やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

交流戦も今日からは後半戦に突入。
東京ドームでの今日からの読売戦。
まずこの試合の先発は、日本ハムが藤井投手。読売は、開幕からここまで5戦5勝で、しかもいまだ与四球0という安定を誇るゴンザレス投手。

【1回表】
初回の攻撃は、田中賢選手がライトフライ、森本選手がショートゴロ、稲葉選手が空振り三振で三者凡退。

【1回裏】
藤井投手の立ち上がりは、先頭の坂本選手にセカンドへの内野安打で出塁されてしまうと、寺内選手にはライト前にヒットされ、これでいきなり無死一三塁。
するとこの場面、次の小笠原選手にセンター前にタイムリーを打たれ、これで早々に1点を奪われてしまうと、続くラミレス選手はセカンドへのゴロとするも、このボールを田中賢選手がお手玉し、ダブルプレーを取り損ねての二塁フォースアウトのみとなってしまい、この間に三塁から寺内選手に生還されて0−2。
そして更にここから、谷選手、亀井選手にはいずれもレフト前にヒットされ、これで一死満塁とされてしまうと、次の阿部選手にはセンターに犠牲フライを上げられて0−3。
そしてなおも二死一三塁から、今度は続く大道選手に三遊間をレフト前にタイムリーを打たれ、更に1点追加で0−4。
この後はゴンザレス投手を空振り三振としてようやくこの回を終わらせたが、この試合は初回から藤井投手がいきなりヒット6本を集中され、早くも0−4と大きくリードを広げられてしまった。

【2回表】
高橋選手がサードゴロ、糸井選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の小谷野選手はライト前にヒットを放って出塁も、ここは金子誠選手が見逃し三振で続けず。

【2回裏】
ここはまず坂本選手をショートフライで打ち取ると、次の寺内選手にはセンター前にヒットされてしまうも、この後は小笠原選手を空振り三振、ラミレス選手をセンターフライで三死とした。

【3回表】
大野選手がサードゴロで倒れてしまうも、ここからまず藤井選手のレフト前にヒットを放つと、田中賢選手はセンター前ヒットで続いて一死一三塁。
するとこの場面、次の森本選手のピッチャーゴロで三塁走者の藤井投手は三本間で挟まれてタッチアウトとなってしまうも、この後なおも二死一二塁からは、続く稲葉選手がライト前へとタイムリーを放ち、これで1点を返して1−4。
しかしこの後は高橋選手がショートゴロで倒れてしまい、結局この回の反撃は1点のみで終わってしまった。

【3回裏】
谷選手を空振り三振として一死とするも、ここからまず亀井選手にライト線に二塁打を打たれてしまうと、続く阿部選手はフルカウントから四球で歩かせ、これで一死一二塁。
しかしここは次の大道選手を空振り三振で二死とすると、ゴンザレス投手もピッチャーゴロで切って取り、これでこの回のピンチを無失点で乗り切った。

【4回表】
ここは糸井選手のレフト前ヒットと、小谷野選手のライト前ヒットで無死一二塁とチャンスメイク。
しかしこの場面、まず金子誠選手がセカンドフライで一死となってしまうと、大野選手はサードゴロでまず三塁フォースアウトとなると、ここはサード小笠原選手から一塁への送球が大きく逸れる間に走者がそれぞれ進塁して、二死ながらもに三塁としたが、ここは続いて代打で起用されたヒメネス選手が見逃し三振で倒れて三死となってしまった。

【4回裏】
日本ハムのマウンドに2番手で江尻投手が登板のこの回は、まず先頭の坂本選手をファーストゴロで打ち取ると、次の寺内選手にはレフト前にヒットを打たれるも、一気に二塁を狙ってきたところでレフト森本選手からの好送球が勝り、タッチアウトで二死。
そして更に続く小笠原選手はショートフライで打ち取り、結果的にこの回の攻撃を3人で切って取った。

【5回表】
この回は田中賢選手がカウント0-3から3球連続で見逃しての三振で倒れてしまうと、森本選手はショートゴロで二死となってしまうも、次の稲葉選手はフルカウントから4球ファールで粘った後の10球目をライトスタンドへと運び、これで1点を返して2−4。
この後は次の高橋選手がセカンドゴロで三死となってしまったが、この回は稲葉選手の粘りからのホームランで1点を返し、これで2−4と得点差を2点へと縮めた。

【5回裏】
ラミレス選手をセカンドライナー、谷選手をセカンドフライで二死とするも、ここから亀井選手にセンター前ヒット、阿部選手にはライト前にヒットされ、これで二死一三塁。
するとこの場面、次の李選手に対しては敬遠策を選び、これで二死満塁としたが、ここは続くゴンザレス投手をショートへのゴロで切って取り、これでこの回を無失点のままで終わらせた。

【6回表】
ここは糸井選手がレフトフライ、小谷野選手がセンターフライ、金子誠選手がピッチャーゴロで三者凡退。

【6回裏】
この回は3イニング目に入った江尻投手が、坂本選手をサードゴロ、寺内選手をレフトフライ、小笠原選手をショートゴロで三者凡退とした。

【7回表】
まず大野選手が空振り三振で倒れてしまうと、続いて代打で中田選手が登場も空振り三振。
するとここで読売はピッチャーを2番手の山口投手へと交代も、これに対して田中賢選手がショートゴロで三者凡退に終わってしまった。

【7回裏】
この回は日本ハム3番手の林投手が、ラミレス選手、谷選手を連続で空振り三振として二死としたものの、ここからまず亀井選手をフルカウントからの四球で歩かせてしまうと、続く阿部選手には左中間を深々と破られると、これがタイムリー二塁打となってしまい、これで1点を失って2−5。
この後は更に次の李選手を四球で歩かせて二死一二塁してしまったものの、ここは続く代打の木村拓選手を空振り三振で三死とした。
しかしこの回は阿部選手にタイムリーを打たれ、終盤に入って痛い失点を喫してしまった。

【8回表】
ここは読売3番手の越智投手に対し、代打の坪井選手が見逃し三振、稲葉選手が空振り三振で二死となってしまうと、ここから高橋選手、糸井選手が共にライト前にヒットを放ち、これで二死ながらも一二塁とチャンスを広げたが、続く小谷野選手がサードゴロに倒れてこの回を終えてしまった。

【8回裏】
この回は日本ハム4番手の宮本投手が、坂本選手をレフトフライ、寺内選手をセンターフライで二死とすると、次の小笠原選手は四球で歩かせてしまったが、ここは続くラミレス選手をセカンドゴロで三死とした。

【9回表】
3点を追っての最終回の攻撃は、読売4番手のクルーン投手に対して、先頭の金子誠選手はファーストライナーで倒れてしまうも、代打の稲田選手はセンター前にヒットを放って一死一塁。
しかしこの場面、続く村田選手はセカンドゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、最後は田中賢選手がサードへのフライで打ち取られ、これで試合終了となってしまった。


交流戦後半の最初の試合は、初回から早々に先制点を奪われてしまうと、最後まで追いつくことが出来ずに敗戦でのスタートとなってしまった。

先発の藤井投手は、立ち上がりからいきなりの3連打を浴びてしまうと、その後は守備の乱れからアウトカウントを増やし損ねる場面もあったが、結果的にはこの回だけで被安打6の4失点。
そんな中でも2回からは走者こそ出しながらも失点こそ免れるという内容ではあったが、3回裏に早々に代打を出されての交代で、結果的には3回を投げ、打者18人に対して62球、被安打8、与四死球1、奪三振1、失点4と、先発としては全くその役割を果たせないままに終わり、更には代打が送られた直後もベンチで笑顔でいる様子がテレビで流されてしまうなど、自覚の薄さも感じられる一番目だった。
また、これを継いだ2場面手の江尻投手は、3回を投げ、打者12人に対して42球、被安打3、与四死球1、奪三振0で無失点と、好リリーフを見せてくれたが、3番手の林投手は、2点差と追い上げての7回裏に1点を失ってしまい、この1点が試合の流れを完全に決めてしまう1点となってしまった。

打撃陣は、3回表にヒット3本を集中させて稲葉選手のタイムリーから1点を返すも、続く4回表には無死一二塁も無得点。
その後は5回表に今度は稲葉選手のホームランによる1点で追い上げ見せるものの、さらなる反撃はならないままに試合終了。
個々を見ると、タイムリーとホームランによる2安打の稲葉選手以外にも、糸井選手、小谷野選手が共に2安打でマチル安打を記録してチャンスを作っていったが、その後ろに並んだ金子誠選手、大野選手が共にノーヒットと、打線の流れが切れてしまった。
また、抜群の制球を誇るゴンザレス投手は常にストライク先行のピッチングだったが、そんな中でカウントがボール先行となると、ここからバットを出さずに待ってしまう場面が多々見受けられ、特に5回表に先頭打者として打席に入った田中賢選手はカウント0-3から3球続けてストライクを見逃しての三振と、まさにこの試合を象徴するような場面も見受けられた。


藤井投手のコメント
追い込むまでは良かったのですが、決め球が浮いてしまいました。出だしから追いかける展開にしてしまって、申し訳ないです。

稲葉選手のコメント (5回表、ライト・ソロホームラン)
スライダーでした。手応えは十分。特に何も考えず、打つことに集中していました。

中田選手のコメント (7回表、空振り三振)
スライダーはすごかった。でも状態は悪くないです。1打席しかないのでそう見られがちだけど。今は勉強っすね。(2軍に)落ちても、いちからやったらいいわけだし。

江尻投手のコメント
最後に3イニング投げたのはいつでしょうか。記憶にないです。絶対にマウンドは譲りたくないという気持ちを持って投げることが出来ました。高めのボールは確実にヒットにされていたので、走者を出してからはとにかくボールを低めに集めようとしました。強い当たりもありましたが、バックがしっかりと守ってくれました。

梨田監督のコメント
四球のない投手から4点はきつかったね。見逃せば四球を選べたかもしれないボールもいくつかあったし、リリーフが頑張ってくれただけに少しもったいないね。でも走者を出して何とか形にはなったね。キャッチャーのせいだけじゃないけど、亀井に打たれたヒット3本とも初球でしょ。簡単に打たせてしまってもったいなかった。

http://www.geocities.jp/yasu08262009/0605b.jpg
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事