大文字山を食べる

『大文字山を食べる』(改訂増補版)が、螢灰肇灰箸ら出版されました。

全体表示

[ リスト ]

今回の東北地方の被災について、物資が行き届かないことが喫緊の問題になっています。
この件で、京都青年会議所が物資を送り届ける活動を行っています。
10トントラック4台を確保済みで、現地までの緊急車両通行許可もとっています。
多くの方々からの救援物資を募っています。

イメージ 1


イメージ 2


こちらがその告知です。(京都JC災害対策委員会)
http://www.kyoto-jc.or.jp/charityinfo/2011/03/226.html



☆京都および近辺にお住まいの方へ以下をお願いいたします。

(1)このことを京都近辺にお住まいの方へ知らせてください。

(2)自動車をお持ちの方は久御山町の集荷場所へ、本日を含む指定の日に自ら物資を運びましょう。

(3)自動車をお持ちでない方で余力がある方は、自動車をお持ちの知り合いに声をかけ、知り合いから物資を集めましょう。

(4)その他の地域へお住まいの方は、主体が明確で組織立った活動が地域にあった場合は、ぜひそれに連携して、告知に努めてください。
こうした活動は物流の混乱を緩和する上、迅速である可能性が高いと思われます。

京都青年会議所情報による災害物資一覧表
●食料品
水・ペットボトル飲料
米(特に無洗米)
お菓子
缶詰(缶切りが不要なもの)
乾パン
赤ちゃんの粉ミルク
カロリーメイト等(プロテイン菓子)
おかゆ(レトルト)
●医薬品
絆創膏(バンドエイド)
消毒薬・除菌ジェル(特に水が不要なもの)
ガーゼ・マスク・包帯
風邪薬
解熱剤
目薬・うがい薬
胃腸薬・便秘薬・整腸剤
●日用品
懐中電灯・乾電池
ラジオ
ゴミ袋
グローブ(手袋・軍手)
紙皿
哺乳瓶
タオル(バスタオル含む)
電子体温計
使い捨てカイロ
歯ブラシ・歯磨き粉
大人用子供用紙おむつ
生理用品
石鹸・
シャンプー(特に水が不要なもの)・洗顔フォーム・化粧水・乳液・
コンタクトレンズ洗浄液、保存液
ティッシュペーパー・おしりふき

※被災地の安全衛生面を考え新品・未使用品でお願いします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

☆この件に関する詳細の問い合わせ先
【京都青年会議所】 
フリーダイヤル 0120−732−300(3月22日から使用可能)
電話 075−241−3242
E-mail office@kyoto-jc.or.jp

☆詳細は・・・
京都青年会議所のホームページ http://www.kyoto-jc.or.jp/
京都市のホームページ http://www.city.kyoto.lg.jp/


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

友人から届いたメールを加工・修正しました。
チェーンメールと間違われると困るので、こちらに掲載しました。

この記事に

閉じる コメント(6)

こんばんは。
そうですね、物資の方がすぐに役に立ちますね。
義援金も確かに必要ですが、なにか別のものを・・
と私も考えていました。もし自分に全くお金がなかったら、それでも応援したいという気持ちがあったら、一体どういう事をするだろう。何でもお金で解決してしまう習慣がついている日本人が多い気がするのですが。人の心を動かすのは、別のものもあるかもしれませんね。

2011/3/21(月) 午前 0:19 [ 開運サリー ] 返信する

顔アイコン

☆和子さん。
物資もきちんと速やかに届いたら良いのですがね。
細部にまで行き渡らなかったり、自宅で屋内避難している人には届かなかったり…と、いろいろ不公平があるようです。
物資は被災者に、お金は救援団体(自治体やNGO)への支援でしょうね。
いま時間も体力もあるので、直接 現地で活動したいのですが、「ボランティアはまだ入るな」と言われているので、それもできません。
いったい何ができるのだろう?と悩んでいます。

2011/3/21(月) 午後 5:03 安田陽介 返信する

顔アイコン

ご苦労様です。
まだまだ思うようにはいってないところが多いでしょうが・・・
少しづつでしょうが動き始めているようですね。
何にしても、きめ細かい援助体制にするには
大変なことだと思いますね。

2011/3/23(水) 午前 1:30 koara2008 返信する

顔アイコン

☆こあらさん。
ホントに少しづつですね。
先に自治体が援助体制を整備して、ボランティアはその後で来るべし…みたいな感じですが、
こういう時こそ人海戦術でやったらいいと思うのですがね。
わたしも物資・お金の両面で支援したいと思います。

2011/3/23(水) 午前 9:54 安田陽介 返信する

顔アイコン

京都の皆さんも頑張っているのですね!
ほんと人ごとではありませんものね。
様々な余波についても、今後も皆で支えあわないと、日本の危機ですね。。

2011/3/23(水) 午後 7:46 [ ikarinotekkenn100 ] 返信する

顔アイコン

☆いかりさん。
皆で支え合える社会が来てほしいです。
日本が生まれ変わるチャンスですね
戦後の復興期に比べたら、日本の大部分は健在なままです。
まだまだ十二分に余力があるはずですからね、克服できるはずだと思いますね。

2011/3/23(水) 午後 11:50 安田陽介 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事