ここから本文です

書庫久高島

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2
徳仁川拝所でごあいさつして 久高島巡り、、始まります。
この日は 60%雨という予報でしたが 晴れましたぁ

いいお天気 いい海

島内、しっとり&じっくり周る私達には 
自転車レンタル3時間では たりません。
4-5時間はホントは必要らしい・・。
イメージ 3

沖縄あそぼうツアー
那覇市内を朝8時出発できるのならご案内できます。
お帰り6時の飛行機に間に合わせられますヨ♪

前回は3月に来てて
夢うつつ?で受け取ってた体験・・・
その続きを〜と 思っていて・・・
夏の観光客で混む時期も過ぎ10月、
そろそろ出かけようかなって
いいタイミングで出かけられました。
海でぼんやりと過ごしたいと・・思っていて。
そして・・あの3月の続き、、
海、いろいろ体験?遊んでて
最後に寄った久高島資料館

久高島お泊りで受け取ってた
あの感覚は・・これだ・・」という風景に 
資料館の中で見つけれてびっくりした。

自分の中で つながった・・

春くらいから 沖縄で御嶽巡りしてたことにも
意味があったかな・・
だからこそ ここにつながった、、
今回来れたんだって感じる。

「エーファイ、エーファイ」という言葉。
そして『ナナツ橋』なのだ・・
「えっ!!えっ?!」
ナナツ橋を ナナツボシ☆と空見(空目)してしまい・・・
ううむ
このタイミングですか、、
最近 ななつぼし→北斗七星につながっていたから
ドッキン。

「まだ、ちょっとづつね」と言葉がきた。
「そうね また来る・・・この続きは次ね」と会話している私・・
また 近々来よう。


◆名古屋:: 次回11月分受付中


この記事に

イメージ 1
海との対話
伊敷浜、いしき、、意識♪の浜、、。
イメージ 2
御先龍宮

ここのビーチではちょっと長めにくつろぎたいな、、
とにかく今回の久高島では 海でながぁくくつろぎたかった・
そのあたりも意気投合してて・・

浜辺には 岩でできているちょうどよいベッド。
ベットの形をしている岩が数か所あって・・
それぞれがくつろぐ時間。
空をみあげ 横になる、

海の音を聞く、

ずーっといて 波の音聞いて・・空を見て、、

そして交信のつもりが 更新??、、
交信と書いてて 更新と変換しちゃってて
・・ふむふむ。


あとで空港へお送りする車中で おしゃべりしてて
あのイシキ浜で受け取った言葉、
同じ言葉を交信していたのがわかり・・
なんだか興味深いなぁ〜

以心伝心♪〜

◆名古屋:: 次回11月分受付中



この記事に

くだかじま 生まれる

イメージ 1
手をふっている・・・この中は、
イメージ 5
まさに 子宮の中
足元には 海の水が満潮だったら流れ込むかな・・・
それって羊水かしら・・・
イメージ 2
胎道、子宮 生まれるな場所。
入ってみた なんとも言えない安心感。
イメージ 3

上を見上げたら
ちょうどよい時間帯だったのだろう。
イメージ 4

太陽の光が差し込む。

そう・・・生まれ出る時って 
こんな光を見ていた
ちょうど私がその中にいて
まぁるい穴の外を見上げていたら
その穴からからのぞきこむ人が・・
「あらっ」
笑顔で手をふるしかない・・笑
なんだかごきげん
こんな感じで胎児だった私は 
外界から子宮の中を見られていたかなぁ・・って。

生まれる。
穴に入り、光を見(空を見)

じっとみていたら 眼に見えてきた・・。

そういえば 久高島行き、その日の朝、
目のトラブルからはじまり
帰り道の車中 セラピーもあったね〜
イメージ 1

そして 子宮の岩の上で誕生?のポーズ♪
イメージ 6
いい空だぁ〜
このタイミングでこの雲ですかぁ
この雲、祝福ですね、、
イメージ 7
しあわせ〜♪

海の満ち引き、太陽の位置の時刻、空のお天気、 
すべてが合わないとこうして過ごせないこの場所。
奇跡のとき

なんにも調べていないで 思いつきで
雨も降りそうだったので 
一番遠い岬から行ってみましょうと自転車で
流れよくきちゃったけれど

子宮に光が照らされて 
海の水も入ってきていない
この時間、この瞬間に居られたことに感謝します。

すべてがベストなタイミングなすてきな体験。



◆名古屋:: 次回11月分受付中



この記事に

イメージ 1
徳仁港に着き、船おりてニライカナイへ・・
久高島は 土地のエネルギーが 大きく3つに別れていて
西の集落が「生きている人たちの世」、
真ん中がお墓が立ち並ぶ「亡くなった人たちの世」、
そして東に向けて 聖なる場所「神の世(ニライカナイ)」。

その「神の世」の入り口あたりかな・・
そこには 聖木ガジュマルがある。
自転車で走っていて途中に 
いきなりなジャングルかと思えるほどの存在観
それはそれは大きい。
たった一本で まるで南国のジャングルかと思えてしまう・
すごいパワーだなぁ・
ここの空間だけは「精霊の世」ともいえたりして。
「亡くなった人たちの世」と「神の世」の間だから理にかなってるなぁ
キジムナーもいますよ、ネ
イメージ 2

イメージ 3
あらっ すいこまれそ〜


◆名古屋:: 次回11月分受付中


この記事に

イメージ 1
くだかじまのウパーマ(星砂の浜)
だぁれもいませーん♪私たちだけ。。
そして 海の中へ・・・歩く♪
イメージ 2
海水 あったかいね〜、
遠浅になってる、、
ねぇ入ってみようよ〜とお誘い・・

私 海の中へ 行ってくるね〜・・・と。

気持ちがよい・・
イメージ 3
トトロになって空を飛んでいきそ〜って・・
大空へ〜 

日傘を手離せない私達、、♪
久高島のウパーマ(星砂の浜)で遊ぶ。


◆名古屋:: 次回11月分受付中


この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事