唐 突 な 帰 郷 命 令

どかっと雪が降った春分の日、芽を出しはじめていた草花がなんだか唖然としているようでした。 私も唖然とし、「春の雪めざめにちょうどよき狂い」と駄句のつぶやき。 春分の雪程度の小さなアクシデントならば、ぼんやりした頭の刺激になるでしょうし、固くなりがちな私たちのパターンを按摩してくれる「ゆらぎ」になるかもしれません。 いや待てよ、水仙は冬の季語ではなかったか。だとすれば、この花にとって雪は、唐突な帰郷命令になるんじゃないか、とおおげさな妄想を巡らせました。 雪が降った同じ日に I 氏が召されました。氏は私よりふたまわりほど年長のすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事