Jさんの こまるこらむZ

自閉症の次女とそのおバカ家族の自己満足ブログ。おっさんがベルマーレ・阪神・プロレス・仮面ライダー・ヘヴィメタルを語るぜぇ〜と!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夏のバカ騒ぎ

お元気ですか?

日焼けで頭がヒリヒリする

Jさんです。


そんな、最近頭が薄くなり顔や腕より頭皮で日焼けを感じるブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!


やっぱりオッサンには帽子が必需品!



暑いっすねぇ〜

オイラもずっと思ってたんだけど、Twitterにつぶやいてる人がいた。

イメージ 2
昔『仮面ライダーBLACK RX』で、敵のクライシス帝国が人工太陽を作る作戦があったんだけど、
冬に真夏の暑さになって(放送は3月の設定)で、東京がプチパニックになるんだけど、
その時の気温が38度!!
おいおい!“現実”がクライシス帝国を超えちゃってるじゃんか!
オイラも当時「うわぁ、熱出ちゃった時と同じ気温じゃん!」って子供ながらビックリしたのを覚えてます。
当時は25度ぐらいで真夏日みたいで、30度超えたらビックリ!なカンジでしたから。
この暑さはゴルゴムのしわざ…、でなくクライシス帝国のしわざだったのか?!



さぁ、前回の投稿から少し間があいてしまいましたが、
今年も毎年恒例の夏のお祭りシーズンが始まってます。
なので、サッカー観戦も体力温存で自粛…。

イメージ 3
先週末は『やぐら建て』。
若手(?)もシニアも集まって、あっという間に建てちゃいました。この「一体感」!!

イメージ 4
で、その夜は『決起会』!
載せられない写真の方が圧倒的に多いんですけど・・・。
ナニしろ、楽しく、危ない夜でした!この「一体感」!!


イメージ 5
木曜日はオイラの施設の『納涼祭』。

イメージ 6
社会人となったJ長女はサスガに来れなかったけど、嫁さんとJ次女ちゃんは参加。
J次女ちゃん、お祭りが始まる前からノリノリ!お祭りが大好きなんだね!誰の娘よ?
嫁さんも昨年の闘病生活から一年経って、元気に最後まで参加でました。

イメージ 7
途中だいぶ「時間がおして」ビビったけど、終わってみればメチャクチャ時間どおりに終わった!お見事っ!


でで、その翌日からは地元のお祭りに戻り、

イメージ 8
金曜日からお休みをいただき、前日準備&『夜宮』、
そして、土曜日が『大祭』。

イメージ 9
イメージ 10
「危険な」猛暑の中、子ども達はお神輿を担いで地元を“練り歩く”。

イメージ 1
うんで、最後は子ども達から神輿を“奪い”!オトナ達が担いじゃうっつう!
あまりに激しくて神輿壊れちゃうし、“水責め”を受けながら楽しんじゃうし!(水巻いたの誰?オイラ?)

イメージ 11
一方、山車(だし)に乗った子ども達が太鼓を叩いて地域を“練り歩く”。

イメージ 12
イメージ 13
うんで、最後は子供も大人も一緒に、ノリノリで太鼓を叩きまくる!!
やっぱさ、この「一体感」じゃない??
太鼓連会長のオイラ的には、子ども達の成長を嬉しく思いました。

この「危険な」猛暑の中、こんなに多くの子ども達が参加してるのに、一人も熱中症がでなかった!
奇跡的かもしれないけど、コレはホントに凄いと思う!
楽しみながらも、「子ども達を守る!」っていう「一体感」があったと思うんだよね!

イメージ 14
そして夜は、『カラオケ大会』。
オイラも歌わせていただきました!カラオケ大会なのに、ギター弾き語り!皆んな一緒に歌ってくれてあざっす!
しかし、載せれる写真が少なくって…。

いずれにしても、今年も本当に楽しかったなぁ〜〜。
暑かったし、めちゃくちゃ疲れたけど、ホント楽しかった!!
やっぱり、この「一体感」じゃない??
ウチの地元・上愛甲サイコー!!

そして、「上愛甲の夏のバカ騒ぎ」はまだまだ続くよ!!



で、お祭りで精一杯だった太鼓連会長さん、
歌い終わった後、少し落ち着いたのでスマホを見ると…、
我が家にとって大大大ニュースがっ!

それは後ほど。



おしまインドカレー。

開く コメント(0)

お元気ですか?

もうそんなに食べられないよ〜

Jさんです。


そんな、こんなシアワセな寝言、言ってみてぇーブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



今回はヒジョ〜に悩んだんですが、やっぱり紹介したくて、語ってしまいます。

このブログを読んでくださってる方ならば充分ご存知だと思いますが、
プロデビュー当時からずっと“推しに推しまくって”いたのは、遠藤航選手。

イメージ 3
七夕の願い事でも沢山書かれる、子ども達の夢「サッカー日本代表になりたい」。(コレ今日撮った写真)
小さな頃多くの人が持つ夢を叶えた航選手。
本当に凄い男です。

まぁ、航選手の凄さは今まで何年も何年も語ってきたワケですが、
今日はその航選手に関わる人のことを語らせていただきたい。

言ってみれば、一般の方。
だから語って良いのか非常に悩んだんです。
でも、ずっと航選手を語ってきたこのブログだからこそ伝わるかなと思い、語ります。

遠藤航選手の弟さん、遠藤暁さんです。

イメージ 1
航選手に弟さんがいることは知っていましたし、
松本選手とのTwitterのヤリトリで、松本選手「さとる」→航選手「それは弟だな」ってのもあったし…。
以前暁さんのInstagramでたまたま見つけ、フォローしたり、やっぱり外したり…
ナニしろメチャクチャ気になってました。

今年2月からブログを開設されて(http://satoruendo.hatenablog.com/)、
オイラも定期的に拝見したいと思い、Twitterをフォローさせていただきました。
先ほども述べたように、“一般”の方ですから、航選手のことは語っても、暁さんのことは触れずにいようと、
「遠くから見守ろう」と決めたのですが…、
もう語りたくなっちゃいました!

暁さんのことを本当に簡単に紹介すると、
大学までサッカーをやられていて、卒業されてから青年海外協力隊の勉強をされ、
先月末よりボリビアへ2年間派遣されました。(本当の簡単すぎる紹介で失礼いたしました)

もちろん「大好きな航選手の弟さん」ということもあります。コレは間違いないです。
でもこのこと以外でも、実はオイラも若かりし頃に海外支援に参加したいと考えたことがあって、
オイラは“考えただけ”でしたが、実際に行動に移した暁さん、メチャクチャ尊敬します。
だから、暁さんの“生き方”に興味があるし、「見守りたい」と思ったんです。

で、ナンで今回、暁さんのことを語りたいと思ったか?
ブログでボリビアでの活動を見させていただいている中で、
こんなことを語っていらっしゃったからです。

イメージ 2
『「遠藤航」と比較され続けて感じたこと』

「遠藤航の弟」として、日本を代表するサッカー選手の兄と比較され続けた弟として、
感じたことを語ってくれました。

コレは本当に本文を全部読んでいただきたい!!

ホントに読んでいただきたいのですが、一応この内容を簡単にまとめさせていただくと、
○兄と比較されて嫌な思いをすることは、昔はあったけど今はない。
○昔は「比較されること」「自分を見てくれないこと」に対する嫌悪感や辛い気持ちを抱えていた。
○協力隊では「1人1人の子供をちゃんと見て、他の子供との比較を絶対にしないこと」を心がける。
○「比較されること」の辛さやしんどさを経験してきた自分だからこそ、この部分は譲れない。

ヒトコトで言ってイイですか?
素晴らしいっ!!

オイラはずっと航選手のことを思いっきり推してきました。
それは暁さんのことを決して意識したモノではないけど、
メチャクチャ“遠い”けど間接的には暁さんが辛い思いさせてることにもつながってるのかな?と。
こういうことって、「気づかぬうちに」みたいに沢山あると思うんです。
誰かを評価することで、他の誰かを批判してるワケじゃないのに
「アイツばかりでオレのことは評価してくれない、負けないくらいの同じことをしてるのに」と。
オイラ的にはハッと気づかせていただきました。

そして、暁さんの素晴らしさ。
「遠藤航の弟」として比較し続けられたことを“糧”にして、それを自分の“ストロングポイント”にする。
こういうクレバーさ、兄・航選手にソックリだ!(こういうのも“弟”として嫌なモンかな?)


いずれにしても、航選手同様、暁さんことも見守り続けたい、そう思いました!
ナニしろ、遠藤航・暁、遠藤兄弟はメチャクチャ魅力的で、メチャクチャ尊敬します!!
そして応援し続けます!!

世界へ羽ばたけ!遠藤航!!遠藤暁!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)

お元気ですか?

エモい

Jさんです。


そんな、ネットで調べてもオッサンには全然理解できない現代語ブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



まずはコチラの話から。

イメージ 2
やっとコレが届きました!
TEAM2000“ももクロカラー”Tシャツ」!!

え〜、コレはナニかと申しますと、
え〜、思い出すのもお恥ずかしい、『ももいろクローバー10周年記念 in桃響導夢』に話がサカノボリます。

イメージ 3
そうあの、初ももクロということで、数か月前から意気込んでいたにも関わらず、
チケットの日にちを間違えるという大大大大大失態を犯した、あの東京ドームのコンサートです。
まぁ、詳しくは過去の記事を見てください。→(https://blogs.yahoo.co.jp/yasu4128/35283432.html

イメージ 4
ということで、ドームの中に入れなかったワケですが、
翌朝のニュースをみると、我らが総帥・蝶野正洋選手やテンコジが「TEAM2000」のメンバーとして登場したと。
うわぁ〜、観たかったなぁ〜と、さらに悔やむことになったワケですが、

イメージ 5
ライブ後に、蝶野総帥からそれぞれのカラーのTEAM2000Tシャツがプレゼントされたと。
うわぁ〜、コレ欲しい!商品化して欲しい!
って思ったら、期間限定受注品として発売されるということに。

ってことで、

イメージ 6
買ってしまいました! (オイラのカラー緑から黄に変更です。)

イメージ 7
っていうおバカ家族です。

あの時の無念は少しは癒されたかな?
おサイフへのダメージは相当ですが…



で、本日、その「TEAM2000“ももクロカラー”Tシャツ』を着ながら、我が家はコチラへ行って来ました!

イメージ 8
『湘南ひらつか七夕まつり』!!

イメージ 9
イメージ 10
ベルマーレの竹かざり。準入選だったそうですね!
Twitterとかで作成しているところも見させていただいていたので、心底嬉しく感じます。

イメージ 11
ベルマーレの作品以外でもどれも素晴らしい作品ばかりでしたね。
さすが“平塚の七夕”!

イメージ 12
イメージ 13
さすが“平塚の七夕”!って思うのは、その人の数ですね。
ナニしろ、先が見えない程の人ゴミ!!コンなに人って居るんだねぇ〜。
嫁さんと「家族とだから来るけど、アンタと2人だけなら来ないかな」と意見で一致。
(まぁ、今回は昨年は嫁さんの闘病で来れなかったこともあり、その“快気祝い”も兼ねての七夕でした。)

イメージ 14
七夕かざり鑑賞もありますが、お祭りってことで、やっぱり“食べ歩き”ですね、楽しみは。
“インスタ映え”する「電球ソーダ」。ちょいとヌルかった…。

イメージ 15
J長女が食べたい!って言っててどこも長蛇の列の人気だった「チーズハットグ」。伸びる!

イメージ 16
ほんと、スゲェ〜伸びんですけどぉ〜。

イメージ 17
myumyuさんが売ってる「フランクフルト」と「厚切りベーコン」もいただきました。あざっす!

で、やっぱり一番の目的はコレ!ベルマーレのサイン会!!

イメージ 1
背番号8・大野和成選手と、背番号38・山凌吾選手。
山選手は先日加入したばかり。もちろん初めまして!です。
2名とも相当の覚悟をきめて湘南にやってきた選手です。是非とも湘南で思いっきり活躍してほしい!

さて、最後に、全選手の七夕の短冊が展示されていましたが、
代表してチョウ監督の短冊を紹介させていただきます。

イメージ 18
「究極の一体感を追い求める」諜裁

日本代表もW杯であそこまで行けたのは、チームとしての「一体感」があったからこそなのかな、と思います。
実際、航選手も、本田選手も長友選手も、皆んなチームの「一体感」を感じてたみたいだし。
そんなことを考えて時に、ナイスタイミングでと言いますが、このチョウさんのメッセージ!(これ七夕の願い?)

「一体感」
それも“究極”の!
追い求めましょうよ!「究極の一体感」!

もうそろそろJリーグも再開します。
ALIVEしようぜ!湘南ベルマーレ!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)

夢の続きは4年後へ

お元気ですか?

電話なのに相手にペコペコしながら話してる

Jさんです。


そんな、日本人あるあるから始まるブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



日本代表、ベルギーに惨敗。
W杯ベスト8ならず。

まぁ一言で言っちゃえば、こうなりますが、
負けて悔しくてたまんないけど、本当にアツいアツい、心が動かされる素晴らしい試合でした。
負け試合だけど、日本代表史上ベストバウトだったんじゃないか?って思えるような。

今回も全日本国民が重々承知の上でありながらも、
自分自身の記録、
そして、4年後までこの悔しさを忘れないために、プレイバック!

イメージ 1
「向かうところ、夢あり。」 素晴らしい言葉だ。

イメージ 2
我らが遠藤航選手は今回もスタメンならず。

イメージ 3
でも、全ての選手・スタッフの“絆”は強い!誰一人欠けてはならないチームになったと思います。

イメージ 4
審判団は色々話題になった“因縁の”セネガルの皆さん。

イメージ 5
試合前、超サイヤ人・長友選手が「オラに元気をわけてくれ!」と、元気玉は元気で満タンになったか?

世界ランク3位で、今大会最多得点である超強豪・ベルギー相手に、大善戦!
本当に11人vs11人でサッカーをやってるのか?って思えるくらい、
日本の選手はどんどん次から次へと溢れ出てくる!凄いっ!!

前半戦は0vs0で折り返す。

オイラはもうこの時点で思った。(Twitterにもつぶやいた)
まだ終わってないけどさ、
凄いよ、日本!
アツいよ!
誇りに思う!

と、
この後、それとは比べモノにならない程の心動かされる後半45分+αが始まるとは知らずに…

イメージ 6
イメージ 7
柴崎選手の凄すぎるスルーパスから、原口選手が見事に決めた!!

イメージ 8
イメージ 9
立て続けに、乾選手がワールドクラスのミドルシュート!!

マジかっ!!
やっちゃうよ!あのベルギー相手に本当に勝っちゃうよ!!
「サッカーで2vs0が一番危険なスコア」とは言われてるけど、分かっちゃいるけど、
日本の多くの国民が思ってしまったであろう!「勝てる!」と!

しかし・・・、

イメージ 10
アンラッキーな形と、

イメージ 11
こうなってしまうともうどうしようもない、という世界の“高さ”をみせられ、同点に。

イメージ 12
この時点で西野監督のプランは崩壊してしまっていたのかもしれない。
でも、諦めなかった!
我々の代表は、最後の最後まで諦めずに走り続けた!!

そして・・・、

イメージ 13
きっと後半最後の攻撃と仕掛けたコーナーキックを防がれ、
きっと後半最後のプレーだったと思われる終了直前、ベルギーによる“世界の”カウンターを受け、万事休す…。

イメージ 14
日本どころか、世界を驚かせ、世界をアツくさせた試合は、2vs3で惨敗。
生涯忘れられない試合であろうスゲェ試合は、ある意味“劇的”すぎる負け方で終わった…。

イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 24
「勝ち」が目の前まで見えていた。
メチャクチャ悔しいく、残酷であるけど、あえてこの選手達の表情を“残して”おきます。

イメージ 25
残念…
悔しい……

スゲェ面白い試合だった!
スゲェ面白いW杯だった!
本当に素晴らしい戦いをみせてくれました。
誰がこの選手達を責められようか。
本当に“世界”を相手に「全てを出し切った」W杯だったと思う。
“夢”をみせてくれた。
日本のチカラをみせつけてくれた。
感動した!!
我々の代表、誇らしい!!
素晴らしい感動をありがとう!!



さて、
本当に言うことなし!ってな素晴らしいW杯だったけど、
オイラ的には1つだけ、
負けたこと以外に、1つだけメチャクチャ悔しいことがあります。

それは、リオ五輪世代の選手が1秒たりとも試合に出場できなかったこと。
我らが航選手はもちろん、
植田選手、中村航輔選手、初戦先発かもと言われた大島選手も。
今回試合出場がなかったのは、GKの東口選手と、リオ五輪世代の4選手。

それは、候補まで選ばれ落選した浅野選手と井手口選手、
選ばれるんじゃないかと言われた久保裕也選手と中島翔哉選手も含めて、
リオ五輪世代の選手は誰一人として、一秒たりとも出場できなかったのである。

「まだ若いから」
一見この言葉で片付けられそうなことであるけど、そうでもないのである。

イメージ 21
航選手と大島選手は、いわゆる「早生まれ」であるから五輪代表出場の対象になったけど、
実は、今回活躍した、柴崎選手、昌子選手、宇佐美選手、武藤選手と「同級生」なのである。
そう!この4選手とリオ世代には殆ど「年の差」はないのだ。

W杯はまさに“本番”であって育成の場ではない。
“世界”との戦いにはそんな余裕は全く無くて、今までの経験を含めてベストな選手が選ばれる。「試し」も無い。
大好きな航選手にこんなことを言うのは本当に心苦しいけど、
ハッキリ言って、リオ五輪世代は“実力”が足りなくて、今回のW杯に出場できなかった。
コレは紛れもない事実。

メチャクチャ感動したW杯での日本の戦いを観てる中で、
オイラは正直危機感を感じている。

代表引退を表明した、本田選手、長谷部選手、乾選手、酒井高徳選手らはもう居ないのである。
1つ前の五輪世代であった高徳選手でさえ代表引退。
もう4年後はリオ五輪世代が中心にならなきゃいけないんだ!

イメージ 22
その中心の中心に居るべき男は、遠藤航!アナタだ!!
本人だってよぉ〜く分かってると思う。
それを痛感できたのであれば、今回出場できなかったとしても、4選手がW杯を“体感”できたことは財産。
今回の“バトン”をしっかりと受け取ったと思う。
4年後の主役はアナタたちだ!
日本の「夢」のために、奮起せよ!リオ五輪世代!!
世界へ羽ばたけ!遠藤航!!

イメージ 23
「夢」の続きは4年後へ!!
悔しがるのは今日一日でオシマイ!
明日から新たな挑戦へのキックオフ!!
今から4年後が楽しみでしょうがないっ!

イメージ 26
ツキナミだけど、
「夢」をみせてもらいました!感動をありがとう!我らの日本代表!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(4)

歴史の扉を開け

お元気ですか?

遅れるのが嫌だから、時計は1,2分早めて設定しておく

Jさんです。


そんな、日本人あるあるから始まるブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



日本代表、予選リーグ突破しましたね!!
ホントに素晴らしい!!メチャクチャ素晴らしい!!

毎回このパターンですが、
時間も経っていて、全日本国民がご存知であることは重々承知しておりますが、
自分自身の記録も兼ねて、プレイバック!

イメージ 3
W杯予選リーグ最終戦は、既に予選敗退が決まってながらも、FIFAランキング8位である強豪・ポーランド。

イメージ 4
敵は身内?報道でスッパ抜かれたとおり、先発6名を代えてのスタメン。この時点で「策士・西野監督」!

イメージ 5
イメージ 6
バッシングを受けまくってた本田選手が「ごめんなさい」と言われる活躍を見せたのと同様、
日本中から「ごめんなさい、ありがとう!」と言われた、川島選手のビッグセーブ!!

イメージ 7
この他にも、槙野選手のあわやオウンゴールのシーンでも“ファインセーブ”をみせてくれました!
「川島いらない、代えろ」って言ってた人、どうよ??

イメージ 8
しかし、精彩を欠いていたと思われるけど、決めるトコでは決める、強豪・ポーランド。
気をつけていたセットプレーで失点…。

イメージ 9
西野監督、この表情は見せちゃダメだ。ウチのチョウさんは絶対こんな顔を見せない!

こりゃヤバイ、絶体絶命か?と思ったところで、吉報。
リーグもう1つの試合で、コロンビアがセネガルから1点先取。
イメージ 10
フェアプレーポイントでこのままいけば予選突破の状況となり、攻撃の選手でなく、長谷部選手を投入。

イメージ 11
試合終了前10分間は、日本のみならず世界中が賛否両論の論争となった、いわゆる「鳥かご」。
コロンビアvsセネガルの試合で動きがあれば突破できない、非常にリスクも伴った“賭け”。

しかし、日本がW杯で「負けてもいい」なんて状況になるなんて…、

イメージ 12
ということで、ポーランドの試合は0vs1で負け。日本は今回のW杯で初黒星。

イメージ 13
となると、こうなっちゃいますね、やっぱり。

イメージ 14
イメージ 15
セネガルが負けたことで、勝ち点・得失点差等は同数ながらも、フェアプレーポイントで上回り、
日本が予選突破!!決勝トーナメント進出!!
うおぉ〜、ホントにやってのけたよ!このチームは!
スゲェよ!スゲェよ日本代表!!


さてさて、この試合終了前の10分間、
案の定、賛否両論、ありますね。

コレはどっちも正論と言うか、人それぞれであって、どちらも間違ってないと言いますか…。

ココはオイラのブログなので、オイラの個人的な感想を述べさせていただくと、
オイラは大正解だったと思ってます。
『ポーランドに勝つこと』を目的としてやってきたワケでなく、『予選突破』がまず一番のミッションでしたから。

「逃げないでほしかった」って意見があるけど、そうだった?
スゲェ攻めてる“賭け”だったと思うけど。
決まるまでドキドキ・ヒヤヒヤしながら観てたし。
まぁ、そのドキドキは、観てるその試合じゃなくて、他の試合のことに、でしたけど…。

オイラは、西野監督のことを本当に見直しました。スゲェ監督だなと。
スゲェ策士だなと。
誰もそんな決断できないでしょ!誰も思いつかないというか。
誰もできない采配ならば、誰が何と言おうと最高の采配だと思いますね。
ハリル監督解任については、いまだ全く納得してないし、間違いだったと思ってるけど、
西野監督、やりますねぇ!
でも、失点した時とかの不安気な表情だけはナンとかして欲しいけど。
でも、ハリルさんの代わりは西野監督で良かったんだなって、本当に思います。

「予選突破できなくても攻めてほしかった」ってのは、全然違うと思う。オイラはね。
W杯始まる前は「結果がすべて」だって、“結果が出ないこと”を前提に批判してた人がメチャ多かったのに、
こういう“突破できる”状況になったら「結果よりも…」ってのは、ナンか、違うんじゃないか?!

いずれにしても、次の試合次第なんでしょう。
勝てば「あれは正解だった」って思うだろうし、負けたら「あんな試合して、それで負けて…」ってなるだろうし。

色んな意見があっていい。
西野監督も賛否両論の論争になることは間違いなく予想してただろうし、
言いたいこと言えるのがインターネット、SNSだと思うし。
ただ、自分が言った言葉には責任もってほしいけど。
手のひら返しは許されないよ、本来ならば。


ささ、もう終わったことですしね、
もう監督・選手達は予選突破した瞬間から次の試合のことに集中してますよ。

相手は、FIFAランキング3位の、超超超“格上”のベルギー。
「勝てるハズない」って思うのが普通。
でも、「もしかしたら勝てるかもしれない」って思わせてくれるのが、今の日本代表じゃないですか?
コロンビア戦・セネガル戦のような戦いになれば。
超強敵ですけど、100回やって100回負けるワケじゃないと思う。
簡単じゃないし、メチャクチャ難しいし、アッチが調子悪い上にコッチが200%のチカラがでないと勝てないでしょう。
でも、絶対に勝てないワケじゃない。
それは“奇跡”なのかもしれないけど、「勝つ」ことを信じて、それだけを信じて応援しよう!!
もう勝つか負けるしかないんだもん、思いっきりね!

イメージ 2
イメージ 1
日本からロシアに届け!我々の想い!
行こうぜ!我々の未知の世界「ベスト8」!歴史の扉を開こうぜ!
頑張れ!ニッポン!!
我々の「夢」を翼に変えて、世界へ羽ばたけ!日本の6番・遠藤航!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事