ロータリー一筋! REAL−TECH(リアルテック) Blog

RX-7・RX-8・ロータリーエンジン研究家として活動しております

RX-8 エンジンOH開始

ここ最近はなぜだかRX-7ばかり作業していたのですが、今日はエイトの作業。
ちょっと久々感があります。笑

エンジンOH開始です。

とりあえず補機まで分解完了。
イメージ 1
ユーザーさんのオーダーはとにかく速くしてってことですので笑、今回は、サイドポート拡大仕様です。

Mz tuneなので、ローターとエキセンが無事だといいなぁ。

この記事に

開く コメント(0)

日曜日にもてぎで行われたMX-5グローバルカップにホリデーオートチームが出るということで、
応援(冷やかし?)に行って来ました。

レースは色々波乱もありましたが、ホリデーチームは見事クラス優勝。
おめでとうございます。
イメージ 1
イメージ 2

そんなMX-5一色なパドックでも、僕はロータリー研究家ですので、色々な方々にロータリー的トークを展開してきました。
マツダのイベントですので、過去ロータリーやルマンに携わってきた方も多くいらっしゃいましたからね。

そこで、専門学生の頃から20年以上疑問だったことで、色々調べてもどこにも載ってなかったことがやっと解明できて、ホント感激!
ホリデーさんちの冷やか…、いや応援に行った甲斐がありました。


そして、タイヤ添加剤を入れたうちのFD 3型R-Sですが、もてぎ往復の燃費を測ったところ、満タン法で9.2km/lでした。
下妻からもてぎなんで、もちろん下道のみ。
特に本気の燃費運転はしてません。FDを楽しみながら運転です。
今までは、いっても6〜7キロそこそこぐらい。
もともと負圧領域のトルクがすごいので結構低回転で運転できるんですけど、ちょっと良すぎるな。笑
高速だったらどこまで延びるんだろう笑
もうちょっとデータを採り続けてみましょう。

さらに、ハンドリングはしっとり感が増して、突き上げ感もかなり減って乗り心地がかなり良くなりました。

タイヤ添加剤、ストリート派の人にもオススメです。

この記事に

開く コメント(0)

今週もFDのリアルチェックの作業が多いです。
その多くがはじめて見せていただく車両ばかり。

本日は、17万キロオーバーの6型FD。
購入したばかりということでしたが、その距離を感じさせないほど程度の良いFDでした。
イメージ 3
今までの整備履歴を見ても、しっかりメンテナンスをしていた様子です。

点検後は、うちの定番 リアルテック RT-01エンジンオイルと、ニューテックZZ-91Rクーラントに交換。
現状コンプレッションがちょっと低めですが、オイルで戻ってくると良いですね。
イメージ 2

そして、明日はちょっと出張なので、その脚に使う3型FD3S R-S敏腕号にタイヤ添加剤を注入。
そのままでも乗り心地の良かったRE003アドレナリンの燃費とハンドリングがどうなるか楽しみです。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

リアルテックのRX-7 FD3S 3型R-Sをオリジナルに戻そうシリーズ(?)  その4。

フロント部分が出来たので、今度はリア側。

リア側は、リアウィングとテールレンズが後期タイプのものが付いてますので、それをオリジナルのものに戻します。

先日書いたドルフィンタイプのリアウィングに次いで、テールランプもやっと程度の良いものを入手しました。
イメージ 1
後期丸テールは流通してますが、3型までの四角テールはなかなか出回ってませんので、時間が掛かりました。

テールレンズは休みの日にも装着しようと思いますんで、とりあえずニューテックの浸透潤滑剤・NC-101で汚れ落としとコーティング。
これ、NC-101の裏技的使い方です。笑

うちでは、エンジンルームの各パーツもNC-101で仕上げてます。
テカテカにならず、新車のような風合いになります。
汚れ&サビ防止にもなるしね。

FDやFCの場合、ファーストアイドルカムが戻りきらない場合などはカムとスプリング部分に吹きかけると、最高スムーズになります。

うちにいっぱい在庫あるので、みなさん買ってください。笑

この記事に

開く コメント(0)

CARトップに掲載してもらったおかげかどうか、最近はFD3Sの作業が多いですね。

特にリアルチェックは大人気です。

なかなか厳しい結果になることもありますが、その中で色々とこれからのセブンライフのご提案もさせていただいております。


さて今週は、7月2日に行われる『Rotary Expo』の運営の方々にご来店いただき、イベントの打ち合わせをしました。
(話はイベントのことだけにはとどまらず、かなりREマニアックトークもたくさんでした笑)

かなり熱い気持ちで取り組まれてるようで、僕もすごく刺激を受けました。
イメージ 1

うちもニューテックさんと一緒に出展させていただきまして、
当日はエンジン分解デモンストレーションと解説をさせていただくことになりました。

それ以外にも、エンジン関係の体験プログラムや、REレーシング的なトークショーもあるようです。

7月なんでセブンのイベントと思われがちですが、その名のとおりロータリーならみんなOKなイベントですので、
ロータリーオーナーやロータリー好きなみなさん、7月2日はぜひご来場ください。

この記事に

開く コメント(2)

ちょっと遅くなりましたが汗、現在販売中のCARトップ7月号では、先日RX-7FD3Sについて取材してもらった記事が掲載されております。
イメージ 1
イメージ 2
中古車を選ぶときの注意点やメンテナンスなどについて説明いたしました。

コンビニや書店にて、ぜひ買ってご覧ください。

久々に赤FDを出しましたが、エンジンルームがキレイに撮ってもらえて満足です。笑


さて、暑くなってきてフィーバーしているニューテックのエアコンコンプレッサーオイルNC-200。
イメージ 3
イメージ 4
こちらもZZ-91Rクーラントとともに、ジャンジャンFDにエイトに入れまくってます!

エアコンの効きも燃費も良くなります。
入れたみなさん、その効果にビックリしますよ。

オススメです。

この記事に

開く コメント(0)

今日も多くのご来店いただきました。

平日の中でも火曜日は比較的ご来店率高めですが、今日はいつも以上に多く、朝からずっとしゃべりっぱなしでした。

ここ最近、ご購入率が高いのがリアルテック謹製最強のエンジンオイル添加剤『RT-plus』
イメージ 2
一度入れた人のリピート率がかなり高いです。
初めて入れたときの衝撃度が高いので、病み付きになります。
燃焼効率の改善・トルクアップ・機密性アップなどなど、エンジンに良い影響ばかりです。

そうそう、本日納車したウチのエンジンオイルRT-01と、RT-plusを併用しているRX-8の注入前後のコンプレッションがこちらです。
イメージ 1
上が注入前、下が注入後です。
3ヶ月くらいで60〜70kpa位回復してエイトの新車くらいのコンプレッションになってます。
オイル交換しただけで、それ以外は普通に好きなように運転してもらっただけです。

すごいでしょ。

大切なエンジンを調子よくしたいなら、リアルテックのエンジンオイルや添加剤をご利用ください。

この記事に

開く コメント(0)

RX-7 FD3S 3型R-Sの外装をオリジナルに戻そう その3

お客様の作業を進めつつ、部品待ちの合間を使って進めてます。

今回は、フロントバンパーを後期フェイスから、オリジナルの前期フェイスに戻しました。
イメージ 1
一部生産終了してしまったファスナー以外は、すべてオリジナルパーツを使用しております。

買ってきたバンパーでは外されていた、アンフィニマークのマスコットもちゃんと装着しました。
フォグランプもオリジナルバルブのままですぜ!笑

最近はめっきり前期顔も少なくなってしまったので、逆に新鮮な感じですね。笑

ちなみに後期ではなくなってしまったんですが、前期にはオイルクーラーダクトも装備されております。
イメージ 2
後期はダクトなくても十分冷えるから、コストカットで省略されているのかな?


そして、今回一緒にみすぼらしく劣化していたワイパーグリルもレストアしました。
ワイパーグリルアッセンブリーで新品部品が出ますが、金額がかなり高いんですよね。
イメージ 3
グリル本体の色が白っぽくなってしまってたり、縮んで外れてしまったプロテクターが切ない感じでしたが、
プロテクターは新品に交換、グリル本体はシリコンスプレーを塗りこんで、新品のような仕上がりになりました。
イメージ 4
イメージ 5
ここがきれいだと満足度高い!
さらに、雨漏り対策も実施しました。

これでフロント周りは完成なので、次はリア周りです。

この記事に

開く コメント(2)

時季ものとはいえ、毎日のようにクーラント交換してます。

今日もRX-8後期に爽やかな色のニューテックZZ-91Rクーラントを注入しました。
ZZ-91Rは冷える・錆びない・汚れが取れるといいこと尽くめです!
イメージ 1

お客様の作業が部品待ちになったので、RX-8の次期デモカー(ノーマル風味)用のベースエンジンを分解しました。
イメージ 2

今度のは、新技術をふんだんに入れてテストエンジンにしようと思ってます。
テストだし、ノーマル風味がコンセプトなので、ポートはノーマル段付き修正のみにします。
(某界隈で言うところのインチキ仕様ってヤツです笑)

今回のベースエンジンは6ATのハイパワーエンジンです。
AT用エンジンは、元々カウンターウェイトが付いているので、バランシング的に良いと思います。
ただし、リアサイドハウジングだけはMT用に付け替えなくてはいけませんがね。

分解してみたら、カーボン多め・磨耗少なめでベースにはいい感じです♪
ローターハウジングやローターが問題なく全部使えるのが非常に助かりますね〜。

この記事に

開く コメント(0)

リアルテックのRX-7 FD3S 3型R-Sをオリジナルに戻そうシリーズ(?)  その2。

今回はホイールをオリジナル化。
この3型R-Sだけ標準設定されていたBBS17インチ・シルバーに交換しました。

ホイールは中古品ですが、比較的腐食もガリ傷も少なくいい感じです。
イメージ 1
(しかし、こうなると赤くペイントされたキャリパーが目立って気に入らないな。笑 今度きれいなの探そう)


タイヤは、前からどうしても履いてみたかったポテンザRE003アドレナリンにしました。
でもこのアドレナリン、FD17インチ・リア標準サイズの255/40R17の設定がなく、メーカーにも問い合わせしましたがサイズ追加予定もまったくないそうなので、泣く泣く前後235/45R17にしました。
(タイヤは消耗品だからと自分に言い聞かせて、今回ばかりはちょっと妥協)

これで、今ラインナップにあって履けるサイズ設定のあるポテンザブランドのラジアルタイヤ
RE-71R 
S001 
RE-05D 
RE003アドレナリン 
すべて制覇しました。笑

このアドレナリン、乗り味が純正タイヤを含めたポテンザタイヤの中で一番良いかも。
いい意味でポテンザ特有の硬質感が少なく、当たりが柔らか。
それでいてRE-11Aより絶対的グリップも高いらしく、確かに操舵性・ブレーキングもいいので、街乗りメイン・たまにサーキットを楽しみたいって人にはかなりいいかも。

こうは言っててもウチはBSの回し者ではありません。笑
純正タイヤがBSのポテンザなので、同じブランドのタイヤを履かせるのがこだわりなのです。
(もう古いので使いませんが、純正S-07のほとんど減ってないタイヤも隠してあったりもします)


そして、今日はフロントバンパー周りで足りてなかった純正パーツも届きました。
イメージ 2
フロントバンパーの内側に入るエアガイド、オイルクーラーダクト左右、各ファスナー。
さらに、アンフィニマークのマスコットも。

エアガイドとか生産終了だったら、中古もなかなか出てこないからどうしようかと思ってましたが、まだ有って良かった〜。

しかし、オイルクーラーダクトを留めるファスナーだけは生産終了で、
こちらは他の純正ファスナーで代用します。
 

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事