ここから本文です
ヤツキング★星屑ワンダラー
音楽・映画・SF・特撮・UFO・超常現象・・・徒然なるままにWANDERER
 
 
イメージ 1
 
実写版『進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド』感想の続き。
 
パンフ読んでたら、また観たくなってきたw
時間があったら、もう一回観に行こうかな?
時系列的におかしい記述があるかもしれません。
ご了承下さいm(_ _)m
あ、ネタバレしまくりなのでご注意を!
 
 
続き。
 
鎧の巨人へと変貌したシキシマ。
立体起動装置で挑むミカサたち、
サシャは弓矢を使い、鎧の巨人の目を潰す。
ハンジも過去の遺物であるRPG-7(ロケットランチャー)を偶然(笑)見つけ対抗する。
ここの部分、曖昧…(^_^;)、、、RPG-7はラストバトルでだけ使ったけ?・・・w
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 
しかし鎧の巨人は強すぎて、
攻撃はまったく通じない。
そして、
ついにエレンが巨人に変貌する!
激しいバトルを繰り広げる鎧の巨人とエレンゲリオン(巨人化したエレン)。
イメージ 5
イメージ 6
 
しかし、
過去の遺物のヘリコプターの回転翼(かな?)で、
鎧の巨人をブスッ!と突き刺すエレンゲリオン!
形勢逆転!
 
そして、
とどめは、鎧の巨人へのジャンピング・ニー・バット!!!
鎧の巨人の顔面に、強烈な膝蹴りを決めてとどめを刺す!
シキシマ=鎧の巨人、ついに倒れる!
勝利するエレン達。
 
 
エレンたちは改めて不発弾を手にして〈外の壁〉に向かう。
不発弾を抱え、壁を登るエレンゲリオン。
イメージ 7
イメージ 8
不発弾を壁の割れ目に差し込むエレンゲリオン。
 
しかし、
不発弾を壁の上部に差し込んだ途端、
エレンゲリオンの調子が悪くなる。
エレンが巨人の体をコントロール出来なくなってしまうのだ。
ミカサが、アルミンの指示を受け、
エレンゲリオンのうなじの中からエレンを救出する。
 
すると、
壁の頂上に見慣れた人物が。。。
そう、
憲兵団長であり、政府の幹部でもあるクバルが立ちはだかっていた!
クバルは機関銃を乱射し、アルミンの脚に傷を負わせるが・・・
ハンジたちの反撃を受け、絶命するクバル!
だがッ!
 
なんと、クバルの正体こそ、壁をブチ壊した張本人、
『超大型巨人』だったのだ!
2年ぶりに現れた超大型巨人。
イメージ 9
 
エレン、ミカサ、ジャンはすかさず
立体起動で超大型巨人に立ち向かう!
前篇ではあまり使われなかった立体起動アクションが、
今作では大活躍!縦横無尽に空を駆けてサイコ―!
 
もうこの辺りの劇伴(BGM)が最高!メチャクチャ燃える!
さすが作曲家・鷺巣詩郎さん!
エヴァンゲリオンの頃から大好きだわあ。。。
 
 
イメージ 10
イメージ 11
 
しかし!
なんとジャンは、超大型巨人に叩かれ、、、
無残にも、、、まさかの全身バラバラになり・・・散ってゆく。。。
アニメの人気キャラ投票では、主人公エレンより人気があった事もあるジャンが。。。
バラバラ。。。。・゚・(ノД`)・゚・。
 
 
エレンは、超大型巨人の背中に這い上がり、
巨人の急所・・・つまりクバル本体のいるうなじまで這い上がろうとする。
しかし、
不発弾の時限装置は刻一刻と、爆破への時を進めている。
イメージ 12
 
なんとか、うなじまで辿りつくエレン。
うなじを刃でさばくと・・・そこにはクバルの姿が・・・
とどめを刺そうとするが、、、
巨人につまみあげられるエレン。
イメージ 13
 
そして、
不発弾の時限装置は爆破タイムを指す!
 
だがっ!
時限装置のミスか、爆発が起こらない!
万事休す!
と、思った時、
なんとエレンとの戦いで頭部を負傷したシキシマが現れる!
そして、エレンに
「お前はお前の未来を生きろ!エレン!」
と告げる。
 
 
ええ??!!いきなりどうした?シキシマさんwww
で、でも、でも・・・
シキシマさん、かっけえええ!!!!
前篇の時は、
「なんか、中二病こじらせた中途半端なカッコつけた役やなwww」
と、少し失笑したシキシマさんだったが、
後半ではナゼかカッコ良く見えた。
まあ、後篇も部分的に笑えるところはあったけどねw
いいキャラしてます。
演じる長谷川博巳さん、完全に主役の三浦春馬くんを食っちゃってます。
 
前回書かなかったが…
実はシキシマさん、
エレンの兄!
直接的には映画で語られないが、
映画前半の回想シーンで、草薙剛が演じる父親に幼いエレンが巨人化の実験体にされる。
その時、「兄も巨人化に成功した。」と言うのだ。
ピエール瀧が演じるソウダも死ぬ間際に「エレン…お前の兄は・・・」と言いかけ絶命するのだ。
 
 
ふたたび鎧の巨人に変貌するシキシマ。
鎧の巨人は不発弾を抱えて壁を登りはじめる。
イメージ 14
 
そして、超大型巨人めがけてジャンプする。
玉砕!
爆発する二体の巨人!!!
 
砕ける壁の上部、ガレキが舞う中、
エレンを救うミカサ。
 
イメージ 15
このシーン、宗教画みたいですごく好き。
 
ガレキにより、穴は塞がれ作戦は成功。
壁の上に降り立つエレンとミカサ。
外の世界を見渡すと・・・
東京タワーらしきモノと廃墟の街、東京湾らしき海も見える。
壁は東京近郊にあったわけだ。
このシーンが清々しくてすごく好き。
閉塞された壁の中から抜け出した爽快感。
 
イメージ 16
 
 
・・・
僕のシキシマさんに対する脳内予想。
シキシマは多分、エレンを弟だと認識していた、
だからこそ、味方に引き入れようとしたが失敗し、
壮大なる兄弟ゲンカをしたw
しかし、
父や母を拘留(たぶん殺害された。)したクバルたち内地の政府=支配層を許せない。
だから、
最後の力を振り絞り、
肉親であるエレンの味方をし、両親の敵であるクバルを殲滅した・・・
と、理解した。
 
 
希望のある未来を予感させ映画は幕を閉じる。
そしてエンディングはSEKAI NO OWARISOSが流れる。
最初、女性が歌っていると思ったらFukaseがファルセットで歌ってたんだな。
この映画のラストに良く合っている美しい曲。
 
が、
突然ラストのラストに、
「実験体2体が脱走しました・・・」
という壁の中を支配する者たちの声が聞こえる。
…まあ、この部分は別にいらなかったかなあ〜とも思う。
 
 
と、まあカンタンに書くつもりが、意外と長い文章になってしまったw
兎に角、
原作やアニメも素晴らしいが、この映画も僕的にはかなり好みだ。
もちろん、ツッコミ所はたくさんある。
でも、それを凌駕するだけのパワーがある作品だと思う。
前半は少しダレる部分もあるが、
中盤からラストにかけてのワクワク感、高揚感は、
映画を観てひさびさに体験したからね!
 
前篇のダイジェストが冒頭に少しあるので、
後篇だけ観ても楽しめるんじゃないかな?
是非、劇場の大きなスクリーンで観る事をオススメします!!!
 
 
 
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • メッチャお久しぶりです!

    2016/6/13(月) 午後 9:24

    ずっと ずつと いつも訪問してくれた方々。 ホントに ホントに ありがとうございます。 この前ブログ更新したのが、 去年の9月。。。 9ヶ月ぶりくらいの更新? いま 月9の『ラヴソング』最終回みてます。 そしたら なぜか 急に ...すべて表示すべて表示

  • iPhoneからのエントリ きのう、 『砂肝とニンニクのゴマ油炒め』を作ったった! ふつう砂肝の白くて硬い“銀皮”は切りとって捨てるけど、、、 僕はそんなもったいない事はしない! 不思議生物みたいな砂肝くんの、両側にある銀皮に切れ目をいれ、 真ん中から、 パッカーン! チョ ...すべて表示すべて表示

  • 地方に住んでるモノにとってはさ、 憧れの『伝説のすた丼屋』 それが、サークルKサンクスとコラボして発売! って聞いたからさ、 思わず買いに行ったのさ 確かに見た目は美味そう… でも、、、 単なるニンニク強めの、 肉がスッカスカな牛丼だった… ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事