やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
武田勝投手の立ち上がりは、先頭の菊池選手に左中間に二塁打を打たれてしまうと、次の丸選手は空振り三振としたものの、最後の球をキャッチャー大野選手が逸らしてしまい、この間に走者に進まれて一死三塁。
しかしこの場面、続く廣瀬選手をサードゴロで二死とすると、エルドレット選手は四球で塁に出すも、次の梵選手はショートゴロで切って取り、何とか初回を無失点で乗り切った。

【1回裏】
バリントン投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手が四球を選んで出塁すると、大引選手はしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の稲葉選手は四球を選んで一死一二塁としたものの、続く中田選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

【2回表】
會澤選手をレフトフライ、堂林選手を空振り三振、迎選手をサードゴロで三者凡退。

【2回裏】
アブレイユ選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、小谷野選手はライト前ヒットで出塁も、次の佐藤選手はセーフティーバントを試みるも、これを処理したバリントン投手から一塁への送球がラインの内側を走っていた佐藤選手にあたり、まず守備妨害でアウトとなってしまうと、走者の小谷野選手も一塁へと戻され、更に続く金子選手もサードゴロに倒れてこの回を終えてしまった。

【3回表】
石原選手をレフトフライで一死とすると、次の菊池選手にはレフト前にヒットされるも、続く丸選手の打席では、まず菊池選手の盗塁を刺して二死とすると、丸選手も空振り三振に切って取って三死とした。

【3回裏】
先頭の大野選手が四球を選んで出塁すると、陽選手はライトフライで倒れるも、次の大引選手のサードゴロの間に走者が二塁へと進むと、ここで稲葉選手がレフト前にタイムリーとなるヒットを弾き返し、これで二塁から大野選手が生還して1−0と北海道日本ハムが1点を先制。
そして更になおも二死一塁から、中田選手のレフト前ヒットで一二塁とすると、ここでアブレイユ選手が一二塁間を破るライト前タイムリーを放ち、これで2−0。
この後は小谷野選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は稲葉選手、アブレイユ選手の2本のタイムリーで2点の先制に成功した。

【4回表】
ここはまず廣瀬選手にセンター前にヒットされると、エルドレット選手のサードゴロの間に二塁へと進まれ、更に梵選手のセンターフライでタッチアップされて二死三塁。
するとこの場面、続く會澤選手にはセンター前にタイムリーヒットを弾き返され、これで1点を返されて2−1。
しかしこの後は堂林選手をショートゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【4回裏】
佐藤選手が空振り三振、金子選手がファーストファールフライ、大野選手がセカンドゴロで三者凡退。

【5回表】
この回は先頭の梵選手にレフト前にヒットされると、石原選手の送りバントで一死二塁。
しかしこの場面、次の菊池選手はライトフライで二死とすると、丸選手は四球で歩かせるも、続く廣瀬選手をピッチャーライナーで切って取って三死とした。

【5回裏】
陽選手がサードゴロで倒れると、大引選手はライト前ヒットで出塁も、稲葉選手はセカンドゴロで二死一塁。
するとこの後、続く中田選手のレフト前ヒットで二死一二塁も、こはアブレイユ選手がライトフライで続けず。

【6回表】
エルドレット選手を空振り三振、梵選手をショートゴロで二死とすると、次の會澤選手は四球で歩かせてしまうも、続く堂林選手はショートゴロで打ち取ってこの回を終わらせた。

【6回裏】
小谷野選手がセンター前ヒットで出塁すると、佐藤選手が送りバントを決めて一死二塁も、この後は金子選手が空振り三振、大野選手がセカンドゴロと後続が共に続けず。

【7回表】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の矢貫投手へと交代のこの回は、迎選手をサードゴロ、石原選手をショートゴロで二死とすると、次の菊池選手を四球で歩かせ、更に盗塁で二塁へと進まれるも、ここは続く丸選手を空振り三振に切って取って三死とした。

【7回裏】
広島のマウンドに2番手で今井投手が登板のこの回は、先頭の陽選手がセンター前ヒットで出塁すると、次の大引選手の打席で盗塁を決め、更に今井投手のワイルドピッチも重なって一気に三塁まで進塁。
するとこの場面、大引選手は空振り三振、稲葉選手はショートフライで二死となってしまったものの、続く中田選手が゛レフト前にタイムリーヒットを弾き返し、これで1点を追加して3−1。
この後はアブレイユ選手がサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーにより、1点を追加して3−1とリードを広げた。

【8回表】
この回は北海道日本ハム3番手の増井投手が、廣瀬選手、エルドレット選手を共に空振り三振で二死とすると、梵選手はショートゴロで三者凡退。

【8回裏】
小谷野選手がライトフライで倒れると。佐藤選手は四球を選んで出塁も、中島選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの後、代打のホフパワー選手がライト前にヒットを放って二死ながらも一三塁とチャンスを拡大も、ここは陽選手がセンターフライで続けず。

【9回表】
2点のリードで迎えた最終回は、武田久投手、鶴岡選手のバッテリーが、いきなり先頭の會澤選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1点を返されて3−2。
そしてこの後は、堂林選手をライトフライ、代打の松山選手を空振り三振で二死としたものの、ここから代打ルイス選手、同じく代打の岩本選手に共にレフト前にヒットされると、更に丸選手を四球で歩かせてしまって二死満塁と大ピンチを迎えてしまうも、最後は廣瀬選手をショートゴロで切って取り、何とかリードを守り切って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

稲葉選手のコメント (3回裏、レフト前タイムリー)
打ったのはインコースの真っ直ぐ。追い込まれていましたし、何とかしようという思いで必死に行きました。勝が踏ん張っている間に何とか主導権を握りたいという気持ちもありました。
 
アブレイユ選手のコメント (3回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはツーシームかチェンジアップ。甘めのボールだったけど逆らわずに打てたかな。先制した直後にもう1点欲しいところで打ててよかったよ。

武田勝投手のコメント (6回、球数93、打者25、被安打5、与四死球3、奪三振4、失点1、自責点1)
調子は決して良くありませんでしたが、悪いなりにゲームを作ることが出来ました。点を取ってもらった直後に失点したことは反省しなければならないと思います。

栗山監督のコメント
− シビれる展開になりましたが?
色々反省しないといけないところはあるけれど、交流戦の残りは勝つことが大事だと思っている。あそこまで追い詰められてバタバタしない久らしさが出ていたよね。こういうのを活かしていけると思う。
− 中田選手がダメ押し打を含む3安打だったが?
ホントに (自打球で) 痛そうだったけど、そういうときに何をしないといけないかということだから。大きなヒットでした。
− 監督通算100勝ですが?
まあ、それはどうでもいい。でも、前に進んでいるわけだから、この星になっているということ。そういう責任は感じます。
− 武田勝が投手4勝目を挙げましたが?
勝らしくないところが続いて、こないだ勝って、きょうは大事だった。でも、これで大丈夫だなというところがある。本人も安心してやってくれるんじゃないかな。
− 交流戦は残り1試合となりましたが?
今日もどんどん行ったように、全力でやるしかない。早く借金を返済しないといけないわけだし、もうひとつ取ればまた前に進める。全員で取りたい。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事