくらはぎの張りで途中交代しましたが?
心配ですね。明日状態を見て (起用を) 決めます。
− モルケン投手が2回を完全に抑えたことは好材料?
今日のような投球が出来れば、勝ち試合の中でも安心感があると思います。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事