Jさんの こまるこらむZ

自閉症の次女とそのおバカ家族の自己満足ブログ。おっさんがベルマーレ・阪神・プロレス・仮面ライダー・ヘヴィメタルを語るぜぇ〜と!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
お元気ですか?

甲斐キャノン

Jさんです。


そんな、今プロ野球で一番のトレンドワードを言ってみるブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!


今年の野球も終わりましたね。

新井さん、お疲れさまでした。



さて、Jリーグはあと1ヶ月続くワケですが、
昨日の観戦で、既に今シーズンのベルマーレ観戦の予定を終えてしまったオイラ、

今日は地元の公民館まつりの準備があるのですが・・・、

キモチを抑えきれず、行ってしまったのは、馬入サッカー練習場!

イメージ 1
ってことで、『ばびゅうイチくつろいでいる日記 その72』です!

イメージ 2
今日は、昨日リーグ公式戦として戦った清水エスパルスとの練習試合が馬入で行われるということで、
もしかしたら、元湘南戦士・鎌田翔馬選手、西部洋平選手に会えるかも!
ってキモチがあって、公民館まつりの準備をサボってまでして、馬入に行ってしまったのですが、
翔馬選手・西部選手には会えませんでした。
翔馬選手、怪我の回復具合はどうなんだろ??

もちろん、練習試合の内容は控えますが、
どの選手が出ても「湘南スタイル」が体現できるんだなって、思えた練習試合でした。

イメージ 3
もちろん、せっせとサイン集め。

イメージ 4
清水エスパルスもファンサービスが良いと聞いています。
昨日は興奮してピッチ内のボールを蹴ってしまい、珍しい退場処分を受けたヤンヨンソン監督も笑顔で登場。

サインしてもらうトレカの残りが少なくなり、また独りぼっちの馬入だったんで一緒に写真も撮ってもらえず、
せっかく選手と接触できるチャンスなのに、「お疲れ様です」しか言えない状況。もったいない。

でも、今日は1人だけ、ツーショットではなく、単独で「写真撮って良いですか?」とお願いした人物が、

イメージ 5
元湘南戦士・現U-15EAST山口貴弘コーチ!
ずっと会えたら写真を、と思ってて、お見かけすることはあったんですが、声を掛けれる機会がなくて、
今日いらっしゃって、ツーショットではありませんが、「ヤマさん、写真いいですか?」とお願いしました。

ブログ友達である長崎サポーター・Hiroさんとのつながりができたのも、ヤマさんのオカゲなんです。
ヤマさんが長崎に移籍して、それをキッカケにつながりができました。ヤマさんには感謝!なのです。

と、完全にHiroさん向けの写真です!


さて、コレで過酷なハードスケジュールもひと段落。
明日あさってはオフで、選手たちをやっと休ませることができます。
我々のために過酷なスケジュールの中、走り続け、戦い続けてくれてありがとう!
あと3試合、
「残留」のためには、さらに一段と気持ちを入れなきゃいけない試合が残っていますが、
この2日間はゆっくり休んでください。

そして、絶対に残留しよう!
湘南ベルマーレの明るい未来のために!!


と、試合観戦は行けませんが、懲りずにまだまだ馬入には来ちゃいます!
あと、今月はその他にも考えてることがあります。
それは事後報告で。



の前に、今日はサボってしまった地元の公民館まつり、
焼きそば作り、頑張ります!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(2)

お元気ですか?

まだ温かい

Jさんです。


そんな、布団を触り「まだ遠くには行ってない」と刑事のように言うブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



イメージ 2
まだまだあの余韻に浸っている、
湘南ベルマーレ、JリーグYBCルヴァンカップ優勝!!

本当に日本中を驚かせる結果となりました。
オイラはもちろんそうなると確信していましたので、シメシメってカンジです。

近いところでも、「Jさん、おめでとうございます!」と多くの知人の声を掛けてもらって、
今週は余裕のないちょっと忙しめのでしたけど、気持ちの良い一週間が過ごせました。
そして、優勝前後から多くのメディアに取り上げられ、“一般の”方もそのニュースを目にすることが多くなり、
「ベルマーレって凄いんだね」って声が多く聞かれ、やっと分かったかと。
オイラはもちろんこうなると確信していましたので、シメシメってカンジです。


がっ!
ルヴァン杯優勝しても、実はリーグ戦では降格争いの真っただ中。
まぁ、今季は特別で、まだ半分のチームが降格の可能性がありますしね。

で、そんな降格争いの中、今週は超ハードなスケジュール。
土曜日のルヴァン杯決勝から中2日の火曜日にアウェー・磐田戦、
またその中2日の火曜日にホーム・清水戦と、7日間で3試合というとんでもない状況。
皆んなか一丸となって乗り越えるしかないっ!


で、あの大激闘から中2日後のアウェー・磐田戦、
スタメン発表で驚いたっ!!

イメージ 3
あの大激闘のルヴァン杯決勝から一切メンバー変更なしっ!!ベンチも1人変わったのみ!
本気かっ!チョウ監督!
いや、さすがチョウさん!凄い!!
一番良いメンバーを選ぶというチョウさん、「優勝したメンバーだぞ、当たり前だろ」って言いそう。
コレぞ湘南スタイル!!

イメージ 4
しかし、残念ながら0vs1で敗戦。降格争いの中ではイタい。
勝ってたら最高だったんだけどなぁ〜。

まだ戦いは続きます!切り替えていきましょう!



ってことで、昨日の11月2日金曜日、
試合を終え、光の速さでダッシュして、行って来ました!BMWスタジアム!

イメージ 1
ってことで、『ベルマーレALIVE観戦記 vol.132』です!

イメージ 5
急いで向かったんですが、渋滞にもハマり、キックオフには少々間に合わず。
なのでゆっくり見れませんでしたが、ルヴァン杯優勝おめでとうのお花が沢山飾ってありました。
中村祐也選手のお花に感動…。

イメージ 6
「フライデーナイト」の平日開催ではありますが、沢山のイベントがありました。
が、キックオフに間に合うか?ってな状況だったので、今回全てスルー。
時間休とるべきだったかなぁ〜。

で、今回の目玉!

イメージ 7
イメージ 9
「一番似合う選手は?」で一位に選ばれた山口和樹選手を推すまつだ松田天馬選手が持つユニフォーム。
あなたも充分・・・。
で、この先着10000人に無料配布されるこのユニフォーム、貰えなかったぁ!

イメージ 10
で、「アクロボール信者」のオイラがまた貰える!と楽しみにしてた記念アクロボールも、貰えなかったぁ!

って理由はコレ!

イメージ 8
イメージ 11
平日ナイター開催なのに超満員!!15000人ちょっとしか入れないのに、まさかの14354人の入場者数!!
ホントかっ!!
コレはルヴァン効果なのか???
ナニしろ平日開催なのに、今までじゃ考えられないスゲェ人だった!

ってことで、こちらも仕事後なので、数分前にスタジアムに到着したTENさんからメール。
「席がみつからない」
数分後到着したオイラも探したが、1席だけならいくつかあったけど、2席空いてるとこが全く見つからない。
コンなの初めてだわぁー!!
平日開催、ナメてたわぁー。

ってことで、

イメージ 12
今回観戦したのはコチラから。

イメージ 13
席がなく、自由席の一番端っこの階段に座って観戦。
コンなの初めてだわぁー。

イメージ 14
でも、横を見ると、上からゴール裏を眺められるので、コレはコレで良かったかな?
ってことにしといて。

イメージ 15
イメージ 16
戦闘開始!!(キックオフに間に合わなかったので、写真は後半の円陣ダッシュ!)

イメージ 17
今回はルヴァン杯&磐田戦から多少メンバーを代えてきました。

イメージ 18
注目は、リーグ戦初先発となった、J最小身長155cmの山口和樹選手!
とても良かったです!こういった選手、好きですねぇ。

山口選手に限らず、この試合、内容は完全にベルマーレが圧倒していました。
あのルヴァン杯決勝を思わせる「湘南スタイル」を見せつける戦いっぷり!速いっ!強いっ!
そして、どっちが連戦してるチームだ?と逆に清水の選手の方に疲れがみえた走力!最後まで走り切った!
圧倒する中で1度だけあった大ピンチも、秋元選手のビックセーブも、毎回に“当たり前”のように生まれる!
また、メンバーが変わっても戦力ダウンせずに同じサッカーができることを証明してくれました!

イメージ 20
フラストレーションも溜まってしまったか、
清水のヤンヨンソン監督がまだピッチ内にあるボールを蹴り返してしまい、退場となる珍しいハプニングあり。

それだけ圧倒していた?ってことにしましょう。

あの日本中を驚かせたルヴァン杯決勝を彷彿させる「しょう湘南スタイル」をまざまざと見せつけ、
もし今回初めて観戦したって人も充分魅了できた、とは思うんですが、
1つだけ、足りないモノがあった・・・。

イメージ 19
完全に圧倒していた内容なのに、ゴールが生まれず…、0vs0のドロー。
「残留」という最重要のミッションがある中で、
なおさらこの内容であれば、やっぱり勝ち点3をゲットしなきゃいいけなかった…。

ただ、上を向いて行こう!

イメージ 22
イメージ 21
ルヴァン杯を制したのに、降格してしまったら元も子もない。
逆にいえば、ルヴァンを獲ったベルマーレが、来年J1に残れれば、メチャクチャ楽しみな来シーズンになる!
絶対に、絶対に残留しよう!!

イメージ 23
あとは、チョウさん、あなたに任せた!
チョウさんなら、湘南ベルマーレなら絶対に大丈夫!!

ただただ前だけを向いて突っ走れ!湘南ベルマーレ!!



ホーム戦は、11月24日の浦和戦のみとなりました。
しかし、その日は資格の更新研修があり、どうしても観戦できません。
翌週のアウェー・名古屋戦も更新研修。
そう、実は今回が今シーズン最後の観戦でした。

BMWで共に戦えませんが、
いつでもどこでも共に戦ってます!
湘南ベルマーレをよろしくお願いします!



とはいえ、今月は馬入には行きまくる予定ですが・・・。



おしまインドカレー。

開く コメント(0)

お元気ですか?

NGワード

Jさんです。


そんな、クイズ年の差なんてなブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!


ゆうゆはフリップに毎回なすびマークを書く。



本日2回目の更新。

イメージ 2
昨日のルヴァンカップ優勝!!

オイラの元にも、「おめでとう」メッセージや、SNSへの「いいね」を沢山いただきました。
皆んなちゃんと生中継観てくれたのかなぁ?
会う地元の方にも、「Jちゃんおめでとう!」「最後の10分は生きた心地しなかったべ?」とか、
あと、「あの金髪の選手(高山選手かな?)、最後はずっと走ってたなぁ、凄かったなぁ」とか。

ナニしろ嬉しい限り!

余韻に浸って、心地良い朝を迎えられた湘南サポさんが殆どだと思います。

ナニせ疲れた。
雨の予報が快晴になり、その熱さもあったし、それ以上にアツい試合になったので、
いつもの3倍は疲れました。

あと、あまり語ってる人は少ないけど、帰りの渋滞でねぇ。
疲れたぁ〜。

だから、今日はゆっくり休もう、って思ってた人も多かったと思います。


さてさて、SNSでは、多くの元湘南戦士達が、今回の湘南ルヴァン杯優勝のことを語ってくれました。
あの選手やこの選手まで!
本当は全部触れたいけど、限りがないんで、
オイラ的には、やはりこの2選手。

イメージ 3
ネットニュースにもなった、現シントトロイデン・遠藤航選手選手のツイート。
航選手やったよ!

イメージ 4
で、現ブラウブリッツ秋田・松本拓也選手のツイート。
松本選手、ごめんなさいね、本当は三ツ沢に秋田の試合観に行こうってこの日は休みを取ってたんだけど、
まさか決勝まで行けるとは思ってなくて、応援に行けなくなりました。でも優勝できましたよ!
と、ツイートしようと思って、
そういえば、今日の秋田の試合はどうなったのかな?って、ツイートする前にチェックをと、見てきたら…、
あれ?試合、明日じゃん!
ナニをどう間違えてたんだろ?秋田の試合は27日で、ルヴァン杯決勝とカブってしまったと思ってたら、
秋田の試合は28日だった!完全に間違ってたっ!

やべっ!
今更で家族は行けないけど、明日は一人ででも三ツ沢に松本選手の応援に行こうか?
でも、疲れてるしなぁ〜。
とはいえ、明日はベルマーレも非公開練習だし、
どうすんべ?

と、迷いながら、優勝に関するサポーターの皆さんのツイートもチェックしていると、
「明日、馬入に行こう」ってなツイートがあって、
「明日は馬入は非公開練習ですよ」、って教えてあげようと思って、
まぁ、ツイートする前にちゃんとチェックしとこを思って見てみると、

イメージ 5
ぬわにぃ〜〜、非公開じゃなくなてるしっ!


ってことで、「松本選手ごめんなさい」と思いながら、
そして、疲労困憊の中、おっさん一人で馬入に向かってしまうのでありました!(ココまでの説明、長すぎ!)

イメージ 1
ってことで、『ばにゅうイチくつろいでいる日記 その71』です!

昨日の激闘を終えたばかりですが、今週はかなりきついハードスケジュール。
中2日でもう火曜日には磐田戦があり、また更にそれから中2日で金曜日に清水戦があるという。
選手達はまったく優勝の余韻に浸っていられない状況。

練習内容はもちろん控えますが、
とはいえ、今日はさすがに練習は早めに終わってましたね。

1つだけ言わせていただくと、

イメージ 6
練習後には眞壁会長も姿をみせ、選手・コーチひとり一人に、労いの言葉を掛けていました。
こういうところですよね!
「湘南スタイル」は、チョウ監督もですが、眞壁会長もブレずにスタイルを続けてきた結果。
本当に感謝のキモチでいっぱいです!

イメージ 7
そして、お疲れの中ではありますが、多くの選手からサインをいただきました。
今回はおっさん独りぼっちでの馬入だったんで、写真はありませんが、
いただくトレカがなく、サインをいただなかった選手にも、
「おめでとうございます!」「ありがとうございます!」と言えたことが良かったです。

このハードスケジュールを「全員戦力」のスタイルで乗り越えて、
しっかりJ1残留しましょう!
絶対大丈夫!!

これからも、ただただ前だけを向いて突っ走れ!湘南ベルマーレ!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(0)

お元気ですか?

右へ回すとシャープペンシル、左へ回すとボールペン

Jさんです。


そんな、我々世代の多機能ペンといえばシャーボだな!って思うブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



昨日2018年10月27日は、オイラの人生の中でも決して忘れることのできない、最高に嬉しい一日となりました。


ブログでも語りましたが、
この2日前、オイラのTwitter、Facebook、そしてLINEででも、
皆さんにこんなお願いをしました。

イメージ 2
イメージ 3
ブログを始めてもう少しで10年。
開設当初はサッカー自体観たことがなかったオイラが、湘南ベルマーレを出会い、大好きになり、
このチームに少しでもチカラになりたいと、この10年間、SNSを通してベルマーレの魅力を伝えてきたつもりです。
そのベルマーレが、ルヴァンカップ決勝戦にまで進み、ナンと地上波で試合が放送される。

コテンパンにヤラレて「ナンだ、ベルマーレ、ダメじゃん!」って思われちゃうかもしれないけど、
でも、この素晴らしい湘南ベルマーレというチームをどうしても観て欲しかった。
一人でも多くの人に観て欲しいって、思いました。

湘南ベルマーレには、人の心を動かすチカラがあるって、確信してたから。


親会社が撤退し、ベルマーレ平塚から湘南ベルマーレという市民クラブになって、
それでも、ブレずに、一歩一歩、前進し続けてきた結果、
日本サッカーの3大タイトルの1つ、ルヴァンカップの頂点に手が届くところまで来ました。

イメージ 1
観戦仲間・TENさんの運転で連れて来てもらいました、決戦の場所・埼玉スタジアム!

絶対に勝とう!
優勝しよう!
思いっきり泣いて、思いっきり笑おう!
そして、日本中を驚かせてやろう!!

イメージ 47
ってことで、JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦!
我々は新たな歴史を作る!#ShonanMakeHistory、『ベルマーレALIVE観戦記 vol.131』です!


イメージ 5
イメージ 4
一歩先に到着した地元同級生・ウッチーが確保してくれていたこの席から観戦。端ではあるが前から7列目。
今はベルギー・シントトロイデンへ移籍した我らが遠藤航選手、
2年半過ごした浦和レッズの本拠地であるに関わらず、実はオイラは埼スタ初めてです。
こりゃあ素晴らしいスタジアムだわ!


イメージ 48
試合前の練習開始!
いつもはスタンドから座って観戦ですが、今日ばかりはゴール裏で終始スタンディングで応援!
風邪からやっと治ったばかりなんで、意気込み過ぎてもう試合前の段階でノドがダメになってしまいました…。

イメージ 6
オイラだけじゃない、試合前から盛り上がるベルマーレサポーターの皆さん!
コレからもっと人数が増えていくワケですが、
正直、オイラはもっとスカスカなんじゃないかと思ってました。他サポから笑われるぐらい。
この埼スタの大きな「器」をベルサポだけでいっぱいに埋めることはできないんじゃないかと、正直ね。
でも、少なくともゴール裏はいっぱいだった!

イメージ 10
ホームのBMWスタジアムでも15000人集まるのがやっとなのに、
(半分と単純計算して)埼玉に20000人が集まった!
オイラはこの時点で感慨深いモノがありました。
こんなに集まるんだと。皆んなが本気で優勝を目指しているんだと。
コレは勝てる!そう思えた時でもありました。

イメージ 7
同級生、タカミザワくんも観戦に来てくれた!同級生3人集合!
その他にも、「来てたんだ!」ってな地元の人たちも観戦に来てくれてました。

イメージ 8
イメージ 9
そして、今回本当に嬉しいことが!
Twitterで、遠藤航愛で結ばれた、浦和サポーターの「同志」カメさん・ゆうたさんが、
ベルマーレの応援に来てくれて、初めて会うことができました!
プレゼント交換もしちゃった。
コレは本当に嬉しかったなぁ〜。
あざっす!!また会いましょう!!

イメージ 11
さぁ、相手は神奈川の「横綱」横浜Fマリノス。
神奈川ダービーとはいえ、マリノスさんは全国区のチーム。
こちらも精一杯のサポーターが集まったけど、完全にサポーター数はあちらの方が上。声も凄い!
サスガだ!

イメージ 12
3大タイトルの決勝戦だけあって、我々には慣れない「厳かな(?)」状況。

イメージ 13
国歌斉唱も、水曜日のカンパネラのコムアイさんが務めちゃうし。

イメージ 14
でも、それぞれのホームスタジアムで流れる選手紹介の煽りVTR。
この埼スタで、三村ロンドさんの声が聞こえる。いつもの声だ。
我々は本当に、このFINALというステージに立っているんだ。
もう、この時点で込み上げてくるモノを抑えられなかった。
涙のコール&レスポンス、ベルマーレビックウェーブとなりました。震えて声が出なかったよ…。
そして、『SHOW TIME』まで流してくれて、一気に“ホーム感”漂ういつもの雰囲気に!

イメージ 15
イメージ 16
共に歴史をつくろう!戦闘開始!!



試合中の写真は、ないです。

この90分間、思いっきりベルマーレの応援をしました。

前半は完全にベルマーレのペース。
超攻撃的サッカーのマリノスに攻撃に入る前に奪う、まったくマリノスのサッカーをさせず、
これぞ「湘南スタイル」ってサッカーをみせれたと思う。
その中で、日本中驚かせた、20歳・杉岡大暉選手のスーパーミドルシュート!
雄叫びをあげました!

後半はマリノスの攻撃的サッカーが展開され、防戦状態となりました。
しかし、集中して、身体をはって守る!これもまた「湘南スタイル」!
攻められるシーンが多かったこともあって、ただただ声を出して応援して・・・、

イメージ 17
!!!
終わったのか?
勝ったのか??
優勝したのか???

イメージ 18
試合終了!湘南ベルマーレ1vs0で、横浜Fマリノスに勝利!!

ってことは・・・、

イメージ 19
湘南ベルマーレ、JリーグYBCルヴァンカップ優勝!!

ついに!ついに!
ホントに!!ホントに!!
ベルマーレがタイトルを獲ったっ!!!

イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
泣きまくる選手たち!!

イメージ 23
泣きまくるサポーターたち!
皆んな泣いた!!

嬉しい!メチャクチャ嬉しい!!
でもでも、メチャクチャ泣いたっ!!
コンなに泣くチーム、他にあるんだろうか???

今まで苦しいことも沢山あった、悔しい思いの方が多かった、
こんな小さなチームが「タイトルを獲る」なんて言ったら、笑われちゃうことだったと思う。
でも、誰が何と言おうと、
湘南ベルマーレが頂点に立ったんだ!!

こんなん、泣かないハズないよ。


そして、ココにも、

イメージ 27
選手達がグランドで喜び、泣きじゃくってる中、

イメージ 24
その後ろで横たわっている男が・・・、

イメージ 25
イメージ 26
チョウ監督だ!!

イメージ 28
試合・練習中は鬼の形相で選手達を怒り、オフの時はアニキのように優しく、
そして、泣き虫なチョウさん。
我々はこの漢についてきて、本当に良かった!
心から言いたい。言っても言い足りない、
ありがとう!チョウさん!!

イメージ 31
オイラも、優勝の時は、ウッチーとTENさんと、思いっきり抱き合って喜びました!
今思うと、オッサンが抱き合ってキモイかぎりですが…。
そして、嗚咽するぐらい泣いた!
思いっきり泣いた!思いっきり喜んだ!

そして、後ろを振り返って、このベルマーレサポーターでいっぱいになったこの光景を何度も何度も見渡した。
最高の光景だった!!

イメージ 29
俺たちがチャンピオンだっ!!



イメージ 30
先に言っておきます。
何を言っても「勝ったから」になってしまうので、多くは語りませんが、
相手が横浜Fマリノスさんで本当に良かった!素晴らしい試合をありがとう!
ありがとう!横浜Fマリノス!!


イメージ 32
この階段を、ベルマーレの選手達が登る。

イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
優勝カップを!そして優勝賞金1億5千万円を手に入れた!!
スゲェ〜〜!

イメージ 36
イメージ 37
皆んなで掲げた優勝カップ!!

イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
そしてMVPは、この日一番日本を驚かせた男・杉岡大暉選手!
インタビューの内容からも「ベルマーレ愛」が感じられました。ありがとう!!

イメージ 41
サポーターの前に来た選手達。

イメージ 44
さぁ〜、「勝利のダンス」、いや「優勝のダンス」だ!(にしても、凄い報道陣の数っ!)

がっ、
今回は「勝利のダンス」の写真はありません。いつもはスタンドからその写真を撮ってますが、
今回はゴール裏で、オイラも一緒に踊ってたから!
最高の「勝利のダンス」を味あわせてくれて、ありがとう!!

イメージ 42
イメージ 43
監督が、選手達が、スタッフさん達が、サポーター達が、皆んなが一丸となって手に入れた優勝!
誰一人として欠けちゃいけなかった。

本当に本当に最高に嬉しい一日となりました。
このチームを好きになって、本当に良かった!!
湘南ベルマーレ、最高!!



イメージ 45
セレモニーも終わり、日が沈む埼玉スタジアム。

イメージ 46
なごみ惜しみながら決戦の地を後にするサポーターたち。

そう、まだまだ戦いは続くのです。
今日という日が終れば、また新たな日がやってきて、また新たな戦いが始まる。

まだJ1残留するという戦いが残ってる。
特に今週は、決戦2日後の火曜日、そしてそのまた2日後の金曜日に試合があるハードスケジュール。
戦士達に休息はありません。

でも、この苦難もきっと乗り越えてくれる。

これからも、ただただ前だけを向いて突っ走れ!湘南ベルマーレ!!



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(4)

お元気ですか?

勝手にしやがれ

Jさんです。


そんな、一連のジュリードタキャン報道の賛否両論をみてそう思うブログ『こまるこらむ』とはココのことだぜっと!



イメージ 16
風邪をひいてしまい、遅くなってしまいましたが、
湘南vs札幌戦の翌日、21日(日)に、岩尾憲選手好きのサポーターさんを強引(?)に誘い、
こちらへ行ってきました。

イメージ 2
ベルマーレサポーターにとっては色々と思い出がある場所、味の素スタジアム!

“J家のツートップ”遠藤航選手と松本拓也選手、
また、現鹿島の永木亮太選手、いまやベルマーレの“顔”となった高山薫選手。
このメンバーは皆2011年入団の同期でありますが、もう1人忘れてはならない選手がいます。
現徳島ヴォルティスのキャプテンを務める、岩尾憲選手。
思い入れが強い2011年入団選手の岩尾選手を観たい!ということが1つ、

そして、オイラが今年勝手にやってる「会いに行って来ました」企画。
ココまで、宮市剛選手、荒堀謙次選手、キリノ選手貰い損ねていた選手達からサインを貰い、
ほぼ、順調にコトが進んでいたのですが、ココに来て緊急事態。
今年まだサインを貰っていない、背番号24・表原玄太選手がシーズン途中で徳島ヴォルティスに移籍!

イメージ 3
サイン集めマニアであるオイラとしては、表原選手のサインが欲しい!っていうのを一番の目的として、
味の素スタジアムへ向かったのでありますっ!

がっ!
先に結果をお伝えしてしまいますが、
味の素スタジアムは構造上、アウェーバスに乗る前に選手と接触できることは不可能でありました。
ってことで、「会いに行って来ました」企画初のサインゲット失敗の巻でございます…。


イメージ 4
ということで、観戦したのは、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスの「V」対決!

イメージ 5
味の素スタジアムはJ2では「器」が大きすぎる!

イメージ 6
入場者数も6000人届かず。
ジュリーだったら間違いなくドタキャンされている入場者数でした。

イメージ 7
徳島ヴォルティスは、岩尾選手と表原選手の他に、梶川裕嗣選手、キム ジョンピル選手と、
元湘南戦士が4人もスタメンに名を連ねる“湘南色”が強いチーム。

イメージ 9
対するヴェルディも、ならわ奈良輪雄太選手がスタメン。奈良輪選手はレンタル中ですからね!

イメージ 8
それと、今回は出場がなかった梶川諒太選手も元湘南戦士。カジ選手は思い入れの強い選手ですよね。

イメージ 10
我々は徳島ヴォルティス側のゴール裏に座らせていただきました。それも最前列、それもゴールど真ん中。

イメージ 11
間違いなくチームの中心である岩尾選手のプレイを久しぶりにナマで観れて、まずは率直に嬉しかった!

あと、表原選手の活躍ったらない!
特に前半は全然前へ行けない徳島、ボールを持ってても後ろへ後ろへになってしまう中で、
唯一突破口になっていたのが表原選手の突破力!
後半の同点弾は、殆ど表原選手の突破から生まれた同点弾でした!思いっきりジャンプして喜んじゃった!
こりゃ表原選手、ピーターウタカ選手以上の救世主になってますわ!

イメージ 12
イメージ 17
後半は徳島ペースであったのですが、
引き分けか?と思われた試合終了間際のAT弾で勝ち越され、まさかの敗戦…。

イメージ 13
イメージ 15
イメージ 14
6位以内が絶望的になって悔しがる岩尾選手たち。こんな姿みたくなかったなぁ・・・。
頑張れ!元湘南戦士たち!!

この状況に、号泣しながら後片付けとしている徳島サポさんをみて、
心から、頑張ってほしい!コレからも元湘南戦士たちをよろしくお願いします!

と思ったんだけど…

試合後、トイレの中で、徳島サポさんの「岩尾はもういらねー」発言に、怒り心頭の湘南サポーター。
一変、非常に気分が悪くなってしまいました。

イメージ 1
いずれにせよ、表原選手のサインを貰うことはできず、
岩尾選手たちにも接触することもできず、
実質、元湘南戦士の悔しい顔だけを見に行ったってことになってしまった今回。

でも、こういうのもサッカー観戦。
元湘南戦士の姿を観れるのは本当に嬉しいことだし、ずっとずっと応援していきたいなと思える日になりました。


でも、この夜から熱発・・・。
KT:38.0の熱なんて、だいぶ久しぶりだ。
インフルエンザではなかったけど、大ダメージで仕事も休んでしまいました。
まだ完治できてない。

ホント申し訳ない・・・。



おやすミンミンぜみ。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事