わしの空虚退廃生活

わしのぼけーっと、ぐーたら生活を暴露しちゃいます

全体表示

[ リスト ]

遺書。

 えぇ〜、ワシはこのブログの他の記事でも書いたけど、3月11日から、フィリピンへ行きます。非常事態宣言は解除されたとは言え、日本より安全な国は地球上には少なく、外国へ行くということは、リスクは多少なりとも伴うことです。人間なんてそうそう死ぬモンじゃないけど、死ぬ時はあっけなく死ぬんだろうと思います。備えあればうれしいなです。憂いなしは言いすぎだと思います。例えば。いくら試験の備えがあっても、試験の本番前などには憂いがあると思います。
 ホントは、当初の出発予定だった2月25日に投稿する予定だったのですが、延期になったため、遺書もワシの頭の中でだけあたためて、投稿しませんでしたが、本日投稿させていただきます。
 ワシが死んでしまったら、まず、死体があればひとまず、焼いて下さい。なければ、もうどうでもいいです。で、遺骨は乳棒と乳鉢かなんかで、ゴリゴリすって、粉々にしてください。
 で、もし希望者がいれば、その粉の一部をカルシウム剤として、飲んでもらって下さい。ただし、腹を下してもしりません。
 次に、その骨の粉の残りは海に流してください。堀江の海がいいです。でも、打ち上げられないようにちゃんと、海流を計算して、いずれ太平洋、沖縄、フィリピンにたどりつくようにして欲しいです。
 できれば、骨の粉の一部はガンガーにもながして欲しいです。ガンガーを見れば、もしかするといるかも知れないワシが死んで悲しんでるヒト達の心も癒えるかもしれんし…
 
 もし、ワシが死んでも、「若くして亡くなって」とか「まだ、これから先があるのに」とかいう悲しみ方は絶対にやめてください。ワシはそんな人から同情されるような人生を送ってきたとは思いません。自分のしたい生き方をしてきたという誇りがあります。なので、悲しむならば、これからワシと話すコトは出来ないというコトを悲しむというベクトルの悲しみ方をしてください。
 事実、ワシはこれまで、親をはじめ多数の方々に多大な迷惑をかけ、自分だけは楽をして生きてきたと思います。その恩返しもせずに死んでしまうとは、身勝手なコトこのうえありません。なので、死んだことを恨むコトはあっても、同情することはやめて下さい。
 日本人はそもそも、豊かにくらせています。やけん、ワシが死んだら幸せすぎた業とか、どっかの誰かがやった幸せの再分配ってコトだと思います。日本人の平均寿命が長すぎたから、きっと短くしたんでしょう。
 生まれてから、さして苦労もせず、高校はやめたけど、結果的にはそれで、出会いがあったり、いい大学にも入れたりここまで、順調すぎるぐらいにやってきたと思います。でも、これから先はどうなるかは分かりません。就職や卒業も分かりませんし、就職できても、続くのか…スーツを着るのは大嫌いですし、ネクタイは人類史上最低の発明だと思っています。
 先のコトがこれまでのように順風満帆もしくは結果オーライにつながる保障はありません、ホントにこれまで、ワシに迷惑を掛けられ続けた人や、養ってくれた親には申し訳ないですが、もしフィリピンで死んでも、それは完全にワシが自分のやりたいことをした結果です。なので、遣り残したコトが無いコトは無いですが、明らかに満足度の高い人生を送ったと自負するコトが出来ます。それはこのブログが物語ってると思います。特に、最初の方に書いたあいでんてぃてぃーの記事なんかには如実に顕れていると思います。
 もし、ワシが死んで、これから話したり出来んくて悲しいとか言う人がいたら、Coccoの風化風葬を聞くコトをおススメします。人間の脳の一番の得意技は忘れるコトです。とっとと忘れてしまいましょう。多分、なんら変わらぬ日常があなたを待ち受けています。
                      2006・3・09・01:22

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おいおい、なんかリアルだな。。 やっさんがいなくなったらブログ見る楽しみがなくなっちゃうよ でもそのうち慣れるんだろうね、人って

2006/3/9(木) 午後 9:05 [ ともあき ]

顔アイコン

コメントどもっ!!リアルに書いてみたけん、リアルと思ってくれてうれしいわ。例えばトルコで番犬に噛まれて狂犬病になっちゃうとか(笑)人生何があるかわからんけん、遺書は書いといた方がいいよ!!

2006/3/10(金) 午前 2:23 [ yas*i*987 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事