その一瞬のために

記事批判、大歓迎!意見の違う人も議論を深めていけたらと思います。

金粉ノコ幼虫 経過

こんばんは。
珍しく、更新続けます笑

昨年夏に採集した金粉ノコ、金粉オスとメスを掛け合わせて採卵に成功し、絶賛ブリード中です。

イメージ 1


イメージ 2



オスは一部金粉ですが、メスはガッツリです。

サイズは大したことないものの、遺伝するかどうかを検証するのが最大の目的。

持ち腹で全く採卵せず、その後金粉オスと掛け合わせたところ産卵したのでほぼ金オス✖金メスの掛け合わせが出来ているということで間違いないと思います。

9月末から菌糸ビン(月夜野エレメント)に入れ、先日菌糸が劣化したものを5つ交換しました。

イメージ 3


イメージ 4


オスは1個体、18g。
このままいくと72,73mmくらいですかねー
16g 70前後
20g 75mm前後のようですので。

メスは9.0、8.5、8.0、7.5g。

まぁ40mm以上は出るかなと思います(テキトーw

20頭体制なので、これで出なかったら遺伝はしないということになると思います(少なくとも自分の中で結論付けちゃいますw

今年の夏が楽しみですねー更新が滞ってたら誰か尻叩いてくださいw←

では!

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ご無沙汰しております。
ほぼ更新もせず、コメントもしておりません。。。すみません。

アマミミヤマがちらほら羽化していたので、記録として残しておきます。

《血統A CBF2》
2016孵化→2017→2018.4 交換→幼虫最大6g 45mm♂ 2018.9羽化
状況と同じ条件にて、7g 42mm ♂2018.9月羽化
5g 34mm ♀、5g 34mm ♀(フセツ1本欠け)、30mm♀など
マットはホビー倶楽部無添加マット→Uマットでしたが、2017年にマットを乾燥させてしまい、コケました。
飼育期間の長い幼虫だからといって放置しすぎました。
あとワインセラーに瓶を入れすぎたせいか、中身が25度を超えるようなこともしばしば。これも最悪でしたね。。。

《血統S CBF1》
2017年採卵、2018年11月羽化。プリンカップ500にて飼育。マットはUマットもしくは月夜野完熟マット
35mm♂、30mm♀、31mm♂、26mm♀(フセツカケ)、27mm♀(羽パカ)、32mm♂(羽パカ)など。

マットも緩くなってしまったようで、乾燥気味になってしまっていた。。。ワインセラーの管理ミスで温度も上がり早期羽化+羽化不全も発生か?

イメージ 1

45mm♂

イメージ 2

42mm♂

上記個体は2年かかったのに1年で羽化した個体とサイズ変わらず。。。悲しい


ほんとただの記録でした笑

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

4日目

最終日。なんと晴れている!まさか奄美にいるうちに晴れ間を見るとは思っていなかった←


最終日なのでトラップの回収に向かう。


まずは連日見に行っているノコギリ狙いのポイントへ。

イメージ 1


ちょくちょくクワガタはついており、トラップの状態からもまだ使えそうな感じである。


本当は今夜クワガタがよく来るだろうなぁ…と思ったが、そんなことは考えてもしょうがない。。

イメージ 2


ノコは70前後もチラホラいたが、特大サイズはおらず。金粉も赤い個体もいないので、特段キープは無し!

スジブトでメス40mmのなかなかの個体がいたので、そちらはキープ。

ノコは全体で20-30個体くらい見たかな…スジブトもだいぶ多かった。しかしキープに値するクワガタはほぼない。


続いてネブト狙いのポイントへ。

しかし結論的に言うと採れませんでした。

イメージ 3

そのかわりスジブトオス56mmを採集→リリース。

採集中に地元の方が声をかけて下さり、クワガタのいるポイント(みかん畑と街灯)を教えてもらった!街灯は来年以降のお楽しみですが、みかん畑はいい感じでした。

イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6


来年も来よう。笑

しかしここはなんと無くライバルが多そうな気がする…


最後に海岸線沿いのヒラタのポイントへ。

トラップに集まる雑虫の種類が違うのが気になったが、クワガタはぶっちぎりにいない。

小ノコ1匹のみ。撃沈でした。。


そんな感じで最終日にドラマは無く、帰宅するのでした。


まとめはまた後日!!

結果
ノコ:昼間もちょくちょく。20個体くらい見たか?
スジブト:わらわら。数えていないw
アマミヒラタは1ペアほど見たが、小さいのでリリース。
他クワガタは見てませんw


この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

3日目

朝、車が散らかっていたので片付けることにした。



…ん?!



おおおおこれは!!!!



イメージ 1




しかしこれは金粉の入り方が凄い…!!!



にしても君はどこから取れたんだ?



まさかの車内で採集。笑



ブリード確定ですな(゚∀゚)







昼間は行きたかった南部の海へ。


イメージ 2
イメージ 3



いつまでもこんな海が見れるといいなぁ。。。





夜、トラップの巡回に行く。今日が夜巡回できる最後の日だ。



風はここ三日間で最も穏やかで、期待が持てる!(予報2-3m)


イメージ 4


標高低めなポイントにて、トラップには6個体ほど付いているが、サイズはあまり思わしくない。



とりあえず取ってみると…





お、少しだけ金粉入った♂!

ペア確定ですな。



その後もトラップを見回るが、とにかく小型個体が多い。

イメージ 6


お!と思っても69-70くらい。



そんな中、昨日たくさん付いていたトラップをみると…



今日はさらに付いている!全部で14個体付いていた!

中でも一際大きめな♂がいたのでノギスを当てる!

イメージ 5


…74mm!(甘めに測定して)



んー75欲しかった…



ちなみに、ここのポイントは直置きのトラップにもノコがベタベタついていた。ほかのポイントはそんなことは無かったが。。



発生場所から近いのだろうか??





標高高めのポイントで、金粉ノコ雌を追加で採集。標高の高さと金粉個体は関係ないようだ。



スジブトについても、この日が一番多く、30-40頭くらい見ただろうか?メスで40mmが取れたためキープし、他はリリース。



そして路上歩行個体は全然見なかった。そのかわりウサギさんが見れたので良しとする!
イメージ 7
し、尻だけ・・・



明日の昼トラップ回収で何か見れると良いのだが…





結果



最大74を筆頭に、70,70,69,69くらい?

うーーーーーん微妙。

ノコは50-60個体ほどは見た。スジブト30-40頭ほど。

ノコのサイズでさらに狙うには、ポイントや取り方を考えなきゃいけない気がする…

イメージ 8

最終日に続きます・・・

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

2日目

天気は相変わらず、どんよりしつつ風は強い。少しだけ収まっただろうか?(予報で は5-8m)これでは期待できないかな。。。。


昼間は海に潜ったり、鶏飯を食べたりした。いつ来てもひさ倉の鶏飯は必ず食べている。間違いなくうまい。


夜になり、ノコのトラップを見回りに行く。

風は依然強い。。。


お、トラップにノコが付いている!
イメージ 1


サイズはイマイチなものの、トラップには2、3個体程度ついており、その他の雑虫もつている。


見回りの走行中、路上に比較的大きな虫が見えた。まぁじっとしてるサソリモドキか何かかな…と思って近づくと…



お!でかい!!!!




スジブト57mm



スジブトをトラップをメインに採集しているとわかるが、ほぼ大半が50mm以下、55mm以上はかなり少ない。(60超えなんてマボロシ)


路上採集では、結果的に前日よりも確認できるスジブトが多く、計7個体確認出来た。

イメージ 2


…にしてもトラップに大きいノコは付いていない。発生からやや出遅れてしまったか、天気のせいか、かける場所が悪いのか…


依然実績のあったポイントはとにかくハズレ。少ししか付いてない。

イメージ 3

次にあんまり期待せずに適当にかけたトラップにいってみると、なんかワラワラついてる。

風でトラップが結構揺らされているにも関わらず8個体くらいついているか。

中にやっと大歯と言えるサイズがついている。ネットインし、ノギスをあててみると。。



69mm。



んーーー微妙。おしい。


しかしこれくらいで基本めぼしい個体無く終了。

スジブト狙いのトラップにはスジブトがつき始めているものの、大した個体もいないためスルー。


2日目結果

路上にてスジブト♂5♀2(最大♂57mm、♀38mm)

トラップにて、ちゃんと数えてないがノコ30-40頭(最大69mm)スジブト20頭くらい?

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事