やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
13連戦2つ目のカードは仙台に移動しての東北楽天との変則4連戦。
まずその最初の試合の先発は、北海道日本ハムがケッペル投手。東北楽天が永井投手。
 
【1回表】
初回の攻撃は、スケールズ選手がセカンドゴロで一死となってしまうも、ここからまず陽選手がレフト前ヒットで出塁すると、糸井選手は四球で歩き、更に中田選手がライト前ヒットで続いて一死満塁。
するとこの場面、続く稲葉選手はライト前にしっかりとタイムリーを弾き返し、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
しかしこの後なおも一死満塁からは小谷野選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに倒れてしまい、初回からの一死満塁のチャンスは、先制点こそ挙げながらも1得点に終わってしまった。
 
【1回裏】
早くも援護点をもらったケッペル投手の立ち上がりは、聖澤選手をピッチャーゴロで一死とするも、次の内村選手を四球で歩かせてしまうと、すぐに盗塁を決められて一死二塁。
しかしここはまず松井稼選手を空振り三振で二死とすると、山選手もピッチャーゴロと、後続をしっかりと断って三死とした。
 
【2回表】
この回は先頭のホフパワー選手がライトスタンドに約2ヶ月ぶりとなるホームランを運び、これで1点追加で2−0。
この後は今浪選手、鶴岡選手が共にセカンドゴロで二死となってしまうと、次のスケールズ選手はライトフェンス直撃の二塁打で出塁も、ここは陽選手がサードゴロで続けず。
しかしこの回はホフパワー選手のソロホームランにより、1点を追加して2−0とリードを広げた。
 
【2回裏】
岩村選手をピッチャーゴロ、ガルシア選手をサードゴロ、牧田選手をセカンドゴロで三者凡退。
 
【3回表】
糸井選手がレフトフライ、中田選手がセンターフライで早々に二死となってしまうも、ここからまず稲葉選手が右中間への二塁打で塁に出ると、次の小谷野選手のレフト前ヒットで稲葉選手が二塁から生還し、これで1点を追加して3−0とすると、更になおも二死一塁から、今度は続くホフパワー選手が2打席連続となるホームランを今度はバックスクリーンへと叩き込み、れで5−0。
この後は今浪選手がセカンドフライに倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーと、ホフパワー選手の2打席連続となる2ランのホームランで計3点を追加。
これで5−0とリードを広げた。
 
【3回裏】
先頭の嶋選手を四球で歩かせてしまうも、この後は中村選手をレフトフライ、聖澤選手を空振り三振、内村選手をショートゴロで打ち取ってこの回を終わらせた。
 
【4回表】
鶴岡選手がショートゴロで一死となってしまうと、次のスケールズ選手はライト前ヒットで出塁も、ここは続く陽選手がセカンドライナーで、一塁走者のスケールズ選手も戻れずにダブルプレー。
 
【4回裏】
この回はまず松井稼選手を空振り三振で一死とするも、ここから山選手のセンター前ヒットを皮切りに、岩村選手への四球とガルシア選手のレフト前ヒットで一死満塁。
しかしこの場面は続く牧田選手をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーに打ち取ってこの回も無失点のままに終わらせた。
 
【5回表】
糸井選手がセンター前ヒットで出塁も、中田選手は空振り三振、稲葉選手はセカンドライナーで二死一塁。
するとこの後、続く小谷野選手の打席では糸井選手が盗塁で二塁へと進塁も、ここは小谷野選手がセンターフライで続けず。
 
【5回裏】
嶋選手をファーストゴロで一死とするも、次の中村選手を四球で歩かせてしまうと、聖澤選手をファーストゴロで打ち取る間に進塁されて二死二塁。
するとこの場面、続く内村選手にレフト前にヒットされ、これで二死ながらも一三塁とされると、更に一塁走者の内村選手に盗塁で二塁へと進まれるも、ここは松井稼選手を見逃しの三振に仕留め、これで何とかこの回も無失点のままで三死とした。
 
【6回表】
先頭のホフパワー選手が四球を選んで塁に出ると、これを今浪選手が送りバントで進めて一死二塁。
するとこの後は、鶴岡選手がライトへのファールフライで二死となってしまうと、スケールズ選手も四球で歩くも、ここは陽選手が空振り三振で続けず。
 
【6回裏】
ここはまず山選手にライト線に二塁打を打たれてしまうと、岩村選手のセンターフライでタッチアップされて一死三塁。
するとこの後、更に次のガルシア選手を四球で歩かせてしまい、これで一死一三塁としてしまったものの、ここからは代打の横川選手を空振り三振、嶋選手を見逃し三振と後続をしっかりと切って取った。
 
【7回表】
東北楽天のピッチャーが2番手の井坂投手へと交代のこの回は、まず糸井選手が四球を選んで塁にに出ると、ここで中田選手がセンターオーバーの二塁打を放ち、この当たりで糸井選手が一塁から長駆生還して6−0。
そして更にの後、次の稲葉選手がファーストゴロに倒れる間に二塁走者の中田選手が三塁へと進むと、ここで小谷野選手は確実にライトに犠牲フライを上げ、これで更に1点追加で7−0。
この後走者がいなくなってからはホフパワー選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のタイムリーと小谷野選手の犠牲フライで2点を追加。これで7−0と更にリードを広げた。
 
【7回裏】
ここまで好投のケッペル投手に代わって2番手で石井投手が登板のこの回は、まず代打の中島選手をショートライナーで一死とすると、聖澤選手はセカンドゴロ、内村選手はライトフライで三者凡退の好リリーフ。
 
【8回表】
飯山選手がショートゴロで一死となってしまうと、次の鶴岡選手はレフト前ヒットで出塁も、この後はスケールズ選手が見逃し三振、陽選手がショートゴロと共に続けず。
 
【8回裏】
ここは続投の石井投手が、西村選手をショートゴロ、山選手を空振り三振で二死とすると、次の岩村選手にはレフト前ヒットで出塁され、更に盗塁で二塁へと進塁を許すも、続くガルシア選手を空振り三振に切って取って三死とした。
 
【9回表】
ここは先頭の杉谷選手がライト前にヒットを放って出塁も、この後は中田選手がセカンドフライ、代打の佐藤選手が空振り三振、小谷野選手がライトフライに倒れて三死となってしまった。
 
【9回裏】
7点の大量リードを持って迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の武田久投手が、横川選手をライトフライ、伊志嶺選手を空振り三振で二死とすると、最後は代打の高須選手を見逃し三振に切って取り、三者凡退でしっかりと締めて試合終了とした。
 

チームの連敗がようやくストップ。
東北楽天との4連戦の初戦をワンサイドゲームで制した。
 
今日は打線が活発に動き、初回からヒット3本を集中するなどして1点を先制すると、続く2回にはホフパワー選手のソロホームランで1得点。
更に次の3回には小谷野選手のタイムリーと、ホフパワー選手の2打席連続となるホームランで3点を挙げ、ここまでで早々に5点のリード。
そしてこの後も毎回走者を出す中で、7回には中田選手のタイムリーと小谷野選手の犠牲フライで2得点を追加し、チーム全体で13安打で7得点。

個々を見ても、ホフパワー選手がホームラン2本で3打点を挙げたのを筆頭に、スケールズ選手、中田選手、稲葉選手も2安打でマルチ安打と気を吐いた。
 
先発のケッペル投手は、6イニングを投げて106球と球数も多く、三者凡退も1度のみと決してピリッとした内容ではなかったものの、しっかりと容赦は締めての無失点で今季10勝目を達成。
またこれを継いだ石井投手、武田久投手もそれぞれ無失点で3投手での完封リレーとなった。
 

稲葉選手のコメント (1回表、ライト前タイムリー)
打ったのはフォーク。抜けたボールだったかな。いいところで打てた。みんなが作ってくれたチャンスだったし、こういう状況で先制点が取れたのは大きいと思う。(自身4試合ぶりのヒットに) 久しぶりだね。こういう1本をきっかけにしたいね。
 
ホフパワー選手のコメント
(2回表、ライト・ソロホームラン)
ワオ! いい感触だったし、素晴らしい気分だ。久しぶりにホームランが打てて本当にうれしいよ。でも、次の1本までには時間が掛からないようにしたいね。打ったのはフォーク。
(3回表、センター・2ランホームラン)
さっき言った通りになったね! 打ったのはストレート。一番腕が伸びて一番飛ばせるところにきたボールをしっかりと打つことができた。
(1本目は久々のホームランだったが) 久しぶりでした。ホームランを打った時は、いつでも最高の気分です。(2本目は) 待っていたストレートがちょうど来たので、それをうまくスタンドに運ぶことができました。チームが連敗中だったので、連敗を止めること、勝利に貢献することだけを考えてプレーしました。
 
小谷野選手のコメント (3回表、レフト前タイムリー)
1打席目に感触は悪くなかったんですが流れを止めてしまったので、チャンスで何とかしたいという思いがありました。稲葉さんが得点圏まで進んで気持ちを乗せてくれたお陰でもあるので、本当に感謝しています。体の切れが出て下が使えるようになり、いい感じでバットが振れるようになってきました。
 
ケッペル投手のコメント (6回、打者26、106球、被安打4、与四死球5、奪三振5、失点0、自責点0)
打線が序盤に点を取ってくれて、その中でもホフパワーの2ホームランが大きなサポートになったので、精神的に楽に投げることができた。湿度が高くてツーシームのコントロールが難しく、フォアボールを出してしまったけど、ピッチングの内容としては良かったと思う。
 
中田選手のコメント (7回表、センターオーバー・タイムリー二塁打)
数字は関係ない。でも打点だけはチームに貢献できているということだから嬉しい。
 
梨田監督のコメント
ホフィは9号を打った6月12日以来ということで、長かったと思ったら2本打ってくれましたね。昨日最後の打席で惜しい当たり (フェンス手前のセンターフライ) があって、1日遅れの誕生日プレゼントをもらった感じがします。連敗中はもがけばもがくほどはまっていくようなところがあり、連戦というものもあって正直難しかった。昨日の引き分けが大きかったと思いますし、全ての始まりが昨日であったと言いたいですね。
 
 
 

開く コメント(1)

2011/08/05
 
7月度の 「 日本生命月間MVP賞 」 が発表され、パ・リーグ野手部門で稲葉篤紀選手が選出された。
稲葉選手は2009年5月度以来、4度目の受賞。
 
   試合数   21
   打  数   77
   安  打   29
   本塁打   3
   打  点   13
   打  率   .377
 
 稲葉選手のコメント 
まさかいただけると思っていなかったので、素直にうれしいです。よく‘夏男’と言われますが、いつもと同じように準備をして試合に臨んでいるだけ。年齢を重ねて受賞することは若い人への刺激になるでしょうし、これからもいい手本、いい目標であり続けたいと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事