ここから本文です

書庫御嶽・龍宮

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

泊竜宮神

イメージ 1
泊の竜宮神 ありました。

少し前に工事が入ってしまっていて・・
龍宮は どこへ?  でしたが・
車で走っていて 確認できましたよ・・。
ちゃんと 鎮座ましましていました

イメージ 2

まだ工事は途中のようです。

・・・
沖縄から行きます。
◆4月東京 ◆5月名古屋

この記事に

久葉堂御嶽 (与那原)

イメージ 1
アカギが聖木となり すてきな空間となっています。
久葉堂御嶽
イメージ 2
久葉堂(クファドウ)は聞得大君(きこえおおきみ)が、
隠れているのを見つかった場所とも言われています。


◆夢チェック体験談up
167件目の感想頂きました

「気づきを与えていただき、誠にありがとうございました」

・・・
沖縄から行きます。
◆4月東京 ◆5月名古屋

この記事に

イメージ 1
屋宜の海岸、浜へ降りる階段があります。
もちらん 干潮時にしかおりれません。
満潮になると姿を消す拝所
海の中の拝所があります。

屋宜干瀬(やぎびし)のイビガナシー
干潮時でした。
イメージ 2

イメージ 3
そのあと 伊計島へも出かけて
帰り道に屋宜の海岸にもう一度寄ってみました。

波の音がしています。今度は満潮です。

両方の風景が見れたことうれしいな。
全然 海の表情もかわります。
この感覚が好き。
イメージ 4

「イビガナシー」、「イビ」は聖なる場所、
「ガナシー」は敬う、大切な存在という感じの意味かな。

『琉球国由来記』には
「屋宜湊干瀬ノ御イベ」と記載されているそうです

・・・
沖縄から行きます。
◆4月東京 ◆5月名古屋

この記事に

登野城之御嶽 (那覇)

イメージ 1

あの 国場の交差点の近くにあります。
交通量の多い道路端

那覇市内にある。。登野城之御嶽(とのしろのうたき)

イメージ 2
道路に車を置いて
階段上がると ふわっと 別世界です。
森、、木々、虫の声・・
イメージ 3
この石碑は みんな見て知っていると思います。
車の往来がはげしいところだし・
えっこんなところにあるの?って
思ってしまいましたもの。

ここの上に 拝所があるんです。
イメージ 4

・・・
沖縄から行きます。
◆4月東京 ◆5月名古屋

この記事に

大嶺崎龍宮 海の道

イメージ 1
いいお天気でした。
瀬長島に車を停めて海の中を1時間ほど歩きます
大潮の日しかできないこと、往復2時間ですもの・・。
素足、サンダルで海の中歩いても暖かい季節となりました。
(満潮時はあるけません)
イメージ 2
那覇空港のすぐ横の島に向かっています。
飛行機が大きく見えます・・
イメージ 3

管制塔のある・・・・あの島↓へ歩いて向かいます。
(満潮時はここ↑↓は海の中です)
イメージ 4
途中 アーサ採りびよりでして・・
帰りに採ってかえりましょ〜
イメージ 5
さて着きました。ここに龍宮があります。
(那覇空港管制塔のある島なので
陸からは一般の人は入れません)

ごあいさつして お祈りして 
来れたことに感謝します。
イメージ 6

イメージ 7
海が満ちる前に帰らないと かえり道がなくなってしまいます・・
(道が海にうもれてしまう時間を把握できていないと危険です)
あそこ↓にみえてるのが瀬長島
あの右の突端がウミカジテラス、今頃はすごいにぎやかなんでしょうね
イメージ 8

自宅から車で10分ほどのすごい地元、瀬長島なんだけど
ここの大嶺崎に至る海の道は 別世界でした。
誰もいないし・・知っている人だけが来れる場所・・

すご〜く遠いところにおでかけしてきた感覚になってました。


・・・
◆羅針盤ワークの感想up
46人目の方の感想をいただきました。

方位磁石をして頂きました。有難うございます
http://k88.sweet.coocan.jp/rasinkansou2.htm#houi

・・・
沖縄から 4月東京入りします。

この記事に

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事