高級ホテル・高級旅館に行こう!(ホテル・旅館宿泊感想記)

皆様ご無沙汰しています。元気にしてますか?私は変わらず元気にしています☆ 2018/12/26やすひろ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

 ザ・ペニンシュラ東京(東京・日比谷)




【銀座・日比谷の玄関口に、新たなトップラグジュアリーホテルが誕生】


2007年9月1日。
世界的トップラグジュアリーブランドの日本初進出となるホテルが、
東京・日比谷の地に誕生しました。


「ザ・ペニンシュラ東京」


東京が8番目となるペニンシュラ、特に香港にあるこのホテルにおける、
ラグジュアリーな空間、ロビーラウンジでの優雅なアフタヌーンティー、
伝説とも言われる家族的ホスピタリティーサービスで知られています。



“ペニンシュラ日本初上陸!!”

オープン当時、こんなキャッチを見ると、なぜかゴジラやモスラの上陸シーンを
思い浮かべてしまう私でした(笑



話がそれましたが、改めて真面目に☆


外資系ホテルをはじめ、多くのホテルがこのエリアでの進出を希望する中、
この土地を50年という長期リース使用に承諾し権利を得たというペニンシュラ。


皇居外苑と日比谷公園を望み、日本を代表する高級ショッピングエリア「銀座」、
ビジネスの中心地である「丸の内」に隣接する絶好のロケーション。
そこへ、新規竣工ビルの上層階テナントという最近の進出パターンではなく、
地下4階、地上24階の建物一棟が丸ごと「ペニンシュラ」という贅沢なつくり。


そこから見える自信と決意は、世界的トップブランド進出の続く東京においても、
間違いなく東京を代表するホテルとして存在していくことと思います。



ホテルの設計や内装、客室、バックオフィス、IT、機械類など、
8分野に及ぶ詳細な基準を定めた「ペニンシュラスタンダード」と
呼ばれる独自のポリシーに基づき創出された、
47のスイートルームを含む314の客室、5つのダイニング&バー、
そして近年ホテルのもうひとつの魅力であるスパ。


この基準を満たすためには、建物一棟を丸ごと借り上げる必要があったそうです。


例えば、ロビーや客室等のゲストスペースは建物全体の6割強、残り3割強は、
従業員が利用するバックヤードとなっていて、この割合は他のホテルと比べ相当高く、
これも、サービスのための余裕ある導線を確保するために、
ホテルに特化した設計が必要であることによるもの。


一般ゲスト向けに用意されたエレベータが4基に対し、
このバックヤードには6基ものエレベータが存在していて、
1台は屋上へリポートへ直行するもの、もう1台はVIP用、
その他は、ベルスタッフがロビーを通らずに客室へ荷物を運べるように。。。など。



後ほど紹介するこだわりの客室にも、至るところに驚きがあります。


日本進出にあたり、本社に客室の実モデルを作り、
幹部が試泊を重ね、家具の触り心地から、ボタンの位置などまで、
その詳細なテストにより、モデルは3度作り直したそうです。


総支配人は、パークハイアット東京をNo1に押し上げた支配人、
マルコム・トンプソン氏が指揮。


そして、あの有名な「ザ・ロビー アフタヌーンティー」を銀座の入り口で体験できる。
色々な話を聞けば聞くほど滞在の日が待ちどおしくなりました。



さぁ、東京のペニンシュラはどんな空間と時間を提供してくれるのでしょう?

「ザ・ペニンシュラ東京」の宿泊感想記です☆



 → ザ・ペニンシュラ東京2へつづく。。。。

閉じる コメント(13)

友達が泊まって、すごく良かったって^^ 傑作

2009/5/29(金) 午前 6:30 naomi_shararan 返信する

お久しぶりです♪ オープン当初、早速アフタヌーンティー
には行きましたが、宿泊は…^^;
宿泊感想記、行った気になって楽しませて頂きます♪楽しみ〜^^

2009/5/29(金) 午前 9:21 ★キャサリン★ 返信する

こんにちは!
事情にめちゃお詳しいですね!!
私も2月にいちど行きました♪
トラバさせてくださいね〜〜

2009/5/29(金) 午前 11:14 [ マーサ T ] 返信する

顔アイコン

きゃ〜〜〜泊・ま・り・た・い〜〜〜
しかも大好きな銀座、あの銀座!(笑)
ぜひ続き記事を参考にさせて頂いて真剣に検討しま〜す(^^)>

2009/5/29(金) 午前 11:19 HimeHime 返信する

顔アイコン

良いですねぇ。。。いつかは、泊まりたぁ〜いです。
宿泊体験記楽しみにしています。
去年も今年も目の前を通り過ぎただけでした。
ショボン(--)です。

2009/5/29(金) 午後 10:02 ぽち☆Blue moon☆ 返信する

ナオミさん→はい、週末を銀座で過ごすベーススポットとして、一日優雅になれる場所ですね☆
特に女性にとって、素晴らしい客室だと思います!

2009/5/31(日) 午前 8:14 Yasuhiro 返信する

キャサリンさん→こんにちは☆ アフタヌーンティー、週末は相変わらず混んでいるようですね〜!初訪問ホテルは、ついホテルマニアの目線で色々チェックしてしまうんですが(笑、そんな滞在記、お楽しみくださいませ☆

2009/5/31(日) 午前 8:16 Yasuhiro 返信する

マーサさん→ホテルの歴史背景や、そこにあるデザイン、調度品、サービスなどに込められたメッセージなどを知ってから、「どんな風に過ごすか」自分の滞在をイメージするのが好きなんです(笑
色々知ると、「これは見て見たい!」「レストランはここに!」「このサービスは試してみたい!」「眺望はこちら方面がいいかな」と、滞在前からワクワクしてくるんですよね〜☆
実際に滞在する日は、そのマイストーリーのクライマックスっす(笑
マーサさんの記事も読ませていただきましたよ〜☆トラバありがとうございます♪

2009/5/31(日) 午前 8:32 Yasuhiro 返信する

姫さま→姫さまをお連れし甲斐があるホテルですよ〜!
一日ニコニコ喜んでもらえそうですもん!(笑 客室も女性に嬉しい作りになってますし、アフタヌーンティーもおいしいし、ちょっと外へお散歩に!で、銀座の街が徒歩圏ですし☆
近場でしたらロールスのファントムで送ってくれるサービスもあります(笑 ホンとに優雅な一日が過ごせる場所ですね〜

2009/5/31(日) 午前 8:40 Yasuhiro 返信する

ぽぽたんさん→はい、これから館内へ入って参ろうかと(笑
大丈夫です。この先最低50年は、この場所で存続する意志を持っているようですから(笑
どう熟成されていくのかも楽しみですね〜!

2009/5/31(日) 午前 8:43 Yasuhiro 返信する

わぁい♪またまた素敵ホテル☆
ペニンシュラに泊まるために香港に行きたいなって思ってたくらい行ってみたかったホテルです♪
もうオープンして1年も以上経つんですね〜><
SOUくんがおっきくなったら一緒に行きたいな♪マンゴープリン食べに(笑)
レポじっくり読ませていただきます♪

2009/5/31(日) 午後 6:07 momo 返信する

momoさん→ファミリー的なスタッフサービスを謳っているホテルですから、お子様にもやさしいですよ☆
後ほど客室の際に紹介しますが、子供向けのアメニティなども、事前にすべて準備されていました。
お〜っ、さすがお目が高い!マンゴープリン、今はわかりませんが、当初はホテル内のブティックに、開店前から連日行列ができていたようですね☆ 絶品らしいっす♪

2009/6/2(火) 午後 3:48 Yasuhiro 返信する

ひみつさん→はい!まだ先に書くべきホテル&旅館が山ほどありますが、やはり注目度からこちらを先に書き始めました(笑
香港にも行かれたんですね〜!私も写真でしか見たことがありませんが、まさに「ザ・ロビー」と呼ぶに相応しい美しさでしたね!
オリジナルで頂くハイティーは格別だったことでしょう☆
東京でも香港のように、祖父母、子、孫と何世代も家族が働くようなまさに家族感あふれるホテルになるのでしょうかね〜?

2009/6/7(日) 午後 10:20 Yasuhiro 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事