大文字山を食べる

『大文字山を食べる』(改訂増補版)が、螢灰肇灰箸ら出版されました。

大文字山を食べるにようこそ

すべて表示

祝! 『大文字山を食べる』再刊!

イメージ1 3月下旬、拙著『大文字山を食べる』が再刊されます。 新装改訂版で、すこし増補・修正しています。 表紙カバーは旧版とはガラッとかわって、こんな感じになります。↓ 本当は1年前に出る予定が、延び延びになってしまいました。 出版社は、「らくたび文庫」で知られる螢灰肇灰箸任后 螢灰肇灰箸裡硲丐 http://www.koto-koto.co.jp/index.html 旧版を読んでいない人はもちろん、読んだことがある人も、ぜひぜひお買い求めください。

その他の最新記事

すべて表示

八右衛門沢の雪渓登り(後編)

2017/4/11(火) 午後 2:10

歩き始めて2時間半ほど。 やわらかい雪に足をとられ、体力を消耗するばかりで遅々として進まず、しかも靴に雪が入って足が冷たい。 嫌になって、雪渓登りを中止して八右衛門沢 ...すべて表示すべて表示

八右衛門沢の雪渓登り(中編)

2017/4/10(月) 午後 2:07

4時50分、再出発。 六百山〜霞沢岳は上高地(梓川岸)から屏風のように一気に立ち上がっているような印象があった。 しかし、地図を見ると、八右衛門沢の雪渓は少し奥まって ...すべて表示すべて表示

八右衛門沢の雪渓登り(前編)

2017/4/9(日) 午後 7:13

今から約5年前、2012年5月、まだ雪の残る霞沢岳に登った。↓ 「雪の霞沢岳(後編)」 霞沢岳というのは、上高地の南側、梓川をはさんで焼岳や穂高連峰と対面している場 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事