やっさん日記

都合により更新休止とさせていただきました。

2010 公式戦

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
今季レギュラーシーズンの最終戦は大阪に乗り込んでのオリックスとの一戦。
まずはこの試合に勝利し、同じくクライマックスシリーズ進出を狙う千葉ロッテに少しでも多くのプレッシャーをかけておきたい。
そんなこの試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。オリックスは中山投手。
 
【1回表】
まず初回の攻撃は、田中選手がセカンドゴロ、森本選手がセカンドフライ、稲葉選手がショートフライと、オリックス先発の中山投手に対して三者凡退となってしまった。
 
【1回裏】
対する武田勝投手の立ち上がりは、いきなり先頭の坂口選手に左の脛付近を直撃するピッチャー強襲の内野安打を打たれてしまうと、わずか6球で早くも一旦は治療の為にベンチに戻ったものの、無事にマウンドへと復帰。
するとこの後はまず次の森山選手を見逃し三振で一死とすると、後藤選手は空振り三振、カブレラ選手はサードゴロと、後続をしっかりと切って取って、アクシデントこそありながらもまずは初回を無難に無失点で終わらせた。
 
【2回表】
ここは先頭の小谷野選手がライト前ヒットで出塁すると、これを糸井選手が確実に送って一死二塁。
するとこの場面、まず次の陽選手が右中間を破るタイムリー二塁打を放ってまず1点を先制すると、更になおも一死二塁から、続く中田選手がライト線にタイムリーとなる二塁打を放ち、これで2−0。
この後は大野選手がライトファールフライ、飯山選手がセンターフライに倒れて三死となってしまったが、この回は陽選手、中田選手の連続タイムリーにょってまずは北海道日本ハムが2点の先制点を挙げることに成功した。
 
【2回裏】
援護点をもらった直後の武田勝投手のこの回は、北川選手、バルディリス選手を共にをショートゴロで二死とすると、バイナム選手は空振り三振で三者凡退とした。
 
【3回表】
田中選手がショートフライ、森本選手が空振り三振で二死となってしまうと、稲葉選手はセンター前ヒットで出塁も、ここは小谷野選手が空振り三振で続けず。
 
【3回裏】
伊藤手をサードゴロで一死とすると、荒金選手、坂口選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【4回表】
糸井選手が見逃し三振、陽選手がセカンドフライ、中田選手がレフトフライで三者凡退。
 
【4回裏】
ここはまず森山選手をセカンドゴロで一死とすると、次の後藤選手にはセンター前にヒットを打たれるも、続くカブレラ選手はサードゴロで5-4-3のダブルプレーで切って取った。
 
【5回表】
この回はまず大野選手がレフト前ヒットで出塁すると、飯山選手はしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の田中選手のセンターフライで二塁走者の大野選手が三塁へと進塁すると、ここで森本選手が詰まった当たりながらもライト前へとしぶとくヒットを放ち、これがタイムリーとなって3−0。
この後なおも二死一塁からは稲葉選手がファーストゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は森本選手のタイムリーによって1点を追加し、これで3−0とリードを広げた。
 
【5回裏】
北川選手をライトフライ、バルディリス選手を空振り三振で二死とすると、ここで次のバイナム選手には右中間に二塁打を打たれてしまうも、続く伊藤選手をセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【6回表】
ここは小谷野選手がライトフライ、糸井選手がセンターフライで二死となってしまうも、ここからまず陽選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、すぐに盗塁を決めて二死塁へと進塁。
するとこの場面、次の中田選手はレフト線にタイムリー二塁打を放ち、これで1点追加で4−0。
この後なおも二死二塁からは、大野選手が四球を選んで歩きながらも飯山選手がサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手のこの試合2本目となるタイムリーで1点を追加し、これで4−0とした。
 
【6回裏】
荒金選手をショートゴロで一死とすると、坂口選手、森山選手は共にセカンドゴロで三者凡退とした。
 
【7回表】
先頭の田中選手がセンター前ヒットで出塁すると、ここは次の森本選手が送りバントを決めて一死二塁としたものの、この後は稲葉選手がレフトフライ、小谷野選手が空振り三振と共に続けず。
 
【7回裏】
ここはまず先頭の後藤選手に糸前にヒットを打たれると、ここで北海道日本ハムはピッチャーを2番手の建山投手へと交代。
するとこの場面、建山投手はまずカブレラ選手を空振り三振、北川選手をショートゴロで二死とすると、ここで次のバルディリス選手にはセンター前にヒットされてしまうも、続くバイナム選手を空振り三振で仕留めてこの回を終わらせた。
 
【8回表】
この回はオリックス2番手の比嘉投手に対して、糸井選手がセンターフライ、陽選手がセカンドゴロ、中田選手がレフトフライで三者凡退。
 
【8回裏】
北海道日本ハムのバッテリーがダルビッシュ投手と鶴岡選手とへ交代のこの回は、まず今日が引退試合となり、代打で登場の塩崎選手にライト前にヒットを打たれるも、同じく代打のT-岡田選手は空振り三振で一死一塁。
するとこの後、続く坂口選手には三塁線に痛烈な当たりの打球を打たれるも、これはサード小谷野選手が横っ飛びのダイレクトキャッチで二死とすると、更に次の森山選手もピッチャーゴロで切って取り、これでこの回を無失点のままに終わらせた。
 
【9回表】
オリックスのピッチャーが3番手の西投手へと交代のこの回は、高口選手がレフトフライ、飯山選手が空振り三振、田中選手がサードゴロで三者凡退。
 
【9回裏】
4点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の宮西投手が、まず後藤選手を空振り三振で一死とすると、この後は更に交代の武田久投手が、カブレラ選手を空振り三振、北川選手をサードゴロとしっかりと切って取って試合終了とした。
 
今季のレギュラーシーズン最終戦を5投手の完封リレーで制し、まずはクライマックスシリーズ進出に向けてまた一歩前へと進んだ。
 
先発の武田勝投手は、初回に先頭の坂口選手の打球の直撃を受け、いきなり治療でベンチへと戻るアクシデントがあったものの、無事にマウンドへと戻ると6回0/3を投げて、打者21人対して被安打4、与四死球0で無失点の好投。
するとこの後、2番手以降は、建山投手、ダルビッシュ投手、宮西投手、武田久投手が残りの3イニングを無失点リレーで繋いだ。
 
打線は、2回表に陽選手、中田選手の連続タイムリーで2点を先制すると、5回表には森本選手、そして続く6回表には中田選手のこの試合2本目となるタイムリーで追加点を挙げ、これで4得点としっかりと機能した。
今日の試合を持って今季のレギュラーシーズンの全試合を終了。

一時は借金が14まで増えてしまったものの、最終的には貯金を7まで伸ばし、まずは3位となった。
あとは0.5ゲーム差で4位にいる千葉ロッテが残り2試合で1敗でもすれば北海道日本ハムの3位が確定し、クライマックスシリーズへの進出が決まることとなる。
 
新聞紙上ではダルビッシュ投手のメジャーリーグ挑戦が明らかになったなどという報道も出ているが、まずはファンとしてはクライマックスシリーズへの進出を信じ、そしてダルビッシュ投手が来季以降もこのまま北海道日本ハムで活躍してくれることを信じるのみである。
 
陽選手のコメント (2回表、右中間タイムリー二塁打)
糸井さんがしっかり送ってくれたし、何とかしたいという気持ちで打席に立ちました。最終戦ですし、こういう大事な試合なので先に点を取りたかった。積極的に振っていきました。
 
中田選手のコメント (2回表、ライト線タイムリー二塁打)
打ったのはチェンジアップ。いいところに落ちてくれました。ヒットが出てホッとしましたし、大切な試合で打点を稼げてすごく嬉しいです。
(今季は) ここまで打てるとも思ってなかったし、まずここまで試合に出してもらえると思ってなかったので、今以上にもっとレベルを上げていきたいと思います。
 
森本選手のコメント (5回表、ライト前タイムリー)
CSとBSの違いがよく分からないぜヒッツ!!
 
武田勝投手のコメント (6回0/3、打者21、92球、被安打4、与四死球0、奪三振6、失点0、自責点0)
シーズン最後の登板で大事な試合ということも分かっていたので最初から飛ばしていきました。(打球の直撃はあったが) 幸い当たり所がよかった。それで逆に開き直って思い切りいけたところもあると思います。
 
ダルビッシュ投手のコメント (1回、打者4、12球、被安打1、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
どこかのチームの負けを願うのは好きじゃない。でも、それしかないですから。いい結果になればいいと思います。
(今季は) イニングもたくさん投げれたし、防御率もそこそこ良かったのでまぁまぁかなと思いますけど、あまり勝てなかったのがちょっと良くないかなと思います。
(クライマックスシリーズには) 出れるものだと思って、心も切らないでしっかり準備していきたいと思います。
 
小谷野選手のコメント (8回裏、三塁線への打球を好捕)
そんなに跳んでました? ファインプレーを当たり前のプレーに見せられるよう、ずっと守ってきました。
昨年の自分越えというのを目標にしてやってきたので、それを達成できたことに関しては自分的には良かったかなと思います。
やるべきことはやったので、あとは待つだけなので、どうなるか分からないけど、準備だけはしておこうと思います。
 
田中選手のコメント
負けている時でも (ファンは) たくさん来てくれましたし、温かい言葉とかは本当に選手の中にすごい心に響いたので、本当にファンの方々のおかげでここまで来れたなという思いは強いです。
とにかく (クライマックスシリーズに) 行くつもりでしっかり準備して、あとはみんなで祈りましょう。
 
稲葉選手のコメント
諦めないという応援が一番の僕らの後押しになりました死、特に札幌ドームではいつもいつもたくさんの方が来てくれて、本当にそのおかげですね、今年は。
最下位から這い上がったチームですから、怖いもの無しで思い切ってぶつかっていたいと思いますし、そのチームがクライマックスに勝って、日本シリーズに出て、日本一になったという伝説というものを作れたらと思いますし、やってやろうという気持ちでいっぱいです。
 
梨田監督のコメント
開幕直後から大変で、怪我人も多かったけどでも最後にはなんとかここまでこれたという感じです。先発投手にアクシデントがあった時に榊原が緊急登板ながらもいいピッチングをして勝ち星を重ねてくれたのがチームに勢いをくれましたね。中田や陽と若手が少しずつ階段を登り始めています。シーズン後半には色々なことが咬み合ってきて、バントの数も多かったけどみんな自分を犠牲にしてチームの為に戦ってくれました。うちに出来ることはもう何も無いので、クライマックスシリーズに出場できると信じて準備をするだけです。
 
 
今季も大阪での1試合を残すのみで、埼玉西武を札幌ドームに迎えての今日が本拠地での最終戦。
この試合の先発は、北海道日本ハムがケッペル投手。埼玉西武が石井一投手。
 
【1回表】
まずケッペル投手の立ち上がりは、いきなり先頭の栗山選手を四球で塁に出してしまうも、阿部選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
するとこの後、続く中島選手にはライト前にヒットされ、これで再び走者を塁に抱えてしまうも、ここは次のフェルナンデス選手をセンターフライで切って取って三死とした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、田中選手はセカンドゴロで倒れて一死となってしまうも、次の森本選手がサード石井義選手を強襲するヒットで出塁すると、すぐに盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの場面、次の稲葉選手はピッチャーゴロに倒れてしまうも、この間に森本選手が三塁へと進塁すると、ここで小谷野選手がピッチャー返しの打球をセンター前へと運び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死一塁からは、糸井選手がフルカウントから四球で歩いて二死一二塁としながらも、陽選手がファーストファールフライで倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーにより、初回から幸先良く先制点を挙げることに成功した。
 
【2回表】
ここは中村選手をピッチャーゴロ、石井義選手をサードゴロで二死とするものの、ここからまず高山選手にライト前にヒットされると、大島選手にはセンター前にヒットを打たれて二死一二塁。
するとこの場面、更に続く細川選手には三遊間をレフト前にヒットされると、この当たりで二塁走者の高山選手が一気に本塁へと突入してくるも、これはレフト森本選手からの好返球で高山選手をタッチアウトとし、これでこの回を何とか無失点のままに終わらせた。
 
【2回裏】
中田選手、大野選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、飯山選手はショートゴロで三者凡退。
 
【3回表】
先頭の栗山選手にショートに内野安打を打たれてしまうと、次の阿部選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、中島選手は空振り三振で二死としたものの、続くフェルナンデス選手にはセンター前にタイムリーとなるヒットを打たれてしまい、これで1−1の同点。
なおこのプレーでセンター糸井選手からの返球をファースト稲葉選手がカットすると、これで打者走者のフェルナンデス選手をタッチアウトとして三死としたが、この回はそのフェルナンデス選手のタイムリーによって1点を奪われ、これで1−1の同点へと追いつかれてしまった。
 
【3回裏】
ここはまず田中選手がサードへの内野安打で出塁するも、次の森本選手は送りバントを打ち上げてしまってのキャッチャーファールフライで一死となってしまうと、稲葉選手もセカンドフライに倒れて二死一塁。
しかしこの後、続く小谷野選手の打席では、まず田中選手が盗塁を成功させて自ら二塁へと進むと、更に小谷野選手は四球を選んで二死ながらも一二塁とするも、ここは糸井選手が見逃し三振で倒れて三死となってしまった。
 
【4回表】
北海道日本ハムが早くもピッチャーをケッペル投手からウルフ投手へと交代したこの回だったが、ここは先頭のフェルナンデス選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−2と埼玉西武が逆転。
この後は石井義選手をセカンドゴロ、高山選手をライトフライ、大島選手を空振り三振と共に切って取って三死としたが、この回はウルフ投手がその代わり端を捕らえられ、フェルナンデス選手のソロホームランによって1−2と勝ち越しを許してしまった。
 
【4回裏】
ここはまず陽選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、次の中田選手はセンターフライで一死となってしまうも、続く大野選手が四球で歩いて一死一三塁とすると、ここで続く飯山選手がライト前にタイムリーヒットを弾き返し。これで2−2の同点。
そして更になおも一死一二塁から、今度は次の田中選手がセンター前にヒットを放つと、これで二塁から大野選手が生還し、3−2と逆転に成功。
この後は森本選手がレフトフライで二死となってしまうも、稲葉選手がストレートの四球で歩いて二死ながらも満塁とチャンスを広げたが、ここは続く小谷野選手がここで交代の小野寺投手の前にサードゴロで倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は飯山選手、田中選手の連続タイムリーによって2点を挙げ、これで3−2と逆転に成功した。
 
【5回表】
細川選手をサードゴロで一死とするも、次の栗山選手にセンター前にヒットを打たれると、阿部選手には一死から送りバントを決められて二死二塁。
しかしここは続く中島選手をサードゴロで切って取り、これでこの回を終わらせた。
 
【5回裏】
糸井選手、陽選手が共にセカンドゴロで二死となってしまうと、中田選手はショートゴロで三者凡退。
 
【6回表】
この回はまずフェルナンデス選手をセカンドフライで一死としたものの、次の中村選手にはバックスクリーンに2打席連続となるソロホームランを運ばれてしまい、これで3−3とまたも同点。
この後は更に石井義選手にレフト前にヒットされてしまいながらも、高山選手はセンターフライ、大島選手はライトフライで打ち取って三死としたが、この回は中村選手の2打席連続の 「 おかわり 」 によって1点を奪われ、これで3−3の同点とされてしまった。
 
【6回裏】
ここは大野選手、飯山選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、田中選手はセカンドゴロで三者凡退。
 
【7回表】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の榊原投手へと交代のこの回は、まず細川選手を空振り三振で一死としたものの、ここから栗山選手、阿部選手に続けてセンター前にヒットされてしまうと、中島選手はストレートの四球で歩かせてしまって一死満塁。
しかしこの場面、北海道日本ハムはピッチャーをすぐに榊原投手から建山投手へと交代すると、ここはフェルナンデス選手をセカンドフライ、中村選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取り、好リリーフでこの大ピンチを無失点で乗り切った。
 
【7回裏】
埼玉西武のピッチャーが3番手の岡本篤投手へと交代のこの回は、森本選手がセカンドゴロ、稲葉選手がファーストゴロで二死となってしまいながらも、ここから小谷野選手、糸井選手がいずれも四球を選んで歩き、これで二死ながらも一二塁とチャンスを作るも、ここは続く陽選手がサードへのゴロで倒れて三死となってしまっちた。
 
【8回表】
ここは北海道日本ハム5番手の林投手が、まず代打の浅村選手をセンターフライで一死とすると、次の高山選手にはレフト前にヒットされるも、この後は代打の佐藤選手をライトフライ、細川選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取った。
 
【8回裏】
代打の坪井選手がセカンドゴロ、大野選手がショートゴロで二死となってしまうと、飯山選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは田中選手がレフトフライで続けず。
 
【9回表】
この回は続投の林投手が、まず栗山選手をショートゴロ、阿部選手をセンターフライで二死とすると、次の中島選手にはここで交代の武田久投手がセンター前にヒットされるも、続くフェルナンデス選手はサードゴロで切って取って三死とした。
 
【9回裏】
ここは埼玉西武4番手のシコースキー投手に対して、まず森本選手がセンター前ヒットを放って出塁すると、次の稲葉選手は右足に死球を受けて無死一二塁。
するとこの場面、続く小谷野選手が送りバントを試みながらも、これがピッチャーゴロで三塁フォースアウトとなってしまったものの、更に次の糸井選手が初球を叩くと、これがレフトフェンスを直撃するタイムリー二塁打となり、これで二塁から稲葉選手が生還してサヨナラ勝利となった。
 
手に汗握る接戦も、最後は糸井選手のタイムリーによって、今季の本拠地最終戦を劇的なサヨナラ勝利で飾った。
 
試合が動いたのは1回裏。
二死三塁からまず小谷野選手がタイムリーを放って幸先良く1点を先制して試合の主導権を握るも、北海道日本ハム先発のケッペル投手がこれを守れず、まず3回表にフェルナンデス選手のタイムリーによって1−1の同点とされてしまうと、更に続く4回表には2番手のウルフ投手が登板直後に中村選手にソロホームランを浴びて1−2と埼玉西武が逆転。
しかしその直後の4回裏には飯山選手、田中選手の連続タイムリーで3−2と再逆転したものの、ウルフ投手は3イニング目に入った6回表に中村選手に2打席連続のホーム人を打たれ、これで3−3とまたも同点となってしまうも、この同点から9回裏に糸井選手がサヨナラタイムリーを放ち、これでサヨナラ勝ち。
 
投手陣ではケッペル投手が3回で早々に交代して先発としての役割を十分に果たしきれずに終わってしまうと、2番手のウルフ投手も中村選手に2本のホームランを浴びる結果。
そして更には3番手の榊原投手が一死満塁のピンチを作っての降板と、厳しい展開が続いたものの、ここからはまずこのピンチを建山投手が好リリーフで無失点とすると、この後も林投手、武田久投手が無失点リレーでつないで9回を終わらせた。
 
打線は田中選手、森本選手、飯山選手が揃って2安打でマルチ安打を記録する中で、3回には森本選手、9回には小谷野選手がそれぞれ送りバントを失敗し、昨日の試合と同じような結果を予想させてしまうも、最後はここ数試合いいところが全くなかった糸井選手が劇的なサヨナラタイムリーで試合を決めてくれた。
 
今日はデイゲームで3位の千葉ロッテが敗戦。
これによって北海道日本ハムが再び単独の3位へと浮上した。
また、2井野埼玉西武の敗戦により、リーグ優勝へのマジックを1としていた福岡ソフトバンクの7年ぶりのリーグ制覇が決定した。
 
小谷野選手のコメント (1回裏、センター前タイムリー)
打ったのはフォーク。ピッチャー方向に打ち返すことしか考えてませんでした。1回に点が取れたのは久しぶりですよね? 自分にも期するものがありましたから。
 
ケッペル投手のコメント (3回、打者13、46球、被安打6、与四死球1、奪三振1、失点1、自責点1)
クライマックスシリーズが既に始まっているような雰囲気の中、今日持っている全てを出せたと思います。残念ながら思うように打ち取ることが出来ませんでしたが、素晴らしい守備に助けられて1失点で切り抜けられました。
 
飯山選手のコメント (4回裏、ライト前タイムリー)
ああいうチャンスで何とか1点を取らないとダメだという気持ちで打席に立ちました。うまく打てました。
 
田中選手のコメント (4回裏、センター前タイムリー)
前の打者がいいチャンスを作ってくれた。気持ちで打った1本です。
 
建山投手のコメント (2/3回、打者2、6球、被安打を、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
4、5番だったけど、臆することなく投げました。抑えれば称賛を浴びるし、打たれたら批判を浴びるけれど、こういう場面で投げられるのは幸せなことです。
 
糸井選手のコメント (9回裏、レフトオーバー・サヨナラタイムリー二塁打)
昨日は完全に僕のミミスで負けた。ふがいない打席も続いていました。久々に芯に当たったし、勝ってほっとしました。
今一番頼れる小谷野さんが必死で送ろうとしてくれました。僕が絶対に決めてやろうと思いました。
 
梨田監督のコメント
9回の場面はたとえ打点王が打者でもバントしないといけないところ。いいバントだったんだけどね。昨日もそうだけど送りバント失敗があったけどミスはつきもの。切り替えるしか無い。今日の場面では結果的に糸井が打ってくれて良かった。ホーム最終戦で、満員のお客さんの中勝つことができて良かった。出足が悪かったのによくここまでこれたなという感じ。最終戦も全員野球で行きます。
 
 
今日は札幌ドームに、リーグ優勝までのマジックを2としてる福岡ソフトバンクを迎えての一戦。
この試合の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ投手。福岡ソフトバンクが杉内投手と、今季最後のエース対決となった。
 
【1回表】
ダルビッシュ投手の立ち上がりは、先頭の川選手に三遊間深くへの当たりをショート内野安打とされてしまうと、本多選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの後、まず松中選手を四球で歩かせてしまうと、小久保選手はキャッチャファールフライで二死としたものの、多村選手に対しては死球をぶつけてしまって二死満塁。
そしてこの後、続くペタジーニ選手に対してはフルカウントから内角いっぱいの変化球を投じると、これにはペタジーニ選手も手が出ず、見逃し三振で何とかこの初回からのピンチを無失点で終わらせた。
 
【1回裏】
杉内投手に対する初回の攻撃は、田中選手がセカンドゴロ、森本選手がショーどころ、稲葉選手がピッチャーゴロと、3つの内野ゴロで三者凡退となってしまった。
 
【2回表】
ここはまず松田選手をショートゴロで一死とすると、長谷川選手、田上選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【2回裏】
この回は先頭の小谷野選手のカウント1-0からの1球目に対する打球がレフトポールの上を通過するような大飛球となると、これがビデオ判定となったもののファールとなって試合再開。
するとこの後、小谷野選手はフルカウントからの変化球を三遊間を破るレフト前ヒットとして塁に出たものの、次の糸井選手が送りバントを試みながらもピッチャーゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、この後は陽選手が空振り三振、中田選手が見逃し三振と共に続けずに三死となってしまった。
 
【3回表】
川選手、本多選手を共にショートゴロで二死とすると、次の松中選手には左中間に二塁打を打たれるも、ここは続く小久保選手のバットをへし折ってのファーストゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【3回裏】
鶴岡選手が空振り三振、飯山選手がライトフライ、田中選手がピッチャーゴロで三者凡退。
 
【4回表】
多村選手、ペタジーニ選手を共に空振り三振で二死とすると、ここから次の松田選手にレフト前にヒットされ、更に盗塁で二塁とへと進まれてしまったものの、ここは続く長谷川選手を空振り三振で切って取って三死とした。
 
【4回裏】
森本選手がショートゴロ、稲葉選手が見逃し三振で二死となってしまうと、次の小谷野選手は左中間に二塁打を放って出塁も、ここは糸井選手がサードファールフライで続けず。
 
【5回表】
この回は田上選手、川選手、本多選手を3者連続空振り三振。
 
【5回裏】
陽選手がショートゴロ、中田選手がセンターフライで二死となってしまうと、次の鶴岡選手は右中間に二塁打を放ち、これで二死ながらもランナー二塁とチャンスを作ったものの、ここは飯山選手が空振り三振で続けず。
 
【6回表】
松中選手をキャッチャーファールフライ、小久保選手を空振り三振で二死とすると、多村選手には左中間に二塁打を打たれるも、ここは続くペタジーニ選手を空振り三振とした。
 
【6回裏】
田中選手が空振り三振、森本選手がセカンドゴロ、稲葉選手が空振り三振で三者凡退。
 
【7回表】
この回はまず松田選手をセカンドゴロで一死としたものの、次の長谷川選手を死球で塁に出してしまうと、田上選手には一死から送りバントを決められて二死二塁。
するとこの場面、次の川選手には詰まりながらもショートの頭上を越えるヒットを打たれると、この当たりで二塁走者の松田選手に生還され、これでついに0−0の均衡が崩れて福岡ソフトバンクが先制。
この後なおも二死二塁からは本多選手を空振り三振で三死としたが、この回は死球から作ったピンチで川選手にタイムリーを打たれ、これで0−1と福岡ソフトバンクに1点を奪われてしまった。
 
【7回裏】
先頭の小谷野選手がこの試合3本目となるヒットをライト前に放って出塁するも、糸井選手は送りバントを打ち上げてしまってのピッチャーフライで一死一塁。
するとこの後、次の陽選手は見逃し三振で二死となってしまいながらも、続く中田選手の打席では杉内投手のワイルドピッチによって一塁走者の小谷野選手が一気に三塁まで進むも、ここは中田選手がショートフライで打ち取られてこの回を無得点のままに終えてしまった。
 
【8回表】
ここは松中選手をピッチャーゴロ、小久保選手をショートゴロ、多村選手をサードゴロで三者凡退。
 
【8回裏】
鶴岡選手がレフトファールフライ、飯山選手がセカンドゴロ、田中選手が見逃し三振で三者凡退。
 
【9回表】
ここはペタジーニ選手をライトフライ、松田選手をレフトフライ、長谷川選手をショートゴロで三者凡退として、味方の最終回の反撃を待つ形となった。
 
【9回裏】
最終回の攻撃は、まず先頭の森本選手が二遊間を破るセンター前ヒットで出塁したものの、次の稲葉選手は送りバントを決められずに打ちにいくもライトフライ。
するとこの後、続く小谷野選手はファールで粘った末に四球を選び、これで一死一二塁と何とかチャンスを広げたものの、最後は糸井選手がカウント0-1からの外角への変化球を引っ掛け、セカンドゴロで4-6-3のダブルプレーに倒れて試合終了となってしまった。
 
エース対決での手に汗を握るような投手戦を落とし、痛恨の敗戦で4位に後退となってしまった。
 
先発のダルビッシュ投手は、初回からいきなりヒットと四死球などで二死満塁のピンチを作ってしまいながらも、これを何とか無失点で切り抜けると、その後は尻上がりのピッチングで6回までで11奪三振の好投。
しかし7回表には死球をきっかけに二死二塁の場面を迎えてしまうと、ここで川選手に詰まりながらもレフト前にタイムリーを運ばれてしまい、これが決勝点。
今日は9回を投げ切って146球、被安打5、与四死球3、奪三振12と素晴らしいピッチングを見せながらも悔しい黒星となってしまった。
 
打線は、2回裏に小谷野選手がビデオ判定の直後の打ち直しでヒットを放って出塁も、ここで糸井選手が送りバントを失敗すると、7回裏にも同じくヒットで出塁の小谷野選手を糸井選手が送りバント失敗で送れず。
そして更には9回裏には今度は稲葉選手が送りバントを決め切れずに凡退してしまうと、最後は糸井選手がダブルプレーで試合終了と、結局最後まで杉内投手を攻略できず。
結局はしっかりとこなしていかなければならないプレーを決められなかった方に勝利が転がることはなかった。
 
個々を見ても小谷野選手がヒット3本を放って1人で気を吐いたものの、チーム全体でわずかに5安打と杉内投手の前に沈黙。
その杉内投手は試合後のヒーローインタビューで大粒の涙を流し、この史上稀に見ぬ大混戦におけるそれぞれのチームの事情を改めて感じさせられた。
 
これでデイゲームで勝利していた千葉ロッテに再び追い抜かれ、0.5ゲーム差ながらもまたも4位へと一歩後退してしまった。
 
小谷野選手のコメント (2回裏、大飛球がビデオ判定の末にファール)
審判がファールと言えばファール。仕方ないです。
 
ダルビッシュ投手のコメント (9回、打者35、146球、被安打5、与四死球3、奪三振12、失点1、自責点1)
杉内さんもいいピッチングをしていたので、負けないようにと思って投げました。(12奪三振は) 2ストライクに追い込んでからいいところに行ったから。今日はまっすぐがよかったですね。やれることはやった試合なので仕方ないと思います。28日のオリックス戦でも心の準備はしておきたいと思います。
 
梨田監督のコメント
ダルも立ち上がり緊張していたのかピンチを背負ったんだけど、そこを切り抜けて。エース同士の対決、見ごたえがありました。杉内はまっすぐの伸びがよかった。送れるところを送れなかったのが痛かった。(小谷野選手の大ファールは) 三塁ベンチから見たら入っているように見えたが。こういう問題は難しい。明日も全員野球で勝ちに行くだけです。
 
今日は仙台に入っての東北楽天との今季最終戦。
また、北海道日本ハムが試合のなかった昨日のうちに3位の千葉ロッテが敗れ、これで今日の試合を前に再び3位タイとなっている。
こうして迎えるこの試合の先発は、北海道日本ハムが木田投手。東北楽天が岩隈投手。
 
【1回表】
初回の攻撃は、田中選手が四球を選んで塁に出るも、次の森本選手は送りバントを決められず、2ストライクから打っていくもサードゴロで二塁フォースアウト。
するとの後はまず稲葉選手が空振り三振に倒れて二死となってしまうと、小谷野選手もショートゴロで続けず、これで三死となってしまった。
 
【1回裏】
木田投手の立ち上がりは、まず先頭の渡辺直選手は空振り三振で一死としたものの、ここから桝田選手、聖澤選手をいずれも四球で歩かせてしまうと、続く山武選手にはレフト前にタイムリーヒットを弾き返され、これで早くも東北楽天に先制の1点。
更にこの後なおも一死一二塁からは、次のルイーズ選手の打席でダブルスチールを決められ、これで一死二三塁とピンチを広げてしまったものの、ここからはルイーズ選手、中川選手を共に空振り三振で切って取り、これで何とか立ち上がりのこの回を最少失点のみで終わらせた。
 
【2回表】
糸井選手がセンターフライで倒れて一死となってしまうと、二岡選手はレフト前にヒットを放って出塁も、この後は陽選手が空振り三振、大野選手がセンターフライと共に続けず。
 
【2回裏】
この回は先頭の牧田選手にライトフェンス直撃の三塁打を打たれ、これでいきなり無死三塁のピンチを迎えてしまうと、この後はまず平石選手をファーストゴロ、井野選手をセカンドフライで二死としたものの、次の渡辺直選手をストレートの四球で歩かせてしまったところで、ピッチャーは木田投手から榊原投手へと交代。
するとこの場面、榊原投手は次の桝田選手を空振り三振で切って取り、これでこの回の無死三塁のピンチを無失点のままに終わらせた。
 
【3回表】
ここは飯山選手のライト前ヒットと田中選手のレフト前ヒットで無死一二塁のチャンスを作ると、ここで森本選手は確実に送りバントを決めて一死二三塁。
するとこの場面、次の稲葉選手がライト前にヒットを放つと、この当たりで三塁走者の飯山選手に続いて二塁から田中選手も一気に生還し、2点を返して2−1と逆転。
この後一死二塁からは、まず小谷野選手がファーストファールフライで二死となってしまうと、次の糸井選手の打席では稲葉選手が盗塁で二塁へと進むと、更に糸井選手か四球で歩いて二死一二塁とするも、ここは二岡選手が空振り三振で倒れて三死となってしまった。
 
【3回裏】
この回は先頭の聖澤選手にレフトにヒットを打たれるも、この当たりで一気に二塁を狙った聖澤選手をタッチアウトとすると、次の山武選手は空振り三振で二死走者無し。
するとこの後、続くルイーズ選手にはサードに内野安打され、これで二死一二塁とされるも、ここは中川選手を空振り三振で切って取ってこの回を終わらせた。
 
【4回表】
陽選手がセカンドゴロで一死となってしまうと、大野選手、飯山選手は共に空振り三振で三者凡退。
 
【4回裏】
ここは更に続投の榊原投手が先頭の牧田選手に左中間スタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで2−2の同点。
しかしこの後は平石選手をレフトファールフライ、井野選手をライトフライ、渡辺直選手を空振り三振と後続はいずれも切って取ってこの回終わらせた。
 
【5回表】
田中選手がセカンドゴロで一死となってしまうと、森本選手はセンター前にヒットを放って出塁も、この後は稲葉選手がサードゴロ、小谷野選手が見逃し三振と共に続けず。
 
【5回裏】
桝田選手をレフトフライ、聖澤選手をファーストゴロ、山武選手をショートゴロで三者凡退。
 
【6回表】
この回は糸井選手、二岡選手が立て続けに死球を受けて塁に出ると、次の陽選手のファースト方向への送りバントが内野安打となり、これで無死満塁。
するとこの場面、ここから大野選手、飯山選手は共に空振り三振で二死となってしまったものの、続く田中選手のピッチャー返しの打球はセンター前へと抜ける2点タイムリー二塁打となり、これで4−2と勝ち越し。
この後なおも二死一三塁からは森本選手がショートゴロで倒れて三死となってしまったが、この回は田中選手の2点タイムリーにより、4−2と北海道日本ハムが勝ち越しに成功した。
 
【6回裏】
ここはルイーズ選手をレフトフライ、中川選手をライトフライ、牧田選手を空振り三振で三者凡退。
 
【7回表】
東北楽天のピッチャーが2番手の佐竹投手へと交代のこの回は、先頭の稲葉選手はレフトフライで一死となってしまうも、次の小谷野選手がレフト前ヒットで出塁すると、これを一死から糸井選手が送りバントで進めて二死二塁。
するとこの場面、代打で中田選手が登場したものの、ここは空振り三振に倒れてこの回を終えてしまった。
 
【7回裏】
この回は先頭の平石選手にセンター前にヒットを打たれるも、代打の中村真選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
しかしこの後、続く渡辺直選手にライト前にヒットを打たれると、ここでピッチャーは榊原投手から宮西投手へと交代も、その宮西投手は次の桝田選手をしっかりと見逃し三振で切って取り、これでこの回も無失点のままに終わらせた。
 
【8回表】
東北楽天バッテリーが木谷投手と中谷選手へと交代のこの回は、まず陽選手がセカンドゴロで一死なってしまうも、次の大野選手がサード中川選手のエラーで出塁すると、飯山選手は送りバントを決めて二死二塁。
しかしこの場面は次の田中選手が唐ぶり三振に倒れて三死となってしまった。
 
【8回裏】
ここはまず続投の宮西投手が聖澤選手をセカンドゴロで一死としたところでピッチャーが建山投手へと交代。
するとこの後、建山投手はまず山武選手を見逃し三振で二死とすると、次のルイーズ選手は四球で歩かせてしまうも、ここは続く中川選手歩空振り三振で仕留めて三死とした。
 
【9回表】
この回は東北楽天4番手の土屋投手に対して、森本選手が空振り三振、稲葉選手がセカンドゴロ、小谷野選手がセンターフライで三者凡退。
 
【9回裏】
2点のリードを持ち、バッテリーが武田久投手と鶴岡選手へと交代して迎えた最終回は、牧田選手をファーストゴロ、平石選手をショートゴロで二死とすると、最後は代打の内村選手をファーストゴロで切って取り、三者凡退でしっかりと締めて試合終了とした。
 
3位タイとして迎えたこの試合を逆転勝ちで制し、これであと3試合を残して再び単独3位へと浮上した。
 
先発の木田投手は、初回から2四球で作ったピンチから先制点を奪われてしまうと、続く2回には二死一三塁のピンチを作ってしまったところで早々の降板となり、8月12日以来の1軍の先発のマウンドでその期待に応えることは出来なかった。
しかしこれを継いで2番手で登攀の榊原投手は、味方打線が一度は逆転してくれた中で4回裏には牧田選手にソロホームランを浴び、これで一時は同点とされてしまったものの、その後はしっかりと東北楽天打線を抑え、終わってみれば今季最長の5イニングを投げて試合をしっかりと作り、これで中継ぎだけでついに今季10勝目。
するとこれを継いだ宮西投手、建山投手、そして武田久投手もこの後をしっかりと投げて試合を締めた。
 
打線は1点ビハインドの3回表に稲葉選手の2点タイムリーで逆転すると、その後は一度は同点に追いつかれてしまったものの、6回表には二死満塁から田中選手が勝ち越しの2点タイムリーを放ち、これが決勝点となった。
 
また、そんな中で7回、8回は共に一死一塁の場面から送りバントで走者を進め、二死ながらも二塁と1点に対する執念を見せたもののこれがいずれも無得点に終わってしまい、結果から見てみると積極性に欠けるのではないかという采配も見られた。
しかしこれだけはただその采配を責めるわけにもいかない。
成功すれば褒められ、失敗すれば責められる、それが監督であり、それが野球である。
 
ここまでくればもう泣いても笑っても残りは3試合。
0.5ゲーム差の千葉ロッテが5試合を残しているだけに、北海道日本ハムとしてはクライマックスシリーズ進出に向けてこの3試合全てに勝利しておきたい。
 
木田投手のコメント (1回2/3、打者10、46球、被安打2、与四死球3、奪三振3、失点1、自責点1)
早い回に降りてしまって後ろのピッチャーに負担をかける展開になって申し訳ない。
 
稲葉選手のコメント (3回表、ライト前2点タイムリー)
みんなに作ってもらったチャンスをなんとかものにしたかった。ノーアウト三塁のピンチを木田さんとバラで点を取られなかったから、その流れで取れた点だと思います。
 
田中選手のコメント (6回表、センター前2点タイムリー)
ノーアウト満塁で点が取れなかったら向こうに流れが行ってしまう。必死で打ちました。打ったのはフォークです。
 
榊原投手のコメント (5回、打者18、58球、被安打5、与四死球0、奪三振5、失点1、自責点1)
疲れました。正直いつ交代するんだろうと毎回思いながら投げました。でも、それが僕の役目ですから。
思い切り腕を振れば、思い通りのところに球が行く。少しずつ自信がついてきました。
 
梨田監督のコメント
榊原が本当に良く放ってくれた。明日はダルが先発ということで、気持ち的には (明日の中継ぎは) 休みという感じだった。無死満塁から三振三振の後に賢介がよく打ってくれた。岩隈に勝てたのは大きい。後3試合ありますが、1人1人がやるべきことをやって、1試合ずつ戦っていきます。
 
 
札幌ドームに東北楽天を迎えての一戦。
今日はパ・リーグは他のカードが無い為、勝てば単独3位。敗れれば単独の4位と、現在同率で3位タイに並んでいる千葉ロッテとの間に差が生まれることとなる。
そんな今日の試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。東北楽天が川井投手。
 
【1回表】
まず武田勝投手の立ち上がりは、渡辺直選手をセカンドゴロ、桝田選手をセンターフライ、聖澤選手をレフトフライで三者凡退と、まずは上々の立ち上がりで三者凡退とした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、まず田中選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、次の森本選手はセンター前にヒットを放って出塁も、この後は稲葉選手がセンターフライで二死となってしまうと、続く小谷野選手は大きな当たりを打ちながらも、これもフェンス手前でのセンターフライに倒れて三死となってしまった。
 
【2回表】
ここは山武選手をライトフライ、ルイーズ選手をセンターフライ、中川選手をショートゴロで三者凡退。
 
【2回裏】
先頭の糸井選手が四球を選んで塁に出るも、次の陽選手がセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーに倒れてしまうと、更に続く中田選手は空振り三振でこの回を終えてしまった。
 
【3回表】
この回は牧田選手の左中間への二塁打と、平石選手のライト前ヒットでいきなり無死二三塁のピンチを迎えてしまうと、次の井野選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーとしたものの、この間に三塁から牧田選手が生還。
この後二死走者無しとなってからは、次の渡辺直選手にはセンター前にヒットされながらも、続く桝田選手を空振り三振で切って取って三死としたが、この回は井野選手のダブルプレーの間に1点を奪われ、まずは0−1と東北楽天に先制を許してしまった。
 
【3回裏】
大野選手がセンターフライ、飯山選手が見逃し三振で二死となってしまうと、ここからまず田中選手がサード中川選手のエラーで出塁すると、更に直後に盗塁で二塁へと進んだものの、ここは森本選手がセカンドゴロで続けず。
 
【4回表】
聖澤選手をショートゴロ、山武選手をレフトフライで二死とすると、次のルイーズ選手にはレフト前にヒットを打たれるも、ここは続く中川選手を空振り三振で切って取って三死とした。
 
【4回裏】
この回はまず稲葉選手はピッチャーゴロで一死となってしまうも、次の小谷野選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、糸井選手はレフト前にヒットを運んで一死二三塁。
するとこの場面、次の陽選手はサードにゴロを放つと、サード中川選手が本塁へと送球もセーフとなり、フィルダースチョイスによって三塁から小谷野選手が生還。
しかしこの後なおも一死一二塁からは中田選手がショートゴロで6-4-3のダブルプレーに終わってしまい、結局この回は同点にこそ追い付きながらも、更に一気に逆転とまではいかなかった。
 
【5回表】
同点へと追いついた直後のこの回は、先頭の牧田選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−2とすぐに東北楽天が勝ち越し。
そしてこの後もまず平石選手にサードに内野安打されると、井野選手には送りバントを決められ、これで一死二塁とされてしまったものの、ここからは渡辺直選手をセンターフライ、桝田選手をレフトフライといずれも打ち取って三死とした。
しかしこの回はせっかく打線が同点へと追いついた直後ながらも、牧田選手のソロホームランにより、1−2と再び東北楽天にリードを許してしまった。
 
【5回裏】
大野選手がショートゴロで一死となってしまうと、次の飯山選手はレフト前にヒットを放って出塁も、この後は田中選手がセカンドゴロ、森本選手が空振り三振と共に続けず。
 
【6回表】
この回は先頭の聖澤選手にライトスタンドにソロホームランを叩き込まれ、これで1点を追加されて1−3。
この後は山武選手をセカンドゴロ、ルイーズ選手を空振り三振で二死とするも、次の中川選手にレフト前にヒットを打たれてしまうと、ここで武田勝投手は降板。
しかし代わってマウンドへと榊原投手が上がると、ここは続く牧田選手の打席で一塁走者の中川選手の盗塁を刺し、これで三死としたものの、この回は武田勝投手が前の回に続いて先頭打者にソロホームランを喫し、これでまたも1点追加されて1−3とリードを広げられてしまった。
 
【6回裏】
先頭の稲葉選手が一二塁間を破るライト前ヒットで出塁すると、小谷野選手のサードゴロの間に二塁とへ進み、更に糸井選手のセカンドゴロの間に三塁へと進塁。
するとここで東北楽天はピッチャーが川井投手から山村投手へと交代も、ここは続く陽選手がサードゴロで倒れて三死となってしまった。
 
【7回表】
ここは続投の榊原投手が、牧田選手、平石選手を共に空振り三振で二死とすると、井野選手にはライト前にヒットを打たれるも、ここは渡辺直選手をサードゴロで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【7回裏】
東北楽天のマウンドに3番手で青山投手が登板のこの回は、中田選手が見逃し三振、大野選手がショートゴロで二死となってしまうと、ここから飯山選手のセンター前ヒットと、田中選手のライト前ヒットで二死一二塁とチャンスを作るも、ここは代打の坪井選手が空振り三振に倒れて三死となってしまった。
 
【8回表】
ここは北海道日本ハム3番手の宮西投手が、桝田選手をショートゴロ、聖澤選手をライトフライで二死とすると、次の山武選手はここで更に交代の菊地投手がショートフライで切って取って三死とした。
 
【8回裏】
稲葉選手、小谷野選手が共にセンターフライで二死となってしまうと、糸井選手は空振り三振で三者凡退。
 
【9回表】
この回は先頭のルイーズ選手にはセンター前にヒットされてしまうも、次の中川選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとすると、更に続く牧田選手はキャッチャーファールフライで切って取ってこの回を終わらせた。
 
【9回裏】
2点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、東北楽天4番手の小山投手に対して、陽選手がショートゴロ、中田選手が空振り三振で二死となってしまうと、最後は代打の二岡選手がセンターフライで切って取られて試合終了となってしまった。
 
単独3位となれる可能性のあった試合を落とし、逆に4位となってしまうと共に、これでリーグ優勝の可能性が消滅してしまった。
 
先発の武田勝投手はここまで8連勝と好調が続く中での登板だったが、今日はまず3回表にダブルプレーの間に先制点を奪われてしまうと、更に5回には牧田選手、6回には聖澤選手と共に先頭打者にソロホームランを浴びてしまい、結局は5回2/3を投げての3失点。
この後は榊原投手、宮西投手、菊地投手がよく繋いで試合を作ってくれたものの序盤の失点が最後まで響いてしまった。
 
打線は4回裏に相手の守備のミスもあって1点を返しはしたものの、その後は走者こそ出しながらもあと1本が出ず。
中でも7回裏には二死走者無しからヒット2本で一二塁のチャンスを作りながらも代打で登場の坪井選手が空振り三振と、チャンスをいずれも生かすことが出来ずに終わってしまった。
 
武田勝投手のコメント (5回2/3、打者24、74球、被安打8、与四死球0、奪三振3、失点3、自責点3)
序盤の失点と不用意な一発でリズムを悪くしてしまいました。大事な試合で早いイニングに降板してしまって申し訳ないです。
 
田中選手のコメント
残念ですけど、まだ日本一になる可能性が残っているので、切り替えていきます。
 
稲葉選手のコメント
優勝がなくなって悔しいという気持ちはあるよ。でも、クライマックスシリーズに出るという目標が明確にあるわけだし、ずっとひとつの負けを引きずっているわけにはいかないじゃない。まだ試合は残ってるんだから。このあとの1試合1試合しっかり戦っていくことしかできないんだしね。
 
梨田監督のコメント
勝のボールは少しいつもよりも高かった。それでも6回途中まで3失点で先発の役目は果たしてくれた。追っかけてばかりで援護が出来なかった。(リーグ優勝がなくなってしまったのは) 残念です。クライマックスシリーズ出場の可能性はあるので、最後まで全力で戦うしか無いですね。

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事