やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
ウルフ投手の立ち上がりは、丸選手をセカンドゴロ、菊池選手をサードゴロ、松山選手をショートゴロと、持ち味のゴロを打たせるピッチングで初回を三者凡退とした。

【1回裏】
前田健投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手がフルカウントから四球を選んで塁に出ると、大引選手が確実に送りバントを決めて一死二塁。
しかしこの場面は、初めて3番に起用された大谷選手が空振り三振に倒れて二死となってしまうと、中田選手もサードゴロで続けず。

【2回表】
エルドレット選手、岩本選手を共にサードゴロで二死とすると、梵選手はセカンドゴロで三者凡退。

【2回裏】
稲葉選手が見逃し三振に倒れると、今浪選手、アブレイユ選手は共に空振り三振で三者凡退。

【3回表】
ここはまずルイス選手をセカンドゴロで一死とすると、次の堂林選手は四球で塁に出してしまったものの、この後は石原選手をショートゴロ、丸選手はピッチャーゴロとし、ここまで9つのアウト全てを内野ゴロで奪うピッチング。

【3回裏】
小谷野選手、大野選手が共にライトフライで二死となってしまうと、ここから陽選手がこの打席もフルカウントから四球を選んで塁に出ると、大引選手がレフト前ヒットで続いたものの、ここは大谷選手が見逃し三振で続けず。

【4回表】
この回はまず菊池選手にセンター前にヒットされると、松山選手には一二塁間をライト前にヒットを打たれ、これで無死一三塁とされてしまうも、ここは次のエルドレット選手を空振り三振で一死とすると、続く岩本選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーと、最高の形でここを無失点で終わらせた。

【4回裏】
この回は先頭の中田選手がレフトスタンドにソロホームランを運び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後は稲葉選手がサードフライ、今浪選手がピッチャーゴロ、アブレイユ選手が空振り三振といずれも凡退して三死となってしまったが、この回は中田選手の一発によって、まずは1−0と先制に成功した。

【5回表】
梵選手をライトフライ、ルイス選手を空振り三振で二死とすると、次の堂林選手にはライトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまうも、続く石原選手はピッチャーゴロで切って取って三死とした。

【5回裏】
小谷野選手がレフトフライで一死となってしまうと、次の大野選手はレフト前ヒットで出塁も、この後は陽選手が見逃し三振、大引選手がセカンドゴロと後続が共に続けず。

【6回表】
この回は先頭の丸選手に四球を与えてしまうと、菊池選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、次の松山選手にセンター前にヒットを弾き返されると、この当たりで二塁走者の丸選手に生還されてしまい、これで1−1の同点。
この後はエルドレット選手をサードゴロ、岩本選手はライトフライと切って取って三死としたが、この回は松山選手のタイムリーによって1点を返され、これで1−1の同点とされてしまった。

【6回裏】
大谷選手がセンターフライ、中田選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の稲葉選手は二遊間への当たりをセカンドへの内野安打として出塁も、ここは今浪選手がサードゴロで続けず。

【7回表】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の矢貫投手へと交代のこの回は、梵選手をファーストゴロで一死とすると、ルイス選手、堂林選手は共に空振り三振で三者凡退。

【7回裏】
アブレイユ選手が空振り三振、小谷野選手がショートゴロ、大野選手がレフトフライで三者凡退。

【8回表】
この回は北海道日本ハム3番手の増井投手が、石原選手をライトフライ、丸選手をレフトフライ、菊池選手をショートゴロで三者凡退。

【8回裏】
この回は先頭の陽選手は見逃し三振で倒れてしまうも、大引選手が四球を選んで塁に出ると、大谷選手が左中間に二塁打を放ち、これで一死二三塁と勝ち越しの大チャンス。
するとこの場面、次の中田選手が敬遠されて満塁となると、ここで続く稲葉選手がレフト線に2点タイムリーとなる二塁打を弾き返し、これで3−1と勝ち越し。
そしてなおも一死二三塁の場面、広島のピッチャーが河内投手へと交代すると、代打で登場の鵜久森選手はセカンドフライで二死となってしまったものの、次のアブレイユ選手がここで更に交代の今村投手に対してライト前に2点タイムリーとなるヒットを放って5−1。
この後は小谷野選手がセカンドゴロで三死となってしまったが、この回は稲葉選手、アブレイユ選手の2本のタイムリーで4点を挙げ、これで5−1と勝ち越しに成功した。

【9回表】
4点のリードとなって迎えた最終回は、北海道日本ハム4番手の武田久投手が、先頭の松山選手にセンター前にヒットされるも、エルドレット選手はサードゴロで5-4-3のダブルプレー。
するとこの後、次の岩本選手の三遊間へのゴロはショート大引選手が追いつきながらも一塁へと悪送球して走者を残してしまったが、最後は梵選手をライトフライで切って取って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント
 
中田選手のコメント (4回裏、レフト・ソロホームラン)
いい投手なので積極的に行くこと、ボール球を振らされないことを心掛けました。甘い球はそう来ない上に、球威もあるので1球で仕留めないと苦しくなる。何とかしたかったですし、手応えも良かったです。

ウルフ投手のコメント (6回、球数80、打者23、被安打4、与四死球2、奪三振2、失点1、自責点1)
立ち上がりから自分らしく投げられたけど、先頭にフォアボールを与えてから失点してしまったのでとても残念に思う。リードした状態でブルペン陣にマウンドを譲りたかった。

大谷選手のコメント (8回裏、左中間・二塁打)
(前田健投手は) 今まで見たことがないくらい、速かった。総合力も高いと感じた。しっかりつなげられてよかった。

武田久投手のコメント (1回、球数12、打者4、被安打1、与四死球0、奪三振0、失点0、自責点0)
今日は点差もあった。(今後は) 緊迫して投げないといけない。そういう意味では良かった。

栗山監督のコメント
− 緊迫した試合を終盤の集中打でものにしました
マエケンらしいいい投球でしたし、こういう戦いを取れるなら勢いになると信じていました。勝負所で決めてくれていいゲームだったと思います。
− 稲葉選手の勝負強さが最後にものを言いました
稲葉自身の状態が上がってきて、若手から中堅、ベテランがかみ合う試合がしたかった。本当にベンチの皆が喜んでいましたし、ファイターズらしい内容だったんじゃないでしょうか。
− 7回から勝ちパターンの継投に入ったのは?
マエケンが復帰登板だったから、自分が監督でも球数を考えたと思います。うちも後ろの投手はいいんでね。後攻めだから表を抑えていけばサヨナラのチャンスが訪れる、というのも当然考えました。
− 交流戦は残り2試合
本当に勝たなきゃいけないし、何よりファイターズらしい中身のある試合がしたい。本気で我慢しながら取れるゲームを取っていき、勝つ確率を上げて自分たちの存在を示していくしかないと思っています。
 

 

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事