ここから本文です

書庫御嶽・龍宮

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

斎場御嶽(セイファウタキ)、朝の時間
久高島の向こうにあがった太陽の光。
サングーイが照らされています。
美しい三角形です。

イメージ 2

こんなに早い時間に来たのが初めてで
光輝いています。冬至の日。

イメージ 3

イメージ 4

こんな時間帯もいいですね。

この記事に

白銀堂 (糸満市)

イメージ 1
糸満の大綱引きもここのあたりで行われています。
鳥居を見かけたので入ってみました

奥に巨岩があり そこに拝所があります。
イメージ 2

境内を歩いていると・・・む??
これは↓ 何かにみえるんですが・・
イメージ 3

こちら・・↓
わかっている人がやっぱりいて
霊石が並べられている・・
イメージ 5

糸満市の通りに面しているけれど
ひとたび入ると すごく 静かな場所でした。
イメージ 4
二百年前までは白銀堂の前は白い砂浜だったそうです。

この記事に

イメージ 1

名護の方に出かけてきました。
汀間川(ていまがわ)、汀間(ていま)という音の響きが好きで。
こちらの御嶽にも寄りました。

汀間川のすぐ横にあります。
御願小(うがみぐわぁー)
イメージ 2

汀間川の反対側に鳥居が見えます。
橋を渡って行ってみました。
ウプウタキですね。
今は 大きな橋がかかっているから行けますが。
長い間 きっと簡単には行けない場所だったのでしょう。

イメージ 3

ここの御嶽は 何回か出かけようと試みてたのですが
見つからず。
今回は いとも簡単にたどりつきました。

扉?があいていたということかしら?
イメージ 4

とても神聖な場所。
ご挨拶します。
そして その奥へも。
イメージ 5

・・・

・・・

沖縄から行きます。 
◆12月東京

この記事に

蝶の歓迎〜 斎場御嶽

イメージ 1
オオゴマダラが たぁくさん飛んでいました。
写真 私が撮りました。

聖地に行くと たくさんの蝶に会えます。
たくさんの蝶のお出迎えは 
「歓迎」「ようこそ〜」って。

3日間の集中個人講座のひとやすみで
斎場御嶽(セイファウタキ)へ
ご案内しました。

なんてすてきな日なのでしょう
セイファうたきの入り口で
「さぁ 行きましょう」と一歩歩き始めたら
オオゴマダラがひらひらひーらと
たくさん飛んで集まってきたのでした。
手を伸ばすとすぐそこにとまりそう。

オオゴマダラ
日本のチョウとしては最大級。
沖縄で見れます。
今が その時期
金色のさなぎなのです。

さなぎの写真、前に撮ったの↓載せますね。
きらきらと輝き過ぎていてピントが合わないのでした

イメージ 4

↓ いい写真撮れました。
大切なフォルダにも保存です。
イメージ 2

斎場御嶽(セイファウタキ)
パワースポットは 今日も光輝いていました。
いい時間をありがとうございます。
イメージ 3

・・
・・・

沖縄から行きます。 
◆11月東京


この記事に

イメージ 1
斎場御嶽(セイファウタキ)に行ってきました。
どんどん 変わっていく環境。来訪者もとてもたくさんですね。
でも、、
何回来ても この三庫理(サングーイ)にある岩の迫力にうっとりします。
イメージ 2


と・・ハートが写っているよね・・
寄満 (ユインチ) 行く途中の あのパワフルな樹。
イメージ 3

あれと思い 再びパチリ、
やはり ハートの光でした。
イメージ 4

ここ、斎場御嶽は やっぱり不思議な場所です。

・・・

沖縄から行きます。
◆10月東京名古屋 ◆11月大分

この記事に

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事