岩殿山ブログ

メッセージお待ちしております。

勝頼公時代の笹子峠

皆さん 読みましたか
8月18日(土)の情報誌「フジマリモ」
・天正10年武田勝頼公最期の時の笹子峠の状況についての記事です。
 作者:夢酔藤山先生(歴史小説家)
大河ドラマ「真田丸」での笹子峠地形は実際と違います。
 全国の皆さんは信じちゃっただろうな。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

ここの郡内地方にはあの有名な”松尾芭蕉”が来て半年滞在していますよ!
天和2年(1682年)12月28日の江戸駒込大円寺を火元とする大火(お七火事)により芭蕉庵が類焼する。そこで芭蕉の俳句弟子である甲州谷村藩国家老高山伝右衛門を頼り、翌1月谷村に流寓し約半年滞在した時の作です。
「草臥れて宿かるころの藤の花」
 この写真の石碑は道中一泊した藤本宅(山梨県大月市猿橋町藤崎)の庭にあります。
イメージ 1


「馬保久ほく我越絵に見留夏野哉」
 大月市猿橋町藤崎に句碑があります。

「勢ひあり氷消えては瀧津魚」
 都留市にある田原の滝を見て詠った句です。
イメージ 2

イメージ 3

 芭蕉は谷村に半年滞在し幾つか詠い、9月新築の芭蕉庵に戻っています。

この記事に

開く コメント(0)

8月11日は志賀城落城

■天文16年8月11日は志賀城落城(信州・佐久郡
武田軍は7月より攻撃開始、援軍の関東管領山内上杉軍を打ち破り、8月11日志賀城主笠原清繁を打ち取った。この戦いで小山田出羽守信有は援軍を撃退などに軍功をたてた。晴信からは感状と笠原清繁夫人(志賀夫人)を与えられ、都留郡・駒橋の館(現大月市立図書館)に住まわせた。志賀夫人は捕らわれの身で駒橋での暮らしはどうだったのか、悲しい運命を受け入れ余生を送り天正8年この地で亡くなった(享年52歳)。こういう扱いは戦国期に他でも行われており、過酷な戦いの実態を示すものです。

殿山の北東にある「宝林寺」に墓所があります。
イメージ 1

志賀夫人の五輪塔(信茂が建てたと思われる)
400年も経った墓石は風化が激しい
イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

大月市役所横に小山田ブース設置イメージ 1

今回の目玉は「武田軍の陣立の図」、「武田家家臣団」等です。
ご先祖が分かった方がいました。
イメージ 2

また、「小山田家紹介」も好評でした。
イメージ 3

夕方一息つきました。
イメージ 4

短大生にご協力いただき短冊の仕事をやっていただいた。
「小山田の会がつづきますように」とどなたかに書いていただきました。

イメージ 5

松本憲和先生にはご著書の寄贈、夢酔藤山先生(歴史小説家)
には来訪者への説明などご協力いただきました。
また、森下晴男様より松姫応援歌、武田家応援歌のCDの
提供がありました。
写真:夢酔藤山先生(歴史小説家) 
イメージ 7

小山田家関連本の紹介などです。
イメージ 6

ブース設置、運営にご協力いただいた
・大月市郷土研究会の皆様、
・小山田信茂公顕彰会の会員の方、
小山田家ご子孫の方
 大変お疲れ様でした。ありがとうございました。
       小山田信茂公顕彰会事務局 武田


この記事に

開く コメント(2)

8月イベント情報

8月イベント情報
■8月4日(土)リニア見学センター夏休みイベント「リニアのしくみを学ぼう!」
 *要事前電話申込 有料:材料費
 TEL:0554-45-8121 山梨県立リニア見学センター

■8月4日(土)大月市かがり火市民祭り
 大月市駅前から東小学校の国道20号線と校庭
 詳細は26日の記事をご確認ください。

8月4、5日(土、日)河口湖湖上祭
 夏の河口湖の代名詞「河口湖湖上祭」
 前夜祭は4日、花火大会は5日に開催します。

■8月19日(日)健やか樹海ウォーク2018
 集合:西湖野鳥の森公園 受付9:30 出発10:00
 コース 5kmと10km 無料
 詳細:下記資料ご確認ください。

イメージ 1

イメージ 2

■8月26、27日(日、月)吉田の火祭り
  日本三大奇祭の一つ
 金鳥居〜上宿交差点まで 大松明に点火

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事