Jさんの こまるこらむZ

自閉症の次女とそのおバカ家族の自己満足ブログ。おっさんがベルマーレ・阪神・プロレス・仮面ライダー・ヘヴィメタルを語るぜぇ〜と!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

黒のカリスマ

お元気ですか?

ルネッサン〜ス

Jさんです。


そんな、今や死語だが我が家では現在も飛び交ってるワード的ブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



数日前にコンな情報をキャッチ!

イメージ 3
nWo JAPAN総帥・蝶野正洋選手が海老名にやって来る!
蝶野総帥の公式LINEをフォローしているオイラはこの情報を逃さずキャッチ!

イメージ 2
厚木市のお隣海老名市には3度目の来訪となりますが、
2016年6月の1回目は、部活の関係でJ長女が不参加ながらも蝶野選手にお会いできる‟念願”が叶いました。
J次女を膝の上に乗せて優しく対応してくださった総帥に、‟生涯nWo”であるオイラの忘れられない思い出に。

でも、やっぱりJ長女を含めた家族全員4人で一緒に撮りたかったという“心残り”がありました。

で、昨年1月の2回目の海老名来訪は、例の嫁さんの乳がん治療が始まったばかりで、それどこでなく…、

そんなことを乗り越えて、家族全員で蝶野選手と会える‟念願”を叶える大チャンス!

オイラはちょうどお休み、予定もない!
そして、ハッキリ言って「プ女子」であるJ長女も、「ナマ蝶野の会いたいっ!」と。

ってことで、
友達が携わる節分のイベントや着こなしのイベントには行くことなく、

イメージ 4
ファミチキ君が通り過ぎる学生さん達に‟ちょっかい”を出してるのをチラ見しながら、

イメージ 5
17時からなのに、気合いを入れて、お昼頃に現着!
ロス・インゴ・ベルナ〜ブレス、デっ!パポン!なJ次女ちゃん。

イメージ 6
蝶野正洋オリジナルブランド「ARISTRIST」のTシャツを購入しまして、

イメージ 7
無事に‟第一班”である「A」の整理券をゲット!
あとは、上手く列整理のタイミングで並べるか、だ。


とりあえずの‟仕事”を終え、
よし、まずは腹ごしらえってことで、なかなかシャレオツなお店に入りますと、

イメージ 8
‟インスタ映え間違いなし”と書いてあったメニュー、ラクレットチーズかけラザニアを注文。
(インスタにはアップしましたが、オイラ、ブログに動画をアップするスキルを持ち合わせておりませんでして…)
店員さんがラクレットチーズを目の前でかけてくれました。
映えるぅ〜〜!

しかし、当の本人は、
J長女「周りの目線が恥ずかしい…」
大丈夫、見てるのはアンタじゃないから。

一方、

イメージ 9
コチラの方は、大好物のポテトに首ったけで、目の前で行われてる映える光景には全く一切興味なし。

その後も、近年‟海老名に越された”と言われる(言ってる?)厚木市民達は、
海老名で買い物を満喫するのでありました。


そして、

イメージ 10
ガ〜ッデム!I am CHONO!の掛け声と共に、我らがnWo JAPAN総帥、蝶野正洋入場!!
凄いオーラ!

この写真を見て分かるとおり、なかなか良い場所を陣取ることができたのです!!

なので、

イメージ 15
オイラの古いデジカメでも、かなりのアップで撮影可能なのでバシャバシャ撮りまくりました!

イメージ 16
とはいえ・・・

イメージ 11
ちょっとアップにし過ぎましたか…。

イメージ 12
イメージ 13
蝶野選手は、一人ひとりに時間の許す限りゆっくりと話し掛け、親切丁寧に接していらっしゃいました。
そこにはリング上でみせるヒールレスラーの姿はなく、間違いなく‟良い人”でした。

そして我々の番。

イメージ 14
イメージ 1
家族全員で黒のカリスマと写真を撮ることができました!!

事前に、前回の様にJ次女を蝶野選手の膝の上に乗せてもらい、椅子にはJ長女が座って、と計画しましたが、
順番が来ると、ナニもためらわず、そしてあの黒のカリスマに全く動じることなく、隣の椅子に座るJ次女ちゃん。
サスガです!

で、
蝶野選手「海老名なの?」
J次女「・・・」
オイラ「あ、厚木です!」
等々、「こんな娘なんです」っては言いながらも、J次女ちゃんに話し掛けてくれるお優しい蝶野選手。

そして、
蝶野選手「お名前は?」
J次女「・・・」
オイラ「あ、J次女って言います!」
蝶野選手「J次女くんね」
嫁さん「あ、‟ちゃん”です、女の子です…」
蝶野選手「あぁそうか、J次女ちゃんかぁ」
と、あの黒のカリスマに男の子に間違えられたJ次女ちゃん!!
J次女の本名が男の子にも使える名前というのはあるけど、
当時まだ1,2歳で髪の毛が生えてなかった頃に全女・中西百重選手に「J次女くん?ちゃん?」と言われた以来、
レスラーから2度目となる男の子間違い!
サスガです!
(まぁ、ロスインゴの帽子とか被せてるのがナンなんだけど。)

いずれにしても、最初と最後に4人全員、一人ずつにガッチリ握手をしてくれた蝶野選手。
黒のカリスマは、間違いなくめちゃくちゃ優しくて、めちゃくちゃカッコイイです!!

今回も良い想い出になりました!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(0)

移籍について思うこと

お元気ですか?

おしまいケル♪

Jさんです。


そんな、今や死語だが我が家では現在も飛び交ってるワード的ブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!


ドンマイケル♪



今日は、触れない方が良いかなぁ〜って話題を。
あくまでも持論として。
好き勝手語れるのがブログですから!


ちょっと前の話にはなってしまいますが、サッカーファンに衝撃的なニュースがありましたね。

イメージ 3
横浜Fマリノスのキャプテンにして「背番号10」を背負う、マリノスの「顔」というべき齋藤学選手が、
同じ県内チームであるJ1王者・川崎フロンターレに移籍。

めちゃくちゃビックリしました。

ユースからの生抜きってことや移籍金‟0円”、怪我を支えてもらってるタイミングからなんでしょう、
マリノスサポーターさん達からかなり強烈な批判をされています。

まぁ、弱小チームは毎年のように主力選手を‟抜かれて”ますけどねっ!

とはいえ、それは成長した選手を保てない球団の「体力」=資金力も問題であって、
資金力が豊富なマリノスにとっては、そんな理由はないワケですから。

イメージ 4
齋藤学選手の‟仲間”である、元マリノス・現湘南ベルマーレの端戸仁選手も、
きっと批判されることも承知のうえで、このような勇気のあるツイートをしました。
がっ、
めちゃくちゃ‟叩かれて”ました。
「あなたも選手のことばかりでファンの気持ちを分かってない」とか。

マリノスサポーターさん達から「裏切り者」と批判されるこの気持ちは、かなり根深いようです。
今は何を言ってもダメなんでしょう。
オイラも、批判するな、とかそんなこと言う気は毛頭ありませんし。
愛情が深かったからこそ、「裏切られた」って気持ちが強いんでしょう。

イメージ 6
オイラも齋藤学選手は、今日本で一番巧い選手だって思ってます。今回のことがあったってワケでなく、前から。
昨年、中村俊輔選手が移籍してしまったけど、齋藤学選手が居るからマリノスは大丈夫なんだろうな、と。
それより、「齋藤学のチーム」になった横浜マリノスの方が面白かったし、魅力を数倍感じてました。
他サポのオイラでさえも、間違いなく‟ミスター・マリノス”になるんだろうと思ってましたし。

イメージ 5
元ベルマーレのレジェンド選手・岩本輝雄さんの記事(の一部)。
「私は今でも本当にベルマーレが大好きです。」って言葉にウルっときてしまったけど、それはさておき、
岩本さんも語ってるように、本当は1つのチームで終えることは理想的なんだと思います。
齋藤学選手は、岩本さんのように「どうにもならない」状況ではないし、居ようと思えば居れた状態ですからね。
今回の齋藤学選手の「決断」の理由は、特に他サポであるオイラには想像つきません。
また、分からないから「批判している」マリノスサポーターの皆さんに、勝手なことは言えません。

でも、1つだけ、「持論」的にオイラが思っていることがあります。

2年前に我らが遠藤航選手が移籍する時に学びました、

「ずっとこのままで」ではいられない。

そして、
「ずっとこのままで」ってのは、ファンの勝手なエゴなんだって。


イメージ 7
最近オイラがそう感じたばかりのことっていうと、有安杏果ももクロ卒業(芸能界引退)ですね。
ファンはずっと5人のももクロでいてほしかった。「ずっとこのままで」いてほしかった。
でも、「ずっとこのままで」はいられないんです。
それを「ももかに裏切られた」ってのはお門違いだと思います。実際そう言うモモノフさんは殆ど居ないですし。
‟緑推し”としてはこの上なく悲しいモノだったけど、来るべき日が来たんです。

航選手の移籍の時もそうでした。
「来るべき日が来た」と。


我々ベルマーレサポーターは、チームの状況もあってでしょうが、移籍に対して寛大であると思います。
しかし過去(それほど昔でない過去)、ベルマーレでも移籍の場面で「どうかな?」って思ったこともありました。

現在「湘南の守護神」として活躍する秋元陽太選手がFC東京へ移籍した時です。
秋元選手の「優勝を目指すとはっきり言えるクラブにやっと来れた。」という発言に、
一部サポーターは反感を覚えました。
ベルマーレだって優勝を狙える、ベルマーレは優勝できないと思っているのか?FC東京より格下か?と。
この時だいぶ厳しい言葉で批難してたサポーターが居たこと、オイラは「どうかな?」と思ってました。

実際、秋元選手は1年でベルマーレに復帰し、昨年のJ2優勝に大貢献。
秋元選手が居なければ勝てなかった試合は多数、
ハッキリ言って秋元選手が居なければ優勝できなかったのは、サポーターであれば明らかなことです。

あの時批難していたサポーターは、昨年の秋元選手の活躍をどう思って観ていたんだろ?
「あの時はあんなことを言ってすまなかった」と思っているのでしょうか?まだ許せないのでしょうか?

齋藤学選手だって、もしかしたらマリノスの帰って来て、またマリノスのために大活躍するかもしれません。
その時、今批難しているサポーターの方々はどう気持ちを整理するんだろう?
正直、齋藤学選手はいずれマリノスに帰ってくるんじゃないかって思っているんですよ。
だって、ユースからのチームでしょ?

阪神タイガースでだって、オイラが大好きだった濱中治も平野恵一も他チーム(共にオリックス)に移籍しました。
でも、2人ともコーチとして阪神に戻って来ています。
逆パターンで、新井さんは広島に戻って活躍しています。
今年横浜に移籍してしまった大和も将来戻って来てくれるかもしれない。

そして、航選手も、
移籍の際のコメント、「いつかは湘南に戻ってきたいという気持ちを持っています。」
オイラはその言葉を信じて、気長にずっと待っているのであります。

だから、怨んじゃダメだ。


あともう1つ、
ベルマーレ的に言いたいのは、我がチームにも齋藤学選手的な状況で移籍してきた選手が居るってこと。
アルビレックス新潟で、地元・ユース育ち、キャプテンであり、J2降格のタイミングで、湘南に「戻って」来た、
大野和成選手のことです。

今日の超掲示板にもアルビレックスサポーターと思われる方からとても厳しい書き込みがありましたね…。
「故郷と親を捨てた」「来年湘南落ちてアルビが上がったらまたアルビに戻りたいでも受け入れない」と。
アルビレックスサポーターさんから見ればそう思われてもしょうがない移籍です。
(でもまぁ大丈夫です、ベルマーレは降格しないんで!)
大野選手もそんな批判をされることは承知の上での移籍=チャレンジなんだと思います。

ベルマーレでも、今回の齋藤学選手と同じような立場で移籍してきた選手が居るってことです。
そのチャレンジ、しっかりサポートしようじゃありませんか!


色々語ってしまいましたが、言いたいことは、
「ずっとこのままで」ではいられない。いつか来るべき日は来る。

イメージ 1
コレは、「湘南ベルマーレの選手」としての航選手と最後となった写真。
このほんの数日後に、悲しく、つらい「別れ」がありました。

でも、

イメージ 2
ずっと変わらず応援し続けてるからこそ、まだ‟つながって”いるし、また笑顔で会えることができる。
その相手が航選手だからかもしれないけど、これは揺るぎない「真実」ですから!


今回の齋藤学選手の移籍を「批判」するマリノスサポーターさん達を‟諭す”つもりは全くないですけど、

同じ「夢」に向かって一緒に共有した思い、
一緒に戦った事実は、いつまで経っても変わらない。



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)

お元気ですか?

ありがとうオリゴ糖

Jさんです。


そんな、今や死語だが我が家では現在も飛び交ってるワード的ブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



さて今日は、ももいろクローバーZ・有安杏果、最後の日。

イメージ 2
ってことで、ももか最後のコンサートに、

行けるハズもなく・・・、

行ってきたのは、コチラ、

イメージ 1
Shonan BMW スタジアム平塚!!

イメージ 3
毎年恒例となっている、我らが湘南ベルマーレと、業務提携チーム・福島ユナイテッドFCとの練習試合イベント、
『SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2018』へ行ってきました。

今年初めてのベルマーレイベントとなりますが、
シーチケを更新するぞ!その前にクリーニング屋さんに寄るぞ!
だと意気込んだせいか、
カメラを忘れるという、ブロガーとしてあるまじき失態を犯し、
さらに、タオマフを忘れるという、ベルサポとしてあるまじき失態を犯しました。

なんで、今日はスマホで撮った写真でアップ。

イメージ 4
今年のユニフォーム。いわゆる「襷」ユニフォーム。
青の斜めラインがもっと太い方が良いのでは?って意見が多く、オイラもそう思ってたけど、
実物見ると、カッコイイじゃないですか!
でも、今日シーチケで大きな出費をしちゃったんで、夏のボーナスかなぁ…。

イメージ 5
今年のベルマーレクイーン候補の皆さま達。
‟史上最強のマジサポータークイーン”林杏南さんも昨年に続き立候補。一枠は確定だな、こりゃ。

2013年クイーンの‟みっさ”さんも観戦にいらっしゃってて、アチラから気づいてくれて声掛けていただきまして、
嬉しくて独りニヤニヤする、嫁さん不在のオッサン。


イメージ 6
今日はココからの観戦。いつもより高めの位置から。

イメージ 7
こちら、今日のスタメン。
キャプテンマークは大野選手。プレイも生き生きしてましたね!
相手の福島は、11人中6名(伊藤・宇佐美・阪田・前田・田村・樋口)、半分以上が元湘南戦士!

イメージ 8
イメージ 9
今年初の円陣ダッシュ!
あれ?ステバノヴィッチ選手はダッシュできてない?(知らなかった?)

サンフレッチェ広島から移籍のミキッチ選手は存在感ありますね!ボール持つとワクワクさせてくれる選手です。
あと、皆さん好評価だったのは、高卒ルーキー(J長女と同学年)の新井光選手。期待できますね!

イメージ 10
試合は、2vs0で勝利!

1点目は、「隆之介ハンパないって」な野田選手のトラップ→パスで、昨年ケガで棒に振った高山選手が決める!
9番不在で、CFでは野田選手の活躍が重要になると思いますから、今日の活躍は明るい材料ですね。

2点目は、「小さな巨人」山口選手の巧いパスから、ユースの柴田壮介選手が決めました!
後半から出た新入団・山口和樹選手も、オイラは印象に残りました。小柄だけど巧い!

イメージ 11
明日からスペインキャンプに出発する湘南ベルマーレ。
できれば、「背番号9」もこのキャンプに間に合ってほしかったけど、
ナニしろ毎年キャンプで鍛え込んでくるベルマーレ、今回もしっかりレベルアップしてくれることに期待してます!

今年も始まりました!
今年も最後は湘南に関わる人達が笑顔で終わるシーズンにしましょう!!
頑張れ!湘南ベルマーレ!!



で、今日はコレで終わりません。

イベント終了後、ベルマーレ側でなく、南門(アウェー側)で‟出待ち”しました!
ナニせ、福島ユナイテッドには、元湘南戦士が多いですからね!

イメージ 12
宇佐美宏和選手。またちゃみ選手に会える日が来るなんて、嬉しい!
オイラ、自撮りってあんま慣れてなくて、ちゃみ選手に操作を教えてもらったという。

イメージ 13
前田尚輝選手。ずいぶん大人になった感じがする前ちゃん。
しかし、オイラ、アゴ下が気になるなぁ。

イメージ 14
伊藤剛選手。昨年途中からレンタルで福島へ、今年は完全移籍。「背番号1」で‟福島の守護神”へ。
昨年のトレカにサインをもらう前に移籍してしまったので、念願のサインいただきました。
あとは、宮市選手とシキーニョ選手か…。

イメージ 15
阪田章裕選手。バスには乗らなかったので私服でいらっしゃるところ2010年以来に写真撮っていただきました。
見事なアゴヒゲで‟コワモテ”にも見えますが、本当に優しい方です。

イメージ 16
田村翔太選手。本当に期待してたタムショー選手、今年から福島へ完全移籍となりました。
四日市中央工高時代は同学年の浅野拓磨選手とWエースとして活躍してました。凄い選手になるハズです!

そして、周りの方から「村岡が居る…」との情報を得て、行きますと、

イメージ 17
今年から、Y.S.C.C.横浜へ移籍となった、ユース出身の元湘南戦士・河野諒祐選手がいらっしゃいました。
一緒に写真を撮りに行った方が、「村岡選手…」と声を掛け、オイラもその瞬間にあっ違う!と気づきましたが、
時すでに遅し!
「村岡じゃないです…」と、苦笑…、一緒に居た田村選手も苦笑…。
村岡選手じゃないです、ユース出身の河(かわ)ちゃんでした!本当に失礼しましたっ!

今はそれぞれの「場所」で戦う元湘南戦士達。
でも、同じ夢に向かって一緒に戦った事実は、いつまで経っても変わらないです。
いつまでも応援します!!



そして、

イメージ 18
光きらめく明日へ 僕らは道を進むよ

さようなら、ももか。
ありがとう!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(0)

小さな巨人よ永遠に…

お元気ですか?

霧が晴れた向こう側、綺麗ごとだけじゃなかった

Jさんです。


でも負けないよ、どんなに凄い風や砂にまかれても、『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



今日は語らずにはいられません。

昼休み、嫁さんからメールが入りました。

えっ?まさかっ!

急いでスマホでチェックすると、本当でした。

イメージ 2
‟ちょっぴりおバカな小さな巨人” 有安杏果、ももいろクローバーZを卒業。

本当にビックリしました!
15日発表で21日が最後って、急すぎる…。
それも、芸能界引退じゃないですか!

今日はちょっと忙しい日だったんですけど、
数人から、この‟緑推し”のオッサンに、「Jさん大丈夫ですか?」とご心配いただくメールが届きました。
ショックはショックですよ…。

EXILE系列の養成所で鍛えたダンス、
和田アキ子も嫉妬した歌唱力、
最近はドラムやギター、作詞作曲の才能も開花し、
ももクロの活動と両立して、日大藝術学部写真学科を一度も単位を落とさず卒業して写真の才能もあって、
‟緑推し”だからとか抜きにみても、この逸材が引退してしまうなんて、

ただただ残念…。



イメージ 3
ももクロを好きになったのは、2012年年末に初出場になった紅白歌合戦。
それまで名前ぐらいは知ってたけど、メンバーが何人居るかとかも全然知らなくて、
でも、その紅白の『サラバ、愛しき悲しみたちよ』の出だしの踊りを見た瞬間に、「ナンだこの子達、スゲェ!」と。
それから、この可愛くて、面白くて、カッコイイ「ももクロ」にドップリとハマって、
今まで沢山の勇気と感動とチカラをもらってます!
その紅白の『サラバ〜』でスゲェ!って一番に目がいったのは、ももかでした!
5人共大好きだけど、誰推し?となれば、やっぱオイラは‟緑推し”!!
ももかから、どれだけのチカラをもらったか!

「ももクロ」は、いつかは「ももクロ」ではいられなくなる。

それは分かっていたことで、いつかはそんな日が来るだろうと。
それはどんなカタチでやって来るのだろう?
できれば、5人で最後を迎えて欲しかったのが理想的というか、ホンネです。

オイラは、6人の時の「ももクロ」は知らないし、
かなこ↑しおりんあーりんももかれにちゃん
誰1人欠けることがない、この5人が揃ってだからこその「ももクロ」だと思ってましたから。

そうじゃなくなる「ももクロ」は今は想像できないし、
さみしいのがホンネです。

「奇跡の5人」なんですよ、この5人は。

霧が晴れた向こう側 綺麗ごとだけじゃなかった
でもまけないよ どんなにすごい風や砂にまかれても
過去よりも高く翔ぶために 助走つけるために
何度も うまれかわってる ヒカリ 夜明け 輪廻

もうこの「奇跡の5人」がみれないなんて…。


ただ、ももかが居なくなっても、そこに緑色の彩りがあった真実は変わらない。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
サラバ、有安杏果。
小さな巨人よ、永遠に・・・。


でも、前向きにとらえれば、4人の「ももクロ」がどんな「ももクロ」になってくれるか?
新しい「ももクロ」も楽しみ!!

イメージ 1
世界の「ももクロ」No.1!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)

お元気ですか?

ズコっ!

Jさんです。


そんな、今どき言ってる人が居たら見てみたいズッコケブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



早いっすね、もう今年に入って15日経っちゃうんですって。
コレを24回ぐらい繰り返したら、もう一年経っちゃうですよ。

って、出だしのコレ、一年間ずっと続けちゃおうかな。



今朝は、まず昨日のどんど焼き会場の片付け。

イメージ 3
スゲェ〜灰の量なんすけど。

イメージ 4
ご覧のとおり、キレイにしてから、

向かった場所はコチラ!

イメージ 2
馬入ふれあいサッカー練習場!!

イメージ 1
J長女と2人で来た馬入は富士山がとっても綺麗!
ってことで、今年初となる、『ばびゅうイチくつろいでる日記 その66』です!


イメージ 5
‟おったし”が出ましたし、詳しい練習内容は語れませんけど、
新フィジカルコーチの影響なんでしょうか、今までにないサーキットトレーニングをして、
選手はメチャクチャ厳しい内容だったでしょうけど、見てる方は頑張ってる選手の姿を楽しめました。
最後の円陣も、皆んな‟やりきった感”があって、面白かった!


今日は始動から初めての日曜日ってこともあって、集まったサポーターも多め。
なので、サインは自粛しましたけど、(サイン貰うモノもなかったんで…)
でも、17人の選手と写真を撮っていただきました!

イメージ 6
背番号1・秋元陽太選手。揺るぎない「湘南の守護神」!

イメージ 7
背番号3・岡崎亮平選手。厚木市出身、航選手のユース時代の同期・ライバルにして「3」を継ぐ男!

イメージ 8
背番号8・大野和成選手。おかえりなさい!新潟から大きな想いを背負って湘南に帰ってきた男!
「8」には少しビックリ!坂本紘司さんを意識してるかな?

イメージ 9
背番号10・秋野央樹選手。「10」を背負ったのはレイソルからレンタル移籍中の秋野選手。期待大!

イメージ 10
背番号11・高橋諒選手。名古屋からレンタル→完全移籍!「11」は本当にビックリ!良い選手を獲れたなぁ。

イメージ 11
背番号15・野田隆之介選手。練習を見てても一番のムードメーカーですね。FW不足なので期待するしかない!

イメージ 12
背番号16・齊藤未月選手。湘南の宝ですね、未月選手は!

イメージ 13
背番号21・富居大樹選手。モンテディオ山形から新入団。秋元アニキを脅かす存在に。
って、J長女さん、新入団選手に対してご挨拶がわりの得意技・半目(はんめ)炸裂!

イメージ 14
背番号26・山口和樹選手。国技館大学から新入団!身長155cm。細いこともあって中川選手より小さい!
って、J長女さん、新入団選手へのご挨拶半目(はんめ)2連発!

イメージ 15
背番号27・鈴木国友選手。新入団。前述のとおりFW不足ですので新人ながら頑張って欲しいです。
って、今度はまさかの、鈴木選手の方からの新入団ご挨拶半目(はんめ)炸裂!

イメージ 16
背番号28・石原広教選手。新たな選手が入ってきたので広教選手も頑張らないとね!

イメージ 17
背番号29・杉岡大暉選手。昨年一番の衝撃新人も2年目。東京オリンピック目指して頑張れ!

イメージ 18
背番号30・島村毅選手。この写真1枚だけでもお分かりのとおり‟ミスター神対応”です!

イメージ 19
背番号32・新井光選手。新入団。とうとうJ長女と同学年の湘南戦士が誕生!コレは衝撃的だ。

イメージ 20
背番号33・真田幸太選手。ユースからの昇格新入団。こちらもJ長女と同学年!しかも厚木市出身!
っと、J長女さん、新入団選手へのご挨拶半目(はんめ)本日3発目!

イメージ 21
背番号36・岡本拓也選手。山田直輝選手同様、異例のレンタル3年目となりました。残ってくれてありがとう!

イメージ 22
背番号41・ミキッチ選手。広島の2連覇に貢献したビックネームが完全移籍入団!期待しかないでしょう!


ってことで、今年も始まりました、我が家の「湘南ベルマーレがある生活」!
今年も湘南ベルマーレをたのしむぞ!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事