やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
野村投手に対する初回の攻撃は、陽選手が空振り三振、大引選手がサードゴロで二死となってしまうと、次の稲葉選手は四球を選んで出塁も、ここは中田選手が見逃し三振で続けず。

【1回裏】
ついに二刀流デビューとなった大谷投手の注目の立ち上がりは、安部選手をショートゴロ、菊池選手を見逃し三振で二死とすると、次の丸選手には右中間に二塁打を打たれるも、続くエルドレット選手は空振り三振に切って取り、まずは初回を無失点で終わらせた。

【2回表】
この回は先頭の大谷選手が一塁ベースに当たってライト線へと抜けていく二塁打を放つと、小谷野選手が送りバントを決めて一死三塁。
しかしこの後は今浪選手、佐藤選手が共に空振り三振で続けず。

【2回裏】
ここは先頭の松山選手に右中間スタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これでまずは広島が1点を先制。
この後は次のルイス選手を四球で歩かせてしまいながらも、堂林選手はライトファールフライ、石原選手は空振り三振、野村投手はライトフライと後続をいずれも打ち取って三死としたが、この回は松山選手のホームランにより、まずは0−1と広島に先制を許してしまった。

【3回表】
鶴岡選手が空振り三振、陽選手が見逃し三振、大引選手が空振り三振で三者凡退。

【3回裏】
この回は先頭の安部選手をフルカウントから四球で歩かせてしまうと、直後に盗塁を決められ、更に次の菊池選手に対してもフルカウントからの四球で無死一二塁。
するとこの場面、次の丸選手をセカンドゴロで打ち取る間に走者にそれぞれ進まれてしまうと、続くエルドレット選手に対しては左手に死球をぶつけてしまい、場内は一瞬一触即発のムードとなってしまう。
そしてこの後なおも一死満塁から、次の松山選手はショートゴロで二塁フォースアウトも、一塁走者のエルドレット選手にセカンド今浪選手が併殺崩しで大きく足をとられ、この間に三塁走者に続いて二塁から菊池選手にも生還されてしまい、一気に2点を奪われて0−3。
この後なおも二死一塁からはルイス選手をショートゴロで三死としたが、この回は大谷投手の3つの四死球からノーヒットで2点を奪われてしまった。

【4回表】
先頭の稲葉選手がセンター前ヒットで出塁すると、中田選手はファーストファールフライで一死も、大谷選手は四球を選んで一死一二塁。
するとこの場面、次の小谷野選手がライト前にタイムリーとなるヒットを弾き返して、まず1点を返すと、更に今浪選手のセンター前ヒットで一死満塁し、ここから佐藤選手が押し出しの四球を選んで2−3とすると、更に鶴岡選手がセンターに犠牲フライを打ち上げて、これで3−3の同点。
この後は陽選手がセカンドフライで三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリー、押し出しに続いて鶴岡選手の犠牲フライで計3点歩上げ、これで3−3と一気に同点へと追いついた。

【4回裏】
ここは堂林選手、石原選手に共にセンター前にヒットされるも、代打の上本選手はピッチャー正面へのゴロで三塁フォースアウト。
するとこの後なおも一死一二塁からは、安部選手を空振り三振、菊池選手をレフトフライと後続を共に切って取り、この回を何とか無失点で終わらせた。

【5回表】
広島のピッチャーが2番手の小野投手へと交代のこの回は、大引選手、稲葉選手が共に四球で歩くと、中田選手は四球を受けて無死満塁の大チャンス。
するとこの場面、次の大谷選手はここで交代の久本投手に対して、二遊間にゴロを放つと、これはショート安部選手に好守でさばかれるも、この間に三塁から大引選手が生還して4−3と勝ち越し、更になおも一死二三塁から小谷野選手がレフトに犠牲フライを上げ、これで5−3。
この後は今浪選手がセンターフライに倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手の犠牲フライなどで2点を挙げ、これで5−3と勝ち越しに成功した。

【5回裏】
大谷投手がマウンドから降りてライトの守備につき、代わって宮西投手が登板のこの回は、丸選手を空振り三振、岩本選手をセンターフライ、松山選手をサードフライで三者凡退。

【6回表】
代打の鵜久森選手が空振り三振に倒れてしまうと、次の鶴岡選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは陽選手がライトフライ、大引選手がレフトフライで共に続けず。

【6回裏】
北海道日本ハムのマウンドに3番手で矢貫投手が登板のこの回は、ルイス選手をセンターフライ、堂林選手をサードゴロ、石原選手をキャッチャーフライで三者凡退。

【7回表】
稲葉選手がセンターフライで一死となってしまうと、次の中田選手はライト前ヒットで出塁も、この後は大谷選手が空振り三振、小谷野選手がセンターフライと共に続けず。

【7回裏】
上本選手をショートゴロ、代打の中東選手を見逃し三振、菊池選手をショートゴロで三者凡退。

【8回表】
この回は広島4番手の梅津投手に対して、今浪選手がセンターフライで倒れると、代打のホフパワー選手はライト前ヒットで出塁も、鶴岡選手はライトフライで二死一塁。
しかしこの後、続く陽選手が右中間へとタイムリーとなる三塁打を放ち、これで1点を追加して6−3。
この後なおも二死三塁からは大引選手がセカンドゴロで三死となってしまったが、この回は陽選手のタイムリーで1点を追加し、これで6−3とリードを広げた。

【8回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが4番手の増井投手へと交代のこの回は、先頭の丸選手を四球で歩かせてしまうと、岩本選手は空振り三振、松山選手はショートゴロとするも、なおも二死二塁から、続くルイス選手に左中間を破るタイムリー二塁打を打たれ、これで6−4も、次の堂林選手は空振り三振に切って取ってこの回を終わらせた。

【9回表】
広島のマウンドに5番手で河内投手が登板のこの回は、まず代打の金子選手は空振り三振も、次の中田選手が左中間スタンドにソロホームランを運び、これで1点追加で7−4。
この後は代打のアブレイユ選手が死球を受けて出塁も、小谷野選手がライトフライ、代打の飯山選手がピッチャーゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手の一発によって1点を追加し、これで7−4とリードを広げた。

【9回裏】
3点のリードで迎えた最終回は、守護神武田久投手が、代打の廣瀬選手をピッチャーゴロ、上本選手をセカンドゴロで二死とすると、最後は代打の會澤選手をレフトファールフライで切って取って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント
 
小谷野選手のコメント (4回表、ライト前タイムリー)
打ったのはシュートです。追い込まれて何とかしようと、詰まりながらも振り切りました。
 
鶴岡選手のコメント
 (4回表、センター犠飛)
内野ゴロだけは打たないよう、何でもいいから外野まで運ぼうと思い切って行きました。粘った結果、点になってよかったです。

大谷選手のコメント (5回表、勝ち越しのショートゴロ)
打ったのは外に構えたスライダーの逆球。打ちに行かないかファールにすべきでしたが、詰まったのが幸いしましたね。最低限点になってよかったです。
 
大谷投手のコメント (4回、球数81、打者20、被安打4、与四死球4、奪三振4、失点3、自責点3)
− 初めて同じ試合で投打をこなしたが?
マウンドでは気持ちを切り替え、打席ではその場面で最低限の仕事をしようと思った。楽しかったが、まだやらないといけないことが多い。
− 3回に4番打者に死球を与えたが?
抜け球だったので、修正しないといけない。
− 投手としての課題は?
2回のホームランのような流れを変えてしまう1球を大事にしたい。
− 投打の自己評価は?
(先発で) 試合をつくることができなかったのが一番駄目。打席では (四回に) 四球をいいところで選んだりした。
− 過去の疲労と比較してどうか?
今までの投球よりは疲れたかなと思うが、勝ったので良かった。
 
もっとストライク先行でいかなければいけなかったですし、走者を出してからもう少しゆっくり、間を取って投げるべきでした。走者に出た後にマウンドに上がるのは (プロ入り後) 初めてだったので、その辺りはこれからやっていかなければいけない課題ですね。

矢貫投手のコメント (2回、球数20、打者6、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
結果は良かったが、まだまだ隙がある。

陽選手のコメント (8回表、右中間タイムリー三塁打)
前に比べれば (打撃の状態は) 少し良くなってきている。

中田選手のコメント (9回表、左中間・ソロホームラン)
(ホームランは) 気にしていない。状態がいいので、これを長く続けていけるようにやっていく。

栗山監督のコメント
− 大谷選手の二刀流が形となりましたが?
送り出す方は親の気持ちでした。18歳が投げるだけ、打つだけでも大変だけれど、これは自分でつかんだもの。ファンの人が喜んでくれていたらよかったです。
− 5番投手での起用については?
打順については想像してください。野手の方も頑張って機能してくれました。大谷選手は頑張ったけれど、大谷投手はね。借金5で交流戦を終えるためにも今日は何が何でも取りにいかなくてはならなかった。僕も大谷の勝ち星を奪ったことを一生忘れないし、大谷にも僕に勝ち星を奪われたことを忘れて欲しくないと本人に言いました。
− 大谷選手の今後の起用が楽しみです
ファンの人から最後にもう1回マウンドに上げて、と言われましたし。いろんなバリエーションを楽しんでいただけたらという思いと、早くローテーションを守って行ってもらいたいとも期待しています。

黒木投手コーチのコメント
(大谷投手は) 少しずつ成長している。成績を残すためには経験しないと。
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事